ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819306 全員に公開 ハイキング丹沢

あまくなかった鍋嵐(丹沢)

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー usakorinn, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
本厚木東口より7:50発、宮ヶ瀬行きバス 土山峠で下りました。

帰り、煤ヶ谷 バス停が近いですが、清川村役場までひとつ分歩いています。
道の駅があるので、トイレが使えます。

小田急宮ケ瀬フリーパスを使うとバス代が半額くらいお得になります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
37分
合計
7時間5分
S土山峠08:3910:41猿ヶ島(猿島)12:13能ノ爪12:1512:55鍋嵐13:2013:47能ノ爪14:01物見峠14:1015:39煤ヶ谷15:4015:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険ヶ所だらけです。
読図能力が高い人でないと難しいコースです。
道の崩れもあり、山慣れしてない人はぜったい入らないでください。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

本厚木駅東口から宮ケ瀬行バスに乗ります。
本数はかなり少ないです。
2016年02月28日 08:00撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本厚木駅東口から宮ケ瀬行バスに乗ります。
本数はかなり少ないです。
土山峠でおります。
2016年02月28日 09:08撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土山峠でおります。
バス停の裏側から歩き始めます。
2016年02月28日 09:09撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停の裏側から歩き始めます。
座禅石だそうです。
2016年02月28日 09:10撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
座禅石だそうです。
1
座禅石の全体像
2016年02月28日 09:10撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
座禅石の全体像
ダムに架かる橋を眺めながら歩きます。
2016年02月28日 09:18撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムに架かる橋を眺めながら歩きます。
4
ここから山道へ入ります。
2016年02月28日 09:27撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山道へ入ります。
最初はまずまずの路です。
2016年02月28日 09:27撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はまずまずの路です。
ここは道が崩れていますが,慎重にあるけばなんとか渡れました。
2016年02月28日 09:35撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは道が崩れていますが,慎重にあるけばなんとか渡れました。
先のほうにアルミパイプの橋が架かっています。
2016年02月28日 09:35撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先のほうにアルミパイプの橋が架かっています。
1
が、その手前は道が水没しています。
ここが一番の難所。
かなり上のほうからトラバースするのが安全です。
足元から土が崩れて、わたしは危うくダムの藻屑になりかけました。
2016年02月28日 09:38撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、その手前は道が水没しています。
ここが一番の難所。
かなり上のほうからトラバースするのが安全です。
足元から土が崩れて、わたしは危うくダムの藻屑になりかけました。
4
で、これがそのダムの藻屑になりかけた直後の写真。リーダーと後ろを歩いていたメンバーさんに助けられました。
上をトラーバースしていたメンバーさんが写してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、これがそのダムの藻屑になりかけた直後の写真。リーダーと後ろを歩いていたメンバーさんに助けられました。
上をトラーバースしていたメンバーさんが写してくれました。
5
橋も横倒しになってます。
2016年02月28日 09:50撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋も横倒しになってます。
2
道が水没してるところを振り返って。
2016年02月28日 09:51撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が水没してるところを振り返って。
3
さっき見えていたパイプの橋。
2016年02月28日 09:53撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっき見えていたパイプの橋。
2
やれやれ一安心。
2016年02月28日 09:59撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ一安心。
P525に着きました。
2016年02月28日 10:35撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P525に着きました。
後ろに丹沢主脈が見えています。
2016年02月28日 10:48撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろに丹沢主脈が見えています。
3
痩せ尾根が続きます。
落ちないように慎重に。
2016年02月28日 10:55撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根が続きます。
落ちないように慎重に。
1
鍋嵐が見えてきました。
でもまだまだ遠い・・
2016年02月28日 11:03撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋嵐が見えてきました。
でもまだまだ遠い・・
此処を登れが猿が島です。(P617)
2016年02月28日 11:04撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処を登れが猿が島です。(P617)
三角点は三等でした。
2016年02月28日 11:11撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は三等でした。
1
お休みどころの木
2016年02月28日 11:13撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お休みどころの木
こんな風に座れます。
2016年02月28日 11:13撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな風に座れます。
3
樹の根っこにしっかりつかまって!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹の根っこにしっかりつかまって!
1
あと1時間半で着くかなぁ〜〜
2016年02月28日 11:32撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと1時間半で着くかなぁ〜〜
祠が埋もれています。
2016年02月28日 11:44撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠が埋もれています。
1
大岩のピークです。(P597)
2016年02月28日 11:48撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩のピークです。(P597)
1
ご神木のような巨大モミの木があります。
2016年02月28日 11:55撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご神木のような巨大モミの木があります。
3
雪はほんの少し残っています。
2016年02月28日 12:32撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はほんの少し残っています。
ここを登りきれば。。
2016年02月28日 12:32撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登りきれば。。
1
え〜〜、まだまだ。。。
「p617はあっちだよ」という案内板
2016年02月28日 12:33撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え〜〜、まだまだ。。。
「p617はあっちだよ」という案内板
広い尾根にでました。
2016年02月28日 12:34撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根にでました。
ずっと鹿柵、バラ線があります。
2016年02月28日 12:35撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと鹿柵、バラ線があります。
やっと能の爪に着きました。
2016年02月28日 12:46撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと能の爪に着きました。
大山三峰
2016年02月28日 12:52撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山三峰
こちらは振り返ってみたピーク
2016年02月28日 13:12撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは振り返ってみたピーク
あと少し。
2016年02月28日 13:12撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し。
あと少しだよ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しだよ!
1
やったー!
着いたよ♪
2016年02月28日 13:24撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったー!
着いたよ♪
5
ゴジラの背のほうを示すテープがいっぱい。
2016年02月28日 13:25撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴジラの背のほうを示すテープがいっぱい。
1
テープにもナベワラシと書いてあります。
2016年02月28日 13:45撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープにもナベワラシと書いてあります。
4
帰りも足元不安定なトラバースが続きます。
2016年02月28日 14:17撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りも足元不安定なトラバースが続きます。
1
お助けロープが一ヶ所付いています。
2016年02月28日 14:21撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けロープが一ヶ所付いています。
2
物見峠のほうへ行きます。
2016年02月28日 14:24撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見峠のほうへ行きます。
物見峠に着きました。
2016年02月28日 14:33撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見峠に着きました。
1
大山三峰方面へ行かれる方はご注意を。
2016年02月28日 14:33撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山三峰方面へ行かれる方はご注意を。
一般道なので安心と思ったら
2016年02月28日 14:38撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般道なので安心と思ったら
1
気を付けましょう。
2016年02月28日 14:51撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を付けましょう。
看板通りかなり崩れています。
上からも小石の落石がありました。
2016年02月28日 14:51撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板通りかなり崩れています。
上からも小石の落石がありました。
1
鹿柵を潜り抜けます。
2016年02月28日 15:20撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵を潜り抜けます。
煤ケ谷方面へ。
2016年02月28日 15:34撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
煤ケ谷方面へ。
また鹿柵です。
2016年02月28日 15:50撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また鹿柵です。
白梅がよい香り。
2016年02月28日 15:54撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白梅がよい香り。
1
ここまで来て、前に逆方向から三峰へ行ったことを思い出しました。(それまで忘れてた)
2016年02月28日 15:54撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来て、前に逆方向から三峰へ行ったことを思い出しました。(それまで忘れてた)
お寺さんの前に出ました。
2016年02月28日 16:06撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お寺さんの前に出ました。
煤ケ谷バス停よりひとつ歩いてバス停脇の道の駅に寄りました。
綺麗なトイレがあります。
2016年02月28日 16:14撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
煤ケ谷バス停よりひとつ歩いてバス停脇の道の駅に寄りました。
綺麗なトイレがあります。
1
バスはほぼ1時間に一本です。
お疲れさまでした。
2016年02月28日 16:28撮影 by PENTAX Optio RS1500, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスはほぼ1時間に一本です。
お疲れさまでした。
1

感想/記録

東丹沢の鍋嵐です。

前々から登ってみたいと思っていました。
今回、いつものちょーベテラン丹沢の案内人Kさんと仲間で歩いてきました。
ここは東丹沢詳細図には「自粛要請あり」と書かれています。
当然、登山道はありません。
ゴジラの背のほうに下りる人もレコでは見ますが、わたしたちは無難なコースへ。
でもでも、ちっとも無難じゃないです。
指導票は当然ほとんどありませんし、テープのたぐいは着いてはいますが、間違えやすいところもたくさんありました。
長い痩せ尾根も何か所もあり、鹿柵のバラ線に引っ掛けないよう慎重に歩きました。

何より、歩き始めの宮ケ瀬湖でわたしは湖に落ちかけました。
足元の土がすーと音もなく崩れて止まらない!
あれよあれよと言う間に、下に体がずり落ちて行きます。
左にあったしっかりした樹の根に両手で捕まりました。
リーダーが足元を確保してくれて、後ろを歩いていたメンバーが手を貸してくれて引っ張ってくれました。

道のりも長く、気力も体力も必要です。
時々聞こえるハンターの鉄砲の音と犬の吠える声にも注意が必要です。

今回は何度か鍋嵐を歩いているリーダーと一緒でしたので無事に行けましたが、低山でも危険はいっぱい。
山は高さではないとしみじみ感じました。




訪問者数:379人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/13
投稿数: 4
2016/3/1 19:13
 念願の鍋嵐へ行かれて良かったですね^^
東丹沢では神秘な山と言われ、一般登山者があまり足を踏み入れない静かな鍋嵐(ナベワラシ)も、大分踏み跡がついてきました。
ただ、熊が出たり、カモシカも出現しますから、やはり自粛すべき山で良いかも知れませんね。
お疲れ様でした。
登録日: 2010/10/20
投稿数: 107
2016/3/2 19:10
 Re: 念願の鍋嵐へ行かれて良かったですね^^
kametaku さん、コメントありがとうございます。
楽に行けないのはわかっていたのですが、やはりカンタンでなかったです。
誰でも入れるような山でないことを今回は実感しました。
それだからこそ、達成感もありましたし、行ってよかったと思っています。
でも、もう少し慎重に行動すればよかったと反省しました。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7725
2016/3/3 13:00
 usakorinnさん、
ナベワラシであって、ナベアラシではないのですね。
拙者はもちろん行った事はありませんが、詳細図に「自粛要請あり」と記載されているので気にはなっていました。

宮ヶ瀬湖畔の道といい、けっこう難儀するルートですね。
安易に行かない方がいいけど・・・気になる

  隊長
登録日: 2010/10/20
投稿数: 107
2016/3/4 19:54
 半袖隊長さま
鍋嵐は、昔は毒草が生えていたという言い伝えもあるそうです。
今でも人を寄せ付けない雰囲気のある山だと思います。

山で林業の方に会ったり、ゴジラの背のほうに下りて警察官に見つかったりするとかなり厳しいご注意を受けるそうです。
地形的に迷いやすい、危険ヶ所多数の山だからでしょうか?

それでも魅力なんです。
だから行きたくなってしまうのでしょうね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 一本立てる モミ 落石 神木
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ