ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819726 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

石保土山ー白沢峠ー倉掛山

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー deresuke3
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間47分
休憩
1時間35分
合計
9時間22分
S落合バス停07:0808:07新犬切峠08:1309:00二本楢(1582m峰)09:20指入峠09:2509:30ノロカワ頭10:14石保戸山10:3011:15大ダワ林道12:12白沢峠13:1114:22倉掛山14:2514:45絵図小屋山14:5116:10R411御屋敷16:26落合登山口16:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

黒川鶏冠神社。
黒川山の鶏冠神社の里宮。
2016年02月28日 07:37撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒川鶏冠神社。
黒川山の鶏冠神社の里宮。
1
新犬切峠の
2016年02月28日 08:13撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新犬切峠の
1
ココから取り付くと、
2016年02月28日 08:16撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココから取り付くと、
1
どうです
車道歩きの憂さも晴れる。
2016年02月28日 08:20撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうです
車道歩きの憂さも晴れる。
2
たまらんの〜。
2016年02月28日 08:23撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまらんの〜。
1
左を見れば、倉掛山。
辿り着けるのか?
2016年02月28日 08:21撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左を見れば、倉掛山。
辿り着けるのか?
さらに西に伸びる防火帯。
2016年02月28日 08:31撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに西に伸びる防火帯。
1
背中には黒川鶏冠山越しに大菩薩嶺。
2016年02月28日 08:37撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背中には黒川鶏冠山越しに大菩薩嶺。
1
振り返れば自分の足跡だけ。
2016年02月28日 08:59撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば自分の足跡だけ。
2
石保土山が見えてきた。
一旦、指入峠へ下る。
2016年02月28日 09:18撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石保土山が見えてきた。
一旦、指入峠へ下る。
指入峠。
大ダワ林道と並ぶ。
2016年02月28日 09:25撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指入峠。
大ダワ林道と並ぶ。
雪が深くなる。
2016年02月28日 09:32撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が深くなる。
宿り木が多い。
2016年02月28日 09:45撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿り木が多い。
まるで植樹されたよう。
2016年02月28日 09:48撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで植樹されたよう。
来し方を振り返る。
2016年02月28日 09:58撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来し方を振り返る。
もふもふ。
2016年02月28日 10:02撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もふもふ。
前飛龍〜飛龍山〜大常木山。
2016年02月28日 10:19撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前飛龍〜飛龍山〜大常木山。
石保土山。
2016年02月28日 10:36撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石保土山。
ひと山隣の三角点。
2016年02月28日 10:30撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと山隣の三角点。
1
降るよ。
2016年02月28日 10:39撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降るよ。
すいすい。
2016年02月28日 11:11撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すいすい。
マンサク、まんず咲く。
2016年02月28日 11:17撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マンサク、まんず咲く。
1
大ダワ林道に降りて、
2016年02月28日 11:21撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワ林道に降りて、
白沢峠へ向かう。
2016年02月28日 11:42撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白沢峠へ向かう。
和む。
2016年02月28日 11:44撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和む。
ひょっとして、もう起きた?
2016年02月28日 11:57撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひょっとして、もう起きた?
白沢峠。
2016年02月28日 12:22撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白沢峠。
さぁ、倉掛山へ。
2016年02月28日 13:22撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、倉掛山へ。
けっこう急。
2016年02月28日 13:59撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう急。
倉掛山はまだ?
2016年02月28日 14:01撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉掛山はまだ?
美しい。
2016年02月28日 14:06撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい。
1
前飛龍〜飛龍山〜大常木山〜唐松尾山。
2016年02月28日 14:19撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前飛龍〜飛龍山〜大常木山〜唐松尾山。
1
やっと倉掛山。
2016年02月28日 14:27撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと倉掛山。
1
古礼山。
2016年02月28日 14:31撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古礼山。
1
次は絵図小屋山へ。
2016年02月28日 14:34撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は絵図小屋山へ。
降って、
2016年02月28日 14:38撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降って、
登り返す。
ココにトレースを付けるのだ。
2016年02月28日 14:39撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返す。
ココにトレースを付けるのだ。
笠取山が急登なのが良く分かる。
2016年02月28日 14:49撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山が急登なのが良く分かる。
絵図小屋山から
2016年02月28日 14:56撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絵図小屋山から
1
残念ながら富士山は見えず。
2016年02月28日 14:51撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら富士山は見えず。
さぁ帰ろ。
2016年02月28日 15:05撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ帰ろ。
巡視路スイスイ。
2016年02月28日 15:16撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巡視路スイスイ。
ココから右へ入る。
2016年02月28日 15:20撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココから右へ入る。
カラマツ林を抜けると、
2016年02月28日 15:23撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツ林を抜けると、
トレース無いし、道型も不明。
迷いたい放題ですな。
2016年02月28日 15:44撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレース無いし、道型も不明。
迷いたい放題ですな。
石保土山が見える。
極上の山旅でした。今日も無事でナニより。
2016年02月28日 16:13撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石保土山が見える。
極上の山旅でした。今日も無事でナニより。

感想/記録

風もなくポカポカでいい天気でしたね〜。

石保土山に登ってきました。
昨年11月に伝通院に登った時に時間切れで見送ったのでリベンジですな。

R411の落合バス停近くの駐車場所を起点にして高橋川沿いの車道に入り犬切峠方面に分かれ新犬切峠から取り付いて、石保土山に登ります。
その後一旦大ダワ林道に降りてから白沢峠を経て倉掛山へ登り、絵図小屋まで登ってR411に降る周回ルートを組んでみました。

犬切峠への分岐には通行止めのバリケードがあり車は通れません。
かじかむ手を振り回して暖めながら歩くこと一時間、新犬木峠に到着。

登り出しから広がる防火帯。車道歩きの憂さも一気に晴れる。宿り木が付いたミズナラにご挨拶して、さぁ山旅のはじまり始まり~。

途中アップダウンを挟みながら石尾根を思わせる防火帯が続く。
指入峠への降りは積雪がありケッコウ急。しかも新雪。
踵から踏めばグリップが効く。敢えて雪の深い所を選ぶ、たのし〜。

指入峠で大ダワ林道に降り立つが林道は見ないようにして先へ進む。
広めの巡視路は案外積雪が深い。
通せんぼの枝が敷かれた道を右に見送るとすぐに捲き道と尾根への道との分岐が現れる。尾根へ向かう。南向きの尾根なので積雪はない。
気持ちのいい登りだ。それにしても宿り木が多い。目にするたびにキレンジャクを探してみたが見ることはできなかった。

開けた石保土山山頂に到着。しかし三角点はひと山隣りらしいので寄ってみることにする。

石保土山から白沢峠へ向かうのに鳥小屋分岐に出て斉木林道を行くか一旦大ダワ林道に降りてから登り返すか悩んだ末、大ダワ林道に降ることにした。いくらか早いだろうと思う。
南向きの防火帯を降ると先ほど見送った捲き道に出合う。これを西に進む。尾根側は背の高いスズタケだ。
時期に南に分かれる分岐が現れるのでそちらへ向かう。途中マンサクを見た。

林道をテコテコ歩きバリケードがある白沢峠への入り口。雪の付いた桟橋に誘われて歩き出す。とりあえず白沢峠でラーメン食べよっ。

登りは後半の方が本番。
積雪もそれなりにあり楽しめる。
振り返れば飛龍山から笠取山方面が見える。雪はないようだ。

3度も転んでやっと倉掛山に到着。ここからは雁坂嶺方面が良く見える。

降りは絵図小屋から尾根通しで降って笠取林道に出て後は水源巡視路を直線的にR411に降る破線路を拾って御屋敷を目指す。

この山域は地形図におそらく水源巡視路であろう破線が縦横に走るし分岐も多いので迷いたい放題。
雪に埋もれた道を行けば、まっすぐかと思いきや右の小沢に桟橋が掛かっている。そっちかい。
なんてこともあって楽しめます。

終日防火帯を貸し切りで歩けました。

めったにない極上の山旅でしたなぁ。今日も無事でナニより。

後日 墨川山からの下山ルートを調べた結果、拝殿尾根〜ワサビ沢〜サンショウ沢だと確認した。
訪問者数:325人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ