ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 820868 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

南アルプス 鋸岳縦走

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー liew2fow
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間30分
休憩
2時間30分
合計
16時間0分
S戸台登山口00:1001:50角兵衛沢渡渉点02:0007:00角兵衛沢ノ頭07:3008:00鋸岳08:1010:30第2高点11:3012:00中ノ川乗越12:3014:20角兵衛沢渡渉点14:3014:30戸台登山口16:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

今回は去年のリベンジ。
気合いを入れてよる0:00過ぎに戸台駐車場を出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は去年のリベンジ。
気合いを入れてよる0:00過ぎに戸台駐車場を出発します。
2
雪が全く無く、ここまでCT位のペース。
徒渉地点にあるはずの道標が見当たりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が全く無く、ここまでCT位のペース。
徒渉地点にあるはずの道標が見当たりません。
1
途中にある大岩。
25キロ背負ってきて雪無し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にある大岩。
25キロ背負ってきて雪無し。
2
岩小屋へ到着。
ココまでもほぼ雪は無し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩小屋へ到着。
ココまでもほぼ雪は無し。
1
角兵衛沢中盤辺り。
ちらほら雪が出てくるが、アイゼンつけるまでもない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角兵衛沢中盤辺り。
ちらほら雪が出てくるが、アイゼンつけるまでもない。
1
2/3程登ってきた所。
アイゼンなしでもイケるが慣れてないと怖いかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2/3程登ってきた所。
アイゼンなしでもイケるが慣れてないと怖いかも。
6
上部も雪が見当たらない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部も雪が見当たらない。
1
コルから今から登る第一高点方面。
こっち側は雪が着いているようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルから今から登る第一高点方面。
こっち側は雪が着いているようだ。
4
斜度がある部分は氷にパウダースノーが乗ってるだけで
足元が中々固まらない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度がある部分は氷にパウダースノーが乗ってるだけで
足元が中々固まらない。
5
上部から見た角兵衛沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部から見た角兵衛沢
6
去年は腰まで埋まった所も膝下くらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年は腰まで埋まった所も膝下くらい
4
第一高点も雪がない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一高点も雪がない。
3
去年はナイフリッジで怖かったけど
今年はこんなもん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年はナイフリッジで怖かったけど
今年はこんなもん。
9
8:00 第一高点到着。
コレは…日帰り装備でよかったんじゃないかww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:00 第一高点到着。
コレは…日帰り装備でよかったんじゃないかww
24
これから目指す第二高点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから目指す第二高点
6
八ヶ岳もうっすら見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳もうっすら見える。
2
小ギャップへ向かう途中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ギャップへ向かう途中
2
小ギャップ。長い鎖が見える第二高点側
問題なく進めそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ギャップ。長い鎖が見える第二高点側
問題なく進めそうだ。
4
小ギャップ。
第一高点側。
鎖を使って降りたが、ロープで懸垂した方が楽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ギャップ。
第一高点側。
鎖を使って降りたが、ロープで懸垂した方が楽。
3
小ギャップを乗越し鹿窓へ降りる所。
真ん中の雪壁をクライムダウンし、トラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ギャップを乗越し鹿窓へ降りる所。
真ん中の雪壁をクライムダウンし、トラバース。
1
鹿窓の先を稜線へ登り返す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿窓の先を稜線へ登り返す
1
第三高点への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三高点への稜線
1
第三高点と第二高点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三高点と第二高点
2
稜線沿いに進み、途中で右へ降りる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線沿いに進み、途中で右へ降りる
1
懸垂下降点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂下降点。
3
下降を右の方に降りると30奪蹇璽廚蚤りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降を右の方に降りると30奪蹇璽廚蚤りる。
2
大ギャップ上部から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ギャップ上部から
2
大ギャップ上部から下を見るが雪は少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ギャップ上部から下を見るが雪は少ない。
2
このガリーを登りたかったが、薄い氷が張っているうえに雪が上まで乗ってなかったので今回も断念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このガリーを登りたかったが、薄い氷が張っているうえに雪が上まで乗ってなかったので今回も断念。
3
ルンゼから夏道方面へ登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼから夏道方面へ登り返す。
1
10:30に第二高点へ到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:30に第二高点へ到着
9
頂上から見る甲斐駒。
ここからでも雪は十分にありそうだ。
でも、ソロのラッセルを考えたら萎えて、今日は降りる事にした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から見る甲斐駒。
ここからでも雪は十分にありそうだ。
でも、ソロのラッセルを考えたら萎えて、今日は降りる事にした。
6
そのまま下山。こちら側は雪が着いてるので
バックステップで降りた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま下山。こちら側は雪が着いてるので
バックステップで降りた
3
中ノ川乗越から上部を望む。
雪の状態が悪かったのでここもバックステップで降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ川乗越から上部を望む。
雪の状態が悪かったのでここもバックステップで降りる。
3
中ノ川乗越から見る熊穴沢
乗越でアイゼンは外した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ川乗越から見る熊穴沢
乗越でアイゼンは外した。
3
途中も雪はなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中も雪はなし。
1
出会いから見た熊穴沢。
まるで夏のようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出会いから見た熊穴沢。
まるで夏のようだ。
2
道標が山側の登山道へ移動されてた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標が山側の登山道へ移動されてた。
川には全く雪はない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川には全く雪はない
第二堰堤。工事も終わりすっきりしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二堰堤。工事も終わりすっきりしている。
あとは工事道路をゆっくり歩けば
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは工事道路をゆっくり歩けば
1
車4台。みんなどこにいったんだろう。
仙丈ヶ岳は雪もあって楽しそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車4台。みんなどこにいったんだろう。
仙丈ヶ岳は雪もあって楽しそうだ。
2

感想/記録

去年第一高点までしかイケなかったので
せっかく気合いを入れて行きましたが雪が少なく日帰りになってしまいました。

角兵衛沢のコル↓200辰曚匹ら雪が出てきます。
コルでアイゼンピッケルを装備しましたが、慣れないと雪が出てきた辺りからアイゼンがあった方が安心出きるかも。
コルからの登りと、鹿窓への下りから第三高点の稜線への登り、第二高点から中ノ川乗越への下り位が雪がついているので気を遣うかもしれませんが、慣れてればなんてことありません。
訪問者数:1648人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/30
投稿数: 36
2016/3/1 21:23
 おつかれさま
角も熊も雪がのっかているときより
このくらいの方が却って怖かったでしょう。
厳冬期の鋸、憧れます。
今年はもう冬は終わりみたいですが
夏には角兵衛からあがって甲斐駒までを走破し
冬が来たらこのコースをやりたいです。
登録日: 2013/9/10
投稿数: 57
2016/3/2 11:46
 Re: おつかれさま
ありがとうございます。
もうちょと雪がある方が楽しいですよね。
一番ある時期にと思って選んだ日にちもよくなかったという事は、
今年はダメだったんでしょうね。
来年、僕ももう一度チャレンジします。
登録日: 2012/8/21
投稿数: 66
2016/3/3 21:46
 参考にします。
冬の鋸の記録を探してました。参考にさせていただきます。
冬の鶏冠も登っているんですね!すごい!
登録日: 2013/9/10
投稿数: 57
2016/3/4 10:58
 Re: 参考にします。
よかったです。
今年は雪が少なく参考になるかわかりませんが。。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ