ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818767 全員に公開 山滑走谷川・武尊

谷川岳BCは春の陽気

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー zeps
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
BCスキーヤー・ボーダーはロープウェイ片道券のみ販売だそうです.
ロープウェイ片道1230円,リフト1回券350円(リフト乗り場で支払)
駐車場1000円
しばらく降雪がなかったのと気温が高かった(午前中3℃くらい)のでノーマルタイヤでロープウェイ乗り場まで行けました.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間26分
休憩
37分
合計
4時間3分
S天神峠10:5911:48熊穴沢避難小屋12:25天狗の留まり場12:2713:18谷川岳・肩の小屋13:25谷川岳(トマノ耳)14:0015:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・1500m付近まで尾根伝いにややきつい登りで狭いので,スキーは担いだ方が無難です.
・山頂直下はクラストでシールが効かないところもありましたが,吹き溜まりを探してシール登行しました.
・肩の小屋直下のオープンバーンはパウダーで快適でしたが,西黒沢の斜面は重い雪とデブリが多く難儀しました.クラックも散見されました.
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

ここから登山道です..
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道です..
1
天神峠11時出発(遅).踏み跡多数.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神峠11時出発(遅).踏み跡多数.
快晴で風も穏やか.フリースでも汗が流れる.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴で風も穏やか.フリースでも汗が流れる.
1
肩の小屋下.風が涼しい〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋下.風が涼しい〜
2
トマの耳.素手では風が冷たいけれど,穏やかな陽気でした.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳.素手では風が冷たいけれど,穏やかな陽気でした.
少し風が強くなってきたので下ります.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し風が強くなってきたので下ります.
オキの耳方面.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳方面.
1
自分のではないかも.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分のではないかも.
1
西黒沢取りつき.まあまあ急斜面でした.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒沢取りつき.まあまあ急斜面でした.
1
いざドロップイン.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざドロップイン.
1
下の方にはデブリが溜まってました.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方にはデブリが溜まってました.
西黒沢下部は春の小川状態.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒沢下部は春の小川状態.
1

感想/記録
by zeps

相変わらずの朝寝坊と関越道の渋滞で土合到着10時半.ロープウェイ乗り場の真ん前(バスの駐車場?)に停めてよいとのこと.急いでロープウェイに乗り,予定していなかったリフトにも乗って天神峠まで.天気は良いが春霞のよう.

登山口からスキーシールを装着しましたが,ほどなく下りがあったり,狭い急登があったりですぐに担いで登ることにしました.天狗の留まり場?辺りまでスキー靴で登れました.アイゼンは使わずじまいでした.

天狗の留まり場?からシール登行にしましたが,途中からクラストでシールが効かず,わざわざ吹き溜まりをプチラッセルで登りました.

昼過ぎにトマノ耳に到着し,本日のほぼ最後の到達者でした.トマノ耳山頂も風はそれほど強くなく,フリースに心地よい風を浴びながらの登頂でした.ただし,休んでいる間は当然ながらハードシェルを着込んでいないと寒いです(-8℃くらい).

ほどなくスキーを履いて下山.肩の小屋直下のオープンバーンは新雪とはいきませんがほぼパウダーで快適に滑ることができました.上まで上がってくるのはスキーヤーばかりで,大部分のボーダーの方々は熊穴沢避難小屋辺りから西黒沢に下りているようでした.

西黒沢上部は急斜面に加えて雪が重くかなりのくされ雪.所々にクラックがあったり5儖未良汁慇稱痕もありました.また下部にはデブリが溜まっており,かなり難儀しました.

今日の登りは春の陽気で汗だくでした.冷たい水とホットコーヒーを持っていきましたが,ホットはほとんど飲まずに下りてきました.
訪問者数:327人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ