ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819066 全員に公開 雪山ハイキング阿蘇・九重

雪残る阿蘇山、高岳へ。仙酔尾根(通称ばか尾根。。)

日程 2016年02月26日(金) [日帰り]
メンバー chasou
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
・宮地→仙酔峡
 タクシーで15分ほど。1,800円ちょっと。
 バスはない。
・仙酔峡→宮地
 歩いて1時間半。けっこう遠い。
 タクシーは呼ぶと仙酔峡まで来てくれるとのこと。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
1時間2分
合計
5時間18分
S仙酔峡登山口09:2310:44仙酔尾根分岐10:5010:55阿蘇山11:1211:17仙酔尾根分岐11:21天狗の舞台11:4111:44仙酔尾根分岐11:5212:53仙酔峡登山口12:5614:19阿蘇神社14:31宮地駅14:3914:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
★阿蘇山の火山活動の情報
 http://www.aso.ne.jp/~volcano/

■仙酔峡→頂上への分岐
 インフォメーションセンターの前の橋が登山口入口。
 ミヤマキリシマの群生地の舗装された道を登り、尾根に取り付く。
 そこから分岐までは溶岩岩の道が続く。
 黄色のペンキで印がたくさんついているので迷わずに登れる。
 1,400m辺りから雪が出てきて、上に行くほど凍った場所も多くなる。
 岩が出ている場所も多いので、足の置く場所さえ間違えなければアイゼンなしでも歩ける。
 強風が吹くと遮るものがないので注意が必要。

■分岐→高岳→天狗の舞台
 なだらかな道。風を遮るものはない。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

熊本駅から列車で宮地へ2時間弱。
宮地駅前にタクシーが止まっているので、タクシーで登山口の仙酔峡へ。15分、1,800円ぐらい。
バスはなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊本駅から列車で宮地へ2時間弱。
宮地駅前にタクシーが止まっているので、タクシーで登山口の仙酔峡へ。15分、1,800円ぐらい。
バスはなし。
廃業したロープウェー乗り場の前が登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃業したロープウェー乗り場の前が登山口。
最初は舗装された道。
ミヤマキリシマの群生地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は舗装された道。
ミヤマキリシマの群生地。
少し登ったところから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ったところから。
ここから尾根に取り付きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根に取り付きます。
凍ったところもある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍ったところもある。
だいぶ登ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきた。
黄色のしるしに沿って登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色のしるしに沿って登る。
中間点。まだまだ続く道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間点。まだまだ続く道。
雪が出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が出てきた。
いろいろ凍る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろいろ凍る。
つららも出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つららも出てきた。
道を示す柱に海老のしっぽ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を示す柱に海老のしっぽ。
頂上への分岐に到着。
ここからはなだらかな道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上への分岐に到着。
ここからはなだらかな道。
頂上の柱にも氷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の柱にも氷。
雄大な景色。
噴煙が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄大な景色。
噴煙が見える。
2
月見小屋。
人が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月見小屋。
人が見えます。
看板も凍る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板も凍る。
靄で遠望はきかないけれどいい眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靄で遠望はきかないけれどいい眺め。
存在感ある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
存在感ある。
2
天狗の舞台辺りから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の舞台辺りから。
1
海老のしっぽと高岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海老のしっぽと高岳。
下山後は駅まで歩く。
途中に阿蘇家の神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は駅まで歩く。
途中に阿蘇家の神社。
肥後国一之宮。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肥後国一之宮。
山門も大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山門も大きい。
宮地駅。
歩くと遠かった。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮地駅。
歩くと遠かった。。

感想/記録
by chasou

雪の残る阿蘇山へ。
熊本からの列車に乗って2時間ほど。
阿蘇山の景色を楽しみつつ走る。
宮地駅から登山口のある仙酔峡へはタクシー。
火山活動の影響で仙酔峡ロープウェーは廃業。
この辺りはミヤマキリシマの群生地なので、5月〜6月ぐらいは混むとのこと。
今はなにも咲いていないのでほとんど人もいない。

登山口からはすぐに仙酔尾根に取り付く。
通称バカ尾根。
登れど登れど似たような風景。
火山岩がごろごろしていて歩きにくい。
1400mを超えたあたりからは雪も出てきて、頂上近くは凍っているところも多い。
風も強く、海老のしっぽや霧氷も見ることができる。
頂上に着くと数名の先行者がいた。
ただ風が強く寒いのでゆっくりしていることもできず、火口周りをうろうろ。
雄大な景色を見つつなので飽きない。
中岳の先には噴煙も見え、活火山だなぁと実感。

下山後は駅まで歩いても電車まで時間があったので、肥後国一ノ宮へも寄ってみる。
大きな門構えの立派な神社。

この後、列車で阿蘇駅へ向かい、バスで九重まで移動。
阿蘇の外輪山をバスはあっという間に登る。
さっき登った高岳あたりは靄の中。
快晴なら素晴らしい景色だろうなと思いつつ、1時間半ほどで九重登山口に到着。
訪問者数:292人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ