ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818750 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

奥多摩駅〜川乗橋〜百尋の滝〜川苔山〜鳩ノ巣駅

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー masa_kono
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
鳩ノ巣駅公営駐車場に駐車し、JR奥多摩駅まで電車で移動。8:35発のバスで川乗橋まで移動。
7:45の段階で鳩ノ巣の駐車場は3割ほど埋まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
1時間30分
合計
6時間31分
S川乗橋バス停08:5608:57蕎麦粒山&鳥屋戸尾根方面分岐09:32細倉橋09:3609:37川乗山登山口10:19至 川苔谷 迂回路分岐10:2410:29百尋ノ滝10:4510:49百尋ノ滝山10:5811:45足毛岩の肩11:4612:22川苔山13:0313:11川苔山東面水場13:1413:18舟井戸13:2514:48大根ノ山ノ神14:5115:24鳩ノ巣駅15:2515:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般的に道幅が狭いので要注意。特に積雪時はアイゼン等は必携だと思われます。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

鳩ノ巣の公営駐車場。7:40の段階で既に3割ほど埋まっている。ハイシーズンは5時台じゃないと止められないかも・・・。
トイレもあって駅まで徒歩2,3分ほど。便利です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣の公営駐車場。7:40の段階で既に3割ほど埋まっている。ハイシーズンは5時台じゃないと止められないかも・・・。
トイレもあって駅まで徒歩2,3分ほど。便利です。
1
ネコかと思ったらキツネでした。とっさのことだったのでピントが合っていないのが悔やまれる・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネコかと思ったらキツネでした。とっさのことだったのでピントが合っていないのが悔やまれる・・・
2
奥多摩駅到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅到着。
1
この時期なのにこの賑わい。8:13に奥多摩駅到着の電車で来たのでバスでは座れたけど、8:21着のホリデー快速だと座るのは難しいかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期なのにこの賑わい。8:13に奥多摩駅到着の電車で来たのでバスでは座れたけど、8:21着のホリデー快速だと座るのは難しいかも。
1
「川乗山」ではなく「川苔山」が正解らしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「川乗山」ではなく「川苔山」が正解らしいです。
1
東日原行きバスの乗客の3割くらいが川乗橋で降りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東日原行きバスの乗客の3割くらいが川乗橋で降りました。
1
最初は延々と車道を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は延々と車道を行きます。
つらら。これは氷瀑も期待できる・・・かも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つらら。これは氷瀑も期待できる・・・かも
細倉橋を超えるといよいよ山道が始まります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細倉橋を超えるといよいよ山道が始まります
山道の多くはこんな感じで道幅が狭いです。要注意!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道の多くはこんな感じで道幅が狭いです。要注意!
2
水がきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水がきれいです。
1
百尋の滝。氷瀑とはいかなかったけど若干凍ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百尋の滝。氷瀑とはいかなかったけど若干凍ってました。
4
引いたポジションから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引いたポジションから。
2
滝つぼの様子。
今日の目標の8割は達成しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝つぼの様子。
今日の目標の8割は達成しました。
1
百尋の滝のあたりから途端に急登が増えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百尋の滝のあたりから途端に急登が増えます。
日当たりの関係か雪が結構残ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりの関係か雪が結構残ってます。
滑る上に揺れる!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑る上に揺れる!
こういうのがいきなり山道の脇にあるのでびっくりします。どんな云われがあるのだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうのがいきなり山道の脇にあるのでびっくりします。どんな云われがあるのだろう?
2
山頂近くなってくると道幅も広くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くなってくると道幅も広くなります。
あれば山頂か・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれば山頂か・・・
1
と思っていたらさらに登らされる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思っていたらさらに登らされる。
3
ようやく登頂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく登頂!
2
山頂からの眺め。雲取山の方かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め。雲取山の方かな?
1
今日のお昼ご飯。やっぱりこれ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のお昼ご飯。やっぱりこれ!
1
山頂は人も多くぬかるんでいて座る場所はほとんどありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は人も多くぬかるんでいて座る場所はほとんどありません。
1
雪が多くなってきたのでアイゼンをつけたらこのありさまだよ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が多くなってきたのでアイゼンをつけたらこのありさまだよ!
1
つけてから20分で早々に外す羽目に・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つけてから20分で早々に外す羽目に・・・。
1
林道に出ました。もうすぐで駅かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。もうすぐで駅かな?
まだでした。この後30分ほど下ることに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだでした。この後30分ほど下ることに。
こういうのにひかれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうのにひかれる。
2
熊野神社。境内で中学生くらいの子供たちが遊んでました。怪しいなりの登山者にも挨拶してくれて好印象。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野神社。境内で中学生くらいの子供たちが遊んでました。怪しいなりの登山者にも挨拶してくれて好印象。
1
鳩ノ巣駅に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣駅に戻ってきました。
1
下山時には8割ほど埋まってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時には8割ほど埋まってました。
今回からミラーレス一眼を導入。カメラの持ち運び用にコットンキャリアというものを購入。ザックの胸バンドの上あたりに装着するとちょうどよかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回からミラーレス一眼を導入。カメラの持ち運び用にコットンキャリアというものを購入。ザックの胸バンドの上あたりに装着するとちょうどよかったです。
1

感想/記録

平日に街中でも雪が降ったため、これは氷瀑とアイゼンの練習のチャンス!と思い、以前から気になっていた川苔山に登ってきました。
結論から言うと、百尋の滝はやや凍っていましたが、余り雪は積もっておらずアイゼンはほとんど必要なかったです。

この時期でも奥多摩駅は多くの登山客でにぎわっていました。今年中には雲取山に登りたいと思っているのですが、休日に来るのはやめようかな・・・。

川苔山への山道は、全体的に道幅が狭く結構気を使って歩きました。雪が積もっているところもあったのですがアイゼンは必要ないように思います。
ただし、今回の私のコースとは逆回りの場合、つまり川苔山から川乗橋に下る場合はアイゼンをつけた方がよいと思われる個所がいくつかありました。

思ったよりも登山客が多く静かな山行とはなりませんでした。この季節でも結構いるものですね。

前回の棒ノ峰より歩行距離も獲得標高も多かったにもかかわらず、体感的な疲労度も少なく膝の痛みもあまりありませんでした。段々体ができてきたということでしょうか。

だいぶ登山欲が満たされたのでしばらくはロードバイクのほうに専念し、次は3月中に実家の長野のほうの山に登れればと思います。

訪問者数:578人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ