ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819421 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 「石寺跡道」を歩いてみよう。

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー oris
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天ヶ滝道登山口駐車場を利用(無料:15台程度)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間36分
休憩
56分
合計
5時間32分
Sスタート地点07:3609:14石寺跡09:3310:13伏見峠10:1410:19ちはや園地ピクニック広場10:25ちはや園地展望台10:2610:29大阪府最高地点10:3010:45一の鳥居10:49金剛山10:57山頂広場11:0611:13岩屋文殊11:32金剛山ロープウェイ金剛山駅11:3411:40ちはや園地ピクニック広場12:0312:08伏見峠12:51天ヶ滝13:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
736 天ヶ滝道登山口
808 石寺跡登山口
835-38 高宮廃寺跡
915-31 石寺跡
1014 伏見峠
1019 ちはや園地ピクニック広場
1045 一の鳥居
1055-1106 山頂広場
1140-1205 ちはや園地ピクニック広場
1209 伏見峠
1231-35 中の平
1308 天ヶ滝道登山口
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 出655 着721 水分消費400ml  ケストレル48 フィッション

写真

「天ヶ滝道登山口」の駐車場をスタートします。午前7時半で3台でした。
2016年02月28日 07:36撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「天ヶ滝道登山口」の駐車場をスタートします。午前7時半で3台でした。
6
とりあえずは「石寺跡道登山口」を目指して舗装道を下ります。
2016年02月28日 07:36撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえずは「石寺跡道登山口」を目指して舗装道を下ります。
1
下ること数分で「左手」にこの看板が見えたら・・・
2016年02月28日 07:40撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ること数分で「左手」にこの看板が見えたら・・・
3
ここを「左」に曲がって橋を越えます。
2016年02月28日 07:41撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを「左」に曲がって橋を越えます。
2
そして、まっすぐに舗装道を登り・・・
2016年02月28日 07:41撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、まっすぐに舗装道を登り・・・
2
ここは「左」に曲がります。
2016年02月28日 07:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは「左」に曲がります。
1
それから、ここは「左」へ農道を歩きます。
2016年02月28日 07:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それから、ここは「左」へ農道を歩きます。
3
農道を歩いて数分で・・・
2016年02月28日 07:43撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農道を歩いて数分で・・・
1
ここを「右」へと曲がります。
2016年02月28日 07:44撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを「右」へと曲がります。
2
そして、この突当りは「左」へ・・・
2016年02月28日 07:45撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、この突当りは「左」へ・・・
「左手」には「お地蔵さん」がおられます。
2016年02月28日 07:46撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「左手」には「お地蔵さん」がおられます。
1
ここをまっすぐに行くと、「右手」に何やら建物が・・・
2016年02月28日 07:47撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここをまっすぐに行くと、「右手」に何やら建物が・・・
1
「養豚場」ですね。独特の臭いがしてきます。
2016年02月28日 07:47撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「養豚場」ですね。独特の臭いがしてきます。
1
竹藪の脇を通って・・・
2016年02月28日 07:48撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹藪の脇を通って・・・
1
ここは「左」へ曲がります。
2016年02月28日 07:51撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは「左」へ曲がります。
1
傍らの「近畿自然歩道」の道標には・・・
2016年02月28日 07:51撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傍らの「近畿自然歩道」の道標には・・・
2
「石寺跡道」への案内があります。
2016年02月28日 07:51撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「石寺跡道」への案内があります。
2
竹藪を突破すると・・・・
(竹藪の距離は7−8Mほどでした。)
2016年02月28日 07:53撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹藪を突破すると・・・・
(竹藪の距離は7−8Mほどでした。)
5
獣柵があり、ここを通過します。
2016年02月28日 07:54撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獣柵があり、ここを通過します。
4
すると、民家が見えてきて手前の獣柵を通って、民家への突当りを「左」へと曲がります。
2016年02月28日 07:56撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると、民家が見えてきて手前の獣柵を通って、民家への突当りを「左」へと曲がります。
民家の左脇を通ります。
2016年02月28日 07:57撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民家の左脇を通ります。
2
ここはまっすぐ歩きます。
2016年02月28日 07:59撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはまっすぐ歩きます。
1
ルートが左右に分かれており、何となくですが「右」を通りました。
2016年02月28日 08:00撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートが左右に分かれており、何となくですが「右」を通りました。
ここはまっすぐですが、足元を見ると電線があり、何やら黄色の看板が・・・
2016年02月28日 08:06撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはまっすぐですが、足元を見ると電線があり、何やら黄色の看板が・・・
1
高圧電流が流れていました・・・ 「危ない危ない・・・」
2016年02月28日 08:06撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高圧電流が流れていました・・・ 「危ない危ない・・・」
3
ここも民家の脇の左側を登ります。
2016年02月28日 08:07撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも民家の脇の左側を登ります。
1
ここが最後の獣柵で「石寺跡道登山口」ですね。ここまで迷わずに来るのが今日の核心でした。
2016年02月28日 08:08撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが最後の獣柵で「石寺跡道登山口」ですね。ここまで迷わずに来るのが今日の核心でした。
5
登山道は荒れているかと思ってましたが、意外と整備されております。
2016年02月28日 08:11撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は荒れているかと思ってましたが、意外と整備されております。
1
ここは左右に分かれていますが、「左」を歩きます。
2016年02月28日 08:23撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは左右に分かれていますが、「左」を歩きます。
1
金剛山の奈良側にはよく見かける「御所消防署」の看板ですね。
2016年02月28日 08:23撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛山の奈良側にはよく見かける「御所消防署」の看板ですね。
2
「左」 よしの → 吉野
「右」 かうや → 高野山 ですかね?
2016年02月28日 08:26撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「左」 よしの → 吉野
「右」 かうや → 高野山 ですかね?
4
こんな昭和を感じる看板も素敵ですね!
2016年02月28日 08:25撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな昭和を感じる看板も素敵ですね!
2
リスのキャラが可愛いですね・・・
2016年02月28日 08:29撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リスのキャラが可愛いですね・・・
2
この分岐は「左」赤が「石寺跡道」 
「右」青が「高宮廃寺跡」です。とりあえず「高宮廃寺跡」に行きます。
2016年02月28日 08:30撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐は「左」赤が「石寺跡道」 
「右」青が「高宮廃寺跡」です。とりあえず「高宮廃寺跡」に行きます。
1
「高宮廃寺跡」はそこだけが時間が止ったようにひっそりとしていました。
2016年02月28日 08:35撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「高宮廃寺跡」はそこだけが時間が止ったようにひっそりとしていました。
7
昔は立派な建物があったんでしょうね・・・
2016年02月28日 08:33撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔は立派な建物があったんでしょうね・・・
1
祈りのお札も供えてありました。
2016年02月28日 08:38撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祈りのお札も供えてありました。
1
さっきの分岐へ戻ります。「右」の「高宮廃寺跡」から下り、「左」の「石寺跡道」へと登ります。 
2016年02月28日 08:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの分岐へ戻ります。「右」の「高宮廃寺跡」から下り、「左」の「石寺跡道」へと登ります。 
1
登山道は意外にしっかり、はっきりとしています。
2016年02月28日 08:54撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は意外にしっかり、はっきりとしています。
ふとルートの左脇を眺めるとあの尾根が「天ヶ滝道」ですね。
2016年02月28日 09:02撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふとルートの左脇を眺めるとあの尾根が「天ヶ滝道」ですね。
1
やがて黄色の看板が目に飛び込んできました!
2016年02月28日 09:05撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて黄色の看板が目に飛び込んできました!
1
「20番 そこ」って・・・ 気になります、行ってみます。
2016年02月28日 09:05撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「20番 そこ」って・・・ 気になります、行ってみます。
1
すると、塚?お墓?がありました。
2016年02月28日 09:05撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると、塚?お墓?がありました。
3
崩れ落ちた石垣も・・・ この辺りが「石寺跡」なんでしょうか?
2016年02月28日 09:07撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れ落ちた石垣も・・・ この辺りが「石寺跡」なんでしょうか?
往時が偲ばれる石垣ですね・・・
2016年02月28日 09:14撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往時が偲ばれる石垣ですね・・・
2
その後、突然にルートの左手に大きな岩が・・・
2016年02月28日 09:15撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、突然にルートの左手に大きな岩が・・・
3
何々?「妙法蓮華経常不軽菩薩品第二十番経塚」だって・・・
2016年02月28日 09:15撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何々?「妙法蓮華経常不軽菩薩品第二十番経塚」だって・・・
4
岩の表面に何か彫ってあるかもって、仔細に眺めみます。
2016年02月28日 09:17撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の表面に何か彫ってあるかもって、仔細に眺めみます。
5
お地蔵様はありますが・・・他には何も彫ってありません。
2016年02月28日 09:16撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様はありますが・・・他には何も彫ってありません。
5
よく目を凝らすと、家紋のような文様が・・・ 城の石垣とかのパターンではこの岩を運んだ人のマークなんですが・・・
2016年02月28日 09:16撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく目を凝らすと、家紋のような文様が・・・ 城の石垣とかのパターンではこの岩を運んだ人のマークなんですが・・・
2
それから先のルートは本来のルートの右側を歩きます。
2016年02月28日 09:38撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それから先のルートは本来のルートの右側を歩きます。
2
ここがオリジナルの「欽明水」。
2016年02月28日 09:43撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがオリジナルの「欽明水」。
1
登山道の最後辺りで、足元にちらほらと雪が・・・
2016年02月28日 10:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の最後辺りで、足元にちらほらと雪が・・・
ここで、ようやく「伏見道」と合流です。
2016年02月28日 10:11撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、ようやく「伏見道」と合流です。
3
「西佐味」から登ってきました。
2016年02月28日 10:12撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「西佐味」から登ってきました。
2
ここで「ダイトレ」と合流です。
2016年02月28日 10:14撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで「ダイトレ」と合流です。
1
振り返って「左」赤が「石寺跡」「伏見道」です。ここから登ってきました。「右」青が「ダイトレ」(久留野峠)ですね。
2016年02月28日 10:14撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って「左」赤が「石寺跡」「伏見道」です。ここから登ってきました。「右」青が「ダイトレ」(久留野峠)ですね。
3
「ちはや園地」の脇を通り「山頂広場」に向かいます。
2016年02月28日 10:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ちはや園地」の脇を通り「山頂広場」に向かいます。
2
展望台にも登ってみましたが・・・
2016年02月28日 10:24撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台にも登ってみましたが・・・
天気はいいのですが、展望は遠くが霞んでイマイチでした。
2016年02月28日 10:26撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気はいいのですが、展望は遠くが霞んでイマイチでした。
2
「大阪府最高点」に寄ってみました。いつもスルーしていたので「金剛山」にはもう50回くらい来ているがここに来るのは初めてかも?
2016年02月28日 10:30撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大阪府最高点」に寄ってみました。いつもスルーしていたので「金剛山」にはもう50回くらい来ているがここに来るのは初めてかも?
5
ここからはルートが凍結していて・・・・
2016年02月28日 10:41撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはルートが凍結していて・・・・
転ばぬ先の「チェーンスパイク」です!
2016年02月28日 10:41撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転ばぬ先の「チェーンスパイク」です!
10
参道も凍結していて危険ですよ。気をつけましょう・・・
2016年02月28日 10:51撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道も凍結していて危険ですよ。気をつけましょう・・・
3
「かまくら」は健在でした。
2016年02月28日 10:55撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「かまくら」は健在でした。
3
「山頂広場」に着きました。
2016年02月28日 10:55撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「山頂広場」に着きました。
4
11時の「金剛山の一日」に写りました。
2016年02月28日 11:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時の「金剛山の一日」に写りました。
12
その後は「ちはや園地ピクニック広場」に移動してベンチに腰かけて昼食とします。
2016年02月28日 11:40撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は「ちはや園地ピクニック広場」に移動してベンチに腰かけて昼食とします。
下山道は「天ヶ滝道」を下ります。「伏見峠」を「左」に曲がります。
2016年02月28日 12:09撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道は「天ヶ滝道」を下ります。「伏見峠」を「左」に曲がります。
1
そして、ここから「左」赤が「天ヶ滝道」です。こちらから下ります。 「右」青が「ダイトレ」(久留野峠)ですね。
2016年02月28日 12:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、ここから「左」赤が「天ヶ滝道」です。こちらから下ります。 「右」青が「ダイトレ」(久留野峠)ですね。
「中の平」のベンチで小休止します。
2016年02月28日 12:31撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「中の平」のベンチで小休止します。
2
左手に展望あり、五條市あたりかな?
2016年02月28日 12:45撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に展望あり、五條市あたりかな?
1
ここは「左」青は「天ヶ滝」に行きます。(今日は寄りません。)「右」赤は下山ルートの「天ヶ滝道」です。
2016年02月28日 12:53撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは「左」青は「天ヶ滝」に行きます。(今日は寄りません。)「右」赤は下山ルートの「天ヶ滝道」です。
2
左手に見える尾根は登って来た「石寺跡道」ですね。
2016年02月28日 12:57撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に見える尾根は登って来た「石寺跡道」ですね。
2
「天ヶ滝道登山口」の駐車場に戻ってきました。車は8台になっていました。
2016年02月28日 13:08撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「天ヶ滝道登山口」の駐車場に戻ってきました。車は8台になっていました。
2
本日のログ。
2016年02月28日 13:09撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のログ。
6

感想/記録
by oris

時は2月の末ではあるが今シーズンは暖冬なので
私が登れる関西の山では雪や霧氷を追いかけてもそれは期待できそうにない。
「果たして週末はどこの山に登ろうか・・・」迷った時には
手軽に登れるホームマウンテン「金剛山」に限る。

地図を広げて、どのルートを歩くか?思案する。
何となく、久しぶりに「天ヶ滝道」を歩いてみたくなった。
するとそのルートに沿うように「石寺跡道」と言う登山道がある。
そう言えば・・・・ 未だに歩いたことがないルートだ・・・

さっそく調べてみると、「石寺跡道」とは・・・
別名「小和道」とも「旧天ヶ滝道」とも言われており
室町時代以前からの歴史のある道だった。
昭和53年に「天ヶ滝道」が整備されるまではメジャーなルートだったらしい・・・
断然に興味がわいてみた。

更に調べてみる記録は少ないが歩くことはできそうなルートだった。
計画としては登りを「石寺跡道」で、下りを「天ヶ滝道」で行ってみよう。
ただし、難点が一つあり「石寺跡道」の登山口までの
アプローチが相当にややこしそうだった。
前の晩に何人かの記録で予習はしておいたが
そんな先人たちも相当に迷っており
私も最後まで上手く辿る着く自信は持てなかった。

そして、当日・・・
7時半ごろからスタート地点の天ヶ滝道登山口の駐車場から歩きはじめた。
GPSを片手に持ち、それと昨晩に見た記録を頭の中で巡らせて
そして何よりも自分の第六感を頼りにして・・・
途中で農道を通って、竹藪を突破したり、
民家の脇を通ったり、足元に高圧電流が流れていたり・・・
と様々なことがあったが、無事に最後の獣柵を越えて
「石寺跡道登山口」まで間違えることなくたどり着くことができた。
何だか、もうここで登山の半分が終わったような達成感を感じた。

それからは意外に思えるほど、整備されしっかりした登山道を登った。
初めて歩く登山道はいつもドキドキする。
それは新しい発見に対する喜びと
迷わずに最後まで歩けるだろうかと言う不安が交錯するからだ・・・

「石寺跡道」は歴史ある道・・・
その途中で、古い石柱を見つけたり、崩れた石垣があったり、
大きな岩に驚いたり、それにひっそりとたたずむ寺院跡・・・
全て往時を偲ばせる歴史的建造物に出会うことができた。

「果たして迷わずに最後まで歩けるかな?」
そんな不安は歩き初めて2時間半後の「伏見道」との合流で取り除くことができた。
ここまで歩き通せたのに少し興奮していたのか?
それとも直前の登りがきつかったのか?
その時の私の服装は暑くて、2月の末にもかかわらず半袖になっていた。

ここまで来ればもう大丈夫・・・  あとは勝手知ったる道だ。
迷うことなく歩き通せた達成感を胸に「山頂広場」へと歩みを進めた。
訪問者数:490人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/2
投稿数: 810
2016/2/29 20:51
 祝!新ルート開拓ヽ(・∀・)丿
orisさーん!お疲れ様でした
未知のルート、緊張するけど、楽しいですよねー(ノ∀`*)
わたしも行ったことない道、大好きだけど、山頂めがけて
ひたすら進んでるので、寄り道できる余裕が持てるようになりたいです。
でも、「20番・そこ」って 確かに気になるッ!!
#52のツルッツルのお地蔵さんに会いたくなりました
奈良側からは1回も登ったことがないのですが、わかりやすいレコ、
ありがとうございます!参考にさせていただきますヽ(・∀・)丿
登録日: 2014/12/29
投稿数: 554
2016/2/29 21:21
 高圧電流Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
oris さんヽ(≧▽≦)ノ コンバンワヽ(≧▽≦)ノ
その日は私も同じ時間帯に金剛山で、11時のライブカメラ10分前に山頂広場を後にしました。ひょっとしたら会えていたかもです 残念
高圧電流にはびっくりbomb 天ヶ滝道も歩いてみたいルートの
一つです(^^) 行ける時が来ると良いなーー
お疲れ様でした
登録日: 2014/9/10
投稿数: 594
2016/2/29 21:35
 お疲れ様でした
orisさん、こんばんは。
山頂広場では2時間違いでしたか…
このルート、私もいつか行こうと思ってました。
今まで何度か検討したことがあり、dangonotareさんのレコで
今回通られたところが相当なヤブ道だったので少し躊躇しておりました。
やはりこの時期ならなんとか行けそうですね。
ウェアは…あれっ?レッドですね
登録日: 2012/1/28
投稿数: 264
2016/2/29 23:34
 おつかれさまでした!
私も午後から登ったのですが、登る前に「金剛山の一日」をチェックしていたら、orisさんが写ってるじゃないですか!って気づいてましたよ。
赤いウェアは珍しいですね。なのに帽子と顔かたちですぐにわかりました。
たっぷり歩かれましたね。
過去何度か登っているルートですが、天ヶ滝新道から登って、小和道(石原寺跡道)へ下るパターンばかりだったので、今回のレコは新鮮でした。
矢印の解説入りも新しい試みですね?いいですね!
赤いチェーンスパイクはみねごんと同じ色です。
ってことは・・・足のサイズが。。(≧∇≦)
毎回いじりネタにしてしまっています。(^^ゞ
お会いできなくて残念でした。。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2016/3/1 15:22
 orisさん こんにちは!
金剛山登山道「石寺跡道」はなかなか難しそうですね
写真で見せていただいた笹薮辺りはちょっと心が折れそうですね
事前の研究は不可欠、良く準備をされているから「感だより」も有効な訳
ですよね。

金剛山は東側もたくさんコースがあって興味をそそられます。
あまり荒されていないのはいいのですが、踏み跡が薄いのは心細く感じま
す。
難コース突破、お疲れさまでした
登録日: 2011/1/18
投稿数: 819
2016/3/1 18:44
 ほのぼの金剛山
ご無沙汰です。
ORISさんの金剛山レコはコメント受付つけずが多いので、今回はコメントできますね

高宮寺は飛鳥-奈良時代に、行基が出家していた寺とのことですね。
この辺りは歴史を勉強してから歩いたらより楽しめそうですね

金剛山の奈良県側は私にとって未知なので、一度案内してほしいですね
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1148
2016/3/1 20:59
 Re: 祝!新ルート開拓ヽ(・∀・)丿
ぽーさん

そうですね。新しい山やルートはドキドキしますね。
新しい発見や無事に行けるのだろうかと言う不安が交錯します。
私は欲張りなので、初めて歩く時は面白いものは見逃さないように
キョロキョロしながら歩いています。
今回は登りのルートは初めてだったので行きだけで350枚くらい写真を撮っています。
家に帰ってから編集が大変でしたが・・・
同じ金剛山でも奈良側のルートは人が少なくて静かでいいですよ。
機会あれば、私のレコでも参考にチャレンジしてみてくださいね。
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1148
2016/3/1 21:00
 Re: 高圧電流Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
れんさん

そうですね。高圧電流にはびっくりでした・・・
金剛山では山頂広場辺りでは知っている人に会えるかもって
いつも思っているのですが、昨日は誰にもお目にかかれなかったですね。
時間違いでしーさん、キバラーさんもおられたみたいですよ。
天ケ滝道ですか?いいルートですよ。
歩き始めは階段ですが、それから以降は足にやさしいルートです。
特に春には登山口に見事な桜が咲くのです。
どうでしょう?この春に・・・・
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1148
2016/3/1 21:00
 Re: お疲れ様でした
しーさん

しーさんもこのルートは注目されておられましたか?
ですが、記録が少ないですね。dangonotareさんのレコは私も参考にした記録の一つです。
みなさん、そうですが「石寺跡道」は登山口までが苦労されておられますね。
でも今回の私のレコで登山口までの詳細はアップさせていただいたので
これを参考にしていただければ迷うことはありませんよ。
ですが、薮になるので行くなら今から4月くらいまででしょう。
ぜひ、チャレンジしてください。
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1148
2016/3/1 21:00
 Re: おつかれさまでした!
キバラーさん

あらあら、帽子と顔かたちでばれちゃいましたか・・・・ 悪いことはできないですね。
ウェアーは赤を購入してみました。あんまり他人とかぶらなくていいかもです。
私も帰宅後に「金剛山の一日」をチェックしていた
時計台ポーズのキバラーさんのお姿がわかりましたよ。
実は私は未だに時計台ポーズが右足?左足?どっちが前?
って感じで足の位置がよくわからないのです。
今度、お目にかかることがあればご教授ください。
→ は気がついていただいてうれしいです。
みねごんさんとおソロでしたか・・・
モンベルのチェーンスパイクは色でサイズがわかるので恥ずかしいですね。
そうですね。そろそろまたお目にかかりたいですね。
落ち着いたら山行のオファーをさせていただきます。
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1148
2016/3/1 21:01
 Re: orisさん こんにちは!
s_fujiwaraさん

登山口までの竹藪は注釈を入れておきましたが
その距離は7−8Mだったので大丈夫ですよ。
このルートは登山口までが核心です。
私も過去の記録を調べたのですがあんまり記録はなかったです。
ですが。今回の私のレコで詳しく登山口までは載せておきましたので
これを参考にぜひ「石寺跡道」を歩いてみてください。
歴史を感じることができるいいルートでしたよ。
登山口以降は迷う個所はなく、欽明水の手前のところでルートを少し見失っただけです。
落ち着いて右手へ移動したらルートはすぐに見つかりましたが・・・
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1148
2016/3/1 21:01
 Re: ほのぼの金剛山
metsさん

登山の解禁日は近いですか?
高宮寺は飛鳥-奈良時代って相当に歴史あるお寺だったんですね。
お陰様で金剛山はたいていのルートは歩いております。
なので、地図を見てmetsさんが「歩いてみたいな」と思われたルートは案内できますよ。
時間あればぜひ案内させてください。
また3月の休日がわかれば連絡をお待ちしております。
登録日: 2014/5/8
投稿数: 18
2016/3/1 21:31
 お疲れさまでした
金剛山もあらゆる方面からたくさんルートがあるんですね。
勝手ながら大阪側のコースしか調べてなかったです・・・
同じ山でも何度も楽しめますね。
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1148
2016/3/1 21:57
 Re: お疲れさまでした
mo-ri-taさん

金剛山ほど、たくさんのルートがあって楽しめる山はありません。
ご存知でしょうが東京の高尾山に次いで日本で2番目に登山者の多い山ですから・・・
大阪からでは、奈良側の登山口に来るのが面倒かもですが
奈良側のルートは人が少なくて静かでいいですよ。
金剛山の奈良側からのルートはたいてい歩いて、このヤマレコにアップしておりますので
機会があればぜひぜひ歩いてみてくださいね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アプローチ GPS テン 地蔵 道標 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ