ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821555 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 硫黄岳 横岳

日程 2016年02月22日(月) 〜 2016年02月23日(火)
メンバー takku_y, その他メンバー3人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘の駐車場は1日1000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間30分
休憩
0分
合計
2時間30分
S赤岳山荘09:1409:20美濃戸山荘10:48堰堤広場11:44赤岳鉱泉
2日目
山行
7時間35分
休憩
1時間52分
合計
9時間27分
赤岳鉱泉04:2004:26大同心沢(大同心ルンゼ)分岐04:2704:31ジョウゴ沢06:11赤岩の頭06:1706:45硫黄岳06:4707:17硫黄岳山荘07:1807:50台座ノ頭08:16横岳(奥の院)08:3208:37横岳08:3808:48横岳(三叉峰)08:5109:02石尊峰09:0609:11鉾岳09:1609:20日ノ岳09:2409:36二十三夜峰09:3910:06地蔵の頭10:1710:55行者小屋11:3512:11中ノ行者小屋跡12:1213:26美濃戸山荘13:4013:47赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2月22日赤岳山荘から入山した。全行程トレースがしっかり付いていて歩きやすかった。補助ロープを2本用意して行ったが、結局使わずに歩いた。
コース状況/
危険箇所等
赤岳山荘からの林道はツルツルに凍っている。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ヘルメット
共同装備 補助ロープ ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター ツェルト

写真

赤岳山荘の駐車場を出発
2016年02月22日 09:15撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山荘の駐車場を出発
大同心、小同心が見える
2016年02月22日 11:21撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心、小同心が見える
アイスキャンデー
2016年02月22日 11:45撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスキャンデー
赤岳鉱泉
2016年02月22日 11:48撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉
赤岳鉱泉で昼食後荷物を置いて中山展望台へ行く
2016年02月22日 13:13撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉で昼食後荷物を置いて中山展望台へ行く
南八ヶ岳全貌
2016年02月22日 13:13撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳全貌
記念写真
2016年02月22日 13:14撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念写真
大同心と小同心、横岳
2016年02月22日 13:23撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心と小同心、横岳
赤岳
2016年02月22日 13:23撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳
赤岳
2016年02月22日 13:26撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳
赤岳鉱泉名物のステーキ
2016年02月22日 17:57撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉名物のステーキ
1
朝4時20分ヘッドライトを点けて出発
2016年02月23日 04:16撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝4時20分ヘッドライトを点けて出発
地平線に沈む月
2016年02月23日 06:19撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地平線に沈む月
硫黄岳直下の登り
2016年02月23日 06:20撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳直下の登り
硫黄岳
2016年02月23日 06:45撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳
1
朝日が昇る
2016年02月23日 06:45撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が昇る
今日のルート
2016年02月23日 06:45撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のルート
横岳
2016年02月23日 08:17撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳
1
横岳から霧ヶ峰と蓼科山
2016年02月23日 08:17撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳から霧ヶ峰と蓼科山
地蔵の頭
2016年02月23日 10:12撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭
赤岳は雲の中
赤岳はパスすることにした。
2016年02月23日 10:12撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳は雲の中
赤岳はパスすることにした。
地蔵尾根の下り
2016年02月23日 10:12撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の下り
行者小屋に下りてくる
2016年02月23日 11:16撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に下りてくる
行者小屋
2016年02月23日 11:16撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋
南沢の氷の川
2016年02月23日 11:54撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢の氷の川
川の上を渡る
2016年02月23日 11:54撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の上を渡る
凍った川を何度も渡る。
2016年02月23日 12:03撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍った川を何度も渡る。
氷瀑
2016年02月23日 12:18撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷瀑
撮影機材:

感想/記録

冬季の南八ヶ岳縦走を目的に入山した。赤岳山荘まで車で入って、北沢を通って赤岳鉱泉で一泊し硫黄岳、横岳、赤岳を縦走して、文三郎尾根を下って行者小屋から南沢を下って駐車場に戻る予定であった。今年は暖冬で雪が少なく、1月下旬から雪が降っていなかったので、全コーストレースがしっかり付いていて、歩きやすかった。時間的にも余裕をもって行動できたが、さすがに2月の八ヶ岳の稜線は寒く、硫黄岳、横岳を通過した所で一人が凍傷になりかけたので地蔵の頭で下ることにした。来年は、もっと天気の良い時に初日に赤岳天望荘まではいり逆コースを天狗あたりまで縦走したい。
訪問者数:54人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 氷瀑 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ