ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818477 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

高座谷~荒地山~田辺谷東尾根~六甲最高峰

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー hanamaru123
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
1時間12分
合計
5時間17分
SJR芦屋駅09:4310:17高座の滝10:2010:47奥高座の滝10:5210:52キャッスルウォール(基部)10:5610:58七右衛門嵒11:0011:09テーブルロック11:3211:39荒地山12:16雨ヶ峠13:02本庄山13:16六甲山13:5115:00神戸電鉄有馬温泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

JR芦屋駅よりスタート。高座の滝です。
2016年02月27日 10:18撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR芦屋駅よりスタート。高座の滝です。
1
今日は高座谷に下り、荒地山へ向かいます。
2016年02月27日 10:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は高座谷に下り、荒地山へ向かいます。
1
こんな小滝がありました。
2016年02月27日 10:25撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな小滝がありました。
2
左から堰堤越えます。
2016年02月27日 10:26撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から堰堤越えます。
1
堰堤越え、不明瞭ながら左を進むと・・
2016年02月27日 10:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤越え、不明瞭ながら左を進むと・・
止められました。沢を渡り、右側の道を進みます。
2016年02月27日 10:31撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
止められました。沢を渡り、右側の道を進みます。
1
堰堤前の登り、スリップすると書かれていますが、特に問題なし。
2016年02月27日 10:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤前の登り、スリップすると書かれていますが、特に問題なし。
キャッスルウォールに向かうため、右に進みます。
2016年02月27日 10:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャッスルウォールに向かうため、右に進みます。
不明瞭に見えますが、踏み跡たどれば大丈夫。
2016年02月27日 10:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不明瞭に見えますが、踏み跡たどれば大丈夫。
1
まずは奥高座の滝へ。
2016年02月27日 10:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは奥高座の滝へ。
1
すぐに小滝が。
2016年02月27日 10:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに小滝が。
1
奥高座滝です。水量もほどほどあり、以前見た時よりかなりきれいです。
2016年02月27日 10:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥高座滝です。水量もほどほどあり、以前見た時よりかなりきれいです。
右側分岐の滝は、わずかに水が落ちている程度。
2016年02月27日 10:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側分岐の滝は、わずかに水が落ちている程度。
1
いったん分岐に戻り、キャッスルウォールに向かいます。が、既に奥のほうに見えています。分岐から50mくらいか。
2016年02月27日 10:50撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん分岐に戻り、キャッスルウォールに向かいます。が、既に奥のほうに見えています。分岐から50mくらいか。
ついに見ることができました、キャッスルウォールです。思ったよりも横幅は小さい。
2016年02月27日 10:51撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに見ることができました、キャッスルウォールです。思ったよりも横幅は小さい。
4
左側に進みます。割れ目から登れなくはなさそうですが、無理はしません。
2016年02月27日 10:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側に進みます。割れ目から登れなくはなさそうですが、無理はしません。
2
割れ目登っている人がいますが、さらに左にある巻き道を登ります。
2016年02月27日 10:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割れ目登っている人がいますが、さらに左にある巻き道を登ります。
2
多少登らないといけませんが、たいしたことありません。
2016年02月27日 10:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多少登らないといけませんが、たいしたことありません。
1
荒地山の登山道に合流。
2016年02月27日 11:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山の登山道に合流。
1
もう目の前にボルダー群が見えます。
2016年02月27日 11:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう目の前にボルダー群が見えます。
1
こっから、いったん下り・・
2016年02月27日 11:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっから、いったん下り・・
ブラックフェースに到着。クライミングの講習中でした。
2016年02月27日 11:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブラックフェースに到着。クライミングの講習中でした。
3
そして登山道に戻り、岩梯子を登ります。
2016年02月27日 11:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして登山道に戻り、岩梯子を登ります。
2
新七右衛門瑤鬚ぐりますが、隙間の奥に置いたザックが岩の隙間からまさかの落下。手も届かず、いったん下りて回収するが、登り直せず。
2016年02月27日 11:11撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新七右衛門瑤鬚ぐりますが、隙間の奥に置いたザックが岩の隙間からまさかの落下。手も届かず、いったん下りて回収するが、登り直せず。
3
回って戻り、まさかの新七右衛門二度くぐり。
2016年02月27日 11:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回って戻り、まさかの新七右衛門二度くぐり。
4
テーブルロックで休憩したかったのですが、先客いたのでスルー。
2016年02月27日 11:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルロックで休憩したかったのですが、先客いたのでスルー。
1
別の岩場で休憩。
2016年02月27日 11:29撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別の岩場で休憩。
1
荒地山に到着。
2016年02月27日 11:40撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山に到着。
雨が峠。寒いですが、今日はやたらと人が多かった。
2016年02月27日 12:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が峠。寒いですが、今日はやたらと人が多かった。
1
この分岐を直進し・・
2016年02月27日 12:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐を直進し・・
本庄橋跡までの間の赤ペンキ印のところから、田辺谷東尾根に取り付きます。
2016年02月27日 12:29撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄橋跡までの間の赤ペンキ印のところから、田辺谷東尾根に取り付きます。
2
道は一応あるんですが、通られてないせいか分かりにくい。赤ペンキを頼りに進みます。
2016年02月27日 12:29撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は一応あるんですが、通られてないせいか分かりにくい。赤ペンキを頼りに進みます。
最初はこんな感じの登りですが・・
2016年02月27日 12:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じの登りですが・・
すぐに笹だらけになります。
2016年02月27日 12:35撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに笹だらけになります。
1
結構な急登でしかも斜面を進むため、つま先立ちのまま進まざるを得ません。だんだん笹のたけが高くなってきました。
2016年02月27日 12:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な急登でしかも斜面を進むため、つま先立ちのまま進まざるを得ません。だんだん笹のたけが高くなってきました。
2
後半はややゆるやかになり、アップダウンが何度かあります。
2016年02月27日 12:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半はややゆるやかになり、アップダウンが何度かあります。
ガードレールが見えて来た。ここで終了。
2016年02月27日 13:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードレールが見えて来た。ここで終了。
1
車道に出て少し歩くと、最高峰への階段が。
2016年02月27日 13:11撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に出て少し歩くと、最高峰への階段が。
最高峰に到着。雪はまったくなし。
2016年02月27日 13:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰に到着。雪はまったくなし。
1
紅葉谷に行こうかと思っていましたが、天気が思わしくないため魚屋路を進むことに。
2016年02月27日 13:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉谷に行こうかと思っていましたが、天気が思わしくないため魚屋路を進むことに。
1
有馬温泉に到着。今日はすごい人でした。
2016年02月27日 14:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬温泉に到着。今日はすごい人でした。
2

感想/記録

新七右衛門瑤任呂泙気のザック落下させちゃいました。通り抜ける時は、くれぐれも手を離さないようにザックを置きましょう。
田辺谷東尾根は、ただひたすら単調な笹道を登るだけで、展望はありませんでした。みんなが登らないルートで最高峰目指すならいいかも。
訪問者数:187人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 急登 紅葉 巻き道 堰堤
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ