ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818337 全員に公開 山滑走札幌近郊

春香山〜シーズン2回目

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー kawahiro45Padkun
天候晴れ時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
30分
合計
5時間30分
Sスタート地点08:0410:56銀嶺荘10:5711:21春香山11:2311:53銀嶺荘12:2013:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
銀嶺荘のご主人によると、山頂からの滑走斜面下の沢の雪が溶け出し、そこにスキーで落ちてしまい、泥だらけになった方が数人いるそうです。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

padkunさん、快調に夏道登山道を進みます。
2016年02月27日 09:10撮影 by HTL22, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
padkunさん、快調に夏道登山道を進みます。
2
天気も晴れて最高です。
2016年02月27日 09:34撮影 by HTL22, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気も晴れて最高です。
1
土場です。11日前に来たときより積雪が増えていて、銀嶺荘の看板が見えません。
2016年02月27日 09:59撮影 by HTL22, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土場です。11日前に来たときより積雪が増えていて、銀嶺荘の看板が見えません。
春香山をバックにpadkunさん、膝に痛みを感じつつ、こらえて歩きます。
2016年02月27日 10:46撮影 by HTL22, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春香山をバックにpadkunさん、膝に痛みを感じつつ、こらえて歩きます。
1
ゆっくりと2時間50分で銀嶺荘に到着。しかし、残念ながらここでpadkunさん、膝痛のため銀嶺荘待機となりました。
2016年02月27日 10:53撮影 by HTL22, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくりと2時間50分で銀嶺荘に到着。しかし、残念ながらここでpadkunさん、膝痛のため銀嶺荘待機となりました。
1
山頂までしっかりとしたトレースがあり、30分程で登頂できました。ここで銀嶺荘のご主人とばったり、アドバイスを頂くと、格好良く滑走していかれました。
2016年02月27日 11:41撮影 by HTL22, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までしっかりとしたトレースがあり、30分程で登頂できました。ここで銀嶺荘のご主人とばったり、アドバイスを頂くと、格好良く滑走していかれました。
7
山頂では雪が降っていましたが、銭函海岸がうっすらと見ることができました。
2016年02月27日 11:45撮影 by HTL22, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂では雪が降っていましたが、銭函海岸がうっすらと見ることができました。
念願の銭函海岸見ながらの滑走です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念願の銭函海岸見ながらの滑走です。
4
ここ数日の寒波で、雪質は最高でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ数日の寒波で、雪質は最高でした。
3
銀嶺荘でpadkunさんと合流し、昼食のため休憩。
2016年02月27日 11:57撮影 by HTL22, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀嶺荘でpadkunさんと合流し、昼食のため休憩。
2
林道を滑走し、桂岡の駐車場に無事到着です。
2016年02月27日 13:34撮影 by HTL22, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を滑走し、桂岡の駐車場に無事到着です。
2
撮影機材:

感想/記録

ここ数日の寒波による新雪と、本日の天候に期待して、大先輩のpadkunさんと春香山を目指しました。
今回シーズン2回目?と思っていましたが、スキー場側から山頂まで登って、滑走なしというのがあったので、正確には3回目てした。
11日前に来た時は雨が降った後だったためか、今日の方が積雪が多くなっていました。
土場を過ぎてpadkunさんの膝痛が発症し、残念ながら銀嶺荘で待機です。私一人で山頂を目指します。しっかりとしたトレースがあり、比較的楽に登頂できました。先行者が数人いたのと、銀嶺荘のご主人が何度か登ったということで、大変助かりました。
ご主人から「来週は気温が高くなるから、いい雪もそろそろ終わりかな。降りたところの沢に落ちて泥だらけになった人が何人かいるから、気をつけて。」というアドバイスをいただきました。そして、格好良く奇声を上げながら滑走して行きました。
斜面の雪は、確かに滑りやすい、今時期としては最高の雪質でした。
私も奇声を上げて滑り降りました。
ありがとう、春香山、また来年行きます。!
訪問者数:265人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ