ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819139 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走北陸

厳しくも美しい荒島岳

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー kiyohito, その他メンバー1人
天候晴れのち暴風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝は気温が低く、道路凍結。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間42分
休憩
57分
合計
7時間39分
S勝原スキー場06:0707:49トトロの木07:5008:32深谷ノ頭08:3309:10しゃくなげ平09:1409:36もちが壁09:4110:41前荒島11:0211:30荒島岳11:3811:54前荒島12:10もちが壁12:25しゃくなげ平12:4212:57深谷ノ頭13:11トトロの木13:46勝原スキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新雪でノートレース、重雪でハード山行の予感
その他周辺情報山行後はお決まりの九頭龍温泉へ〜
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック アイゼン ピッケル スコップ ゾンデ 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール

写真

晴れていますが、間違いなく崩れます⤵
2016年02月27日 06:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていますが、間違いなく崩れます⤵
1
まだ、晴れています
2016年02月27日 07:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、晴れています
2
朝日
2016年02月27日 07:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日
1
もちがかべ下部。
ひざ〜ももラッセル(^_^;)
2016年02月27日 09:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちがかべ下部。
ひざ〜ももラッセル(^_^;)
1
シャクナゲ平の取付からご一緒させて頂いたAさん。
厳しいラッセルと吹き荒れる稜線
2016年02月27日 11:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ平の取付からご一緒させて頂いたAさん。
厳しいラッセルと吹き荒れる稜線
4
ほんの一瞬の晴間。厳しいのは変わりありません。
時々、耐風姿勢も必要です。
2016年02月27日 11:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんの一瞬の晴間。厳しいのは変わりありません。
時々、耐風姿勢も必要です。
6
山頂祠の様子。
今日の厳しい気象が分かります。
2016年02月27日 11:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂祠の様子。
今日の厳しい気象が分かります。
5
この写真を撮った直後、気圧の谷が通過したのか、強烈な突風と軽いホワイトアウト。この後の山頂写真はありません⤵
2016年02月27日 11:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真を撮った直後、気圧の谷が通過したのか、強烈な突風と軽いホワイトアウト。この後の山頂写真はありません⤵
4
無事下山。
車増えてますね
2016年02月27日 13:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。
車増えてますね

感想/記録

今日はどこの山域も天気が良くない。登山口から山頂までフルラッセルでも帰還出来る程度の山で、悪天候でも現在地が分かるほど通い慣れた山ということで荒島岳、勝原スキー場跡スタートを選択しました。
先行者は一名、直ぐに追いついてラッセルを手伝うつもりだったのですが、なかなか健脚の方(Aさん)でシャクナゲ平の急登手前でようやく追い付きました。聞けば、地元の方で荒島岳はホームグランドのベテランさん。お礼を言ってラッセル交代です。
それにしても今日の雪は手強い。Aさんも今までで最も手強いとのこと。
もちが壁付近ではツリーホールに片足を突っ込み、前荒島の取付は雪庇の弱点を切り崩しました、1500m級の山とは思えない程の楽しさ(笑)
前荒島から見える山頂はヘタレ単独の私だけなら絶対撤退しているくらい荘厳な景色。やっぱり来てよかった。

意を決してAさんと最後の稜線に取付きます。二人とも妙にハイテンションで耐風姿勢を取りながら楽しくて笑顔になってしまいます。何も見えない氷化した山頂でお互いの健闘を称えました。
あとは、安全に下山するだけです。
下山途中に前荒島でお会いした後続の方々はやはり引返すようです、ナイスジャッジだと思います。
今回の山行は本当に厳しかったですが荒島岳の素晴らしい一面を見た気がします。
さすがに、今日はふくらはぎが少し筋肉痛でなんか嬉しい(*^o^*)
訪問者数:225人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/17
投稿数: 668
2016/2/28 18:39
 タフですね。
こんばんは、お疲れ様でした。
股ラッセルで荒島を往復するのはタフですね(^^)/
登録日: 2012/7/3
投稿数: 129
2016/2/28 20:50
 ありがとうございました
kiyohitoさん、こんばんは。
確か、中荒島岳直下の急坂の途中でお会いしたと思います。
強風と重雪の中、先頭ラッセルありがとうございました。
おかげさまで私も山頂に立てました(感謝)。
でも、厳冬期の荒島岳、厳しくもステキでしたね。
また、お会いしましょう。
登録日: 2014/6/28
投稿数: 3
2016/2/28 21:35
 Aです(笑) ありがとうございました!
kiyohitoさん、こんばんは。
文中に出てくるA(tamo001)です。
健脚だなんて照れます。。。

さてさて、荒島岳、
天候的には、昨日ではなく今日だったら快晴で、
青と白のコントラストを堪能出来ましたね!?!
でもワタシ的には昨日のあの天候でも、
何だか物凄く充実感がありまいた。
二月の末に来て、厳冬期の雰囲気満載の山行でしたよ。

昨日のあの天候であの雪量でのラッセル、
きっと自分一人だったら、せいぜいもちが壁を登ったところで撤退してた事でしょう!
核心部のラッセルのほとんどを請け負って頂きありがとうございました。

一つお願いがあります。
私の写ってる写真を撮影者kiyohitoさんの名前でインスタグラム(tamo_chin)で使用させて頂きたくよろしくお願いいたします。
(事後承諾かもでごめんなさいかも→NGの場合は直ちに消去します)

また、どこかのお山でお会い出来る事を楽しみにしております!
登録日: 2013/7/16
投稿数: 4
2016/2/28 23:53
 Re: タフですね。
hakusan319さん、こんばんわ〜。
さすがに久しぶりに筋肉痛です\(^o^)/
でも、ちょっと嬉しいのは真性ですかね。
登録日: 2013/7/16
投稿数: 4
2016/2/29 0:06
 Re: ありがとうございました
nopposunさん、こんばんわ。
覚えていますよ、楽しかったですよね〜
私は荒島岳がさらに好きになりましたよ。
また、どこかで(^o^)/
登録日: 2013/7/16
投稿数: 4
2016/2/29 1:26
 Re: Aです(笑) ありがとうございました!
tamo001さん、こんばんは。
こちらこそ、有難うございました。トレランされてるのですね、なるほど納得です(笑)
歩調の正確さとなかなか追いつかない先行者に「幽霊でも追っかけているのか」と本気で思いましたから(笑)

ご許可無く掲載してしまった写真申し訳ないです。良ければ使って下さい。

今年は積雪も少ないのですが、さすが北陸の単独峰、荒島岳。
ラッセルが楽しくて、ずっとニヤニヤしてました(側から見ればアブナイ人)
単独ならそんな余裕も無かったと思いますので、ご一緒して頂いて本当に感謝です!

また、何処かでお会いできる日を楽しみにしてますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

撤退
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ