ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822087 全員に公開 雪山ハイキング東北

万世大路 二ツ小屋隧道

日程 2016年03月04日(金) [日帰り]
メンバー redtalecat(記録), その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
東栗子トンネル福島市側の駐車場に停めて、東北中央道工事現場出入り口が登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
危険個所はない。
その他周辺情報飯坂温泉
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

東栗子トンネル福島市側から東北中央道工事現場入口が登山口
2016年03月04日 09:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東栗子トンネル福島市側から東北中央道工事現場入口が登山口
旧道へはトラバースルートがあるようだ
2016年03月04日 09:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道へはトラバースルートがあるようだ
2
トレースを辿っていく
2016年03月04日 09:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースを辿っていく
1
春の気配が樹木の足元に
2016年03月04日 10:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春の気配が樹木の足元に
旧道を横断しトラバース
2016年03月04日 10:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道を横断しトラバース
1
積雪量も多く、気温も上昇。靴が潜ってしまう。
2016年03月04日 10:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪量も多く、気温も上昇。靴が潜ってしまう。
1
ここからはスノーシューを履いて楽々ハイク
2016年03月04日 10:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはスノーシューを履いて楽々ハイク
2
今回が初使用のスノーシュー。浮力は十分だけど、少し長すぎたかな?
2016年03月04日 10:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回が初使用のスノーシュー。浮力は十分だけど、少し長すぎたかな?
二ツ小屋隧道到着
2016年03月04日 10:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ツ小屋隧道到着
4
レトロな石積みの遺構にうっとり。
2016年03月04日 10:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レトロな石積みの遺構にうっとり。
1
右から左に読むのだったが、昭和9年と書いてある
2016年03月04日 10:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から左に読むのだったが、昭和9年と書いてある
3
約350mの隧道
山形県側の光がかすかに見える
2016年03月04日 10:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約350mの隧道
山形県側の光がかすかに見える
2
床は凍ったまま
冷たい風が山形側から流れてくる
防寒着を着込む
2016年03月04日 10:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
床は凍ったまま
冷たい風が山形側から流れてくる
防寒着を着込む
1
氷の神殿です
2016年03月04日 10:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の神殿です
2
奥は凍土壁のよう・・・
2016年03月04日 10:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥は凍土壁のよう・・・
1
巨大な氷筍
2016年03月04日 10:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な氷筍
4
高さが約5mの氷柱
2016年03月04日 10:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高さが約5mの氷柱
1
既に落下してしまった
2016年03月04日 10:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
既に落下してしまった
更に奥を見たくて進入を試みる
2016年03月04日 10:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に奥を見たくて進入を試みる
3
ツルツルした床
ハイハイして進みました
2016年03月04日 10:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルツルした床
ハイハイして進みました
2
素晴らしい空間が待っていました
2016年03月04日 10:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい空間が待っていました
2
山形県側の光が射し込む
2016年03月04日 11:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山形県側の光が射し込む
3
壁があちこち崩落している。無筋で、けっして厚くはない!
2016年03月04日 11:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁があちこち崩落している。無筋で、けっして厚くはない!
1
また来期も訪ねてみたい「氷の神殿」
2016年03月04日 11:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来期も訪ねてみたい「氷の神殿」
2
メーカーのPR的写真になってしまった。でも良いスノーシューでした。重い細君も沈まない(笑)
2016年03月04日 11:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メーカーのPR的写真になってしまった。でも良いスノーシューでした。重い細君も沈まない(笑)
1
福島県のナンバーも付いていて、ここに駐車したまま。この所有者が趣味で登山道の維持修繕をされているようだ。ご苦労様です。募金箱を設置しても良いと思います。
2016年03月04日 11:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福島県のナンバーも付いていて、ここに駐車したまま。この所有者が趣味で登山道の維持修繕をされているようだ。ご苦労様です。募金箱を設置しても良いと思います。
5
トンネルが見えてきて、無事に下山。東北中央道が開通すれば、この13号線を通る車両は激減するのだろう
2016年03月04日 11:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルが見えてきて、無事に下山。東北中央道が開通すれば、この13号線を通る車両は激減するのだろう
1
小さな案内板がありました。きっと、上にあった車の所有者が制作してくれたのだと思います。
2016年03月04日 12:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな案内板がありました。きっと、上にあった車の所有者が制作してくれたのだと思います。
2
撮影機材:

感想/記録

福島市と米沢市にまたがる栗子峠の旧道(国道10号線)は万世大路(ばんせいたいろ)と言われている。(福島市内には万世町とか万世通りとかある。
今から80年前の昭和9年、二ツ小屋隧道が開通。レトロな石積みのトンネル遺構を見るだけでも素晴らしいが、冬期間には氷の神殿と化す。一部の雪山愛好家の間だけでしか知られておらず、昨日の地元新聞に記事が出て知った。
好天に恵まれ、いつもの3人で雪山ハイクに出かけました。
誰も訪ねる人はいない様子でしたが、新聞記者と案内人が残したトレースがあり、迷わずに隧道に到着。
天井や壁が崩落している廃坑に入ると100m奥が凍土壁のように光っていました。
正に「氷の神殿」
暖冬でもこれだけの規模でツララや氷筍が出来ていたとなると、平年時はもっと凄いのだろう察しました。
ただ、崩落の危険があるので、単独での侵入はとっても危険だと感じました。
下山は、スノーシューで楽々30分程度で下山。
素晴らしいスポット発見!来年も登ってみたい。
http://www.digibook.net/d/8445cdfb810cb688e396b942eaadcbdc/?viewerMode=fullWindow
訪問者数:300人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

崩落 スノーシュー
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ