ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821677 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

白倉〜大岳山〜鋸山〜もえぎの湯

日程 2016年03月03日(木) [日帰り]
メンバー shigken85
天候晴れ(雲一つなしの快晴)
気温は10℃以上
アクセス
利用交通機関
電車バス
6:26 新宿発 中央特快 高尾行
6:52 立川着
五日市線乗換
7:02 立川発
7:36 武蔵五日市着
西東京バス乗換
7:43 武蔵五日市発
8:12 白倉着

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
57分
合計
5時間58分
S白倉バス停08:2408:39大嶽神社08:4210:08馬頭刈尾根分岐10:30大岳神社10:46大岳山11:1812:21鋸山12:2912:37天地山分岐13:20天聖神社13:3013:52愛宕山13:5614:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
先週は奥武蔵へ梅を見に山行
降雪後の山で少々寒かったが梅が綺麗であったため気持ちの良い山行となった
今週は何処へ?
先週、奥武蔵へ行ったので今週は流れ的に奥多摩ではないか?別に順繰りと回っているわけでもないのだが、なんとなく・・・
前日の天気予報では今日より好天で気温が高いとのこと
そうなれば、何度か行ったことがあるが未だ展望を楽しんだことのない大岳山へ行って見ようと思い立った
今ならケーブルカーも運行しておらず人も少ない筈である

大岳山は古来より真言の山である
遠くより望んだ時その姿が一段飛びぬけており周辺の里には神社も多く点在する
登り口の参道にある石碑には天保十三年の刻印があった
白倉から登ると奥多摩主脈の一部である馬頭刈尾根を経て岩を織り交ぜた道を登り詰め山頂へ至る
馬頭刈尾根へあくせくして登り至り開けたベンチより秀峰富士山を望むことができる
そこから見た富士は決して近くにあるわけでもないのであるが、はるかに見上げる大きさで白い頂に午前の強い日差しが注いでいた。今日は雲一つなく風すらなく美しくそびえて見える。
これを見る事が出来ただけでもこの登山は良い登山となった

今日の道のりは10km程度で時間的にも余裕がある。昼食は少々早いが大岳山山頂でいただくこととした。凝った物を作っていただくのも良いと考えていたが、天気がよさそうだったのでランチプレートでも作ってみようか?目指すは青山辺りのオシャレなカフェ風である。結果としては自己満足だけで終わり残念ながら青山のカフェとはいかなかったがいかがであろうか・・・?
ベンチから富士が良く見える。この時期としては暖かく雲一つない天気は最高にいい。すべてのいいものを手に入れた幸福感があった。
一日、外で過ごす。歩いて、眺めて、花を愛でて、飲んで食べる
自然が与えてくれる恩恵を享受する
せっかくなので飲んで食べる部分も充実させても良いのではないだろうか
遠足の時にみんなで車座になって食べたお弁当が美味しかった。そんな思いである。

何時ものように最後にもえぎの湯で温泉へ浸かり今回は以前より気になっていた奥多摩根っ辛そばをいただいた。いつも、時間的に売り切れになっていて食べる事が出来なかったので時間的に余裕があったこの山行で叶った。
蕎麦に本わさびのすりおろしが乗っており、茎や葉などが乗っている。考えてみれば、普通に蕎麦を食べた所でわさびが付いているわけであるが通常より多めで山葵の良い所を存分に生かした作りとなっている。香りが高く時折鼻を刺激されてとても美味しかった。

富士を望んで気持ちの良い尾根を歩き美味しい食事をして良い山行であった
コース状況/
危険箇所等
<白倉〜馬頭刈尾根>
大岳山登山口の指導票に従い舗装の道路を登る
しばらく登ってゆくと右手に大嶽神社がありこの神社の左手より登山道が始まる
(舗装路を詰めていっても登山道に出ることはできる)
沢を渡り登山道を登ってゆく
鳥居などが現れて、一旦舗装道路を横切り登ってゆく
道は良く踏まれており特に危険もなく歩くことができる
急登は無いが急な尾根を九十九折で登るので思ったよりは時間がかかった

<馬頭刈尾根〜大岳山山頂>
白倉分岐から大岳山までの馬頭刈尾根は比較的平坦で極端なアップダウンはない
縦走路を少し歩いた場所にベンチがあり富士山などの眺望がすこぶる良い
夏場は木に葉が付いて少々見難いのかもしれない
道は良く踏まれており歩きやすい
一部笹が少々うるさい
大岳山直下で大岳山荘方面と御前山方面の分岐となり今回は大岳山方面へ向かった
情報では御前山方面へ行き大岳山へ直登できる道がある様であるが道が不明瞭とのことで通常の登山道を行くことにした
大岳山直下を東側へ巻いてゆくのだが谷側が切れており滑落すると面倒なことになりそうであった。さらに、道に落葉が堆積しすぎて足が埋まるほどの場所があった
万が一踏み外したりした場合は面倒阿ことになると思われるので慎重に通過するに越したことはない
大岳山山荘へ出ると、トイレがありコース中ここのみトイレがある
(大ダワにも公衆トイレがあるが一旦縦走路を外れることになる)
ここには大岳神社がある
大嶽神社が里宮で大岳神社が奥宮という事なのだと思う・・・
ここより頂上までは10分程度の急登となる
岩場、鎖場などがあるので慎重に通過したいところである
頂上は展望が良く富士山、御前山など綺麗に見える
日当たりも良く気持ちの良い場所である
ベンチがあり時間が合えば昼食など取ると良い場所である
鋸山にもベンチがあるがここより60〜80分程度の時間があり行程を見て休息を取りたいところである

<大岳山〜鋸山>
大岳山より下りとなるが急坂
道は踏まれているが急なので滑る
途中岩場などもあり滑落の危険性もあるので注意が必要
粗方下ったところで道は緩い登り下りの道となり
楽しく歩ける道だと思うので気持ちよく歩いていただきたい
鋸山直下より九十九折の急登となる
自分に頑張れと鞭打った頃鋸山の頂上へ出る
ここにはベンチが敷設してあり休憩ができる
尚、途中大ダワ方面へ下りれば公衆トイレがあるので大岳山で済ませなかった場合など、こちらで一旦下ると良いであろう

<鋸山〜鋸尾根下り>
鋸山からの下りは急坂の下りとなる
岩場、鎖場などもあるので注意が必要
急坂を下りきると少々登り以降長い下りのとなる
途中、岩場、階段などあり
この尾根は長いのでテンポよく下り足を労わりたいところである
愛宕山への鞍部(舗装道路)へ出てここより愛宕山への登りとなる
岩場の登りで階段も多く疲れた足にひどく鞭を打たれる
愛宕神社へ登り付きここより最後の下りとなる
九十九折の下りを過ぎると奥多摩名物の長〜〜い階段がありここを下る
急な階段で足を踏み外すと一気に下まで落ちてしまう
中央に手すりがあるので心配がある場合は手すりを利用した方がよさそうである
階段を下りきって、また暫く下り続けると、里の道路へ出る

白倉 標高342m
大岳山 標高1,262m
標高差 920m
総距離 10km位
標準コースタイム 6時間程度(休憩なし)
その他周辺情報・山城屋
わさび漬けで有名
色々なわさび漬け、関連商品、わさび(生)など売っている
お店の人に聞いたところ、常温でも1日は普通に持つので持ち帰りは大丈夫と言っていた。
・もえぎの湯
奥多摩の日帰り温泉施設
アルカリ性のかけ流し温泉で洗い場が狭いが露天風呂など気持ちよく浸かることができる。
奥多摩根っ辛うどん・そばと言うメニューがありとても美味しい!(少々辛目)
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 ハイドレーション 食器 地図(地形図) ヘッドランプ ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 タオル カメラ

写真

白倉バス停
こちらの写真の反対側にバスが着く
途中まで舗装の道を登ってゆく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白倉バス停
こちらの写真の反対側にバスが着く
途中まで舗装の道を登ってゆく
1
大嶽神社
大岳神社の里宮と言った位置付けの神社なのだろうかと思う
作りは立派
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大嶽神社
大岳神社の里宮と言った位置付けの神社なのだろうかと思う
作りは立派
4
登山道の参道入り口
大嶽神社の道を挟んで反対側より登山道へ入り少しするとある
一丁目になっていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の参道入り口
大嶽神社の道を挟んで反対側より登山道へ入り少しするとある
一丁目になっていた
1
馬頭刈尾根へ出た所
ここまで結構あくせくして登ったがここより楽で楽しい縦走路になっていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭刈尾根へ出た所
ここまで結構あくせくして登ったがここより楽で楽しい縦走路になっていた
1
馬頭刈尾根のベンチ場から望んだ富士山
今日は綺麗に望むことができた
美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭刈尾根のベンチ場から望んだ富士山
今日は綺麗に望むことができた
美しい
19
大岳神社
大嶽神社よりここへ至る山道を登り詰めた
という事になるのであろうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳神社
大嶽神社よりここへ至る山道を登り詰めた
という事になるのであろうか
大岳山山頂
山頂標識越しの富士山
本当に天候に恵まれていい日だった
頂上も温かく気持ちよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山山頂
山頂標識越しの富士山
本当に天候に恵まれていい日だった
頂上も温かく気持ちよかった
22
御前山
山頂からは全てが見渡せる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山
山頂からは全てが見渡せる
9
今日の昼食
時間的に余裕があったので今日はランチプレートを作ってみた
皆出来合いのものであるが綺麗に並べて悦に浸った
今日はくしくも雛祭りの日、道明寺もしっかり準備した
感想は美味しかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の昼食
時間的に余裕があったので今日はランチプレートを作ってみた
皆出来合いのものであるが綺麗に並べて悦に浸った
今日はくしくも雛祭りの日、道明寺もしっかり準備した
感想は美味しかった
16
鋸山山頂
ベンチが敷設してあり休憩に適した場所
どちらの方向より登って下っても急
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山山頂
ベンチが敷設してあり休憩に適した場所
どちらの方向より登って下っても急
2
鋸尾根途中の祠
誰が置いたのか・・・とりあえず少額ではあるがコインを置いてきた。ここを通る度にコインを置いているのでいくらくらいおいてきたのだろうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸尾根途中の祠
誰が置いたのか・・・とりあえず少額ではあるがコインを置いてきた。ここを通る度にコインを置いているのでいくらくらいおいてきたのだろうか
3
長い下りを終えて里の道路へ着く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い下りを終えて里の道路へ着く
1
もえぎの湯(温泉)へ向かうために道路を右方向へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もえぎの湯(温泉)へ向かうために道路を右方向へ
2
こんな吊り橋を渡るともえぎの湯まで150mの所へ出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな吊り橋を渡るともえぎの湯まで150mの所へ出ます
4
もはや名物か?
奥多摩根っ辛そば
ズーット食べたかっただがいつも売り切れで機会がなかった
本わさびが効いていてとても美味しい
(もちろんツーンと来るが悪いツーンでなく良い)
わさびがなくなると販売終了
香りが良くとても美味しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もはや名物か?
奥多摩根っ辛そば
ズーット食べたかっただがいつも売り切れで機会がなかった
本わさびが効いていてとても美味しい
(もちろんツーンと来るが悪いツーンでなく良い)
わさびがなくなると販売終了
香りが良くとても美味しい!
17
訪問者数:679人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 鎖場 滑落 テン 直登 鋸尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ