ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818704 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

砥石・米山城

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー ma-kunmama(CL), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
米山城登り口に駐車場あり。4台位駐車可
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間58分
休憩
32分
合計
2時間30分
Sスタート地点09:4009:55米山城10:1010:30砥石城10:4510:53本城10:5512:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は良く整備されている。やせ尾根、急登あり。
その他周辺情報真田隠し湯、千古温泉、角間温泉。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

金剛寺、米山城入口。ここから登る
2016年02月27日 09:31撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛寺、米山城入口。ここから登る
砥石城へ登る。良く整備されている。
2016年02月27日 10:23撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砥石城へ登る。良く整備されている。
1
砥石城からのながめ。真田方面
2016年02月27日 10:32撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砥石城からのながめ。真田方面
広い本城
2016年02月27日 10:49撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い本城
多くの建物があり、大勢の人が暮らしていたと思われる。
2016年02月27日 10:51撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの建物があり、大勢の人が暮らしていたと思われる。
頂上なのに広い!
2016年02月27日 10:52撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上なのに広い!
切岸。深い。
2016年02月27日 10:57撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切岸。深い。
1
米山城、砥石城、本城、枡形城と4っ目
2016年02月27日 11:02撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米山城、砥石城、本城、枡形城と4っ目
櫛形城からは真田のお屋敷や旧真田町が良く見える。
2016年02月27日 11:03撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛形城からは真田のお屋敷や旧真田町が良く見える。
ここから松代道に出て金剛寺に下りる。
2016年02月27日 11:06撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから松代道に出て金剛寺に下りる。
1
振り返る。急!
2016年02月27日 11:09撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。急!
伊勢山集落より、左米山城、右砥石城。
2016年02月27日 12:16撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢山集落より、左米山城、右砥石城。
撮影機材:

感想/記録

真田丸で注目されている、真田昌幸が一時、城主だったと言われる砥石城へ行って来た。真田町、東御市、上田市内など見晴の良い山頂の4か所に城跡があった。本城跡は広くて驚いた。深い堀切なども残っている。大型重機などない時代にどうやって石や木材などを山頂に運び建築したのだろうか?どのくらいの期間がかかったのかな?どんな方法で戦をしたのかな?など思いをめぐらした。
昔の人たちは良く働いて、いい仕事をしているね。
訪問者数:269人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ