ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819903 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

鎌刃城跡&松尾寺山周回(歴史散策第五弾:永楽通宝拾っちゃった何で??)

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー kobee_br(記録)
天候晴れ(昼から温かすぎて少し霞んでいたか・・・)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7:30米原工業団地
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間7分
休憩
10分
合計
6時間17分
Sスタート地点08:0509:30松尾寺山09:3810:20松尾寺山10:2111:05八葉山11:0614:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
[詳細]
米原工業団地08:05⇒08:24松尾寺山登山口⇒09:30松尾寺山(503m)09:38
⇒09:55松尾寺跡⇒10:20松尾寺山(一旦戻る)10:21
⇒10:35松尾寺山砦跡⇒10:45西坂山(537m)⇒11:05八葉山(601m)11:06
⇒11:18竜宮山(540m)(昼食)12:18⇒12:44鎌刃城登山口
⇒13:00鎌刃城跡⇒14:22米原工業団地
コース状況/
危険箇所等
・登山ポスト無し

・前回の山行で、山城跡の低山縦走路が有ることが判りネットで調べたところ
「鎌刃城・松尾寺山城砦縦走トレッキング」を見つけ去年の秋に催しが
有ったことを知る。
 もともと城跡巡りもしていたので、いずれは「鎌刃城跡」へも行こうと思っていたので渡りに船ということで、更に登山ルートを調べることにした。
 「鎌刃城・松尾寺山砦縦走トレッキング」関連サイトの登山ルートは簡易的で
あまりはっきりしなかったが、doratomoさんの「903 松尾寺山〜鎌刃城址周回」
というサイトが周回コースでルート地図も有りこのルートでの縦走を決定し、
早速1/25,000の地図を印刷しスマホへも同じ1/25,000の地図をキャッシュして
山行するとにした。

・今回は、米原IC近くなので、遅めの起床で1時間程で「米原工業団地」に着いて、「不法投棄禁止」看板の有る路肩に駐車した。
おそらくdoratomoさんと同じ場所だと思われる…

・今日も少し寒かったので、上は3枚のレイア(長袖シャツ+ソフトシェル
+カッパ上)下は2枚のレイア(パッチ+長ズボン)
前回ズボンの裾が汚れたのでスパッツ、靴は自転車に乗らないのでミドルカット
にした。

・まず、「松尾寺山登山口」をdoratomoさんの地図を参考に探すことにした。
すぐにおおよその場所は解ったが、標識も何もなかったのでゆっくりと尾根沿いに
続く少しならされた道を進み、途中で赤テープを見つけたので、その辺りから
直接尾根を登り進む、少し先へ進むと先程の道と合流していた。

・合流したところからなんとなくジグザグになった山道らしい道になってきたので、ルートは間違っていないと思い更に進んでいったすると足元に五円玉みたいなものが落ちており拾ってみると「永楽通宝」だった、しばらく周りを調べたが
その1枚のみだったので諦めて先に進んだ。

・尾根沿いを登っていってはいるのだがはっきりした登山道では無くなんとなく
直登気味に登っており、ときおり四つん這いになりながら滑りやすい尾根を
登って行った。
 途中岩場も有り初めは岩場を避けていたが、岩場を利用した方が滑落しなくて
いいので岩場を進んで尾根を登り切った。
 登り切った尾根から少し開けた場所に1本の杉と「夫婦杉」と書かれた標識が
有った、その先に1本巨大な杉が倒れておりその先が「松尾寺山」だった。

・やっと1つ目の目標である「松尾寺山(503m)」に着き今回山行唯一の
三等三角点を写真に収め、少し降った先の「松尾寺跡」へ向かう途中サイトでも
見た「松尾寺山ハイキングコース 松尾寺七不思議」の看板を見つけたので
少し寄り道をして、松尾寺七不思議△痢岷童石」へ。
 「影向石」に着いてそこから降って、「松尾寺跡」に向かおうとしたがそこは急な崖になっており滑り落ちそうになったので、一度「影向石」へ戻ってから
「松尾寺跡」に向かう事にした。
 「松尾寺跡」に着いてから元のルートへ戻る気になれなかったので、
地図上で「松尾寺山ハイキングコース」へ合流している
ルートを探しながら登り返した。
 「松尾寺跡」辺りの登山道は、整備もされているが標識やコースロープ等も無く
どこからでも尾根を直登して「松尾寺山ハイキングコース」へ戻れそうだった。
 せっかく「松尾寺七不思議」の標識も設置しているのだからもう少し登山ルートを判りやすくした方が良いと思う。
 また、危険な箇所立ち入り禁止の看板も設置してもらえると助かるが…

・しばらく登りを進むと尾根沿いの「松尾寺山ハイキングコース」へ合流、
そこからほぼ平坦だったので一旦「松尾寺山」まで戻ることにした。
 途中、「蔵王大権現」と書かれた標識と木々に囲まれた小さな祠を見ることが
できた。
 「松尾寺山」へ戻って三角点にタッチして「松尾寺山ハイキングコース」の
先へ進んだ。

・先程の合流点を更に進むと大きく横に寸断された「堀切」のような場所に、
そろそろ「鎌刃城跡」へ近づいてきたのかなと思いながら登山道を進むと
「松尾寺山砦100m戻る」の標識が?
おおっと「松尾寺山砦」見おとしたと思い急いで戻り先程の「堀切」ぽい
ところから登山道を少し外れた平らになったところに「松尾寺山砦」の標識が
立っていた。
 やはり砦の遺構か何かだったんだ…

・更に進むと「鎌刃城・松尾寺山縦走トレッキング」の標識が立っていた。
そこからは、尾根すじの登山道を西坂山(537m)⇒八葉山(601m)
⇒竜宮山(540m)とピークハントしていくことになった。

・11時すぎに「竜宮山」着いた、「竜宮山」は、鉄塔の先の展望の良い場所で、
風は少し有るがすっかり温かくなって琵琶湖方面が少し霞んでしたが
この景色を見ながら昼食をとることにした。

・竜宮山を更に尾根すじに進むと「鎌刃城跡へ」の標識が有り急な降りのルートを
指していいた、進んで行くと車道に合流した。
地図を見るとまだ尾根が先に延びていたので一旦分岐点に戻り尾根を進んでいくと
そこは崖になっており更に滑って滑落しないように注意しながら進むと下に車道と
その先に「鎌刃城跡」の標識らしいものが見えた。
 なんとかこの崖を降りれないかとギリギリまで進むが最後の2m弱の坂が
どうしても飛び降りないと降りれなかったので、また、分岐あまで戻り
最初に降りた車道合流点から「鎌刃城跡」の標識に辿り着いた。
 ん…地図が上手く読めなかった…後からできた車道なのか…
でも2mが飛び降りれない…怪我しそう…

・「鎌刃城跡」の標識から先にびっくりそこからは細尾根を進み
「堀切」に辿りつきそこから道は尾根沿いと尾根下へと2つ選択して進めるように
なっていたので、迷わず尾根沿いを選択するがそこから急登を少し登ると
また細尾根となっておりそこからは細尾根を何回か登り降りすることになった。
後から知ったのだがこの尾根が「鎌刃城」の鎌刃の由来になったそうだ…
でも、慎重に進まないと少し危険だった…

・「鎌刃城」を堪能した後、下山する為に更に尾根沿いを進み
次に番場・蓮華寺方面へ進み、更に番場分岐点より先の蓮華寺方面へ尾根を
降っていった。
 もう、標識もあまり無くスマホの地図とGPSが示す現在地を頼りに、
進んでいった。
 最後に、「米原工業団地」からだいぶ手前の川が流れる畑の一角に降りてきた、
そこからは「米原工業団地」目指して川沿いを進む、
途中で畑を世話しているご老人から「松尾寺山からのトレキングですか?」と
聞かれ「はい、そうです」と本日初めての人との会話だった。
 ご老人からは「動物はいませんでしたか?」と聞かれ
「はい、出合いませんでした」と答えた。
 「トレッキング」と「動物」という言葉から近頃の山の雰囲気が解った…

今日は、14時半前という早い時間に下山でき余裕の帰宅ができた。
また、今回のような楽しい山城跡の低山縦走路を探していきたいと思う。
後、スマホとデジカメのバッテリ切れが注意しないと…
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

米原工業団地の空き地
2016年02月28日 08:12撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米原工業団地の空き地
松尾寺山登山口(標識等無し)
2016年02月28日 08:24撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾寺山登山口(標識等無し)
永楽通宝を拾った??
2016年02月28日 08:49撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
永楽通宝を拾った??
松尾寺山三等三角点
本日、唯一の三角点
2016年02月28日 09:31撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾寺山三等三角点
本日、唯一の三角点
松尾寺山(503m)
2016年02月28日 09:31撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾寺山(503m)
松尾寺七不思議?
松尾寺山ハイキングコースはどこからどこまでなのか??
2016年02月28日 09:43撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾寺七不思議?
松尾寺山ハイキングコースはどこからどこまでなのか??
影向石
この後、この先を降って松尾寺に行こうとして
危うく滑落しそうになった・・・
2016年02月28日 09:51撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影向石
この後、この先を降って松尾寺に行こうとして
危うく滑落しそうになった・・・
松尾寺跡
2016年02月28日 09:56撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾寺跡
蔵王権現
2016年02月28日 10:18撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王権現
鎌羽城・松尾寺トレッキングコースに入った模様?
2016年02月28日 10:30撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌羽城・松尾寺トレッキングコースに入った模様?
松尾寺山砦跡
2016年02月28日 10:35撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾寺山砦跡
西坂山(537m)
2016年02月28日 10:45撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西坂山(537m)
八葉山(601m)
本日、最高峰
2016年02月28日 11:05撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八葉山(601m)
本日、最高峰
竜宮山(540m)
2016年02月28日 11:18撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮山(540m)
竜宮山から琵琶湖方面を望む
2016年02月28日 11:25撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮山から琵琶湖方面を望む
竜宮山から鎌刃城の間は、車道で寸断されていた
この崖の2mが飛び降りれられなくて引き返した・・・
2016年02月28日 12:44撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮山から鎌刃城の間は、車道で寸断されていた
この崖の2mが飛び降りれられなくて引き返した・・・
鎌刃城登山口
2016年02月28日 12:44撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌刃城登山口
鎌刃の由来になった両側が崖になった尾根
尾根沿いを進む時は滑りやすいので滑落要注意!!
2016年02月28日 12:57撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌刃の由来になった両側が崖になった尾根
尾根沿いを進む時は滑りやすいので滑落要注意!!
鎌刃城主郭跡
2016年02月28日 13:11撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌刃城主郭跡
本日進んだ山々
2016年02月28日 14:09撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日進んだ山々
訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ