ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 820686 全員に公開 山滑走札幌近郊

朝里岳

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー takeda1968, その他メンバー1人
天候頂上付近はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
札幌国際スキー場からゴンドラに乗って終点まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
0分
合計
3時間30分
S札幌国際スキー場・スカイキャビン8山頂駅11:1014:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ビーコン スコップ ゾンデ 日焼け止め ツェルト ストック スキー板 シール

写真

途中で、天気悪いので引き返したというスノーシューグループにすれ違う。
2016年02月27日 11:45撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で、天気悪いので引き返したというスノーシューグループにすれ違う。
2
先行者のトレースあるも、たいして潜らず。
2016年02月27日 11:45撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者のトレースあるも、たいして潜らず。
時々うっすらと春香山方面が見えそうだったが・・・
2016年02月27日 11:57撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々うっすらと春香山方面が見えそうだったが・・・
1
傾斜もなくなってきたので、このトンガリ樹氷をピークと決めて、ここから東へ磁石を頼りに下り始める。
2016年02月27日 12:04撮影 by DMC-GF2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜もなくなってきたので、このトンガリ樹氷をピークと決めて、ここから東へ磁石を頼りに下り始める。
3
ガスの中
2016年02月27日 12:09撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中
2
シールを外す前に、雪面の断層をチェックして雪崩の危険性をチェック。問題なし。
2016年02月27日 12:31撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シールを外す前に、雪面の断層をチェックして雪崩の危険性をチェック。問題なし。
1
Y木さんテレマーク滑走
2016年02月27日 12:46撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Y木さんテレマーク滑走
1
先行者のトレースはあるが、滑っているのは我々だけです。
2016年02月27日 12:49撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者のトレースはあるが、滑っているのは我々だけです。
テレマーク連続写真その1
2016年02月27日 12:55撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレマーク連続写真その1
1
その2
2016年02月27日 12:55撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その2
その3
2016年02月27日 12:55撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その3
2
テレマークおまけ
2016年02月27日 13:33撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレマークおまけ
1

感想/記録

朝里岳の東面がいい斜面なので行きましょうとお誘いが有り、今回のY木さん(1974)と初めての山行が実現しました。札幌国際スキー場のゴンドラを降りると、風とガスとで久しぶりの冬山感覚になる。上りはトレースもあり、ルートファインディングも苦労せず登る。頂上が近づくにつれ傾斜がなくなり、視界が効かないのでとんがり樹氷をピークと決めて、磁石を頼りに方向を東にとり下り始める。途中から視界がきいてきたので、雪面の断層チェックを行い、シールを外して滑降に入る。当初の予定の尾根から貫一沢に入る予定だったのが、先行パーティのトレースが残っており、それをたどることにした。結果としては沢の最後が滑りづらく一部高捲く
ハメになったのが失敗であった。しかし、雪質もよく久しぶりのプチ冬山気分を満喫でき満足。
訪問者数:392人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス スノーシュー 雪崩 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ