ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819772 全員に公開 トレイルラン奥多摩・高尾

ハセツネ後半部試走

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー aquody
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間22分
休憩
23分
合計
9時間45分
S仲の平バス停07:1508:06西原峠08:0808:13槇寄山09:01三頭山(西峰)09:0309:31鞘口峠10:06風張峠10:39月夜見第二駐車場10:56小河内峠11:30惣岳山11:41御前山11:4512:13鞘口山(太郎指ノ峰・大平ノ峰)12:25大ダワ12:37鋸山13:23大岳山13:3013:50鍋割山分岐14:00鍋割山14:10奥の院(甲籠山)14:29長尾平分岐14:3214:38御岳山14:4015:17日の出山15:2016:35金比羅山17:00武蔵五日市駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPS忘れたのでルートは手描き
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

仲の平BSのすぐ先を左折。なぜか寒気が酷く、身体が冷え切っていたので、珍しく出だしから防寒着着た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仲の平BSのすぐ先を左折。なぜか寒気が酷く、身体が冷え切っていたので、珍しく出だしから防寒着着た
三頭山だろうか、冬だから道すがら山容が拝める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山だろうか、冬だから道すがら山容が拝める
4日前の雪がそれなりに残っていて終始厄介だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日前の雪がそれなりに残っていて終始厄介だった
西原峠。ようやく身体が温まってきたので、ここでいつものランパン姿に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西原峠。ようやく身体が温まってきたので、ここでいつものランパン姿に
西原峠のすぐ上が槇寄山頂。淡い富士山が大きい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西原峠のすぐ上が槇寄山頂。淡い富士山が大きい
比較的緩やかな登りが続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比較的緩やかな登りが続く
大滝への分岐直後にハセツネ35km地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝への分岐直後にハセツネ35km地点
おお、あれが三頭山か? 三つの頭?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、あれが三頭山か? 三つの頭?
避難小屋を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋を通過
三頭山西峰直下。説明版あり、右が巻き道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山西峰直下。説明版あり、右が巻き道
三頭山山頂、なかなか広くて居心地よさそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山山頂、なかなか広くて居心地よさそう
山頂から富士山かろうじて(色調編集)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から富士山かろうじて(色調編集)
中央峰、後ろは西峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央峰、後ろは西峰
東峰、遠景は御前山。中央峰、東峰ともに通過点だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰、遠景は御前山。中央峰、東峰ともに通過点だ
見晴らし小屋展望台から、御前山と大岳山。遠いなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らし小屋展望台から、御前山と大岳山。遠いなあ
この中途半端な残雪、ノーチェーンで行くけどとっても厄介
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この中途半端な残雪、ノーチェーンで行くけどとっても厄介
鞘口峠から風張峠の間は比較的緩やかなトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞘口峠から風張峠の間は比較的緩やかなトラバース
雲取山らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山らしい
雲取山、七ツ石山、鷹巣山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山、七ツ石山、鷹巣山?
ここから砥山方面へ行ったら森林館しか案内が出てこない。手元の地図では森林館がどこだかわからなかったので(事後調べてみると森林館は明後日の方向だった)、やむを得ずここまで引き返してきて風張峠へ向かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから砥山方面へ行ったら森林館しか案内が出てこない。手元の地図では森林館がどこだかわからなかったので(事後調べてみると森林館は明後日の方向だった)、やむを得ずここまで引き返してきて風張峠へ向かった
すると、急激にトレース薄くなる。一人と一匹しかない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると、急激にトレース薄くなる。一人と一匹しかない
風張峠。すぐ下に車道あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風張峠。すぐ下に車道あり
風張峠のすぐ先がハセツネ40km地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風張峠のすぐ先がハセツネ40km地点
いったん車道に出るが、このあとの道がわからず難儀した
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん車道に出るが、このあとの道がわからず難儀した
あちこち探して道路沿いにようやく道を見つけた。こういうのも最新の山と高原地図を持っていれば困らなかったのだろう。何せ手元のは1990年の地図なのです、もう自業自得
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこち探して道路沿いにようやく道を見つけた。こういうのも最新の山と高原地図を持っていれば困らなかったのだろう。何せ手元のは1990年の地図なのです、もう自業自得
また車道に出る。月夜見第2駐車場へは車道を右へ行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また車道に出る。月夜見第2駐車場へは車道を右へ行く
ようやく見つけた、月夜見第2駐車場(ハセツネ第2関門)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく見つけた、月夜見第2駐車場(ハセツネ第2関門)
長く緩い登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長く緩い登り
惣岳山と御前山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣岳山と御前山
道がよく整備されていて登りやすい。さすがハセツネコース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道がよく整備されていて登りやすい。さすがハセツネコース
御前山が目の前に。何だか、日高から見る塔ノ岳のような雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山が目の前に。何だか、日高から見る塔ノ岳のような雰囲気
御前山山頂着。数人の人たちが憩っていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山山頂着。数人の人たちが憩っていた
たぶん雲取山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん雲取山方面
御前山からの下り。今回ここだけさすがにチェーンスパイク着けた。足が重いけれど、下りならまだ許せるか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山からの下り。今回ここだけさすがにチェーンスパイク着けた。足が重いけれど、下りならまだ許せるか
次のピーク、鋸岳が眼前に。また登るのか…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピーク、鋸岳が眼前に。また登るのか…
大ダワ。駐車スペースとトイレあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワ。駐車スペースとトイレあり
右へ巻きたい誘惑を抑えて、鋸山へ左に針路を取る。ハセツネコースなのかはよくわからない(事後調べると本番は右へ巻くようだ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へ巻きたい誘惑を抑えて、鋸山へ左に針路を取る。ハセツネコースなのかはよくわからない(事後調べると本番は右へ巻くようだ)
意外と激しい登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と激しい登り
鋸山山頂。特記事項なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山山頂。特記事項なし
御前山だろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山だろう
巻き道と合流して、次なる大岳山を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道と合流して、次なる大岳山を目指す
さすがハセツネコース、よく整備されたトレイルを軽快に走る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがハセツネコース、よく整備されたトレイルを軽快に走る
午後の柔らかな日差しが気持ちの良い稜線トレイル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後の柔らかな日差しが気持ちの良い稜線トレイル
雪があったりなかったり、本当に厄介だ。でもそれに臨機応変に対応するのがまた楽しいわけだけど
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪があったりなかったり、本当に厄介だ。でもそれに臨機応変に対応するのがまた楽しいわけだけど
大岳山山頂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山山頂へ
なかなかの展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの展望
丹沢方面。富士山はもう見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢方面。富士山はもう見えない
「転落注意」の看板があるところ。無雪ならともかく、中途半端な積雪ではかなり滑りやすい。慎重に下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「転落注意」の看板があるところ。無雪ならともかく、中途半端な積雪ではかなり滑りやすい。慎重に下る
大岳山方面から来ると実にわかりにくい分岐。鍋割山、奥ノ院へも行ってみることにする(事後調べると、本番はこれも巻くようだ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山方面から来ると実にわかりにくい分岐。鍋割山、奥ノ院へも行ってみることにする(事後調べると、本番はこれも巻くようだ)
奥ノ院への登り、意外とある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥ノ院への登り、意外とある
奥ノ院。祠があるだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥ノ院。祠があるだけ
眼下が御岳山か? 奥ノ院から御岳山へは意外と時間がかかってしまった。その奥が金比羅尾根かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下が御岳山か? 奥ノ院から御岳山へは意外と時間がかかってしまった。その奥が金比羅尾根かな
ようやく御岳山長尾平(ハセツネ第3関門)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく御岳山長尾平(ハセツネ第3関門)
山頂の神社は工事中。目の前に見えるのは日の出山か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の神社は工事中。目の前に見えるのは日の出山か。
日の出山へのルートがよくわからずまた難儀してしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山へのルートがよくわからずまた難儀してしまった。
御岳山頂って町なのですね。車もあるし、びっくり。
商店街の先にようやく道標見つけた。これじゃわからんよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山頂って町なのですね。車もあるし、びっくり。
商店街の先にようやく道標見つけた。これじゃわからんよ
さらに、これを見逃してはいけない。180度折れるのだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに、これを見逃してはいけない。180度折れるのだ
御岳山→日の出山の道は走れるトラバースだった。夕暮れの日の出山頂は貸し切り。東に開けている。山名のとおり日の出を拝むには持ってこいの山頂っぽい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山→日の出山の道は走れるトラバースだった。夕暮れの日の出山頂は貸し切り。東に開けている。山名のとおり日の出を拝むには持ってこいの山頂っぽい
日の出山頂から御岳山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山頂から御岳山方面
日の出山からの下山道がまた実にわかりにくいのです。とにかく金比羅山/尾根を示す道標を見つけてそちらへ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山からの下山道がまた実にわかりにくいのです。とにかく金比羅山/尾根を示す道標を見つけてそちらへ向かう
最後に金比羅山へ寄ってみたが、とくになにもなし。金比羅尾根はもっとガンガン下れるのかなと思っていたけれど、斜度が緩く起伏もあって、思ったほどは走れなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に金比羅山へ寄ってみたが、とくになにもなし。金比羅尾根はもっとガンガン下れるのかなと思っていたけれど、斜度が緩く起伏もあって、思ったほどは走れなかった
金比羅山から、東側の景色はいいみたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金比羅山から、東側の景色はいいみたい
無事下山しました。ここから駅まで約2km弱といったところか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。ここから駅まで約2km弱といったところか
ちょっとだけ春
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ春
ようやく武蔵五日市駅に戻りました。
市街地に出ても道がよくわからなかったので適当に走った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく武蔵五日市駅に戻りました。
市街地に出ても道がよくわからなかったので適当に走った

感想/記録
by aquody

ハセツネ試走というのもおこがましいけれど、充実したピークハントを楽しめました。
自宅から武蔵五日市までは車で約1.5H、武蔵五日市駅前のタイムズに駐車して、0622発バスで仲の平まで行った。

下見なのでレーススピードは出していなかったけれど、それでもCT倍率0.58は普段にも増して遅いなあ。調子はそれほど悪くなかったはずなのだけど、Ambit2を忘れてしまったのが痛かった。おかげで時刻もペースもあやふやだったし、ナビゲーションがなかったので何度も道に迷ってしまった。中途半端な積雪への対応にも難儀した。チェーンスパイク装着は必要最小限に絞ったのだけど、やはり積雪の下りはスピードが格段に落ちたのだろう。

ああ、あとから調べてみたら、鋸山も奥ノ院も本番では巻いているんですね。うーん、今回はまあピークハントもしたかったので寄っちゃったけれど、今度またGPS持って本番コースをきちんと辿りたいと思う。それまで修行しよう。

水分持参消費:1.5L。食料消費:おにぎりx3、ソイジョイx1、大福x2、チョコx1箱、煎餅小袋x1。
訪問者数:433人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ