ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818592 全員に公開 ハイキング奥武蔵

西吾野駅→小床峠→子ノ権現→豆口峠→竹寺→小殿バス停→さわらびの湯:小床峠付近を明確化する赤い線繋ぎの登山

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー teoimperial
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
西吾野着9:24の快速急行

帰り
さわらびの湯発14:16の飯能行きバス
飯能で15:06発の各駅停車(小手指で快速急行に接続予定)に乗り継げましたが、あろうことか各停が飯能出発時に「お客様対応」のせいで5分以上遅れて、小手指の快速急行は各停を待たずに行ってしまいました。
このスジは以前も似た目に遭ってます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間47分
休憩
35分
合計
4時間22分
S西吾野駅09:3210:07小床峠11:12子の権現11:2012:05豆口峠12:24竹寺12:5113:28小殿バス停13:54さわらびの湯バス停13:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回の目的は二つあります。

1.私の過去の登山ルートで西吾野駅から関八州見晴台へ行ったコースと、さわらびの湯から棒ノ嶺へ行ったコースが他の赤い線から孤立しているのを飯能アルプスの赤い線と繋ぐのが目的です。

2.子ノ権現から西武秩父線へ向かって下山する時、浅見茶屋に寄ってうどんを食べたくなります。しかし浅見茶屋から吾野駅までは舗装道路で高麗川に突き当たった後も吾野駅までしばらく歩かされると言うあまりうれしくないコースとなります。
浅見茶屋でうどんをいただいた後、もうちょっと楽しく駅まで行けないか?小床峠経由で西吾野駅へ出てはどうだろうか?ところがこのコースは情報が少なくて未だに歩いた事がありません。今回は浅見茶屋にこそ寄りませんでしたが、小床峠付近を歩いてコース調査をするのが目的です。

小床峠付近については以下の山行記録を参考にしました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-32863.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-737771.html
コース状況/
危険箇所等
・西吾野駅→小床峠
子ノ権現へのメインストリートから分かれた後も踏み跡が明瞭なコースです。迷うことなく小床峠に到着できます。

・小床峠
過去の記録でここが迷いポイントらしいと言うのを見ました。林道は罠だとかw
と言う事で方向などを元に正しい道を選ぶことが出来ました。一応小床峠の全体像が分かる写真も撮りました。

・小床峠→子ノ権現
なかなかのアップダウンがありますが、すんなり進めます。

・子ノ権現→豆口峠
アップダウンもありますが、そう苦労せずに行けます。
なお、豆口峠に休憩ポイントはありません。

・豆口峠→竹寺
楽に歩けます。

・竹寺→小殿バス停
少し登ったあと、ひたすら下ります。下りでも単調なので登りはちょっと辛いかもしれませんね。

・小殿バス停→さわらびの湯
県道沿いを歩くので途中にあった忠魂碑を見てみたりして気分転換しました。
その他周辺情報途中のトイレポイントは子ノ権現と竹寺だけです。
さわらびの湯の肉うどんは900円でした。子ノ権現の肉うどんは500円です。
どちらも食べてはいないのですが、子ノ権現の肉うどんは庶民的な値段で良いですね。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

9:32 西吾野駅を出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:32 西吾野駅を出発します。
9:42 子ノ権現へ向かう山道への入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:42 子ノ権現へ向かう山道への入口
9:53 右へ行くのが子ノ権現へのメインストリートですが、今日は左の小床峠経由で行ってみたいと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:53 右へ行くのが子ノ権現へのメインストリートですが、今日は左の小床峠経由で行ってみたいと思います。
こんな感じの道で踏跡はしっかりあります。この地点は特に明瞭で整備されている箇所です。ずっとこう言う訳ではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの道で踏跡はしっかりあります。この地点は特に明瞭で整備されている箇所です。ずっとこう言う訳ではありません。
10:07 小床峠に到着しました。どこからどこに行く林道なのか分かりませんが(Webの地理院地図には無かったのですが「奥武蔵登山詳細図」には載ってました)、登って来た道は右の細い道で、これから子ノ権現へは左の小さい階段を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:07 小床峠に到着しました。どこからどこに行く林道なのか分かりませんが(Webの地理院地図には無かったのですが「奥武蔵登山詳細図」には載ってました)、登って来た道は右の細い道で、これから子ノ権現へは左の小さい階段を登ります。
1
子ノ権現方面へ少し登ってから見下ろした小床峠の構造。正面に見える階段が吉田山・秩父御嶽神社への道と思われます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子ノ権現方面へ少し登ってから見下ろした小床峠の構造。正面に見える階段が吉田山・秩父御嶽神社への道と思われます。
10:22 浅見茶屋へ下りる道との分岐点に来ました。
「ここから浅見茶屋まで5分って本当ですか?」(byギャル子ちゃん風味)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:22 浅見茶屋へ下りる道との分岐点に来ました。
「ここから浅見茶屋まで5分って本当ですか?」(byギャル子ちゃん風味)
子ノ権現はこっちで良いのかなと若干悩みましたが、ちゃんと→もあるので進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子ノ権現はこっちで良いのかなと若干悩みましたが、ちゃんと→もあるので進みます。
初級者にはなかなかキツイですよ。
そんなには続かないのが助かりますが、地味に飯能アルプスみたいなアップダウンがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初級者にはなかなかキツイですよ。
そんなには続かないのが助かりますが、地味に飯能アルプスみたいなアップダウンがあります。
10:47 西吾野駅から子ノ権現へのメインストリートの道と合流しました。
振り返って見た写真で、右の方から登って来た事になります。子ノ権現から小床峠へ行くにはここを見落とさないのがポイントです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:47 西吾野駅から子ノ権現へのメインストリートの道と合流しました。
振り返って見た写真で、右の方から登って来た事になります。子ノ権現から小床峠へ行くにはここを見落とさないのがポイントです。
吉田山・吾野駅と言うプレートがあるのですが、道からちょっと離れているので見落としやすいと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田山・吾野駅と言うプレートがあるのですが、道からちょっと離れているので見落としやすいと思います。
10:57 太い登山道と合流したと思ったらあっと言う間に舗装道路とも合流です。ここからはもう子ノ権現まで迷いませんね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:57 太い登山道と合流したと思ったらあっと言う間に舗装道路とも合流です。ここからはもう子ノ権現まで迷いませんね。
11:12 子ノ権現の大草鞋に到着です。10分ほど滞在して豆口峠へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:12 子ノ権現の大草鞋に到着です。10分ほど滞在して豆口峠へ向かいます。
2
11:25 飯能アルプスの縦走コースとの分岐点。右上に見える鳥居が縦走コースです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:25 飯能アルプスの縦走コースとの分岐点。右上に見える鳥居が縦走コースです。
ぐぬぬ。階段とかあるんですね。
体力の無い人間はこう言うので削られるんです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐぬぬ。階段とかあるんですね。
体力の無い人間はこう言うので削られるんです。
1
11:49 豆口峠手前のピーク、標高620mの新館の頭だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:49 豆口峠手前のピーク、標高620mの新館の頭だそうです。
新館の頭と豆口峠の間に大きなテーブルの様な切り株があったのでここでお昼にしました。丁度正午の頃です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新館の頭と豆口峠の間に大きなテーブルの様な切り株があったのでここでお昼にしました。丁度正午の頃です。
12:05 豆口峠には神送りの場がありましたが、休憩用ベンチはありません。
切り株テーブルでお昼にして良かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:05 豆口峠には神送りの場がありましたが、休憩用ベンチはありません。
切り株テーブルでお昼にして良かったです。
12:24 あっさり竹寺に着いてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:24 あっさり竹寺に着いてしまいました。
竹寺は静かでとても趣のある場所で、20分の滞在を予定していたのに30分程滞在してしまいました。12:51頃に出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹寺は静かでとても趣のある場所で、20分の滞在を予定していたのに30分程滞在してしまいました。12:51頃に出発。
2
13:13 竹寺からはちょっと登ってその後はただひたすら下ります。送電線の所がせめてものポイントになる程なにもありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:13 竹寺からはちょっと登ってその後はただひたすら下ります。送電線の所がせめてものポイントになる程なにもありません。
13:26 竹寺への登山口に下りて来ました。
普通ならこのすぐ近くの小殿のバス停でバスに乗るのでしょうが、今回は棒ノ嶺の赤い線と繋ぐためにさわらびの湯まで歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:26 竹寺への登山口に下りて来ました。
普通ならこのすぐ近くの小殿のバス停でバスに乗るのでしょうが、今回は棒ノ嶺の赤い線と繋ぐためにさわらびの湯まで歩きます。
13:54 さわらびの湯バス停に到着しました。
本日のゴールです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:54 さわらびの湯バス停に到着しました。
本日のゴールです。
14:16 飯能行きバスはヤマノススメラッピングバスでした。
疲れた身体がヤマノススメに包まれて一瞬にして幸せな気持ちになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:16 飯能行きバスはヤマノススメラッピングバスでした。
疲れた身体がヤマノススメに包まれて一瞬にして幸せな気持ちになりました。
3

感想/記録

感想・記録
小床峠から浅見茶屋へは抜ける事はしませんでしたが、小床峠の状態と西吾野駅からの道が明確化したので、もし次に浅見茶屋に寄ったら吾野駅に行かずに西吾野駅へ抜けるコースを通ってみたいと思います。

竹寺は大変良い雰囲気で、東日本唯一の神仏習合の姿を残したお寺で他にはあまり無い感じがあります。竹寺自体は良いのですが、足で登るアプローチはちょっと辛そうですね。

子ノ権現から竹寺まで調子に乗って下山したせいか、竹寺から小殿バス停までの下山の時は左膝に違和感が出ました。やはり自重せねば。
訪問者数:284人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アプローチ 林道 踏跡
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ