ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821363 全員に公開 山滑走甲信越

守門大岳スキー

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー asama1964
天候雲後晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二分除雪終了点へ数台駐車可能、あとは路駐となる
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
1時間9分
合計
6時間50分
Sスタート地点07:1808:26長峰尾根08:3209:11保久礼小屋09:54キビタキ避難小屋10:0111:00大岳11:1711:52保久礼小屋12:1612:41キビタキ避難小屋12:47キビタキ上12:5713:01保久礼小屋13:0614:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な箇所はほとんどなかったが、雪が少ないので、小沢の横断や、
母川を下る場合などは沢への落下に注意
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

二分除雪終了点 天気は曇り
テレさんが先にラッセル開始
2016年02月27日 06:59撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二分除雪終了点 天気は曇り
テレさんが先にラッセル開始
1
西川の橋の手前でラッセル交代、まだ大岳山頂は見えない
2016年02月27日 07:10撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西川の橋の手前でラッセル交代、まだ大岳山頂は見えない
小尾根へ登って麓を見る
2016年02月27日 07:26撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小尾根へ登って麓を見る
1
小尾根は藪も埋まり歩きやすい
2016年02月27日 07:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小尾根は藪も埋まり歩きやすい
小沢へ入るが、沢の横断は雪が薄いとこもあるので注意
2016年02月27日 07:42撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢へ入るが、沢の横断は雪が薄いとこもあるので注意
1
長峰手前からは山頂が顔を見せてくれた。
2016年02月27日 08:38撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長峰手前からは山頂が顔を見せてくれた。
保久礼小屋 やっと1階が埋まったようだ。
2016年02月27日 08:55撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保久礼小屋 やっと1階が埋まったようだ。
1
馬の背の登りから後ろを振り向く。
2016年02月27日 09:16撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背の登りから後ろを振り向く。
1
キビタキ小屋のブナ林はいつ来ても気持ちいい。
2016年02月27日 09:22撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キビタキ小屋のブナ林はいつ来ても気持ちいい。
2
いつもなら埋まっているキビタキ小屋は三角屋根が
見えていた。
2016年02月27日 09:35撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもなら埋まっているキビタキ小屋は三角屋根が
見えていた。
2
1270mへの登りで2番手さんに一度交代し
楽させてもらう
2016年02月27日 10:10撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1270mへの登りで2番手さんに一度交代し
楽させてもらう
2
1270m先で、また先頭を交代し、近くなった
山頂を目指す。
2016年02月27日 10:20撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1270m先で、また先頭を交代し、近くなった
山頂を目指す。
1
登っていくと左手の中津又岳の雪庇がいい感じに
見えてくる。
2016年02月27日 10:39撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登っていくと左手の中津又岳の雪庇がいい感じに
見えてくる。
1
大岳山頂到着
2016年02月27日 10:40撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山頂到着
1
山頂から袴腰、袴岳、青雲岳の眺め
2016年02月27日 10:43撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から袴腰、袴岳、青雲岳の眺め
2
見晴らしい尾根を滑走開始、パック雪だが滑りやすい
途中で知り合いのOさんと行き会い挨拶、うれしい出会いだ。
2016年02月27日 10:58撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしい尾根を滑走開始、パック雪だが滑りやすい
途中で知り合いのOさんと行き会い挨拶、うれしい出会いだ。
1
1270m付近から北斜面を除くと素晴らしい雪が
待っていた。気持ちいいパウダーを楽しんだ。
2016年02月27日 11:05撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1270m付近から北斜面を除くと素晴らしい雪が
待っていた。気持ちいいパウダーを楽しんだ。
4
さらに母川まで楽しむ
2016年02月27日 11:10撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに母川まで楽しむ
3
そのまま母川沿いを下ったが、所々沢が開いてて、緩んだ
雪を高巻くのに、苦労した。さすがに沢の雪は深く、落差の
ある場所での落下は、ソロでは命取りになりかねない。
2016年02月27日 11:17撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま母川沿いを下ったが、所々沢が開いてて、緩んだ
雪を高巻くのに、苦労した。さすがに沢の雪は深く、落差の
ある場所での落下は、ソロでは命取りになりかねない。
1
保久礼小屋に戻って一休みしてると、Oさんとまた行き会い
しばらく歓談し、自分はもうちょっと滑ろうと馬の背を登り
返す。
2016年02月27日 12:08撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保久礼小屋に戻って一休みしてると、Oさんとまた行き会い
しばらく歓談し、自分はもうちょっと滑ろうと馬の背を登り
返す。
2
キビタキ小屋の上まで登ったら、ブナ林の重くなった雪を
滑り、馬の背の北面パウダーを楽しんで、再び保久礼小屋
へ戻った。
2016年02月27日 12:40撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キビタキ小屋の上まで登ったら、ブナ林の重くなった雪を
滑り、馬の背の北面パウダーを楽しんで、再び保久礼小屋
へ戻った。
4
小屋前でシールをつけて、長峰を登り返す
2016年02月27日 13:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前でシールをつけて、長峰を登り返す
3
最後はトレースがらみで戻ります。下はもう重雪で
曲げるのも大変。
2016年02月27日 13:05撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はトレースがらみで戻ります。下はもう重雪で
曲げるのも大変。
最後は汗かきかき、西川に戻った。
2016年02月27日 13:23撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は汗かきかき、西川に戻った。
降雪翌日の好天なのに、車は意外と少なかった。
2016年02月27日 13:27撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降雪翌日の好天なのに、車は意外と少なかった。
2

感想/記録

ほとんどソロラッセル、気持ちよく新雪歩きを楽しんだ。
南風が強かったのか、コウクルミ沢はパック気味のようだったが、
北面は素晴らしい雪が待っていた。
気温が上がった最後は重雪滑りにくたびれたが、素晴らしい天気に
なり、今年2回目の大岳を満喫できました。
訪問者数:318人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪庇 キビタキ ブナ 馬の背
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ