ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 820293 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20160228_六甲登山有馬往復、枝道と梅も

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー toshi_a_2014
天候
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
27分
合計
6時間51分
S芦屋川駅08:2208:40高座の滝09:10風吹岩09:1109:43雨ヶ峠10:35六甲山10:3811:26有馬虫地獄、炭酸地獄11:3012:46六甲山12:53一軒茶屋13:1113:49雨ヶ峠14:19風吹岩14:2014:23風吹岩下、ハブ谷右俣ルートへの短絡路入口14:24ハブ谷右俣ルート東詰、金鳥山風吹岩ルート合流14:29本庄山三角点下14:30本庄山南尾根鉄塔 8 番目14:35本庄山南尾根鉄塔 9 番目14:38金鳥山風吹岩ルート 4 叉路14:39旧第二電電金鳥ステーション跡地北東入口14:40旧第二電電金鳥ステーション跡休憩所14:42金鳥山南尾根下り口のピーク14:51金鳥山南尾根植林事業斜面14:57植林事業斜面下段南西端15:02八幡谷東鉄塔巡視道合流15:09岡本八幡神社15:13岡本梅林公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
足腰のトレーニングと帰りの梅見物を兼ねて、有馬まで行ってきました。往路は、六甲登山にかかる時間を計るために、阪急芦屋川駅から出発、復路は、岡本で梅見物をしました。せっかくですので、帰りにはお遊びで枝道も少々、辿ってみました。

この日は暖かく、山頂の気温は手元の温度計で 17 度、有馬に下りたときの気温が 11 度でした。歩いていると暑く、往復で水を 1 リットル消費しました(12 月 31 日と 1 月 10 日に同じく往復したときは、500ml の水のほとんどが余ったくらいでしたが。)

本庄山南尾根の木々の間には蜘蛛の巣が張り、この先、暖かくなりますと、ここを通るのは困難になるでしょう。

----------

辿った枝道

風吹岩下ハブ谷右俣への短絡路からハブ谷右俣東詰の金鳥山風吹岩ルートとの合流点。

本庄山三角点下から本庄山の南に鉄塔が 2 基ある仮称、本庄山南尾根を森林管理歩道(水平道)まで。

金鳥山旧第二電電金鳥山ステーションの跡地へ北東の入口から入って、跡地の植林事業地、休憩所、金鳥山南尾根のピークまでの側道、金鳥山南尾根の藪の海の中の下り、金鳥山南尾根の南端の植林事業斜面、松尾谷西尾根の北斜面と通って、八幡谷東鉄塔巡視道。

----------
参考

2015 年 12 月 31 日
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-787684.html
2016 年 1 月 10 日
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-794137.html
本庄山南尾根
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-806575.html
金鳥山南尾根
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-809059.html
コース状況/
危険箇所等
有馬側の魚屋道は、何カ所か、谷側の斜面が崩れているところに補修工事がなされていて、特に危険はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック サブザック 非常食 飲料 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

往路の風吹岩から眺める大阪湾。霞んでいます。
2016年02月28日 09:10撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路の風吹岩から眺める大阪湾。霞んでいます。
3
往路の六甲山頂。この時間は、まだ人が少なく、数人だけでした。
2016年02月28日 10:35撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路の六甲山頂。この時間は、まだ人が少なく、数人だけでした。
3
往路の六甲山頂から少し下って東屋の前から眺める大阪湾。この高度からですと、海面がほとんど見えないくらい霞んでいます。
2016年02月28日 10:41撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路の六甲山頂から少し下って東屋の前から眺める大阪湾。この高度からですと、海面がほとんど見えないくらい霞んでいます。
1
復路の六甲山頂。多数の人で大混雑。人混みの隙をぬって撮影しました。
2016年02月28日 12:46撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路の六甲山頂。多数の人で大混雑。人混みの隙をぬって撮影しました。
2
一軒茶屋でカツ丼と甘酒のお昼ご飯。温かい甘酒が疲れた体に心地よいです。
2016年02月28日 12:59撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒茶屋でカツ丼と甘酒のお昼ご飯。温かい甘酒が疲れた体に心地よいです。
3
復路、住吉道の合流地点から眺める本庄堰堤。堰堤の上の工事が完成に近づいています。堰堤内も土砂をほぼ掘り出して運び終わっているようです。堰堤脇を掘り下げる (?) 工事のため、堰堤脇から北側の広場へ抜けるところは、迂回路と階段が仮設されています。
2016年02月28日 13:44撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路、住吉道の合流地点から眺める本庄堰堤。堰堤の上の工事が完成に近づいています。堰堤内も土砂をほぼ掘り出して運び終わっているようです。堰堤脇を掘り下げる (?) 工事のため、堰堤脇から北側の広場へ抜けるところは、迂回路と階段が仮設されています。
1
本庄山三角点の下から金鳥山までは、本庄山の南の鉄塔が 2 基ある尾根(仮称、本庄山南尾根)を下り、金鳥山からは金鳥山南尾根の藪の海の中を下りました。
植林事業斜面に出て、新しい方、上の段の下の端の南西の隅を見ています。写真中央の木の茂みから、崖がある南ではなく、西を向いて木々の間(仮称、松尾谷西尾根)を下ると、八幡谷東鉄塔巡視道に出ることができます。昨日はそこを下ったわけです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-820129.html

今日は一つ後ろの写真の方へ下ります。
2016年02月28日 14:57撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄山三角点の下から金鳥山までは、本庄山の南の鉄塔が 2 基ある尾根(仮称、本庄山南尾根)を下り、金鳥山からは金鳥山南尾根の藪の海の中を下りました。
植林事業斜面に出て、新しい方、上の段の下の端の南西の隅を見ています。写真中央の木の茂みから、崖がある南ではなく、西を向いて木々の間(仮称、松尾谷西尾根)を下ると、八幡谷東鉄塔巡視道に出ることができます。昨日はそこを下ったわけです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-820129.html

今日は一つ後ろの写真の方へ下ります。
一つ前の写真の地点から西の斜面の下を見ています。写真中央に小さくピンクテープが見えます。この斜面が古い方、植林事業斜面の下の段です。このマーキングは、南西端の近くにあり、そこへ下り、そのまま西へ進みますと、すぐに八幡谷東鉄塔巡視道に出ます。
2016年02月28日 14:57撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ前の写真の地点から西の斜面の下を見ています。写真中央に小さくピンクテープが見えます。この斜面が古い方、植林事業斜面の下の段です。このマーキングは、南西端の近くにあり、そこへ下り、そのまま西へ進みますと、すぐに八幡谷東鉄塔巡視道に出ます。
今日は、摂津岡本梅まつりがありました。岡本梅林公園の白梅。
http://www.us3.jp/souryu/okamotokouen/
2016年02月28日 15:14撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、摂津岡本梅まつりがありました。岡本梅林公園の白梅。
http://www.us3.jp/souryu/okamotokouen/
3
左上の白梅から右下の紅梅までのグラデーション。
2016年02月28日 15:16撮影 by SP320, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左上の白梅から右下の紅梅までのグラデーション。
6

感想/記録

ストックは、2 本、ザックに入れて持って行って、使いませんでした。
季節が暖かくなりましたら、同じことはできないでしょう。体力的にも、枝道の通行もですね。
訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック ザック 三角点 枝道 堰堤 東屋
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ