ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821486 全員に公開 ハイキング甲信越

光城山:右膝のチェックのため裏山に登る

日程 2016年03月03日(木) [日帰り]
メンバー bumpkin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
56分
休憩
2分
合計
58分
S自宅09:0909:14光城山登山口09:1509:38光城山10:01光城山登山口10:0210:07自宅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登り:29" 延標高差:370m 速度:766m/h
下り:29" 延標高差:388m 速度:803m/h
山行:58" 延標高差:758m 速度:784m/h
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

住宅地からの入口
2016年03月03日 09:13撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅地からの入口
登山口(&駐車場)へのアプローチ:後1ヶ月強すると桜並木に
2016年03月03日 09:14撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口(&駐車場)へのアプローチ:後1ヶ月強すると桜並木に
登山口
2016年03月03日 09:16撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
桜の木々の間から常念を望む
2016年03月03日 09:21撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜の木々の間から常念を望む
2
桜のシーズンは夜桜で宴会場になる
2016年03月03日 09:34撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜のシーズンは夜桜で宴会場になる
北アルプスの景観:常念から餓鬼岳まで
2016年03月03日 09:36撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスの景観:常念から餓鬼岳まで
2
標高912mの三角点
2016年03月03日 09:37撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高912mの三角点
平日にもかかわらず20台前後の車
2016年03月03日 09:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日にもかかわらず20台前後の車
登山口近くから蝶、常念、横通岳を眺望する
2016年03月03日 09:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口近くから蝶、常念、横通岳を眺望する
3
撮影機材:

感想/記録

山の下りで右膝の痛みがどれだけ出るかチェックするため裏山の光城山に久しぶりに登る。
いいペースで登ったつもりだが私を追い抜いて行く強者(私より多少若い?)がいた。あっという間にいなくなった。
膝の痛みは、斜度10度程度以下なら全く問題ないが、それよりきつくなるとやはり痛む。小走りにすればよいがザックを担いでは無理で更に鍛えないとダメか。また、どうしても右足をかばうので長時間歩くと左足にも負担がかかりそう。自宅の階段同様階段状の道もきつい。
きつい山は当分敬遠すべきか
訪問者数:284人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ