ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 820652 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

始発に乗って伊豆ヶ岳と帰りに秋津で昼飲み 

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー biwako1013, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:新小平駅(0509)→秋津→小手指→飯能→正丸(0633)
復路:吾野駅(12:10)→飯能→秋津(昼飲み)→新小平

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間2分
休憩
23分
合計
5時間25分
S正丸駅06:4507:00伊豆ヶ岳登山口07:52五輪山08:12伊豆ヶ岳08:1508:40古御岳09:07高畑山09:44天目指峠10:30子の権現10:5012:10吾野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
2/28 積雪なし。

男坂は2段階くらいの岩壁で、下からは2段目が見えていないので、合わせると結構な高さがありそう。
途中、気軽に休めるような場所もないので、慣れない人は危険だと思います。
自信のない方は、昭文社の地図にある女坂でもない、中間路を歩くのがよい気がします。それ以外は特に危険な場所はないでしょう。

気持ちよく、とても歩きやすいコースでした。
その他周辺情報浅見茶屋で評判のうどんを食べたかったが、直前にお弁当を広げてしまい断念。
下山後、吾野〜西吾野間にある休暇村での温泉も魅力的でしたが、送迎バスの時間がハマらず、こちらも断念。
昼飲みの町、秋津まで戻って反省会します。

装備

個人装備 ひさびさの山行で 距離も15キロと長めということもあって 荷物の軽量化とストックによる膝の負担の軽減を図りました。 ザック 昼ご飯 行動食 地図(地形図) コンパス ロールペーパー 保険証 携帯 時計 ストック

写真

一番電車で到着した正丸駅。下車したのは我々含め3名でした。
2016年02月28日 06:41撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番電車で到着した正丸駅。下車したのは我々含め3名でした。
男坂の入り口の看板。落石注意です。
2016年02月28日 07:54撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂の入り口の看板。落石注意です。
段差になっていて一番上が見えないです。
あわせると結構な高さがあります。
2016年02月28日 07:56撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段差になっていて一番上が見えないです。
あわせると結構な高さがあります。
振り返ると、その斜面の角度も少し感じられますでしょうか?
2016年02月28日 08:00撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、その斜面の角度も少し感じられますでしょうか?
山頂まで行っても、全行程の3分の1程度しか歩いていないことになります。
2016年02月28日 08:11撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで行っても、全行程の3分の1程度しか歩いていないことになります。
足腰の健康を願って。
2016年02月28日 10:33撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足腰の健康を願って。
撮影機材:

感想/記録

奥武蔵の代表的な山【伊豆ヶ岳】を歩いてきました。
今回は珍しく西武線を利用した電車でのアプローチ。
新小平駅0509の始発に乗って、秋津駅、小手指駅、飯能駅で乗り換えること3回。
1時間半ほどで、今回の出発点である正丸駅に到着です。
登山客らしき人は、我々を除くと1人でした。
この電車で到着できる登山客は、自宅の場所、乗り継ぎの関係上、少ないのかもしれません。
今回は正丸駅を出発して、伊豆ヶ岳を目指し、子の権現(ねのごんげん)を経由して、吾野駅に向かうよく歩かれているルートで総距離約15キロ。
正丸駅から20分程度、車道を歩いて行くと、登山口があり、そこからぐんぐん登っていきます。
相変わらず久しぶり登山で、すぐに息が上がってきて暑いです。
1時間程度歩くと、今回の1番の難所「男坂」が正面に現れます。
男坂の頂上がどこにあるのか、どのような状況かは、下から見上げてもわかりません。
実際、2段くらいの同程度の岩登りとなっていて、一番下からだと結構な高さがあります。
しっかり歩ける方は、それほど難易度は高くないと思いますが、高さがあるのと、ゆっくり休める足場も少ないので、自信がない方は、無難に安全なルートを選択されるのがよいと思います。
岩登り中に振り返ると、奥武蔵の山々が広がっていて、気持ちよい景色を眺めることができました。
この男坂を登りきると、伊豆ヶ岳山頂。
851m。
本日未踏の山頂です。
ここまで約4.5キロくらいで、残り吾野駅まで10キロくらい。
基本はゆっくり下って行きます。
途中幾つかのピークを越えて行くのでアップダウンはあるけれど、整備された登山道、暖かい気温、低い標高と三拍子揃えば、距離の割に楽に歩くことができました。
後半、子の権現(天龍寺)という天台宗のお寺に参拝。
足腰の御利益があるとのことで、今後の山行の無事と、足腰の健康をねがいます。
一番電車で到着できたこともあり、静かな山歩きを満喫。
のどかな里山歩きを満喫です。

訪問者数:96人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アプローチ 山行 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ