ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821109 全員に公開 ハイキング房総・三浦

湘南の風に吹かれて 江ノ島より鎌倉海道

日程 2016年03月01日(火) [日帰り]
メンバー monkichikun
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
小田急線 片瀬江ノ島駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
1時間50分
合計
8時間55分
S片瀬江ノ島駅08:2008:40江ノ島神社 辺津宮09:20岩屋09:3510:00江ノ島ヨットハーバー10:20江ノ島海岸バス停10:40江ノ電 鎌倉高校前11:05七里ヶ浜11:40由比ヶ浜12:20小坪の食堂12:5013:05大崎公園13:25披露山13:4014:20名越切通し14:35大切岸15:05宅間山15:10衣張山15:55鶴岡八幡宮16:20北鎌倉駅16:20円覚寺17:1017:15北鎌倉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
久しく海に行ってないし腰の調子もあまりよくないしで山はお休みして江ノ島へ行ってみた。
行ったら行ったで結局は軽い山歩きになってしまったのではあるが…
天気に恵まれ色々発見もあり充実した散歩だったが腰痛の不安は拭い去れない結果となった。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 非常食 GPS 筆記用具 携帯 時計 タオル カメラ

写真

竜宮駅舎
2016年03月01日 08:22撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮駅舎
3
長〜い橋を渡り
2016年03月01日 08:30撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長〜い橋を渡り
3
富士山を横目に
2016年03月01日 08:33撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を横目に
10
江ノ島に上陸
2016年03月01日 08:37撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江ノ島に上陸
2
さっそく島猫
2016年03月01日 08:36撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっそく島猫
10
またまた島猫
2016年03月01日 08:38撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた島猫
7
江ノ島概略図
2016年03月01日 08:45撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江ノ島概略図
河津桜は満開だった
2016年03月01日 08:50撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河津桜は満開だった
7
江ノ島さんぽちゃん
2016年03月01日 09:01撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江ノ島さんぽちゃん
3
ふと島猫
2016年03月01日 09:06撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと島猫
7
36匹の猿が彫られた庚申塔
2016年03月01日 09:07撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
36匹の猿が彫られた庚申塔
2
やれやれ島猫
2016年03月01日 09:10撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ島猫
9
竜神信仰が篤い島
2016年03月01日 09:12撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜神信仰が篤い島
1
岩屋から富士山
2016年03月01日 09:20撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋から富士山
10
朝ごはん
2016年03月01日 09:26撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝ごはん
7
あの鐘を鳴らすのはあなた
2016年03月01日 09:39撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの鐘を鳴らすのはあなた
5
どこいく島猫
2016年03月01日 09:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこいく島猫
4
ここにも島猫
2016年03月01日 09:44撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも島猫
5
島の裏手の小さな海岸
2016年03月01日 09:49撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
島の裏手の小さな海岸
2
江ノ島ヨットハーバー
2016年03月01日 10:00撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江ノ島ヨットハーバー
1
東浜
2016年03月01日 10:19撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東浜
1
女性サーファーも多い
2016年03月01日 10:20撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女性サーファーも多い
新若芽も出始めた
2016年03月01日 10:31撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新若芽も出始めた
4
鎌高前から七里ヶ浜
2016年03月01日 10:38撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌高前から七里ヶ浜
4
チューブを透かして見る空♪
2016年03月01日 10:38撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チューブを透かして見る空♪
1
しばらく地球は止まってる♪
2016年03月01日 10:38撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく地球は止まってる♪
2
連れてゆこうかこれから♪
2016年03月01日 10:51撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連れてゆこうかこれから♪
1
サーフ天国へ♪
2016年03月01日 11:07撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サーフ天国へ♪
1
相州江乃島富士遠景
2016年03月01日 11:10撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相州江乃島富士遠景
4
稲村ヶ崎を過ぎると
2016年03月01日 11:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ崎を過ぎると
1
由比ヶ浜
2016年03月01日 11:44撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
由比ヶ浜
4
材木座にある石碑
2016年03月01日 12:07撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
材木座にある石碑
1
材木座海岸より
2016年03月01日 12:08撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
材木座海岸より
1
逗子マリーナリゾート
2016年03月01日 12:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逗子マリーナリゾート
1
刺身二点盛り定食
2016年03月01日 12:31撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刺身二点盛り定食
6
レアメニューの鯨刺し
2016年03月01日 12:33撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レアメニューの鯨刺し
5
住宅の脇道を通って
2016年03月01日 12:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅の脇道を通って
1
大崎公園に至る
2016年03月01日 13:05撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崎公園に至る
公園からの展望
2016年03月01日 13:06撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園からの展望
4
高級住宅地を抜けて
2016年03月01日 13:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高級住宅地を抜けて
2
披露山公園に至る
2016年03月01日 13:26撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
披露山公園に至る
お猿もいます
2016年03月01日 13:30撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿もいます
4
お猿も飲みます
2016年03月01日 13:34撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿も飲みます
6
名越切通
2016年03月01日 14:21撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名越切通
鎌倉と三浦を結ぶ古道
2016年03月01日 14:23撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌倉と三浦を結ぶ古道
1
まんだら堂やぐら群
2016年03月01日 14:25撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まんだら堂やぐら群
2
その先には
2016年03月01日 14:28撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先には
お猿畠の大切岸
2016年03月01日 14:37撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿畠の大切岸
防衛施設と思われていたが
2016年03月01日 14:38撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防衛施設と思われていたが
2
近年では石切り場説が優勢
2016年03月01日 14:39撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近年では石切り場説が優勢
3
考える地蔵
2016年03月01日 14:44撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
考える地蔵
1
居眠り地蔵
2016年03月01日 14:56撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
居眠り地蔵
2
衣張山へ向かう
2016年03月01日 14:57撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衣張山へ向かう
こんな道を登りつめると
2016年03月01日 14:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道を登りつめると
1
衣張山の南峰に到着
2016年03月01日 15:05撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衣張山の南峰に到着
1
宅間山ともいうらしい
2016年03月01日 15:06撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宅間山ともいうらしい
1
北峰のほうが少しだけ高い
2016年03月01日 15:09撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰のほうが少しだけ高い
1
北峰から見る鎌倉湘南
2016年03月01日 15:09撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰から見る鎌倉湘南
4
下山している途中に
2016年03月01日 15:13撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山している途中に
可愛らしい夫婦石仏に出会う
2016年03月01日 15:13撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可愛らしい夫婦石仏に出会う
2
浄明寺から鶴岡八幡宮へ
2016年03月01日 15:58撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄明寺から鶴岡八幡宮へ
2
階段左手に移植された大銀杏
2016年03月01日 15:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段左手に移植された大銀杏
1
北鎌倉駅に着いたけど
2016年03月01日 16:21撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌倉駅に着いたけど
3
円覚寺に寄り道してみる
2016年03月01日 16:33撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
円覚寺に寄り道してみる
3
お坊さん
2016年03月01日 16:35撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お坊さん
1
すばしっこいヤツ
2016年03月01日 16:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すばしっこいヤツ
7
西洋的意匠の竜
2016年03月01日 16:47撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西洋的意匠の竜
1
お墓を前に考える
2016年03月01日 17:00撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お墓を前に考える
2

感想/記録

強い痛みではないが一週間も続く腰痛に不安があり山はやめ古巣である江ノ島に行ってみる。
小田急線片瀬江ノ島駅の駅舎は竜宮城を模した特徴あるデザインで自分は嫌いではない。
右手に富士山を眺めながら長い橋を渡って江ノ島に到着、まだ他に観光客はいない時間帯だ。
江ノ島参拝の基本に乗っ取り参道を登る、この時間はまだエスカーも動いていない。
途中の広場には河津桜が一本あり満開だった、もうひと月もすると染井吉野も咲くだろう。
島猫はおよそ10匹ほど見かけたのだが昔より数が少なく感じる、冬眠しているのだろうか?
以前は萩原朔太郎著の『猫町』のようにそこらじゅうに猫がいたような記憶があるのだが…
行きと帰りで同じところを通るとやはり同じ猫がいるので猫なりの縄張りがあるのだろう。
島の上には展望デッキがあるが、少し前まではこのあたりに子供用の乗り物などがあった。
サムエル・コッキング苑の開園を待つ外国人がいたが自分は園内に入ったことがない。
江ノ島さんぽというキャラがいることを知るがゆるキャラというよりは地下アイドルっぽい。
岩屋方面へ歩いていく途中、群猿庚申塔という四面に36匹の猿が彫られた石柱を見つけた。
インド神話の絵巻または鳥獣戯画を思わせる味のあるレリーフでなかなか見ごたえがある。
岩屋に到着し洞窟の前で引き返し途中の岩場で富士山を眺めながら持参した朝食を頂く。
帰りは参道ではなく島の西側を通る道で下りてそのままヨットハーバーへ向かう。
ここのヨット教室に何度か通ったことがあるが続けるのは困難なのでやめた経緯がある。
今でもやってみたいと思うが艇庫を借りたり船を維持する費用を工面するのは難しい。
など考えていたらハーバーに着くが休港日で入れず、建物は新しく建て替えられていた。
「時代は変わる」というやつかな、とボブ・ディランの詩を嘯きながら踵を返す。

江ノ島を出てからは134号線沿いを東へ向けて歩いていく。
東浜にも小さいながら綺麗な波が立っていて波乗りに興じる人の姿が目に入る。
腰越を越えて鎌高前から七里ヶ浜へ続く海岸はより波が大きくサーファーの数も増えた。
七里ヶ浜の駐車場にあったファーストキッチンは小洒落たカフェレストランに変わっていた。
もっと昔はバーガーキングだったね、と古い思い出に耽り「時代は変わる」と呟いてみる。
稲村ヶ崎を越えて由比ヶ浜に到着、昼食をとるため材木座経由で小坪漁港前にある食堂へ。
鯨と塩ふり寒平目の刺身二点盛り定食を注文し、我慢しきれなくなり瓶ビールも追加注文。
前夜「4年に一度の肉祭り」と題した宴会を行い、翌1日から15日間の断酒をする予定だった。
飲んでしまったものは仕様がないので翌日から10日間の断酒に計画を下方修正する。
食事を終えてからは近くの酒屋で缶ビールを買って大崎公園まで散歩する。
大崎公園は標高77m程あり眼下に逗子マリーナ、その先に江ノ島と富士山が連なって見える。
披露山の高級住宅地を横断して披露山公園へ行くと小さい子を連れたお母さんが沢山いた。
一旦下りて小坪の住宅地を抜けて鎌倉駅を目指していたら名越切通という場所に出た。
案内板には近年道路整備されるまで鎌倉から三浦へ抜ける重要な道だったと書かれてある。
少し先にはまんだら堂やぐら群という史跡があり門の外から雰囲気を見ることができる。
今の時期は土日の日中のみ敷地内を一般公開しているらしい(たしか3月の後半まで)。
切通からハイランド住宅地を抜けて衣張山に到着、山頂では先にひとり休憩していた。
そこから浄明寺方面へ下山、その近くにも鈴木清順監督の映画『ツィゴイネルワイゼン』で現世と冥界の狭間の象徴として使われた風光明媚な切通があるが現在は崩落のため通行禁止。
雪ノ下を抜け八幡宮を参拝、大銀杏の木は数年前の強風で倒れ幹を切断し移植されていた。
ふっ「時代は変わる」というやつかな(しつこい)…

鶴岡八幡宮まで来ると鎌倉駅も北鎌倉駅もそれほど距離は変わらないので北鎌倉駅へ向かう。
このあたりから腰が痛んできて北鎌倉駅への道はそこそこ登り勾配なため地味にきつい。
今月中に八ヶ岳テント泊を考えていたがこの状態では冬装備を担いだ山行は困難そうだ。
建長寺をすぎて北鎌倉駅に到着、踏み切りが開くのを待っていると後方に円覚寺が目に入る。
円覚寺は訪れたことがあるが、小津安二郎の墓所でもあることを思い出し拝観させてもらう。
墓石に『無』とだけ彫られていることは知っていたが他にも『無』と彫られた石がふたつあり三つ目にしてようやく小津監督の墓を見つけることができた(写真が飾られていた)。
特に有名人のお墓参りをするという趣味を持ち合わせているわけではないのだがホセ・ルイス・ゲリンというスペイン人映画監督の作品の中に小津監督の墓石の上を這う蟻を丹念に(というか執拗に)撮った映像があり、いったい何のためにそんな映像を撮ったのか知りたかった。
その理由はわからなかったが少しだけ潮風の中に感じとることができたのかもしれない。

いったいどれだけの年月を山という存在でいられるのだろう?
その山肌を海に削られ洗い流されてしまうまでに…
友よ、答えは風に吹かれ流れていく

※引用したボブ・ディランの『時代は変わる(The times, they are a-changin') 』は移り変わりの否定というよりむしろ新しい力への賛歌に近いものがあり、作中自分が意図して使用したように世情変化に対する憂いやニヒリズムを歌った詩ではないと感じます。
違和感を感じた方もいると思いますがディラン祝来日モードのため何卒ご容赦願います。
訪問者数:287人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/12/29
投稿数: 328
2016/3/4 0:05
 腰痛あるのに
こんなに歩いてしまったんですね(^o^;)!
快晴の様子なので気持ちはわかりますけどね~♪
海越しの富士山ってやっぱりいいですね(^-^ゞ
登録日: 2014/7/29
投稿数: 144
2016/3/4 16:36
 Re: 腰痛あるのに
今日も懲りずに奥多摩行ってました。
まだ少し痛むけど日帰り低山荷物少なめの三連コンボならなんとか大丈夫そうです。

もともと海のほうがテリトリーなのですが最近富士山見るのは山からばかりだったので逆に新鮮でしたよ。( ☆∀☆)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テント 崩落 一本 テン 山行 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ