ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819858 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー danyamakomemame
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間17分
休憩
1時間23分
合計
8時間40分
Sスタート地点06:3907:08中の湯温泉07:1307:19新中の湯登山口07:2408:301972mピーク08:3108:55広場08:5709:03下堀沢出会10:57焼岳11:0412:15焼岳(北峰)13:0713:49下堀沢出会13:52広場14:081972mピーク14:37新中の湯登山口14:43中の湯温泉14:5415:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●コース全体
・中の湯登山口より膝上の積雪あり。
・この日の登山者は僕たちと単独2名の計4名のみ。
・1972ピークまでは先行者2名のトレースを辿り、
1972ピークで先頭になった後はラッセルでした。

●中の湯登山口〜新中の湯登山口
車道歩き。九十九折の除雪された車道を歩きます。
カーブごとに数字がつけられていて7号カーブを通過すると中の湯温泉旅館が現れます。
中の湯温泉旅館の脇が中の湯登山口となります。
中の湯登山口から旅館に裏手に回り九十九折の車道を直線的に進み、
11号カーブまでショートカットすると新中の湯登山口へと至ります。

●新中の湯登山口〜下堀沢出合
新中の湯登山口からはしばらくは車道沿いに斜面をトラバースしていき、
尾根の末端から急登します。
高低差120〜130mほど登ると傾斜は緩み、1972ピークまで樹林帯のルートを
リボンやテープ類を拾いながら進みます。
1972ピークを過ぎると登山道は平坦になり、
やがて広場と呼ばれる視界が開ける場所へと至ります。
広場を過ぎてひと登りすると南峰から伸びる尾根に乗ります。ここが下堀沢出合となります。

●下堀沢出合〜焼岳
下堀沢出合からは南峰から伸びる尾根を高低差およそ400m登ります。
標高2190m付近に雪庇の崩落箇所があり、ここの吹き溜まりを通過する際には、
胸〜顔付近まで潜りました。
山頂直下は岩場になっていて岩と岩の隙間に落ちないように進む必要がありました。

北峰へは南峰から伸びる尾根の途中の進みやすいところから谷筋に入り、
コルまで詰めていきます。谷筋は膝上〜腿ラッセルが続きますが、
比較的重い雪だったため沈み込みが少なくラッセルしやすい雪質でした。
この日は谷まで降りて雪質を確認した上で雪崩リスクは少ないと判断し、
北峰を目指しましたが、南峰の斜面はずっとイヤな感じで、
雪崩れるとしたらこの辺りが発生地点になりそうな気がしました。

コル付近は噴気口からの火山ガスが絶え間なく噴出しており、
風向きによってはもろに直撃するので注意が必要です。
自分たちはコルを経由せずに稜線に乗りましたが、途中で噴煙に巻かれることも。

北峰へは稜線を東側から回り込みますが、直下は溶岩が堆積した岩場となっているため、
雪で隠された岩の隙間に嵌まってしまうと股までズッポリ。
東側斜面は切れ落ちているので注意が必要です。
 
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

中の湯入り口のゲートよりスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯入り口のゲートよりスタート
4
除雪された車道を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
除雪された車道を進みます
1
霞沢岳が見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳が見えています
1
7号カーブを通過すると中の湯温泉旅館が見えてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7号カーブを通過すると中の湯温泉旅館が見えてきます
3
中の湯温泉旅館の脇が中の湯登山口となります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯温泉旅館の脇が中の湯登山口となります
2
旅館の裏手に回り…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旅館の裏手に回り…
1
樹林帯の中を…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の中を…
ショートカットします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットします
4
新中の湯登山口に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新中の湯登山口に到着
1
1〜2名の新しいトレースがありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1〜2名の新しいトレースがありました
尾根の末端から急登となります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の末端から急登となります
高低差120〜130mほど急登すると落ち着きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高低差120〜130mほど急登すると落ち着きます
2
気持ちの良い樹林帯が続きます1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い樹林帯が続きます1
気持ちの良い樹林帯が続きます2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い樹林帯が続きます2
1
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
4
1972ピークから先頭になってラッセル開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1972ピークから先頭になってラッセル開始
1
がんばるkomemame
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がんばるkomemame
8
テープやリボン類は豊富にあるのでルーファイには苦労しません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープやリボン類は豊富にあるのでルーファイには苦労しません
1
1972ピークを過ぎてから地形は平坦になり…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1972ピークを過ぎてから地形は平坦になり…
2
やがて樹林が疎らになると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて樹林が疎らになると…
正面に焼岳が見えてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に焼岳が見えてきます
7
「おー」と思わず声が出る景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「おー」と思わず声が出る景色
11
歩いてきた樹林帯を振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた樹林帯を振り返ります
2
この辺りがりんどう平と呼ばれるところでしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りがりんどう平と呼ばれるところでしょうか
7
気持ちいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい!
10
左が南峰。北峰は奥の噴煙の出ているところにあり、右側手前のピークで隠れています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が南峰。北峰は奥の噴煙の出ているところにあり、右側手前のピークで隠れています
12
雪原越しに霞沢岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪原越しに霞沢岳
8
言うことありません!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
言うことありません!
4
kome粒のようなkomemame
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
kome粒のようなkomemame
5
うっすら明神と前穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすら明神と前穂
3
下堀沢出合付近で南峰から伸びる尾根に乗ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下堀沢出合付近で南峰から伸びる尾根に乗ります
1
雪が深くなってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が深くなってきました
6
かわりばんこでラッセル(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわりばんこでラッセル(photo komemame)
9
どういうルート取りにしようかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どういうルート取りにしようかな
6
前方の雪庇の崩壊箇所が気になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方の雪庇の崩壊箇所が気になります
1
ショートスキーの方が追いつきラッセルを代わってもらいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートスキーの方が追いつきラッセルを代わってもらいます
6
雪庇の崩落箇所付近の吹き溜まりで胸〜首まで埋没したことで…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇の崩落箇所付近の吹き溜まりで胸〜首まで埋没したことで…
5
雪が溜まっているであろう谷筋を詰めるルートは雪崩リスクも鑑みて難しいと判断
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が溜まっているであろう谷筋を詰めるルートは雪崩リスクも鑑みて難しいと判断
7
南峰まで尾根筋を登ることにします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰まで尾根筋を登ることにします
6
北峰を見下ろす高さまで来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰を見下ろす高さまで来ました
3
振り返って乗鞍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って乗鞍
12
この辺りからは地肌が露出しているところを選んで進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからは地肌が露出しているところを選んで進みます
2
クラストしていてアイゼンの爪がよく刺さります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラストしていてアイゼンの爪がよく刺さります
4
南峰から続く尾根の上部は登りやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰から続く尾根の上部は登りやすい
3
山頂が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきました
3
上部は岩が露出していました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部は岩が露出していました
5
山頂まであと少し!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し!
4
積雪期限定の南峰に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪期限定の南峰に到着
13
山頂をコル方面に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂をコル方面に向かいます
3
北峰とのコルまで下ろうと試みましたが不安定な雪の付いた急峻な岩場はフリーでは難しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰とのコルまで下ろうと試みましたが不安定な雪の付いた急峻な岩場はフリーでは難しい
6
コルの噴煙をアップで(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルの噴煙をアップで(photo komemame)
7
南峰より。北峰と奥には霞んだ穂高連峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰より。北峰と奥には霞んだ穂高連峰
10
南峰より。笠〜抜戸の稜線。こちらも霞んでます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰より。笠〜抜戸の稜線。こちらも霞んでます
6
南峰より。霞沢岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰より。霞沢岳
7
南峰より。乗鞍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰より。乗鞍
3
一番高いと思われる場所で山のポーズ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番高いと思われる場所で山のポーズ
24
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
11
南峰の山頂は東西に細長く広い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰の山頂は東西に細長く広い
3
さて、下山開始です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下山開始です
3
なんだか物足りなく、南峰からの下山途中に下れそうなところから谷筋まで降りて様子を見ます(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだか物足りなく、南峰からの下山途中に下れそうなところから谷筋まで降りて様子を見ます(photo komemame)
3
意外と雪は深くなく雪崩リスクもなさそうだったので谷筋を詰めて北峰を目指すことに(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と雪は深くなく雪崩リスクもなさそうだったので谷筋を詰めて北峰を目指すことに(photo komemame)
9
膝上から腿ラッセル(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
膝上から腿ラッセル(photo komemame)
9
アップで(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで(photo komemame)
9
komemameも向かってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
komemameも向かってきました
5
コルがだいぶ近づきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルがだいぶ近づきました
2
南峰を見上げます。雪崩れるとしたらこの斜面だと思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰を見上げます。雪崩れるとしたらこの斜面だと思います
4
ショートスキーの方がドロップインした後が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートスキーの方がドロップインした後が見えます
2
komemameが追いついて来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
komemameが追いついて来ました
3
ここからは再びかわりばんこでラッセル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは再びかわりばんこでラッセル
6
かっぽれかっぽれ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっぽれかっぽれ
10
かっぽれかっぽれ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっぽれかっぽれ(photo komemame)
4
南峰の斜面はイヤな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰の斜面はイヤな感じ
1
なかなか進まんのですわ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか進まんのですわ
4
上の方は四つん這いで(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方は四つん這いで(photo komemame)
5
なぜか噴煙に近づいた方が硫黄臭が薄くなりました(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜか噴煙に近づいた方が硫黄臭が薄くなりました(photo komemame)
3
風向きによって噴煙がもろ直撃します(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風向きによって噴煙がもろ直撃します(photo komemame)
3
南峰が目の高さに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰が目の高さに
8
歩いてきたルートを振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきたルートを振り返ります
7
北峰が正面に立ちはだかります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰が正面に立ちはだかります
8
吹き出す噴煙
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹き出す噴煙
6
北峰の基部まで来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰の基部まで来ました
2
山頂へは東側から回り込みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へは東側から回り込みます
2
山頂まであと少し!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し!
2
直下は溶岩が堆積した岩場となっているため、雪で隠された岩の隙間に嵌まってしまうと股までズッポリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下は溶岩が堆積した岩場となっているため、雪で隠された岩の隙間に嵌まってしまうと股までズッポリ
5
ラッセル交代(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセル交代(photo komemame)
7
最後がシンドイ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後がシンドイ(photo komemame)
5
komemameも後から来ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
komemameも後から来ます
8
頂上標が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上標が見えてきました
2
険しい岩場を登りきり、笑顔のkomemame
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい岩場を登りきり、笑顔のkomemame
16
焼岳北峰に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳北峰に到着
10
改めて山のポーズ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて山のポーズ
26
北峰にも行っておいてよかった(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰にも行っておいてよかった(photo komemame)
22
北峰より。南峰にいた時はガスっていましたが、天気が少し回復し前穂〜吊尾根〜奥穂〜西穂まで見られました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰より。南峰にいた時はガスっていましたが、天気が少し回復し前穂〜吊尾根〜奥穂〜西穂まで見られました
9
北峰より。笠〜抜戸
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰より。笠〜抜戸
3
北峰より。裏銀座方面。槍は霞んで見えませんでしたがかろうじて西鎌尾根は見えていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰より。裏銀座方面。槍は霞んで見えませんでしたがかろうじて西鎌尾根は見えていました
5
北峰より。乗鞍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰より。乗鞍
5
北峰より。霞沢岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰より。霞沢岳
8
霞沢岳と六百山。眼下は上高地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳と六百山。眼下は上高地
3
北峰より。眼下には上高地と梓川
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰より。眼下には上高地と梓川
5
北峰より。先ほどまでいた南峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰より。先ほどまでいた南峰
7
北峰より。火口のカルデラ湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰より。火口のカルデラ湖
7
山頂でお昼ゴハン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂でお昼ゴハン
8
風向きによって噴煙が上がってきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風向きによって噴煙が上がってきます
さて、下山開始です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下山開始です
1
霞沢岳が大迫力
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳が大迫力
7
山頂直下は慎重に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下は慎重に
4
稜線の東側には雪庇
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の東側には雪庇
4
ボテボテ下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボテボテ下ります
1
北峰の基部をトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰の基部をトラバース
2
噴気孔の近くは素早く通過したいのに…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴気孔の近くは素早く通過したいのに…
2
雪団子ですってんころりん。噴煙に巻かれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪団子ですってんころりん。噴煙に巻かれます
7
来た道を戻ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を戻ります
2
焼岳&霞沢岳付近の空は真っ青でしたが…(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳&霞沢岳付近の空は真っ青でしたが…(photo komemame)
8
周辺は2月にもかかわらず春霞
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周辺は2月にもかかわらず春霞
2
上のトレースは北峰へ向かう時のもの。帰りは谷筋を下りますが雪団子がひどい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上のトレースは北峰へ向かう時のもの。帰りは谷筋を下りますが雪団子がひどい
7
2〜3歩歩くとご覧のありさま
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2〜3歩歩くとご覧のありさま
10
たまらずシリセード。奥は南峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまらずシリセード。奥は南峰
9
こちらは北峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは北峰
3
komemameもシリセード。ショートスキーの方のシュプールがキレイでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
komemameもシリセード。ショートスキーの方のシュプールがキレイでした
10
雪が重くてなかなか滑りません(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が重くてなかなか滑りません(photo komemame)
11
下堀沢出合付近で元来た尾根に復帰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下堀沢出合付近で元来た尾根に復帰
1
歩きやすいなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすいなぁ
1
りんどう平まで戻りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
りんどう平まで戻りました
7
さよなら焼岳(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さよなら焼岳(photo komemame)
6
あとは気持ちの良い樹林帯をトレースに沿って戻るだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは気持ちの良い樹林帯をトレースに沿って戻るだけ
新中の湯登山口まであっという間です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新中の湯登山口まであっという間です
新中の湯登山口から車道をショートカットして…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新中の湯登山口から車道をショートカットして…
1
中の湯温泉旅館に到着。ここでアイゼン外して…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯温泉旅館に到着。ここでアイゼン外して…
2
再びの車道歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びの車道歩き
1
釜トンネルの入り口が見えました。お疲れさまでした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜トンネルの入り口が見えました。お疲れさまでした!
3

感想/記録

「今シーズンって雪山らしい雪山に登ったっけ?」と問いかけたくなる今日この頃。
「北アだったら雪があるかなぁ」ということで
日帰り可能で人が少なさそうな焼岳へと向かいました。

例年よりは雪は少ないながらも、1972ピークより先は終始ラッセル。
頭を真っ白にして少しずつ前に進んで行くあの感覚が甦りました。

標高2190m付近の吹き溜まりで胸から首までズッポリ嵌り、藻掻いて何とか脱出。
北峰までは谷筋を詰める必要があるのですが、
この調子だと谷筋は雪が深くてピークを踏めない可能性&雪崩リスクがあると感じ、
まずは尾根筋を南峰まで辿り、コルまで下って北峰を目指すルート取りに変更します。

しかし、南峰からの雪の付いた急峻な岩場の下りは登攀用具なしでは難しくて断念。
積雪期限定の南峰に登れたからまぁよかったのかな、と思いながら下山開始しますが、
物足りなさを感じてしまい、雪の様子を見るため途中で谷筋まで降りてみると…、
「あれ?意外といけそう」という手応えを感じました。
いったん下山に傾くと気持ちのネジを巻き直すのがなかなかタイヘンですが、
時間もまだあるし、天気も良いし…せっかくなので行ってみることにしました。
komemameも渋々後からついてきました(笑)

膝上〜腿ラッセルで高低差およそ200mをもう一度登り直して北峰に到着。
いやぁ〜よかったよかった。
 



感想/記録

ここのところ、山から足が遠のいていました。
行きたい気持ちの一方で、天気が悪そうだ、、と毎回早起きができず。
そんなんで、私の中に占める山濃度はどんどん薄まっていったのでした・・・
で、週末何をしていたのかといえば、
昼くらいまで寝て、ぐだぐだしていると
あっという間に夕方で、頭がはっきりしてくる夜がくると
こんどはお酒を飲み飲み、またぼんやり眠くなって寝る…
そんなダメ生活を送っていました。
これでは、一気に老けてしまう!やばいやばいーーー、と、
ほんとにお尻に火がついて、やっとこ重くなった腰をあげました。

やっぱり山を歩くと気持ちがいい〜!
行ってよかった!
焼岳さいこーだった。
今シーズン雪山っぽい雪山を歩けていなかったけど、
さいしょからいい感じの雪がいっぱいでテンション上がったー。

でも実は途中、雪が深く道がないため、
北峰まで行けないかも、、、と断念しかかりました。
ほかに二人いた登山者の方も「もう無理」と、下りてしまって、
私も「もういいっかー」と降りる気満々でした。
ところがdanyamaはというと「行ける!行ける!」と
どんどん先に進み、私が「もう行きたくないよ」と思っているうちに
小さな米つぶくらいの大きさになっちゃって、
あっという間に引き離されてしまいました。
もう降りようと思って、また登ろうと気持ちを戻すのって、
早起きと同じくらい辛い。。
でも、真っ白い斜面にうごめくdanyamaの姿を眺めていたら、
意外と山頂まで遠くないかも、、って思えて、
私も遅れること15分、ようやく再スタート。
歩き出してみれば、久々のラッセルちょー楽しかった。
疲れて、クタクタにはなるけれど、自分で道をつけていくこの感覚、
やっぱりうれしいもの。
山頂に立てたときは充実感いっぱいでした。

帰りはだいぶ暖かくなって、
やや雪が重く、アイゼンだんごでなんどもコケました。
さらに下の方は雪がしゃりしゃりと溶けかかって、まるで春の山のようでした。
今シーズン最後かな?雪山をちゃんと味わえてよかったです。

それにしても、もはや山を取り上げたら、私はダメ人間になる…
それがわかったので、山行きは永遠につづけないとなぁ。
それって、はっきり言ってしんどいけど、
いくつになってもしゃんと背筋を伸ばしていたいから、
行けるうちは頑張っていこうっと。もちろん楽しみながら。


おしまい
訪問者数:2464人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/26
投稿数: 235
2016/3/2 8:15
 お疲れさまでした!
danyamaさん、komemameさん、はじめまして
3週間前に焼岳北峰を目指したPinball_1957です

雪の量が増えていますね。ラッセル大変だったと思います
しかもスタートが中の湯温泉の下のゲートからとは・・

南峰で物足りず、谷筋へトラバースして進み、北峰を目指されたのは凄いです
お二人の経験と力量が窺えます
自分が到達できなかった二つの頂の写真を楽しませてもらいました
お二人のレコを参考にさせていただき、来シーズンにでも再挑戦します
ありがとうございました
登録日: 2012/10/4
投稿数: 248
2016/3/2 8:22
 やっぱり週末は山でしょう!
焼岳レコ楽しく見させて頂きました
月一山屋の私が言うのも申し訳無いのですが、やはり週末は山でしょう
週末の山が有るから毎日の仕事も頑張れるような気がします。

それにしても一度下りかけてからまた登り返すのは凄いですね
私などは絶対にその気持ちの切替は出来ないです
ただ、写真を見ると確かに雪崩そうな斜面で時間的にもちょっと嫌な感じでしたね?
ベテランdanさんだからできる判断で、素人が突っ込んで行ったら無謀と言われそうですね。
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1259
2016/3/2 10:27
 こんにちは
写真91のkomemameさんの笑顔が今回の山行の全てを物語っている感じがしました。
ラッセル、お疲れさまでした
登録日: 2011/10/10
投稿数: 306
2016/3/2 21:11
 Re: お疲れさまでした!
Pinball_1957さん

はじめまして、komemameです。
Pinball_1957さんの記録見させていただきました。
ラッセル、、ホントたいへんでしたが、
今シーズンどこも雪が少なくて、
まともにラッセルしてなかったので、
思いっきり、ラッセル三昧で大満足でした

Pinball_1957さんはあとほんとにちょっとだったんですね。
今回私はdanyamaに引っ張ってもらったようなもので…。
すっかり帰る気満々で、「もう北峰いいっ」ってなっていたので、
山頂にたてたのは、まったく自分の力ではないですね〜
それにしてもこの日の晴れた焼岳、最高でした

こちらこそ、コメントいただきありがとうございました。
登録日: 2011/10/10
投稿数: 306
2016/3/2 21:25
 Re: やっぱり週末は山でしょう!
山屋さん

こんばんは〜
ですよね!週末の山があるから、仕事頑張れますネ
なのに、なのに、、山をサボっていたもんだから、
ここ最近はなんとなく仕事もはかどらないような・・・感じでした。

あらためての登り返し、私は最初の一歩がなかなか出ず、、
danyamaから15分も遅れてのスタートとなりました。
この15分間、悩んで、悩んで・・・、いろんなこと考えました。笑
この斜面、写真だとイヤな感じに見えますが、
実際にはけっこう安定しているように感じました。
私の視点なので怪しいものですが、、
今回、danyama判断に乗っかってよかったです〜
登録日: 2011/10/10
投稿数: 306
2016/3/2 21:31
 Re: こんにちは
yama_poundさん

こんばんは。
91番、拾っていただきありがとうございます
yama_poundさんおっしゃるように、
今回はこの写真ですべてが説明できる感じです〜
ほんと、うれしいたのしい一日でした!!!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ