ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819849 全員に公開 山滑走谷川・武尊

谷川岳〜オジカ沢の頭〜赤谷川源頭〜万太郎山〜毛渡沢〜土樽

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー tanemura, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間30分
休憩
1時間20分
合計
12時間50分
S天神平スキー場09:0009:59熊穴沢避難小屋10:32天狗の留まり場10:3311:18谷川岳・肩の小屋11:3613:06オジカ沢ノ頭13:2616:11万太郎山16:5221:50毛渡橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

朝一のロープウェーに乗って出発です。
2016年02月27日 08:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝一のロープウェーに乗って出発です。
1
肩の小屋からは,そても滑れる状態ではなく,兼用靴にアイゼンで進みます。
2016年02月27日 11:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋からは,そても滑れる状態ではなく,兼用靴にアイゼンで進みます。
2
晴れて風もありませんので,絶好の山行日よりです。
2016年02月27日 09:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れて風もありませんので,絶好の山行日よりです。
2
オジカ沢の頭までは結構あります。後方に肩の小屋が小さく見えます。
2016年02月27日 12:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭までは結構あります。後方に肩の小屋が小さく見えます。
3
もうちょっと頑張れば,滑りはじめられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっと頑張れば,滑りはじめられます。
3
やっとオジカ沢の頭です。これから,赤谷川源頭を経由して万太郎を目指します。
2016年02月27日 13:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとオジカ沢の頭です。これから,赤谷川源頭を経由して万太郎を目指します。
4
ここまでで,結構疲れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでで,結構疲れました。
3
シュカブラが発達して滑りにくいので,避難小屋まで下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラが発達して滑りにくいので,避難小屋まで下ります。
1
赤谷川源頭の風景です。いつか,夏も沢登りで来たいところです。
2016年02月27日 13:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷川源頭の風景です。いつか,夏も沢登りで来たいところです。
3
やや重ですが,気持いい斜面です。
2016年02月27日 13:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや重ですが,気持いい斜面です。
6
気持ちいいのは最初だけでした。
2016年02月27日 13:45撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいいのは最初だけでした。
3
雰囲気はいいんですが,傾斜が無く全くすべりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気はいいんですが,傾斜が無く全くすべりません。
3
万太郎への登り返しの途中から,滑って来た赤谷川源頭です。
2016年02月27日 14:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎への登り返しの途中から,滑って来た赤谷川源頭です。
3
標高差500の登り返しですが,ここまでの疲れもあり,ペースが上がりません。
2016年02月27日 14:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高差500の登り返しですが,ここまでの疲れもあり,ペースが上がりません。
1
万太郎の山頂がとっても遠かったですね。とっても歩きにくいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎の山頂がとっても遠かったですね。とっても歩きにくいです。
1
案の定,毛渡川の下部で日没でした。
2016年02月27日 20:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案の定,毛渡川の下部で日没でした。
1
真っ暗な中,GPSでルーファイです。後方のオレンジの光は,遠くの高速道路の明かりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗な中,GPSでルーファイです。後方のオレンジの光は,遠くの高速道路の明かりです。
3
群大ヒュッテ前の橋に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群大ヒュッテ前の橋に着きました。
1
もう終電はとっくに出てしまったので,群大ヒュッテ前で大休止です。
2016年02月27日 20:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう終電はとっくに出てしまったので,群大ヒュッテ前で大休止です。
1

感想/記録

いろんな方の投稿で以前から気になっていた,このロングルートにトライしてきましたが,結果は時間切れで,土樽から土合いに戻る終電の2時間30分後にやっと下山し,タクシーで谷川岳ベースに戻りました。
敗因は歩行スピードにも問題があると思いますが,雪が少なく万太郎への登りで凍った笹シュカブラに手間取ったこと,毛渡川の下部に雪が少なくヤブ漕ぎや渡渉,埋まっていない枝沢の迂回などに手間取ったことがあります。
このコース初なので,平常時が判りませんが,快適な滑走は毛渡沢上部だけでした。
訪問者数:556人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/11
投稿数: 484
2016/2/29 22:55
 お疲れさまでした!
大変だったんですねぇ〜・・・。 ご察しします。
オジカ手前の鎖の手前でスライドしたオレです。
最終電車に間に合わなかったようで、本当にお疲れ様でした。でもカッコイイです。
お話させていただきました時には温厚で優しく和やかなおふた方だったのに・・・、やっぱりこんなにイッちゃってる事をされるお二方でしたかぁ・・・。
ホントにカッコイイと思います。 BCの記事は多々あれどやはりこのレコ、少なからず時を同じくしたので、とても感銘を受けました。
またどこかでお会いした時、今回の事、教えてください。
またどこかで必ずやお会いできると信じてやみません。
ありがとうございました!
登録日: 2012/8/13
投稿数: 6
2016/3/1 23:40
 Re: お疲れさまでした!
ええ,赤谷川源頭から万太郎の登りが,思いのほか時間がかかり大変でした。万太郎からの滑走開始時点で,下山が夜になることは覚悟していましたが,下部の雪の少なさにさらに苦しめられました。
「こんなにイッちゃってる事をされる・・・」とお褒めの言葉ありがとうございます。でも,全然イッテません。まだまだ,凡人です。
ではまた,どこかで
登録日: 2013/6/10
投稿数: 88
2016/3/2 5:00
 本当にお疲れ様でした!
 同ルートを2015.3.27に実行したhareharawaiです。このルートはとにかく景色が素晴らしくオジカ沢ノ頭から西は、同じ谷川連峰とは思えない景観が広がっている好ルートです。実は自分もすぐにでも行きたいところですが、谷川岳ロープウェイの始発が3月中は8:30なのと、少雪により毛渡沢の下降が大変な気がしていて躊躇しておりました。
 やはり、tanemuraさんのレコからそれがさらによくわかりました。もう少し熟考してから行くかどうかを決定したいと思います。ヘッ電での毛渡沢下降はさぞかし大変だったことと思いいます。重ね重ねお疲れ様でした。
                            hareharawaiより

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ