ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819556 全員に公開 ハイキング甲信越

鬼面山ー氏乗山

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー yama-take
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
39分
合計
7時間49分
Sスタート地点07:0507:44尾根取り付き10:23鬼面山11:0212:34氏乗山14:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上り下りの尾根とも、一般路では無く難路です。参考にしないでください。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

7:05大島河原を出発。
右手に立派なキャンプ場が見えている。ここまでは良い道路。きのう薄っすらと雪が降ったようだ。
2016年02月28日 07:05撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:05大島河原を出発。
右手に立派なキャンプ場が見えている。ここまでは良い道路。きのう薄っすらと雪が降ったようだ。
1
7:08冬期通行止め。道路狭くなる。
2016年02月28日 07:08撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:08冬期通行止め。道路狭くなる。
7:24 道路が途切れて(のような気がして?)、河原にでた。そのまま広い河原を歩く。
2016年02月28日 07:24撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:24 道路が途切れて(のような気がして?)、河原にでた。そのまま広い河原を歩く。
2
7:31 2つ堰堤を越えると、一転して落差もあり沢登りの様相。
短区間だし、危ないわけではないけど、本気モードになる。
2016年02月28日 07:31撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:31 2つ堰堤を越えると、一転して落差もあり沢登りの様相。
短区間だし、危ないわけではないけど、本気モードになる。
3
7:36 そう言えば「ここは車が通れないとは言え『国道152号線』が地蔵峠を越えてるのだ。右手すぐの斜面にミチがあるはずじゃないか」
ようやくここまで来て思い出した。
「オレ何やってんだ?」 もう面倒なので、このまま川沿いに歩く。
2016年02月28日 07:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:36 そう言えば「ここは車が通れないとは言え『国道152号線』が地蔵峠を越えてるのだ。右手すぐの斜面にミチがあるはずじゃないか」
ようやくここまで来て思い出した。
「オレ何やってんだ?」 もう面倒なので、このまま川沿いに歩く。
3
7:43 また広い河原歩き。
2016年02月28日 07:43撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:43 また広い河原歩き。
2
7:44 尾根の取り付きに着いた。右:本流(濁沢)と左:鬼面沢の合流点。ここを直進していく。
2016年02月28日 07:44撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:44 尾根の取り付きに着いた。右:本流(濁沢)と左:鬼面沢の合流点。ここを直進していく。
1
7:48急登のはじまり
2016年02月28日 07:48撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:48急登のはじまり
1
7:54急登中
2016年02月28日 07:54撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:54急登中
1
8:05尾根に登りあげたところは、切り開きになっていた。ワイヤの束が残されている。集材の跡か、あるいは対岸の治山工事のためだったか。
2016年02月28日 08:05撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:05尾根に登りあげたところは、切り開きになっていた。ワイヤの束が残されている。集材の跡か、あるいは対岸の治山工事のためだったか。
1
8:31左はヒノキ林で暗い。この先で斜面を駆け下りていった黒っぽい動物は・・・たぶん〇〇
2016年02月28日 08:31撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:31左はヒノキ林で暗い。この先で斜面を駆け下りていった黒っぽい動物は・・・たぶん〇〇
2
8:40岩稜とまでは言わないが、ちょっとヤセ尾根があり。雪もついているので慎重になる。
2016年02月28日 08:40撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:40岩稜とまでは言わないが、ちょっとヤセ尾根があり。雪もついているので慎重になる。
2
8:40右後方は奥茶臼山の方。今日は春霞がかかっている。
2016年02月28日 08:40撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:40右後方は奥茶臼山の方。今日は春霞がかかっている。
2
8:56この辺りには見られない常緑樹の枝。鳥が運んできたのだろう。
2016年02月28日 08:56撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:56この辺りには見られない常緑樹の枝。鳥が運んできたのだろう。
2
9:14目印が無い尾根だなぁと思った頃に、足元にひとつ。稜線まで3つしか見られなかった。
2016年02月28日 09:14撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:14目印が無い尾根だなぁと思った頃に、足元にひとつ。稜線まで3つしか見られなかった。
1
9:24暖かく気持ちの良い斜面。おもわず休憩する。
2016年02月28日 09:24撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:24暖かく気持ちの良い斜面。おもわず休憩する。
2
9:44針葉樹林も良い感じ。
2016年02月28日 09:44撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:44針葉樹林も良い感じ。
1
10:05さいごは苔むす樹林。
2016年02月28日 10:05撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:05さいごは苔むす樹林。
2
10:07伊那山脈の主脈に到着。
2016年02月28日 10:07撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:07伊那山脈の主脈に到着。
2
伊那谷の方面だけど、霞で良く見えない。
2016年02月28日 10:07撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那谷の方面だけど、霞で良く見えない。
1
10:08さすが伊那山脈。リボンや標識・杭が次々に現れる。
2016年02月28日 10:08撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:08さすが伊那山脈。リボンや標識・杭が次々に現れる。
2
10:23鬼面山に到着。
2016年02月28日 10:23撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:23鬼面山に到着。
3
記名帳に記入。くるんであったビニール袋、交換しておきました。
2016年02月28日 10:29撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記名帳に記入。くるんであったビニール袋、交換しておきました。
2
櫓の上から前茶臼山ー奥茶臼山。うっすらとしか見えない。
2016年02月28日 10:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫓の上から前茶臼山ー奥茶臼山。うっすらとしか見えない。
2
快晴なのに、霞で西山の山麓がようやく見える程度。
中央アルプスは見えません。
2016年02月28日 10:37撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴なのに、霞で西山の山麓がようやく見える程度。
中央アルプスは見えません。
3
11:29氏乗山に向かう。
2016年02月28日 11:29撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:29氏乗山に向かう。
11:49南斜面を振り返ると、雪はすっかり融けて暖かい感じ。
2016年02月28日 11:49撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:49南斜面を振り返ると、雪はすっかり融けて暖かい感じ。
1
12:34氏乗山に到着。予定よりずいぶん早く着いた。
日向が無いので通過。少し先で休む。
2016年02月28日 12:34撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:34氏乗山に到着。予定よりずいぶん早く着いた。
日向が無いので通過。少し先で休む。
3
13:03主脈から左に別れて下山。この辺りのみ低い笹に覆われている。
2016年02月28日 13:03撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:03主脈から左に別れて下山。この辺りのみ低い笹に覆われている。
1
13:09。シカの運動場か? 広々している。
その中に大木も。
2016年02月28日 13:09撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:09。シカの運動場か? 広々している。
その中に大木も。
2
13:13尾根分岐を左へ。
2016年02月28日 13:13撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:13尾根分岐を左へ。
2
13:15氏乗山を振り返る。
2016年02月28日 13:15撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15氏乗山を振り返る。
1
13:15前方には御池山方面か。
2016年02月28日 13:15撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15前方には御池山方面か。
1
13:22大胆な二重山稜
2016年02月28日 13:22撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:22大胆な二重山稜
3
13:28カラマツ林の急な下り。
2016年02月28日 13:28撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:28カラマツ林の急な下り。
1
とても明瞭なシカ道をたどる。ジグザグに歩いている。(振り返った写真)
2016年02月28日 13:28撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても明瞭なシカ道をたどる。ジグザグに歩いている。(振り返った写真)
2
13:34 1400m付近の尾根分岐。どちらも明瞭で同じようなところに向かうが、右を選択。
2016年02月28日 13:34撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:34 1400m付近の尾根分岐。どちらも明瞭で同じようなところに向かうが、右を選択。
1
13:46どんどん高度をさげる。
2016年02月28日 13:46撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:46どんどん高度をさげる。
2
13:58微妙な尾根の屈曲点。勘良く、赤テープを見つけて急斜面をトラバース。
2016年02月28日 13:58撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:58微妙な尾根の屈曲点。勘良く、赤テープを見つけて急斜面をトラバース。
1
14:05いったん穏やかになるが
2016年02月28日 14:05撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:05いったん穏やかになるが
1
14:11やせ尾根がつづく。雪がすっかり融けて良かった。
2016年02月28日 14:11撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:11やせ尾根がつづく。雪がすっかり融けて良かった。
2
14:11左下に林道や河原が見えるようになった。あと100mくらいだろうが、いよいよ急になる。
2016年02月28日 14:11撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:11左下に林道や河原が見えるようになった。あと100mくらいだろうが、いよいよ急になる。
1
14:12尾根は行き詰まりで切れ落ちている。右下に赤リボンを見つけ、尾根を外れていく。
2016年02月28日 14:12撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:12尾根は行き詰まりで切れ落ちている。右下に赤リボンを見つけ、尾根を外れていく。
1
14:17急な小沢が右に下りていくが、急過ぎてついていけない。左に赤テープがあった。
2016年02月28日 14:17撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:17急な小沢が右に下りていくが、急過ぎてついていけない。左に赤テープがあった。
2
14:22沢に向かって最後の下り。木にしがみつきながら下りる。
2016年02月28日 14:22撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:22沢に向かって最後の下り。木にしがみつきながら下りる。
2
14:24もうじき着水。太いワイヤが垂れていた。
2016年02月28日 14:24撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:24もうじき着水。太いワイヤが垂れていた。
1
14:25ちょっと沢下り
2016年02月28日 14:25撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:25ちょっと沢下り
3
14:31川をジャブジャブ渡る。あの林道まで擁壁が3段見える。上がれるかしら。
2016年02月28日 14:31撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:31川をジャブジャブ渡る。あの林道まで擁壁が3段見える。上がれるかしら。
1
14:36上がれました。
2016年02月28日 14:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:36上がれました。
2
14:50中央が氏乗山あたり
2016年02月28日 14:50撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:50中央が氏乗山あたり
3
14:51車が見えました。
あ〜面白かった♪
2016年02月28日 14:51撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:51車が見えました。
あ〜面白かった♪
3

感想/記録

伊那山脈の未踏部分を歩いてきました。
例年なら雪があってこの時期には考えられない所だが、今年なら雪はほとんど問題にならないだろうと、行ってみた。前日に2、3僂らい薄っすらと雪が降ったようすだけで、持参したわかん・4本爪アイゼンはお荷物になっていた。
情報の無い2つの急な尾根、どっち周りにするか? 特に尾根末端の急な部分と下りの尾根分岐の難易度を吟味して、より安全と思われる反時計回りとしたのだけど、どうだったかなぁ? 最後の下りはなかなか大変でした。

〈尾根取り付きまで〉地蔵峠まで歩道があるのを知っているはずなのに、成り行きで、ごく自然に川沿いを歩いてしまった。ワタシは道がある所には弱いのです。

〈登り尾根〉尾根末端は急だったけど、危険個所もなく尾根に乗りあげた。ヒノキ林や伐採跡もあったが、総じてみると広葉樹・針葉樹の天然林が交互にあらわれる、目印類も少なくて気持ち良い尾根だった。

〈伊那山脈の稜線〉鬼面山の記名帳を見ると、東海地方など遠くからもきているし、地元豊丘村からも良く登られているんだなぁと思った。
大きな登り下りも無く氏乗山に。霞が強いこともあるけど景色はほとんどない樹林帯。ワタシはいつものことだから気にもならず、分岐する小さな尾根も地図と照合して歩く。そんなのがワタシのささやかな楽しみ。

〈下り尾根〉はじめの部分は3年前にも歩いたところ。広々とした運動場のような所、なつかしいな。登り尾根とちがって右側はカラマツ林で、ピンクテープも続いていてヒトの気配が強い。一気に下る。
さて最後の100m、尾根末端はぱっくり落ちている。右への急斜面のピンクリボンに導かれて無事に沢に下りることができたが、ちょっとドキドキだった。沢沿いは断崖が続いて、ピンポイントの下降点のようだったので、リボンに助けられたなぁ。

もう少し雪があると考えていたので、10時間くらい覚悟していたが、8時間弱と余裕をもった周回でした。
伊那山脈の残り区間もあと2つになりました。

(急斜面、尾根分岐など難しいトコロ満載なので、マネしないでくださいネ)
訪問者数:562人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 2933
2016/3/3 13:17
 マネしないようにします
こんにちは。
黒い巨大生物にも再会されたようで、相変わらず別次元の山歩きです。
完全に人の道を外れ、獣の道ですね
とてもマネできませんです
私も熊伏まで縦走して、少しは○○○○の境地に近づいたかと勝手に思い込んでいましたが、まだまだ甘かったです。

鬼面山は何度か訪れた展望の良い山でした。
前茶・奥茶、懐かしいです。
氏乗山も行きたい山です
ノーマルルートで行きますね
TYS
登録日: 2012/6/26
投稿数: 215
2016/3/3 18:51
 ビニール袋
交換ありがとうございます。
行かれる事が分かっていれば、スタンプ台のインクの補充も
お願いしたかったなぁと、ちょっと思ったりしてます。
 いつもながら、レコを楽しませてもらっています。
  
登録日: 2011/10/5
投稿数: 658
2016/3/4 20:55
 totokさん こんばんは
totokさんなら大丈夫、新たな〇〇〇〇ルートを拓いてくれるものと期待しています。
氏乗山にはノーマルコースは無いはず、また「さすがです!」と言われちゃいますね。
登録日: 2011/10/5
投稿数: 658
2016/3/4 20:59
 TYSさん こんばんは
あのポストにあったのは記念スタンプですか? チラッと見ただけで取り出しませんでした。
ビニール袋は薄くて裂けていたので、手持ちの分厚い買い物袋に替えましたが、小さな穴があいていましたので、どなたか良い物を準備いただくと良いかもしれません。

TYSさんも、あちこちでルート開拓をしていますね。ワタシも楽しませてもらっています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ