ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819198 全員に公開 山滑走十和田湖・八甲田

八甲田大岳と小岳。酸ケ湯から。

日程 2016年02月27日(土) 〜 2016年02月28日(日)
メンバー oyama56
天候1日目は曇りで山頂付近はガス。二日目は晴れ時々曇り。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
酸ケ湯上の公共駐車場向かいが登山口となります。詳細はググって見てください。
駐車スペースは20台と言った所でしょうか。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
酸ケ湯の駐車場から地獄湯の沢までが、よくわかりづらいです。
地獄湯の沢は直登で大丈夫です。ガスが濃いと小屋を見つけられるかちょっと不安。
大岳の森林限界以降は雪が少なく、スキーで登れないので、アイゼンがあった方が楽だけど、下りは邪魔になりそう。
小岳は木と木の間に吹き溜まった雪があって、木の穴と吹き溜まった雪壁をかわしながら登ったので、思った以上に時間がかかるかも。
コース状況/
危険箇所等
雪が少なく、道路の雪壁は低い所だと1メートルくらいしかありませんでした。
僕はミスりましたが、だいたい夏道に沿って登るようです。
森林限界以降は、なんと夏道が出てます。スキーは背負うか北東寄りの斜面で登れるかと思います。アイゼンがあった方が楽かも。
その他周辺情報近隣に温泉や食堂が複数あります。ググって見てください。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ 2
長袖インナー 1
ハードシェル 1
タイツ 1
ズボン 1
靴下 2
グローブ 2
アウター手袋 1
予備手袋 1
防寒着 1
バラクラバ 1
ブーツ 1
ザック 1
地図(地形図) 1
コンパス 1
ヘッドランプ 1
予備電池 1
GPS 1
筆記用具 1
ファーストエイドキット 1
個人装備品
数量
備考
針金 1
ガムテープ 1
常備薬 1
携帯 1
タオル 1
ツェルト 1
ストック 1
ナイフ 1
カメラ 1
ビンディング 1
スキー板 1
シール 1
ヘルメット 1
保温の水筒 1 500cc
ウイスキー 1 350cc
晩飯 1 キムチ鍋
ラジオ 1
ろうそく 1
灯油 2 2リットル×2

写真

スタートの雪壁の様子。
2016年02月27日 10:27撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートの雪壁の様子。
3
週末なのでトレースがあり、楽です。
2016年02月27日 10:35撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
週末なのでトレースがあり、楽です。
3
石倉岳と硫黄岳。
2016年02月27日 11:08撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石倉岳と硫黄岳。
1
地獄湯の沢の下部。仙人岱と硫黄岳に分岐してますね。
2016年02月27日 11:26撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄湯の沢の下部。仙人岱と硫黄岳に分岐してますね。
3
見えづらいけど、奥に岩木山。
2016年02月27日 12:08撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えづらいけど、奥に岩木山。
3
仙人岱小屋付近から見た大岳。
2016年02月27日 12:20撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岱小屋付近から見た大岳。
3
小岳。美しいですなぁ。
2016年02月27日 13:04撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岳。美しいですなぁ。
7
硫黄岳。
2016年02月27日 13:04撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳。
4
大岳に向かいます。この黄緑のウエアの方にはさんざんお世話になりました。
2016年02月27日 13:05撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳に向かいます。この黄緑のウエアの方にはさんざんお世話になりました。
7
森林限界以降は夏道が確認できるくらい雪が少ない。
2016年02月27日 13:35撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界以降は夏道が確認できるくらい雪が少ない。
4
従って、ツボ足。
2016年02月27日 13:35撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
従って、ツボ足。
3
祠もまる見え。
2016年02月27日 13:53撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠もまる見え。
4
山頂からのいつもの御三方。
2016年02月27日 14:04撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からのいつもの御三方。
4
山頂だけど、曇って展望なしでした。
2016年02月27日 14:04撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂だけど、曇って展望なしでした。
4
心なしか、エビもいつもより小さく見えます。
2016年02月27日 14:22撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心なしか、エビもいつもより小さく見えます。
2
小屋も一階からの出入りでした。
2016年02月27日 14:59撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋も一階からの出入りでした。
2
灯油は持参しましょう。
2016年02月27日 15:00撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灯油は持参しましょう。
4
小岳と高田さん。
2016年02月27日 16:46撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岳と高田さん。
2
茨城の先輩から頂いたホシイモ。秀逸。
2016年02月27日 17:04撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茨城の先輩から頂いたホシイモ。秀逸。
6
やはりキムチ鍋。鍋キューブさまさま。
2016年02月27日 17:47撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはりキムチ鍋。鍋キューブさまさま。
6
翌朝の小岳。
2016年02月28日 08:38撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝の小岳。
8
春みたいな樹氷。
2016年02月28日 08:38撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春みたいな樹氷。
4
登ると曇る。
2016年02月28日 08:58撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ると曇る。
5
木に阻まれて、なかなか進まない。
2016年02月28日 09:09撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に阻まれて、なかなか進まない。
3
小岳中腹。硫黄岳と奥に櫛ヶ峰ですなぁ。
2016年02月28日 09:14撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岳中腹。硫黄岳と奥に櫛ヶ峰ですなぁ。
6
小岳の森林限界には何とか雪がついてました。
2016年02月28日 09:50撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岳の森林限界には何とか雪がついてました。
3
小岳山頂。
2016年02月28日 09:59撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岳山頂。
7
南八甲田方面。
2016年02月28日 10:00撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八甲田方面。
5
雲の向こうは高田大岳。今年は登れば曇るらしい。
2016年02月28日 10:02撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の向こうは高田大岳。今年は登れば曇るらしい。
2
スキーでターンすると、ハイマツが板に引っ掛かって乗りづらい。
2016年02月28日 10:12撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーでターンすると、ハイマツが板に引っ掛かって乗りづらい。
2
降りれば晴れる。
2016年02月28日 10:40撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りれば晴れる。
7
地獄湯の沢が一番滑りやすかった。
2016年02月28日 10:51撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄湯の沢が一番滑りやすかった。
6
なんかもう春っぽい。
2016年02月28日 10:59撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかもう春っぽい。
1
ありがとう大岳。
2016年02月28日 11:01撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとう大岳。
5
麓はそんなに降らなかったんですね。
2016年02月28日 11:02撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓はそんなに降らなかったんですね。
3
酸ケ湯鬼面庵最高峰の天ざる。
2016年02月28日 11:32撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酸ケ湯鬼面庵最高峰の天ざる。
4

感想/記録

2月の休みは、天候が悪かったり、家事都合などで登れずじまいでしたが、最後の週末はなんとか時間がありそうなので、小屋に泊って遅ればせながらの新年会をと思い、今回の山行となりました。いつもは谷地温泉から大岳等に向かいますが、駐車場の狭い谷地温泉に2日も車を止めるのは気が引けるので、酸ケ湯スタートとしました。
スタートが遅かったせいもあり、トレースがあってルンルン気分で登ってましたが、間違ったトレースをたどってしまい、地図で方向を確認してると、後続者の方が先導して頂けるとの事で、ありがたい限りでした。結局、この方とは終日行動を共にしまして、この方は夏はマラソンランナーらしく、シュッとしたランナー体型でして、そのような方に、小デブから立派なデブになりそうな私は追従出来る訳も無く、迷惑掛けっぱなしでした。
週末だし、小屋に泊まる人がいるだろうと思いきや、僕の貸し切りで、心細い感じがありましたが、オナラもウンコも自分のタイミングで垂れれるので、まあ良いかと思い直し、服を乾かしたり、水を作ったりしてるうちに暗くなって、冬の小屋泊は何かと忙しいなぁと実感しました。晩飯はキムチ鍋でしたが、鍋キューブの完成度に改めて敬服。きりたんぽ鍋が好きなので、鶏ガラしょうゆ味も開発してもらいたいものです。夜は結構冷えて、鼻が痛くなって何回か目覚めまして、その都度ウイスキーを追加投薬してたので、7:30まで寝てしまい迂闊でした。
翌朝は晴天で、大岳と小岳に登って帰ろうと思いましたが、それは思うだけにして、小岳だけ登って下山しました。結果的に雪がパウダーのうちに地獄湯の沢を滑走できる事ができまして、よかったかなと思います。
訪問者数:433人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/11/23
投稿数: 775
2016/2/28 16:17
 こんにちは
oyama56さんこんにちは
2日間八甲田に行ってましたかぁ
もしかして27日のお昼頃仙人岱小屋にいらした方でしょうか?
スキッリ晴れた青空ではなかったですが大岳に登れてよかったですね
お疲れさまでした
登録日: 2012/11/18
投稿数: 230
2016/2/28 16:57
 こんにちは
27日に、私が高田大岳から大岳を見た時に大岳山頂にいらした方ですね。( ^ω^ )
そちら側の風景を見たくて、大岳山頂をほふくして(風が強くてね)行きましたよ。
やっぱり、素晴らしいですね〜^ - ^
お疲れ様でした。
登録日: 2013/1/19
投稿数: 1004
2016/2/28 18:00
 最高峰の天ざる美味しそう
おお〜土日の八甲田泊でお天気もそこそこよかったようで、良かったですね!!
素朴な疑問なんですが、ツボ足で登る時に板はどうするんですか?
ザックに取り付けられるんですか?かなり重そうですね!
私の方もこの週末は初めての八甲田、なんて計画もあったんですが、
結局いつもの梵珠山に落ち着きました。
来週か再来週、もしかしたらロープウェイから赤倉岳の方へ行き
私もようやく雪の八甲田デビューできるかもしれません。
それまで樹氷があるといいけどどうかな。。。
登録日: 2014/6/24
投稿数: 354
2016/2/28 18:27
 shunpontaさま。
黄緑のウエアの方と小屋で休んでる時に、大岳から下山なされてましたよね?その時の赤いウエアが僕でした。
去年は三月末でもスキーで山頂まで行けたのに、今年は雪が少ないんでしょうね。
登録日: 2014/6/24
投稿数: 354
2016/2/28 18:32
 marusoraさま。
高田大岳の記録を見ました。
高田大岳も山頂付近は雪が少ないようでしたね。
大岳は微風で快適でしたよ。ご苦労様でした。
登録日: 2014/6/24
投稿数: 354
2016/2/28 18:42
 slow_songさま。
スキーはリュックの両脇にAの字みたいに積んで背負うか、置いて行くかですね。あのときは置いて行きました。滑れる見込みがあったり、縦走してる時は背負う感じですかね。BCの板は軽いので、重さは気になりませんが、風が強いと煽られて大変です。
今日、下山する時にも女の方がワカンで登って来られたので、酸ケ湯からでも行けると思いますよ。帰りに八甲田のスキー場をチラ見したら、激烈に混んでましたよ。
登録日: 2014/6/4
投稿数: 1111
2016/2/29 10:44
 貸し切り〜〜〜
いいいですね 春スキーシーズン近いが???今年は4月で終わりそうだ???
寒いだろうな〜〜〜お泊り
トイレ(笑)確かに貸し切り気を使わない oyama56さん装備も重そうですな
登録日: 2014/6/24
投稿数: 354
2016/2/29 13:11
 remu77さま。
小屋泊の1泊なのに、50リットルザックがパンパンでしたよ。灯油4リットルが効きましたね。夜は小屋内で−5℃位だったから、顔のみ寒かった位ですかね。
今年は雪が少ないので、上から下まで雪で繋がってるのは4月まででしょうね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ハイマツ 森林限界 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ