ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818384 全員に公開 沢登り丹沢

水の尻沢/谷太郎川水系/丹沢

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー kawamasa(CL), その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
清川リバーランドで駐車。早朝は管理人がいないので、車に張り紙(15時ごろ下山します、下山後駐車料金お支払いします)をして、下山後に支払い。1日500円
なお、4月下旬以降のトップシーズンに駐車する場合は連絡・相談してほしいとのこと
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間35分
休憩
2時間29分
合計
5時間4分
S水の尻沢橋08:0708:21スリット堰堤08:2309:113段15m滝(440m付近)09:5010:00滑滝が連続10:3510:442段15m滝(540m付近)11:2511:30遡行終了点(560m付近)11:55八丁経路(水の尻沢・不動沢中間尾根)640m付近12:2713:11水の尻沢橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

175メートル付近の堰堤
2016年02月27日 08:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
175メートル付近の堰堤
真ん中を通ります。濡れます。
2016年02月27日 08:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中を通ります。濡れます。
右を巻く
2016年02月27日 08:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右を巻く
440メートル三俣の中俣にかかる3段15m
2016年02月27日 09:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
440メートル三俣の中俣にかかる3段15m
左のトラロープ沿いに巻くが下部がちょっとヤラシイ
2016年02月27日 09:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のトラロープ沿いに巻くが下部がちょっとヤラシイ
三俣の上部からはナメ滝が続く
苔でヌルヌル、ビブラム底は滑りまくり
2016年02月27日 10:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣の上部からはナメ滝が続く
苔でヌルヌル、ビブラム底は滑りまくり
でも、いい雰囲気♪
2016年02月27日 10:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、いい雰囲気♪
樋状 ここもヌメルので、ロープを出す。
この連瀑帯はどれも手掛かりが乏しい上にヌメヌメで慎重を要するところ。
2016年02月27日 10:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樋状 ここもヌメルので、ロープを出す。
この連瀑帯はどれも手掛かりが乏しい上にヌメヌメで慎重を要するところ。
530メートル付近の2段15メートル
下部の右側から左にトラバース。
2016年02月27日 10:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
530メートル付近の2段15メートル
下部の右側から左にトラバース。
上段はヌメヌメ。左の土壁に巻いて逃げようと思ったが、そっちのほうが悪そうで、結局、直登
2016年02月27日 11:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段はヌメヌメ。左の土壁に巻いて逃げようと思ったが、そっちのほうが悪そうで、結局、直登
上段の最後は被り気味の大岩上部にあるホールドを頼りせり上がる。水流沿いなので、しっかり濡れた(笑)
2016年02月27日 11:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段の最後は被り気味の大岩上部にあるホールドを頼りせり上がる。水流沿いなので、しっかり濡れた(笑)
滝を上がったところからは雪がかぶり、倒木多しのようで、
560メートル付近から八丁経路(水の尻沢と不動沢の中間尾根)を目指す
2016年02月27日 11:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝を上がったところからは雪がかぶり、倒木多しのようで、
560メートル付近から八丁経路(水の尻沢と不動沢の中間尾根)を目指す
670メートル付近の稜線上に
2016年02月27日 11:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
670メートル付近の稜線上に
陽だまりの稜線で食すカレーうどん。UBSさんに感謝
2016年02月27日 12:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽だまりの稜線で食すカレーうどん。UBSさんに感謝
両側とも有刺鉄線 
2016年02月27日 12:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両側とも有刺鉄線 
閉めました〜
2016年02月27日 13:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
閉めました〜
撮影機材:

感想/記録

谷太郎川の支流の沢は、当然ながら下流部に近くなるほどに人里くさくなる。
ひとつ上流の不動沢も、出合付近の渓相は、コンクリートで護岸され、え?ここ攀るの?というしょぼさだが、水の尻沢の出合は、それを上回るしょぼさ(笑)

ただ、これに騙されてはいけない。三峰山東面の沢を舐めてはいけない。
スリット堰堤を越え、高度を増していくと、この沢も、案の定、なかなかの面構えとなる。

人里近く、一番舐めていた沢だったが、核心部の滝の直登はかなりの手応えがあった。


この沢には440m付近と540m付近に、2つの大滝がある。どちらも15メートルの落差がある。440m滝は右岸のザレを巻き、540m滝は直登した。

440m滝は左手にトラロープが張られており、それに沿って、やや大きく巻いた。30メートルロープで2ピッチ。下部がやや悪い感じ。上部は傾斜が緩み、容易に巻き上がれる。

540m滝は巻くには左右ともに悪そうなので、直登する。
 二段となった滝の下段は右側から取り付く。階段状になっているが、スタンスがやや外傾していて脆い。そのまま直上するつもりであったが、ちょっと厄介な感じで、左の水流方向にトラバースする。ヌルヌルの壁をフリクションが効くステップを探しながら。信頼感のない岩のスリットにカムをきめてのトラバースになった。
 上段も傾斜はそれほどではないが、ヌメリが強く、左側の土壁を巻き逃げようと考えたが、立った岩に土が薄くかぶっている状態でステップが切れない。しばし思案したが。水流沿いに登ることにする。たわしを忘れたので、グローブでコケをこすり、ステップを作りながら、そろりそろりとせりあがった。右手のクラック状に、角度がいまいちではあったが、カムを入れることが出来て、やや安堵。最後は被り気味の大岩上部のホールドを頼りに攀じ上がるが、ここもスタンスがヌルヌルで、かつ、袖口から滝水が入り込み、トホホ状態
 なかなか、しびれる登攀であった。スリップすると下まで滑落する感じで、直登したという充実感はあったが、安全重視の観点からは選択を誤った印象。記録を見ると巻きも相当悪いようで、下部からの大巻きの選択が無難だと思う。
訪問者数:340人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ