ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821663 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

牧ノ戸峠からくじゅう連山周回/箱庭感がたまりません

日程 2016年03月02日(水) [日帰り]
メンバー muscat
天候朝のうちは雲が少々、のち快晴微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・この日の時点ではノーマルタイヤで問題ない状況でした。

・牧ノ戸峠の駐車場(無料)を利用。キャパは40台くらいに見えました。

・登山口のトイレは使用可能。山中のトイレは冬季使用不能でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
1時間3分
合計
7時間1分
S牧ノ戸峠07:2707:36第一展望所07:4107:58沓掛山08:44扇ヶ鼻分岐08:56星生山分岐09:21久住分れ09:59久住山10:1010:39池の避難小屋10:4211:02九重山11:2512:01久住分れ12:47星生山13:0313:29扇ヶ鼻分岐13:3014:04沓掛山14:0714:18第一展望所14:1914:28牧ノ戸峠14:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体を通して顕著な危険箇所なし。
この日の状況では気をつけて歩けば滑り止めなしでも何とかなる感じでした。
私はチェーンアイゼンを使用しましたが、スペック的に丁度良かったと思います。

星生山から牧ノ戸峠方面に下る場合は傾斜が少々急で、段差が大きいところもあるのでなるべくなら登りで使った方が良いと思います。

また星生山方面への案内は見当たりませんでした。あまり登ってほしくないのでしょうかね?
その他周辺情報道の駅ながゆ温泉まで移動して入浴、飲食、車中泊と思っていたのですが、水曜日を休みにしているお店が多く、また道の駅の規模が非常に小さいため車中泊向きでないと判断しました。

結局別府まで移動しカプセルホテル「ニューグロリア」に宿泊しました。楽天トラベル経由で当日予約し、料金は税込み2000円、駐車料金が別途500円(1泊)でした。カプセルホテルとは言え流石は別府、お風呂は温泉でした。

写真

カシバードで作成した中岳(九重山)からの展望図です。大きいサイズで登録してあります。よかったら予習・復習にご利用下さい。 画像をクリック→「元サイズ」をクリック→画像をもう一度クリック、と進んで下さい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カシバードで作成した中岳(九重山)からの展望図です。大きいサイズで登録してあります。よかったら予習・復習にご利用下さい。 画像をクリック→「元サイズ」をクリック→画像をもう一度クリック、と進んで下さい。
宮崎県内の実家から一般道を運転すること延々4時間半(休憩・仮眠含む)。ようやく牧ノ戸峠の登山口に到着。しかしあまりパッとしない天気ですね。
2016年03月02日 07:24撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮崎県内の実家から一般道を運転すること延々4時間半(休憩・仮眠含む)。ようやく牧ノ戸峠の登山口に到着。しかしあまりパッとしない天気ですね。
1
エビの尻尾が付いた枝を撮ってみてもイマイチです。
2016年03月02日 07:47撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビの尻尾が付いた枝を撮ってみてもイマイチです。
高気圧のど真ん中のはずなんですが…
2016年03月02日 07:50撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高気圧のど真ん中のはずなんですが…
もうちょっとやる気を見せてほしいものです。
2016年03月02日 07:53撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっとやる気を見せてほしいものです。
ちょっとした岩場を超えて…
2016年03月02日 08:00撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩場を超えて…
おっ?
晴れてきたかな。
2016年03月02日 08:12撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ?
晴れてきたかな。
1
左が星生山で奥が多分久住山。
2016年03月02日 08:13撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が星生山で奥が多分久住山。
1
良い青ですね。
こうでなくっちゃ。
2016年03月02日 08:20撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い青ですね。
こうでなくっちゃ。
2
傾斜の緩い雪道は大好物。
2016年03月02日 08:23撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜の緩い雪道は大好物。
1
振り返り。
2016年03月02日 08:23撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り。
白い枝も青い空をバックにしてこそ映えるってモンです。
2016年03月02日 08:24撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い枝も青い空をバックにしてこそ映えるってモンです。
3
あれは星生山。
帰りに気が向いたら登ります。
2016年03月02日 08:28撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは星生山。
帰りに気が向いたら登ります。
1
2016年03月02日 08:30撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2
青と白
2016年03月02日 08:41撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青と白
7
緩い道と奥には三俣山。
2016年03月02日 08:41撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩い道と奥には三俣山。
1
ああ、きれいだな。
2016年03月02日 08:41撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、きれいだな。
7
いいですねえ。
2016年03月02日 08:42撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいですねえ。
6
実に緩くて素晴らしい。
2016年03月02日 08:45撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実に緩くて素晴らしい。
3
やはり星生山は後回しですかね。
2016年03月02日 08:45撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり星生山は後回しですかね。
4
足元はつるつるなのでチェーンアイゼンを装着してます。
2016年03月02日 08:59撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元はつるつるなのでチェーンアイゼンを装着してます。
1
雲海に浮かぶ祖母山。
手前左のピークが久住山。
2016年03月02日 09:03撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ祖母山。
手前左のピークが久住山。
3
このトイレは冬期は使えないとのことでした。
2016年03月02日 09:15撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このトイレは冬期は使えないとのことでした。
2
では、まずアレ(久住山)から登ります。
2016年03月02日 09:16撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、まずアレ(久住山)から登ります。
3
雲海に浮かぶ阿蘇山(高岳)が見えました。
2016年03月02日 09:16撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ阿蘇山(高岳)が見えました。
2
ちょっとだけ頑張ります。
2016年03月02日 09:16撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ頑張ります。
1
振り返りの三俣山。
2016年03月02日 09:19撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返りの三俣山。
6
もうチョイ。
2016年03月02日 09:19撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうチョイ。
1
久住山に到着。
2016年03月02日 09:54撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住山に到着。
3
阿蘇山。
左が根子岳、右が高岳と中岳。
2016年03月02日 10:01撮影 by HTC Desire EYE, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇山。
左が根子岳、右が高岳と中岳。
5
連なる山並みの左端が傾山。
2016年03月02日 10:11撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連なる山並みの左端が傾山。
4
左が天狗ヶ城、右が中岳。奥に由布岳が見えてます。
2016年03月02日 10:15撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が天狗ヶ城、右が中岳。奥に由布岳が見えてます。
5
稲星山との鞍部に降りてから中岳を目指します。
2016年03月02日 10:15撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲星山との鞍部に降りてから中岳を目指します。
2
右の奥は大船山ですかね。
2016年03月02日 10:16撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の奥は大船山ですかね。
1
ちょっと働きます。
2016年03月02日 10:34撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと働きます。
1
さっき登ってきた久住山。
2016年03月02日 10:38撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっき登ってきた久住山。
2
シェルターですかね。
2016年03月02日 10:40撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シェルターですかね。
2
中はこんな感じ。
2016年03月02日 10:41撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はこんな感じ。
1
あとちょっと頑張ります。
2016年03月02日 10:53撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとちょっと頑張ります。
坊ガツル。
ラムサりそうな地形だなあと思って地図を確認してみると、やはりラムサってました。坊ガツルの向こうが平治岳。さらに奥には由布岳もバッチリ。
2016年03月02日 10:56撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊ガツル。
ラムサりそうな地形だなあと思って地図を確認してみると、やはりラムサってました。坊ガツルの向こうが平治岳。さらに奥には由布岳もバッチリ。
7
三俣山。
2016年03月02日 10:57撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山。
2
大船山の方向。
2016年03月02日 10:57撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大船山の方向。
1
中岳に到着。
2016年03月02日 10:57撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳に到着。
3
振り返ると御池です。
帰りに遊んでいこう。
2016年03月02日 10:58撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると御池です。
帰りに遊んでいこう。
4
阿蘇山もまだしっかり見えてます。
2016年03月02日 10:59撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇山もまだしっかり見えてます。
5
稲星山?
の向こうに祖母山(右)から傾山(左)。
2016年03月02日 10:59撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲星山?
の向こうに祖母山(右)から傾山(左)。
3
本日の昼ごはん。
翌日飛行機に乗る関係でガス缶は持てないのでカップラは封印です。
2016年03月02日 11:00撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の昼ごはん。
翌日飛行機に乗る関係でガス缶は持てないのでカップラは封印です。
2
阿蘇山に乾杯。
2016年03月02日 11:01撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇山に乾杯。
5
さて、そろそろ下りるので周りを撮りまくろう。
まずは阿蘇山。
2016年03月02日 11:27撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、そろそろ下りるので周りを撮りまくろう。
まずは阿蘇山。
1
祖母山方面。
2016年03月02日 11:27撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖母山方面。
2
大船山方面。
さすがに四国までは見えてないですね。
2016年03月02日 11:27撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大船山方面。
さすがに四国までは見えてないですね。
2
三俣山。
2016年03月02日 11:28撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山。
2
久住山方面。

納得したので下ります。
2016年03月02日 11:28撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住山方面。

納得したので下ります。
2
御池に下りてきました。
2016年03月02日 11:39撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池に下りてきました。
3
セルフタイマーで自撮り。
氷の厚みは充分でした。
2016年03月02日 11:43撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セルフタイマーで自撮り。
氷の厚みは充分でした。
9
御池を後にして…
2016年03月02日 11:46撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池を後にして…
1
久住山を撮りつつ…
2016年03月02日 11:48撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住山を撮りつつ…
3
アレ(星生山)はやっぱり登っておくかと考えてます。
2016年03月02日 11:51撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アレ(星生山)はやっぱり登っておくかと考えてます。
1
緩い道に復帰。
2016年03月02日 11:53撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩い道に復帰。
2
避難小屋の裏手から星生山に登る途中の振り返り。
2016年03月02日 12:16撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋の裏手から星生山に登る途中の振り返り。
1
左奥が星生山。
稜線歩きの気分を味わえそうですね。
2016年03月02日 12:19撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥が星生山。
稜線歩きの気分を味わえそうですね。
3
おお〜
2016年03月02日 12:22撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお〜
3
これは中々良いですなあ。
登って正解。
2016年03月02日 12:27撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは中々良いですなあ。
登って正解。
3
ダイナミックでよろしいです。
2016年03月02日 12:32撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイナミックでよろしいです。
6
噴煙が上がっています。
2016年03月02日 12:33撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴煙が上がっています。
5
あともうチョイ。
2016年03月02日 12:38撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あともうチョイ。
2
星生山に到着。
2016年03月02日 12:45撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星生山に到着。
6
久住山方面。
2016年03月02日 12:46撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住山方面。
3
三俣山と左奥に由布岳。
2016年03月02日 12:46撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山と左奥に由布岳。
2
豊後中村駅の方向かと。
2016年03月02日 12:46撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊後中村駅の方向かと。
1
北西方向。
2016年03月02日 12:46撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西方向。
1
西方向。
2016年03月02日 12:46撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方向。
1
奥の阿蘇山は霞んできました。
2016年03月02日 12:47撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の阿蘇山は霞んできました。
2
久住山と奥に祖母山。
2016年03月02日 12:47撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住山と奥に祖母山。
2
久住山、中岳方向。
2016年03月02日 12:58撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住山、中岳方向。
3
さてユルユルと下山します。
2016年03月02日 13:04撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてユルユルと下山します。
3
振り返り。
2016年03月02日 13:07撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り。
1
広くて平らな素晴らしい道。
2016年03月02日 13:10撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くて平らな素晴らしい道。
4
星生山に登ってよかったです。
しかし牧ノ戸峠への下山路は結構道が悪かったですね。年配のご夫婦は大丈夫だったかな。
2016年03月02日 13:29撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星生山に登ってよかったです。
しかし牧ノ戸峠への下山路は結構道が悪かったですね。年配のご夫婦は大丈夫だったかな。
1
牧ノ戸峠の登山口が見えました。
この辺りは泥地獄。ローカットのスニーカーで来ていた方は大分難儀されていました。
2016年03月02日 14:14撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧ノ戸峠の登山口が見えました。
この辺りは泥地獄。ローカットのスニーカーで来ていた方は大分難儀されていました。
1
到着。
泥だらけの登山靴とチェーンアイゼンを何とかしたいところでしたが、ここではどうにもなりませんでした。
2016年03月02日 14:28撮影 by PX , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。
泥だらけの登山靴とチェーンアイゼンを何とかしたいところでしたが、ここではどうにもなりませんでした。
2
撮影機材:

感想/記録
by muscat

●●宮崎県中部から一般道で移動です●●
前日の高千穂峰を終えて、一旦実家に戻りました。その後少々仮眠をして午前3時頃実家を後にし、延々と一般道を走り、牧ノ戸峠の登山口を目指しました。

道中『滑り止め必要』との警告を見かけましたが、路上に全く雪は無く無事に登山口に到着。予報ではくじゅう連山は高気圧のど真ん中。天気は大丈夫…って思ってたんですがどうもイマイチ。まあ、日が高くなるに連れ回復するでしょ、と気持ちを切り替え7時半頃出発しました。


●●箱庭感がたまりませんな〜●●
天気の回復を信じ、歩くことしばし。木の枝に着いたエビの尻尾が良いです。しかしこういうのを綺麗に写真に撮るには太陽の光があたって、背景が青空でないとね〜。

それはともかく何ですかこのコース。めちゃめちゃ緩いじゃないですか。しかも火山性の土壌のため高い樹木が無く見晴らし抜群(のはず)。と思っていたら天気はどんどん回復し、周りの山が青空背景で見えてきます。コンパクトなエリアに顕著なピークがボコボコと見える。しかもそれらは登ってみると大したことない標高差。まさに箱庭って感じです。

うーん、何と言う幸せな山域か♪


●●天気はますます絶好調●●
予定通り往路での星生山はパスしてもう少し奥の方へ進みます。まずはくじゅう連山を歩いているので、その名を冠す久住山は外せませんね。登り頃のちょうど良い傾斜を登るに従い、天気はさらに回復してきます。阿蘇山と祖母・傾山などを眺めつつ久住山に到着。さすがに稜線上で少々風が強く、寒さを感じます。

では、次に進みましょう。
稲星山との鞍部に下りてから中岳を目指します。どうやらこれが九州本土の最高峰とのことなので一応登っておかないと。ところでこの辺りの顕著なピークはどれもほぼ同じ標高なんですね。なのでどれかが何かの邪魔になったとしても2〜3峰登ってしまえば、結局360°の視界が得られるところも良いです。

中岳も鞍部からの標高差は100mそこそこ。いっや〜あ、楽ちんだ〜♪
この程度の労力でこの眺望が得られるとは…。ガスがないのでカップラは楽しめませんが、日が高くなって来てポカポカの中、阿蘇山に乾杯しました。


●●御池・星生山も楽しいです●●
中岳の次は御池に下りて凍った湖面を楽しみ、星生山に向けてゆるゆると歩きます。復路で気が向いたら登ろうと決めていましたが、気が向かないわけがありません。小屋の裏手から登り始め、序盤ちょっと急な箇所もありましたが、稜線に上がってしまえばあとは緩い。サザエBGMの鼻歌とともに機嫌よく歩くことが出来ました。ここも鞍部からの標高差は100mチョイ。素晴らしいです。

星生山から本日登ってきたピークをたっぷりと眺めたら、下山します。牧ノ戸峠からの下山路は結構傾斜がきつく、面倒なところがありました。本来は登りで使った方が良さそうな道なので、牧ノ戸峠からのスタートでピストンの場合、星生山は往路で登った方が良いと思います。

星生山からの下山後は牧ノ戸峠へ向かいます。ここは泥地獄でしたね。朝のうちはカッチコチに凍っていましたが、これだけ天気が良くて気温が上がるとしょうがないです。


●●感想●●
眺望抜群、標高差控えめ、天気最高と来ては楽しい以外の何物でもありませんね。ここは相当好みです。九州に来るたびに訪れたいと思うほどです。坊ガツルや大船山にも行ってみたいので、次回登るとしたらそちら方面の登山口を選択すると思いますが、その後はまた牧ノ戸峠からの周回に戻ってくることになるでしょう。実に素晴らしいコースでした。満足度は125%としておきます。

訪問者数:476人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/26
投稿数: 236
2016/3/12 10:18
 本当に箱庭のようですね
muscatさん、こんにちは
貴殿の故郷九州の山、素晴らしいです

学生時代に由布岳の麓をヒッチハイクして大分に向かったことがありますが、九州の山には一度も登ったことがありません。何とも美しい景色に見とれました

数年後には引退して、暇にまかせて遠征し、のんびりと九州の山を歩いてみたくなりました。今から楽しみです
登録日: 2010/11/29
投稿数: 1116
2016/3/12 22:56
 Re: 本当に箱庭のようですね
Pinballさん、こんばんは。
コメントありがとうございますhappy01

九州の山もかなり良いですよ。
標高の高い山はほとんどないですが、火山性の土壌のところが多くて森林限界が低いので眺望は良いのです。火山だと景観もダイナミックになりますしね。

今までに実家帰省の託け登山で由布岳、開聞岳、韓国岳、阿蘇山、高千穂峰、そして今回のくじゅうと登ってきました。天気に恵まれた効果が大ですが、今回のくじゅうが一番良かったですね。

引退後のお楽しみが出来てよかったですね。九州の山、きっと気に入って頂けると思いますscissors

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ