ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 820282 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳に1日で2回アタック!!(1回目は南稜、2回目は北稜)

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー yama_pound
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は船山十字路の駐車スペースに止めました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間49分
休憩
1時間26分
合計
12時間15分
S舟山十字路03:3103:56南稜広河原取付06:07立場岳06:2106:41青ナギ07:23無名峰08:13P3ガリー基部での待ち時間08:5410:03阿弥陀岳10:0410:28中岳のコル10:42中岳沢でトレースが分岐していた地点10:43北稜尾根のひとつ東側の尾根に上がったところ10:4811:43ジャンクションピーク12:50阿弥陀岳12:5214:32御小屋山14:5515:46舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▶阿弥陀岳の南稜も北稜も冬季バリエーションルートで気軽には登れません。
 ここを登られる方々に若輩の私があれこれ言うのもおこがましい・・・釈迦に説法になるので当日の雪の状況だけを通過時間も合わせてアップします。
 その他の危険個所や核心部分などの詳細については割愛させていただきます。
 ご安全に!!

・船山十字路〜立場岳(03:31〜06:21)
 登山道の積雪は少なくラッセルはなかったのですが、氷っている箇所が多くツボ足では滑りやすい状況でした。
 (尾根に上がってからアイゼン装着しました。)
 
・立場岳〜無名峰(06:21〜07:23)
 前夜の雪?風?でトレースが無かったところがありラッセルする箇所がありましたが、コースを外れなければ踝以上潜ることはなくワカンをつけなくても歩きづらいと感じることはありませんでした。

・無名峰〜阿弥陀岳(08:13〜10:03)
 雪はほどよく締まっていて歩きやすかったです。
 また岩場はちょうどいい感じに雪が付いていてアイゼン歩行も歩きづらさは感じませんでした。
 P3ガリー全体によく締まった雪が積もっていて雪崩れる感じはありませんでした。
 ガリー基部の最初の方だけで氷のところもありましたが問題ないぐらい小さいスペースでした。

・阿弥陀岳〜中岳のコル(10:04〜10:28)
 日当たりが良く気温が上がったせいか原因はわかりませんが雪はふわふわで滑りやすく足が取られやすい状況の下山でした。
 
・中岳のコル〜北稜尾根のひとつ東側の尾根へ上がったところ(10:28〜10:43)
 中岳沢は日陰のせいか雪はほどよい硬さでした。
 トレースもあり雪の状態もよく雪崩の危険性は低かったのですが足早に下りました。

・北稜尾根のひとつ東側の尾根へ上がったところ〜阿弥陀岳(10:48〜12:50)
 日当たりが良く気温が上がったせいか原因はわかりませんが雪はふわふわな感じでした。
 岩峰の雪の状況は中途半端に岩に氷や雪が付いていて手だけで登るのは滑るので難しい感じでした。
 (締まった雪なのでピッケルを使って登りました。)

・阿弥陀岳〜御小屋山(12:50〜14:32)
 昼過ぎなのに氷っている箇所が多くみられました。
 タイミングを間違えてアイゼンを早く外すと滑って危険だと思います。

・御小屋山〜船山十字路(14:55〜15:46)
 積雪はほとんど無いのでアイゼンを外しても問題ないと思います。
 (私は冬靴のソールが減るのが嫌だったのでアイゼン付けたままで下りました。)
その他周辺情報帰りに『 長門温泉やすらぎの湯 』で汗を流しました(^_^)
http://nagawamachi.jp/publics/index/14/
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

船山十字路の駐車スペース
2016年02月28日 03:30撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船山十字路の駐車スペース
2
ゲートから尾根取付きまではしばらく林道歩き。
道のところどころが氷っていて滑った(-_-;)
2016年02月28日 03:33撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから尾根取付きまではしばらく林道歩き。
道のところどころが氷っていて滑った(-_-;)
1
広河原橋を越えるとすぐに分岐があります
2016年02月28日 03:55撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原橋を越えるとすぐに分岐があります
1
分岐を左折し尾根に取付きます
2016年02月28日 03:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を左折し尾根に取付きます
1
プチ渡渉後に登る道を間違えて手詰まりになりましたがすぐにコースに復帰しました。
(暗いと間違いやすいよね・・)
2016年02月28日 03:59撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチ渡渉後に登る道を間違えて手詰まりになりましたがすぐにコースに復帰しました。
(暗いと間違いやすいよね・・)
3
尾根に上がりました
2016年02月28日 04:24撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がりました
1
立場山で少し休憩
2016年02月28日 06:07撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立場山で少し休憩
3
青ナギに見惚れる♪
2016年02月28日 06:37撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ナギに見惚れる♪
4
青ナギから見た阿弥陀岳
2016年02月28日 06:37撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ナギから見た阿弥陀岳
7
青ナギから見た権現岳
2016年02月28日 06:38撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ナギから見た権現岳
4
無名峰に到着
2016年02月28日 07:23撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名峰に到着
1
阿弥陀岳、中岳、赤岳のスリーショットも松が邪魔で中岳しか見えない(笑)
2016年02月28日 07:23撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳、中岳、赤岳のスリーショットも松が邪魔で中岳しか見えない(笑)
2
無名峰から見た権現岳
2016年02月28日 07:23撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名峰から見た権現岳
5
無名峰から見た阿弥陀岳
2016年02月28日 07:24撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名峰から見た阿弥陀岳
10
あの出っ張っている棒はP2564かな?
2016年02月28日 07:31撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの出っ張っている棒はP2564かな?
2
P2564を通過
2016年02月28日 07:33撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2564を通過
3
テント泊された5人パーティーが見えます
2016年02月28日 07:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント泊された5人パーティーが見えます
6
その先にはテント泊されたソロの方が見えます
2016年02月28日 07:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先にはテント泊されたソロの方が見えます
7
ここで赤岳を撮ってみた
2016年02月28日 07:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで赤岳を撮ってみた
2
P1→左から巻きます
2016年02月28日 07:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1→左から巻きます
5
迫力のあるP3とその手前にP2
2016年02月28日 07:44撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力のあるP3とその手前にP2
4
P2→左から巻きます
2016年02月28日 07:48撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2→左から巻きます
4
P3→左から巻きます
2016年02月28日 08:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3→左から巻きます
5
谷のトラバースは慎重かつ足早に!!
2016年02月28日 08:08撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷のトラバースは慎重かつ足早に!!
6
P3は直登しません!!私の技術じゃできません!!(笑)
2016年02月28日 08:09撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3は直登しません!!私の技術じゃできません!!(笑)
4
P3ガリーまでトラバース
2016年02月28日 08:09撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3ガリーまでトラバース
3
慎重に歩きます
2016年02月28日 08:10撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に歩きます
3
P3ガリー基部に到着。
ここで先行4人パーティーとソロの方が登るのを待ちます。
日陰で寒い(-_-)
2016年02月28日 08:14撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3ガリー基部に到着。
ここで先行4人パーティーとソロの方が登るのを待ちます。
日陰で寒い(-_-)
5
約50分待ってようやく4人パーティー最後者が登りはじめ、それと同時に先行者ソロが登っていきます。
私も続いて登ります
2016年02月28日 08:54撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約50分待ってようやく4人パーティー最後者が登りはじめ、それと同時に先行者ソロが登っていきます。
私も続いて登ります
10
ワンピッチ目で再び先行者登り待ち。
下を見ると後続5人パーティーのトップの女性が登ってきてました。
2016年02月28日 09:18撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワンピッチ目で再び先行者登り待ち。
下を見ると後続5人パーティーのトップの女性が登ってきてました。
7
途中でガリーの下を覗く
2016年02月28日 09:24撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中でガリーの下を覗く
3
途中でよそ見もする
2016年02月28日 09:24撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中でよそ見もする
2
P3ガリーを登り終えて下を覗く・・・基部は谷が曲ってて見えない
2016年02月28日 09:32撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3ガリーを登り終えて下を覗く・・・基部は谷が曲ってて見えない
4
残すはP4のみ
2016年02月28日 09:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残すはP4のみ
4
P4→左から巻きます
2016年02月28日 09:38撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P4→左から巻きます
1
ここのトラバースがいやらしい(-_-;)
2016年02月28日 09:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのトラバースがいやらしい(-_-;)
13
この辺はサクサク登ります
2016年02月28日 09:48撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺はサクサク登ります
4
ここのトラバースもいやらしい(-_-;)
なぜか残りわずかのここからトップになる。
トラバース後にそのままノートレースの雪の斜面を登るか右の岩場から登るか・・・私は岩場に取付きました(笑)
2016年02月28日 09:54撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのトラバースもいやらしい(-_-;)
なぜか残りわずかのここからトップになる。
トラバース後にそのままノートレースの雪の斜面を登るか右の岩場から登るか・・・私は岩場に取付きました(笑)
9
岩場を登り終えるとポーズをとっている人がいたので撮ってみた(笑)
2016年02月28日 10:01撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を登り終えるとポーズをとっている人がいたので撮ってみた(笑)
13
岩場を登り終え振り返りパチリ。
私は写真中央の岩場(写ってませんがww)を登ってきましたが後続の方たちは右の雪の斜面(後続ソロの方の足跡あるね。)を登ってました。
2016年02月28日 10:01撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を登り終え振り返りパチリ。
私は写真中央の岩場(写ってませんがww)を登ってきましたが後続の方たちは右の雪の斜面(後続ソロの方の足跡あるね。)を登ってました。
5
3回目の阿弥陀岳で山頂標識を初めて見ました(笑)
多くの人で賑わってましたが、私は次があるので休憩も取らずに下ります!!
2016年02月28日 10:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3回目の阿弥陀岳で山頂標識を初めて見ました(笑)
多くの人で賑わってましたが、私は次があるので休憩も取らずに下ります!!
10
中岳のコルへの下りも神経使うー
2016年02月28日 10:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳のコルへの下りも神経使うー
2
雪の状態を確認し中岳のコルから中岳沢を下ります
2016年02月28日 10:28撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の状態を確認し中岳のコルから中岳沢を下ります
4
雪の状態は良かったのですが雪崩れると悪いので足早に下ります
2016年02月28日 10:29撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の状態は良かったのですが雪崩れると悪いので足早に下ります
2
ここに左へ行くトレースがあります。
2016年02月28日 10:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに左へ行くトレースがあります。
1
行者小屋まで下りずにここから北稜尾根のひとつ東側の尾根に取付きます。
雪崩れの心配のない尾根へ上がってから小休止。
2016年02月28日 10:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋まで下りずにここから北稜尾根のひとつ東側の尾根に取付きます。
雪崩れの心配のない尾根へ上がってから小休止。
1
なんだか足が重いなー・・・本日2回目だからかな?(笑)
2016年02月28日 11:34撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだか足が重いなー・・・本日2回目だからかな?(笑)
3
ジャンクションピークに到着!!
2人パーティーが下りてきてました。
2016年02月28日 11:43撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークに到着!!
2人パーティーが下りてきてました。
4
雪が緩い・・・原因は日当たりのせい?気温のせい?とにかく南稜より雪が緩い。あと南稜に比べて風が無い。
2016年02月28日 11:49撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が緩い・・・原因は日当たりのせい?気温のせい?とにかく南稜より雪が緩い。あと南稜に比べて風が無い。
1
なかなかの斜度の登り
2016年02月28日 11:49撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの斜度の登り
6
ピッケルとアイゼンと灌木が頼り
2016年02月28日 11:55撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピッケルとアイゼンと灌木が頼り
3
第一岩峰に着きました
2016年02月28日 12:14撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一岩峰に着きました
3
ここの取付きが核心なのだが・・・
2016年02月28日 12:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの取付きが核心なのだが・・・
5
体が固く足の上がらないソロフリーの私は写真中央の岩から取付こうとするが上手く取付けず写真右のほうから取付き登りました。
岩場だしピッケルは不要だろと腰に差して両手空手で登り始めましたが中途半端に付いている雪や氷で岩が上手く掴めず結局ピッケルを使い登りました(^_^;)
2016年02月28日 12:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体が固く足の上がらないソロフリーの私は写真中央の岩から取付こうとするが上手く取付けず写真右のほうから取付き登りました。
岩場だしピッケルは不要だろと腰に差して両手空手で登り始めましたが中途半端に付いている雪や氷で岩が上手く掴めず結局ピッケルを使い登りました(^_^;)
11
第二岩峰が見えました
2016年02月28日 12:27撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二岩峰が見えました
6
ここは第一岩峰より難易度が下がりますが・・・
2016年02月28日 12:30撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは第一岩峰より難易度が下がりますが・・・
2
ほぼ垂直です(笑)
スタンスやホールドは豊富なので問題ありませんがソロフリーは落ちたらおしまい・・・
2016年02月28日 12:30撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直です(笑)
スタンスやホールドは豊富なので問題ありませんがソロフリーは落ちたらおしまい・・・
9
最後にナイフリッジ!!
2016年02月28日 12:34撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にナイフリッジ!!
11
振り返り北稜をパチリ・・・ナイフリッジの先はここからじゃ見えませんがね(笑)
2016年02月28日 12:38撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り北稜をパチリ・・・ナイフリッジの先はここからじゃ見えませんがね(笑)
6
あとはここを登るだけ
2016年02月28日 12:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはここを登るだけ
4
本日2回目の阿弥陀岳山頂に到着!!
2016年02月28日 12:50撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日2回目の阿弥陀岳山頂に到着!!
13
山頂は貸し切り状態でした。
2016年02月28日 12:50撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は貸し切り状態でした。
5
【阿弥陀岳の山頂から見た景色】
赤岳とその手前に中岳
2016年02月28日 12:50撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【阿弥陀岳の山頂から見た景色】
赤岳とその手前に中岳
11
【阿弥陀岳の山頂から見た景色】
ギザギザの横岳とまんまるの硫黄岳
2016年02月28日 12:51撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【阿弥陀岳の山頂から見た景色】
ギザギザの横岳とまんまるの硫黄岳
8
【阿弥陀岳の山頂から見た景色】
西、東天狗岳と蓼科山
2016年02月28日 12:51撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【阿弥陀岳の山頂から見た景色】
西、東天狗岳と蓼科山
5
【阿弥陀岳の山頂から見た景色】
ninesさんとmomokahahaさんが登っていた権現岳と編笠山
(二人のお姿を見れなくて残念。)
2016年02月28日 12:50撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【阿弥陀岳の山頂から見た景色】
ninesさんとmomokahahaさんが登っていた権現岳と編笠山
(二人のお姿を見れなくて残念。)
6
未踏の中央稜から下る計画だったが安全に過去2回下ったことのある御小屋尾根から下ることにした
2016年02月28日 12:59撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未踏の中央稜から下る計画だったが安全に過去2回下ったことのある御小屋尾根から下ることにした
6
中央稜のほうが早く着きそうだが・・・『急がば回れ!』です。
2016年02月28日 13:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜のほうが早く着きそうだが・・・『急がば回れ!』です。
4
御小屋山で休憩
2016年02月28日 14:32撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋山で休憩
2
雪が無く春の陽気
2016年02月28日 15:22撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が無く春の陽気
2
分岐を右に行けば
2016年02月28日 15:41撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を右に行けば
ゲートです
2016年02月28日 15:45撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートです
1
地元の林業の方たち?猟友会の方たち?がいたのですが私が車に着くと同時に帰っていきました。
そして駐車スペースには私の車だけポツン・・
2016年02月28日 16:06撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元の林業の方たち?猟友会の方たち?がいたのですが私が車に着くと同時に帰っていきました。
そして駐車スペースには私の車だけポツン・・
4

感想/記録

当初の計画では今回のコースを1泊2日(行者小屋泊)の工程で行くつもりでしたが土曜日仕事で日曜日しか山に行けなくなりました(-_-)
でも、どっちも登りたかったので朝早く登山開始することにしました。
03:00登山開始予定で土曜日仕事終わり後に準備をしてすぐに移動しましたが途中で眠たくなり40分ほど仮眠・・・結果03:30スタートとなりました。
登山開始予定時刻より30分遅れでのスタートでしたが何とかなるっしょ?(笑)
いざ、クライム・オン!!


ヾ響

・船山十字路から無名峰までは眠気との戦いでした(^_^;)

・1回目の山頂は賑わってました♪
 2回目の山頂は一人ぼっちでしたww

・下山は中央稜からと計画していましたが分岐で昨年の苦い記憶がよみがえり少し不安になったので安全に過去2回下ったことのある御小屋尾根から下りました。
 
・今回一番寒さを感じた場所はP3ガリー基部でした。(気温は温度計を見てないのでわかりません。)
 約50分の待ち時間であり、風が吹く日陰で何もせず突っ立っていたのが原因ですが仕方ありません(笑)
 その他の場所での気温は船山十字路でマイナス5℃(無風)、P3ガリーを登ったところでマイナス14.5℃(風速12.0m/s)、御小屋尾根の途中でマイナス7℃(風速8.0m/s)ぐらいでした。

・P3ガリーを登ったところからP4の区間で風速12.0m/sぐらいの風が吹いてましたが、その他の場所では風は弱く八ヶ岳にしては穏やかな日だった思います。

・漠然としたイメージですが・・・南稜、御小屋尾根のある南西は『日陰で寒い、雪は締まっている(氷ってるところもある)、風がある。』といった印象で、北稜のある北東は『日当たり良くてポカポカ、雪はふわふわ、風が無い。』といった印象でした。
 
・南稜北稜どちらのコースも昨年登ってますが、核心部分の雪の付きかたが違うと昨年とはまた違った印象でした!!
 去年より南稜のP3ガリーは簡単に感じましたが、北稜の第一第二岩峰は難しく感じました。

・ピッケルをもう1本購入しようかどうか迷ってましたが、コスト>使用頻度で今まで見送ってました。
 今回はピッケル1本で登ってきましたが、やはり2本あった方が楽なんだろうなーと感じました。
 ますますミゾーのミニバイルが欲しくなりました(笑)


反省

・北稜の第一岩峰を登っているときに右手が雪で滑り少しバランスを崩しヒヤッとしましたが、他の三点がしっかりしていたので体勢を立て直すことができました。
 三点支持の大切さが身に染みてわかりました!!
訪問者数:961人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/29
投稿数: 799
2016/3/2 17:17
 やりますねー
がリー、ガリガリでしたよ お疲れさまでした!いい天気でしたね
登録日: 2013/5/6
投稿数: 923
2016/3/2 18:20
 お見事!
お疲れ様でした!

天気も良くて何よりでしたね(^^)v
見ているだけでゾットしましたけど
景色はバツグンにいいですね!
いつもの事ながらyamaさんの行動力には頭が下がります

無事に御帰還おめでとうございまた(^_^)/~
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1260
2016/3/2 18:47
 Re: やりますねー
お疲れさまです!!
いい天気でしたね
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1260
2016/3/2 18:49
 Re: お見事!
思っていたより早く下山できましたよー
でも、足も腕も筋肉痛です
景色は良かったです ・・・もう何回も見た景色ですが(笑)
登録日: 2012/9/2
投稿数: 48
2016/3/2 20:27
 ダブルアックス
お疲れさまでした!

P3の50分待ちはキツイですね。寒さに晒される時間はなるべく少ないほうが良いので、ソロなら一声掛けて横を抜けちゃうのも有りかと思います。

で、そんな時はやはりダブルアックスでサクサク追い抜きたいものです(と、背中を押してみるw)ミゾーのバイルも良いですが、アイス交じりの雪稜やドラツーでは、シャフトがベントしたモデルがお勧めです。

究極的にはクォーク2本ですが、1本追加ならサミテックハンマーの43cmとか良いかもですよ〜
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1260
2016/3/2 20:48
 Re: ダブルアックス
うわぁぁーーー、物欲が・・・
いかんいかん(^_^;)

yamamossanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

サミテックハンマーも良さそうですね
こうして何買おうか迷って妄想している時間が一番楽しいです(笑)
登録日: 2011/3/24
投稿数: 203
2016/3/2 21:47
 真似できません・・・
凄いですね〜
とても真似できません〜
でも羨ましい〜
お疲れ様でした〜
登録日: 2011/10/20
投稿数: 363
2016/3/2 21:56
 お疲れ様でした!
いや〜一日に二本とは!!
とても真似できません
しかもソロだなんて・・・無理ッス
yamaさん、凄いですね〜
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1260
2016/3/2 22:25
 Re: 真似できません・・・
フリーソロは危ないですからねー(^_^;)
ちなみにmomokahahaさんの撮ったクライマーが写っている写真、権現の隣の旭岳はもっと難易度高いと思いますよ
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1260
2016/3/2 22:30
 Re: お疲れ様でした!
これ以上の山をアタックするにはソロではそろそろ限界ですね(笑)
今回登ってみて改めて相方が必要だと感じました・・・安心が欲しいと言うか、心が弱くなった??
予定では03:00スタート18:00ゴールだったのですが早く下山してこれました
登録日: 2012/6/16
投稿数: 211
2016/3/3 18:28
 そのスタミナは何処から?
yamaさん、こんにちは♪ご無沙汰してましたぁ〜
こんなにお天気が良いと気持ちもガンガン行きますね〜
安全第一でm(_ _)mします。
素晴らしい絶景と難所の数々、冬山の凄さが伝わってきます。
帰りの阿弥陀岳からは単独で下山したんですか?
下りの尾根も距離長〜いのに短時間下山、走ったでしょ!

阿弥陀岳お疲れ様でした
登録日: 2011/4/28
投稿数: 2334
2016/3/4 8:25
 未知の世界
ヤマパンさん
おはようございます。(^-^)/

いつものことながら
タフ&カッコいいですね!

厳冬バリルート阿弥陀ソロ
おめでとうございます。
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1260
2016/3/4 11:12
 Re: そのスタミナは何処から?
朝の暗いうちは眠気と寒さで最悪でしたが朝日が昇って樹林帯を抜け景色が変わったらシャッキとしましたよー!!
現金ですよね(笑)

御小屋尾根は雪の状態が良く踏み抜きが無かったので過去2回下った時より早く下れました。
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1260
2016/3/4 11:13
 Re: 未知の世界
sionさん、こんにちは

タフ&カッコよくはないと思いますが・・・ありがとうございます(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ