ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822167 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳【日本百名山】〜休暇村乗鞍高原駐車場〜

日程 2016年03月04日(金) [日帰り]
メンバー Sutoku
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
休暇村乗鞍高原のゲレンデ側に駐車場があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ゲレンデは圧雪されていて歩きやすい。ゲレンデから位ヶ原山荘方面への分岐まではトレースがかろうじて見えるので場所を選べばスノーシュー不要。分岐から肩の小屋まではトレースなしの雪原でワカンやスノーシューがあった方が歩きやすい。肩の小屋から剣ヶ峰まではアイゼンが必要。
8:30からのリフトを利用することができますが下山は歩きです。
その他周辺情報休暇村乗鞍高原の日帰り入浴600円。18:00まで(受付は17:00)。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 行動食 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

休暇村乗鞍高原からスタートです。7時前に登り始める予定でしたが遅くなってしまいました。まず、写真の右のゲレンデを登っていきます。
2016年03月04日 07:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休暇村乗鞍高原からスタートです。7時前に登り始める予定でしたが遅くなってしまいました。まず、写真の右のゲレンデを登っていきます。
初めてでゲレンデがたくさんありよくわかりませんが、リフトの脇のゲレンデを登っていきます。写真は運転前の休暇村第1トリプル。
2016年03月04日 07:20撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてでゲレンデがたくさんありよくわかりませんが、リフトの脇のゲレンデを登っていきます。写真は運転前の休暇村第1トリプル。
写真は休暇村第1トリプルトップから休暇村第2ペアの乗り場へ向かうところ。快晴の空に乗鞍岳が輝いています。かなり遠くに見えます。
2016年03月04日 07:31撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真は休暇村第1トリプルトップから休暇村第2ペアの乗り場へ向かうところ。快晴の空に乗鞍岳が輝いています。かなり遠くに見えます。
1
三本滝レストハウス前のかもしかリフト乗り場まで来ました。ここまでは初級コースのゲレンデなので比較的ゆるやかな傾斜ですが、次のかもしかAコースはかなりきつそうです。
2016年03月04日 07:43撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本滝レストハウス前のかもしかリフト乗り場まで来ました。ここまでは初級コースのゲレンデなので比較的ゆるやかな傾斜ですが、次のかもしかAコースはかなりきつそうです。
三本滝から30分程かけてかもしかリフトトップまで登ってきました。リフトでここまで来るより1時間程早く来れましたが、結構疲れました。
2016年03月04日 08:09撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本滝から30分程かけてかもしかリフトトップまで登ってきました。リフトでここまで来るより1時間程早く来れましたが、結構疲れました。
ゲレンデが終わり、いきなりの急坂です。登りきると比較的なだらかな幅の広い道が続きます。
2016年03月04日 08:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデが終わり、いきなりの急坂です。登りきると比較的なだらかな幅の広い道が続きます。
先行者はBCの方1名のようです。踏み跡はありません。時々膝下まで埋まります。
2016年03月04日 09:13撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者はBCの方1名のようです。踏み跡はありません。時々膝下まで埋まります。
ゲレンデトップから1時間程で位ヶ原山荘方面との分岐まで来ました。ここからは道はありません。トレースもなし。
2016年03月04日 09:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップから1時間程で位ヶ原山荘方面との分岐まで来ました。ここからは道はありません。トレースもなし。
いきなりの急な斜面を登りますが、膝上まで埋まることもあり、なかなか進めません。スノーシューは持ってきてないのでこれが続けば撤退ですが斜面を登りきるとほとんど埋まらない雪原に出て安心。
2016年03月04日 09:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの急な斜面を登りますが、膝上まで埋まることもあり、なかなか進めません。スノーシューは持ってきてないのでこれが続けば撤退ですが斜面を登りきるとほとんど埋まらない雪原に出て安心。
左が高天ヶ原、右が剣ヶ峰。
2016年03月04日 09:52撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が高天ヶ原、右が剣ヶ峰。
3
急な斜面でもたついている間にBCの方に抜かされました。やはりスキーの浮力にはかないません。
2016年03月04日 09:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な斜面でもたついている間にBCの方に抜かされました。やはりスキーの浮力にはかないません。
1
摩利支天岳と肩ノ小屋口のトイレが見えます。一面荒らされてない雪原が続きます。
2016年03月04日 10:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天岳と肩ノ小屋口のトイレが見えます。一面荒らされてない雪原が続きます。
1
肩ノ小屋が見えてきました。小屋へは行かず朝日岳への斜面へ向かいます。
2016年03月04日 10:51撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋が見えてきました。小屋へは行かず朝日岳への斜面へ向かいます。
3
蚕玉岳と朝日岳の鞍部を目指して斜面を登っていきます。所々凍っているのでアイゼンがないと危険です。
2016年03月04日 11:26撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蚕玉岳と朝日岳の鞍部を目指して斜面を登っていきます。所々凍っているのでアイゼンがないと危険です。
鞍部に出ました。風が少しありあますが最高のコンディションです。
2016年03月04日 11:54撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部に出ました。風が少しありあますが最高のコンディションです。
蚕玉岳山頂。左から剣ヶ峰、大日岳、屏風岳。氷の彫刻を見ながら剣ヶ峰へ向かいます。
2016年03月04日 12:01撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蚕玉岳山頂。左から剣ヶ峰、大日岳、屏風岳。氷の彫刻を見ながら剣ヶ峰へ向かいます。
4
出発から5時間、なんとか登頂。
2016年03月04日 12:16撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発から5時間、なんとか登頂。
7
途中で抜いてい行ったBCの方に撮ってもらいました。ありがとうございます。
2016年03月04日 12:32撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で抜いてい行ったBCの方に撮ってもらいました。ありがとうございます。
10
山頂の眺めを楽しみます。噴煙を上げる御嶽山。
2016年03月04日 12:48撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の眺めを楽しみます。噴煙を上げる御嶽山。
4
穂高岳、槍ヶ岳など北ア南部の山々。
30分程休憩して下山開始です。
2016年03月04日 12:50撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳、槍ヶ岳など北ア南部の山々。
30分程休憩して下山開始です。
7
カニのはさみ。
2016年03月04日 13:09撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのはさみ。
4
せっかくなので冬季・残雪期しか登れない朝日岳にも登ります。
2016年03月04日 13:20撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので冬季・残雪期しか登れない朝日岳にも登ります。
2
朝日岳山頂から剣ヶ峰方向。
2016年03月04日 13:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂から剣ヶ峰方向。
1
朝日岳からの下山途中から摩利支天岳と北アの山々。
2016年03月04日 13:45撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳からの下山途中から摩利支天岳と北アの山々。
2
風が吹き抜ける鞍部には美しいシュカブラ。
2016年03月04日 14:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が吹き抜ける鞍部には美しいシュカブラ。
7
雪原を歩いて振り返ったところ。この景色も見納めです。
2016年03月04日 14:38撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪原を歩いて振り返ったところ。この景色も見納めです。
8
登りで苦労した斜面を楽々下ります。
2016年03月04日 14:52撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りで苦労した斜面を楽々下ります。
1
ゲレンデまで戻ってきました。アイゼンを付けて急なゲレンデを下ります。日が傾いてきています。ちょうどリフトの営業が終了となる時間でしたので人は少なめです。
2016年03月04日 15:53撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデまで戻ってきました。アイゼンを付けて急なゲレンデを下ります。日が傾いてきています。ちょうどリフトの営業が終了となる時間でしたので人は少なめです。
黙々ゲレンデを歩いて無事休暇村駐車場に戻ってきました。
2016年03月04日 16:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々ゲレンデを歩いて無事休暇村駐車場に戻ってきました。
1
撮影機材:

感想/記録
by Sutoku

快晴の乗鞍岳に行ってきました。山頂付近は多少風がありましたが、終始穏やかでした。次回はリフト利用で行くと思います。
訪問者数:892人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ