ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818590 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

春を告げる福寿草を金剛山で見つけました☆(丸滝谷〜青崩)

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー camii(記録), dai-za(写真)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道309号線を大阪から奈良方面に向かい、水越トンネル手前の分岐を右折して旧道に入り、公衆トイレ前のスペースに駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間7分
休憩
45分
合計
6時間52分
Sスタート地点06:3009:26六道の辻09:3109:43大日岳09:4409:52山頂広場10:0110:11岩屋文殊10:1310:34金剛山ロープウェイ金剛山駅10:3810:56香楠荘10:5710:58ちはや園地ピクニック広場10:5911:05大阪府最高地点11:18一の鳥居11:23金剛山11:29山頂広場11:4812:13セト12:1613:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
《丸滝谷ルート》
石筆橋から林道を歩き、砂防ダムを過ぎてすぐ沢が始まります。左岸に沢沿いの山道があり序盤の沢歩きを回避できます。最初の分岐路は三方向のルートに分かれ、左が石ブテ東谷、中央が中尾の背、右が丸滝谷です。
小滝を何度も越えますが梯子やロープも設置されているので難しくはありませんが冬場は濡れた岩が凍結しているので足元に注意です。最後に現れる落差の大きい丸滝は右側に回り込むとロープが設置されています。ここも岩の凍結があると、ロープに全体重を乗せて腕の力だけで登る必要があるので女性は厳しいかも知れません。岩を迂回しても登れますがドロドロ必至です。沢が枯れると足場が脆い急坂が続きますが、ここでも随所にロープが設置されていました。石ブテ尾根の分岐で右折すると六道の辻になります。指導標や案内板はなく、テープ等のマークは最小限ですので経験者同行でなければ事前にルートの予習を周到にするべきだと思います。

《六道の辻⇔山頂広場》
六道の辻から大日岳のピークを越えて、緩やかに下ると分岐になり、右に行くと売店の横に出ます。良く整備された道で危険箇所はありません。

《青崩道ルート》
山頂から「セトを経由して千早、青崩」と書かれた案内板から階段道を下ります。黒栂谷道との分岐になるセトに詳細な案内板があります。全般になだらかで道幅も広く歩き易い道です。階段が多く良く整備されているので危険な箇所はありません。最後に石ブテ尾根道合流して水越トイレの裏に下りてこれます。日が落ちて水越トイレ方向にヘッデンで下りる時はこの道を利用しようと思いました。
その他周辺情報『さわんど茶屋』
営業時間:10:00〜18:00
定休日:月、木曜休(ただし祝日の場合は営業)

天然温泉『かもきみの湯』 大人600円
http://www.kamokiminoyu.net/index.html
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

水越トンネルから入ったトイレの前からスタートしました。
2016年02月27日 06:29撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越トンネルから入ったトイレの前からスタートしました。
1
どこから登るか思案しながら、とりあえず石筆橋を渡ります。
2016年02月27日 06:32撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこから登るか思案しながら、とりあえず石筆橋を渡ります。
舗装された林道を歩いて行きます。
2016年02月27日 06:39撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された林道を歩いて行きます。
砂防ダムの向こうに秋に歩いた石ブテ尾根に向かう道が見えますね。
2016年02月27日 06:48撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムの向こうに秋に歩いた石ブテ尾根に向かう道が見えますね。
1
丸滝谷の入口です。夏は沢をダイレクトに歩きましたが今日は看板が見える左岸の山道に入ります。
2016年02月27日 06:50撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸滝谷の入口です。夏は沢をダイレクトに歩きましたが今日は看板が見える左岸の山道に入ります。
1
踏み跡も明瞭で歩き易い道です。
2016年02月27日 06:54撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡も明瞭で歩き易い道です。
1
途中から沢に合流しました。
2016年02月27日 07:00撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から沢に合流しました。
1
特に凍った箇所もなくいつも通りの沢です。
2016年02月27日 07:01撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特に凍った箇所もなくいつも通りの沢です。
雪はないですが冬の沢は夏とは違ってピリッと引き締まった空気感があります。
2016年02月27日 07:06撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はないですが冬の沢は夏とは違ってピリッと引き締まった空気感があります。
1
左に行くと石ブテ東谷、中央は中尾の背、右が丸滝谷の分岐点です。
2016年02月27日 07:12撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に行くと石ブテ東谷、中央は中尾の背、右が丸滝谷の分岐点です。
1
石ブテ東谷の方向には案内テープがありました。
2016年02月27日 07:13撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ東谷の方向には案内テープがありました。
1
夏に歩いた道との比較も出来るので、右の丸滝谷に進みました。
2016年02月27日 07:18撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏に歩いた道との比較も出来るので、右の丸滝谷に進みました。
この辺りから徐々につららや凍結した岩が現れ始めました。
2016年02月27日 07:30撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから徐々につららや凍結した岩が現れ始めました。
3
ここは右の梯子を登ります。
2016年02月27日 07:31撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右の梯子を登ります。
1
梯子が凍結してツルツル!
2016年02月27日 07:32撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子が凍結してツルツル!
ここは右のロープで。
2016年02月27日 07:47撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右のロープで。
1
ここも右にロープがありました。
2016年02月27日 07:51撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも右にロープがありました。
1
ここは左から登りました。なんか楽しい♪
2016年02月27日 08:09撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは左から登りました。なんか楽しい♪
1
下の丸滝です。水量が少ない…
2016年02月27日 08:17撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の丸滝です。水量が少ない…
上の丸滝は水の量は少ないですが、ほぼ氷瀑になってました。
2016年02月27日 08:37撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の丸滝は水の量は少ないですが、ほぼ氷瀑になってました。
2
右側のロープから登りましたが、足場の岩が凍っていて大変でした!
2016年02月27日 08:38撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側のロープから登りましたが、足場の岩が凍っていて大変でした!
1
丸滝を登りきった場所から涸れ沢の急登になります。
2016年02月27日 08:55撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸滝を登りきった場所から涸れ沢の急登になります。
1
ザレ地になると雪が付き始めました。
2016年02月27日 09:03撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレ地になると雪が付き始めました。
北斜面だから雪が残ってるのかな?
2016年02月27日 09:15撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面だから雪が残ってるのかな?
1
丸滝谷を登りきりました。夏より1時間余計に時間が掛かりました。
2016年02月27日 09:22撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸滝谷を登りきりました。夏より1時間余計に時間が掛かりました。
1
ルートの合流点から六道の辻に向かいます。
2016年02月27日 09:27撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートの合流点から六道の辻に向かいます。
六道の辻に着きました。ここまで来ればもうあと少しです。
2016年02月27日 09:31撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六道の辻に着きました。ここまで来ればもうあと少しです。
1
大日岳への登り道。
2016年02月27日 09:35撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳への登り道。
1
大日岳を通過します。
2016年02月27日 09:44撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳を通過します。
1
回数ボード前の気温は0度でした。
2016年02月27日 09:54撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回数ボード前の気温は0度でした。
売店前で小休憩。
2016年02月27日 09:54撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店前で小休憩。
売店前のかまくらはまだ融けずに残ってます。
2016年02月27日 09:56撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店前のかまくらはまだ融けずに残ってます。
2
福寿草を探しにロープウェイ駅に向かいます。
2016年02月27日 10:08撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福寿草を探しにロープウェイ駅に向かいます。
ロープウェイ駅の近くの「シャクナゲの路」に福寿草が咲いていました。
2016年02月27日 10:47撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅の近くの「シャクナゲの路」に福寿草が咲いていました。
5
ここの福寿草は自生ではないそうですが、綺麗な黄色の花が沢山咲いていて嬉しくなります。
2016年02月27日 10:47撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの福寿草は自生ではないそうですが、綺麗な黄色の花が沢山咲いていて嬉しくなります。
7
今年も福寿草が最初に見れた花でした。これから次々と色々な花が咲き始めるのが楽しみです。
2016年02月27日 10:49撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年も福寿草が最初に見れた花でした。これから次々と色々な花が咲き始めるのが楽しみです。
10
香楠荘はまだ準備中でした。
2016年02月27日 10:58撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
香楠荘はまだ準備中でした。
ちはや園地休憩所の前には雪はなく、もう春の雰囲気でした。
2016年02月27日 10:59撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちはや園地休憩所の前には雪はなく、もう春の雰囲気でした。
山頂方向へ戻ります。
2016年02月27日 11:05撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向へ戻ります。
金剛山山頂のある葛木神社に寄りました。
2016年02月27日 11:25撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛山山頂のある葛木神社に寄りました。
2
葛木神社からスノーバーンになった圧雪です。
2016年02月27日 11:25撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社からスノーバーンになった圧雪です。
1
お昼前の山頂公園はとても賑やかでした。
2016年02月27日 11:42撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼前の山頂公園はとても賑やかでした。
5
帰りはセト経由の青崩道で下山します。
2016年02月27日 11:57撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはセト経由の青崩道で下山します。
分かり易い手書きの案内板がありました。
2016年02月27日 12:16撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かり易い手書きの案内板がありました。
1
随所に綺麗な案内板があります。
2016年02月27日 12:20撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随所に綺麗な案内板があります。
青崩道は整備された階段道が続く道です。
2016年02月27日 12:58撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青崩道は整備された階段道が続く道です。
登山道の入口に着きました。
2016年02月27日 13:21撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の入口に着きました。
1
車を停めているトイレの裏から下りてきました。
2016年02月27日 13:22撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車を停めているトイレの裏から下りてきました。
1

感想/記録
by camii

最近は週末になると雨が降る悪循環で、2月最後の土曜日になりました。
今日も午後から天気が崩れそうだったので、“困った時の金剛山”に行って来ました。自宅からも近くどんな季節でも楽しめて、無数の登山ルートのある金剛山は本当にありがたい存在なのですが、今回はロープウェイ駅の近くに咲いているらしい福寿草がお目当てです。

自宅を朝の5時に出発して国道309号線の水越トンネルから旧道に入り、いつもの水越峠トイレ前に駐車しました。最近はずっと水越峠側からですが、冬場に歩くのは初めてです。登りのルートは決めていませんでしたが凍った滝も見てみたかったので、石筆橋を渡って丸滝谷に向かいました。

舗装された林道から11月に歩いた石ブテ尾根へ続く道を砂防ダムの対岸に見ながら20分程で丸滝谷の入口に立ちました。9月に歩いた時は沢をダイレクトに歩きましたが、今日は沢の左岸の登山道から歩いて行きます。
10分程度で沢に合流して夏に歩いた道を進んで行くと、積雪はもちろん特に凍結した箇所もなく厳冬期の沢歩きの雰囲気ではありません。

緩やかな傾斜の沢道はすぐに丸滝谷、中尾の背、石ブテ東谷との3ルートの分岐点になり、暫く思案して夏に歩いた丸滝谷ルートに進みます。
分岐路を過ぎるとつららや凍結した岩が現れ始めて、いよいよ冬の沢らしくなってきました。ただ次々と出現するナメ滝を梯子を登ったり、ロープを掴んで越えて行くのですが、肝心の足場の岩が凍っているので細心の注意が必要です。

登る程に徐々に勾配を増していく谷道には何度かの分岐があり、その都度探せばテープが見つかったりもしますが、より水の流れが多い方を選択すれば間違いないと思います。最後の分岐を右に進んで暫くで落差10m強の丸滝が現れます。水の流れが少なく滝とは気付かず通り過ぎる所でしたが、良く見ると水が氷結していて小ぶりながら氷瀑が出来ていました。

夏同様に滝の右手に設置されたトラロープを使って登るのですが、ここまでのナメ滝とは違いほぼ直角に見える10mの斜面は凍結した足元の岩がツルツル滑るのでとてもまともに登れません。一時は撤退も過りましたが、相方に下で万が一の滑落に備えて貰いながら、凍った岩を避けて泥濘んだ斜面を無理やり攀じ登って何とか丸滝を越えました。

丸滝を過ぎると水の流れのなくなった急登の谷筋になります。足元がザレて登り難いですがロープも設置されているので踏ん張って登ります。
この辺りから徐々に道に雪が付き始めて、気持ちのいい雰囲気になってきました。やがて急登の雪道は丸滝谷の終点になり、中尾の背や石ブテ東谷との合流点を過ぎて六道の辻に到着しました。

スタートから3時間で夏より1時間も余計に掛かってしまいましたが、ここまで来れば山頂広場まではあと少しです。小休憩のあと大日岳を経由して9時50分に山頂広場に着きました。登山回数カードにハンコを貰ってから今日のメインの福寿草を見る為にロープウェイ駅に向かいました。

ロープウェイ駅は登山を始めた2013年に来た時以来ですが、記憶よりもずっと遠く10分くらいかなと思っていたのですが30分近くかかりました。
スロープでロープウェイ駅に下りて、展望台の先の「シャクナゲの路」に福寿草の黄色い花を見つけました。自生ではなく植生されているそうですが、可愛いレモンイエローの花が控えめに花を広げていました。
関西で福寿草と言えば藤原岳が有名ですが、金剛山でも見れるんですね♪

福寿草鑑賞にたっぷりと時間をかけて満足した後は、香楠荘からちはや園地経由で山頂方向へ周回します。ダイトレは途中まで雪はなかったのですが、途中から圧雪が踏み固められたアイスバーン状の道もあり、山頂のある葛木神社からの下り等は周囲で転倒されている人も見かけました。

山頂広場に戻るといつの間にかお昼前になっていて、100人近いんじゃないかと思う程の大賑わいの中でコーヒーとココアで休憩しました。
山頂広場の雪はあまり残っていなかったですが、まだ雪ダルマが作れる位に雪が残っている場所もあって子供たちが嬉しそうでした。

13時前になって山頂広場からすぐの下り口からセトを経由して、青崩道で下山することにしました。青崩道は初めて歩く道でイメージではかなりのロングコースで大変そうだと思っていたのですが、全般になだらかで道幅も広く、整備されて荒れた箇所もない歩き易い道でした。
ただ階段がずっと続くので、私は下りはいいけど登りにはあまり使いたくない気がします。ちょうど北ルートの千早本道のような印象でした。

登りとは違い快適に下って(笑)石ブテ尾根道と合流して、約1時間半で水越峠のトイレの裏から下りてきました。
下山後は前回も利用したさわんど茶屋で昼食です。楽しみにしていたラーメンを頂きました。もう金剛山のお昼はずっとここでいいかも♪

結局最後までお天気は持って大阪で雨が降りだしたのは夕方近くでした。
お手軽登山を目論んで訪れましたが、凍結した沢道の危険さを少し甘く見ていた事は反省です。ただその分達成感はあったし、お目当てだった福寿草も見れて大満足です。やっぱり金剛山は裏切りません♪
訪問者数:182人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/12
投稿数: 159
2016/2/29 12:40
 camii さん、こんにちは
金剛山山頂ですれ違ってますね!
私は青崩道を往復しましたが山頂広場に10:40に到着、転法輪寺、葛木神社をお参りして湧出岳(三角点)まで行き11:30に山頂広場に戻ってきました。
広場が団体の子供達が沢山いたので休憩せずにそのまま下山しました。
13:00にさわんど茶屋で吉本新喜劇のテレビ放送を見ながら昼食のラーメンとおにぎりを頂き帰りました。
もう少しさわんど茶屋でノンビリしてれば・・・
登録日: 2013/1/14
投稿数: 104
2016/2/29 20:58
 sumimaruさん♪こんばんは☆
同じ日に登ってらしたんですね〜sign01happy02
湧出岳から山頂広場に11:30着ならほぼ同じ
タイミングで歩いてると思います
団体の子供達も良く覚えてますよっcoldsweats01
青崩道の下りはsumimaruさんの後を歩いて
たんですねscissors
そしてsumimaruさんにおススメして貰った
さわんど茶屋では確かにテレビで吉本新喜劇
やってましたnoodletv
まさかのニアミスでしたが、いつかさわんど
茶屋でsumimaruさんとバッタリがあるかも
なんて話をしてたんですよ〜noteshappy01
登録日: 2012/4/28
投稿数: 766
2016/3/2 19:11
 camiiさん、こんばんは♪
着実に登っておられますね〜。写真を見たとたんに…寒そうな雰囲気が…ボソッ。後半の写真をみてくしゃみが…ボソッ というのは(心がすさむ×)、体調が悪いからか…ボソッ
金剛山は、いつか行きたい山でもありますが… いったい行ける日は来るだろうか?💦
登録日: 2013/1/14
投稿数: 104
2016/3/3 20:55
 edus4100さん♪こんばんは☆
いえいえ 土日で連登されてるedusさん
には及びませんよ〜happy02
それにしても写真でくしゃみって言うのは…
そーいえば杉の木いっぱいあったかもですっcoldsweats02

金剛山は名古屋からは遠いですよね
季節を問わず楽しめるいい山なので、是非
機会があれば行ってみてくださいねー noteshappy01

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ