ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822218 全員に公開 ハイキング丹沢

【西丹沢VR】大滝橋BS〜箒沢権現山〜畦ヶ丸〜善六山〜西丹沢自然教室

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー miggy510
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
新松田駅北口 8:30着
西丹沢自然教室BS 14:40発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
19分
合計
3時間59分
S大滝橋バス停08:3209:39権現山(箒沢権現山)09:4110:38畦ヶ丸10:5511:17善六ノタワ11:26善六山(涸棚ノ頭)11:44ショチクボノ頭12:31神奈川県立西丹沢自然教室G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
* 大滝橋BS〜箒沢権現山は VR
* 箒沢権現山への登山道は現在廃道
コース状況/
危険箇所等
*大滝橋BS 〜箒沢権現 (VR)
・本日の MVR (Most Variational Root)
・尾根筋直登
・崩落箇所通行注意
・ 850m 以上は岩を含む急登。岩や木を利用しつつ高度を上げていく
・山頂肩直下で鹿柵。鹿柵に沿ってトラバース、鹿柵が折れたらそれに沿う

*箒沢権現〜畦ヶ丸 (廃道)
・西沢との分岐までは中々急峻な尾根筋。尾根分岐箇所でのルートミス注意
・西沢分岐〜畦ヶ丸は、本当に VR? 踏み跡バッチリだった。テープもある。
・畦ヶ丸山頂付近は藪こぎ (この時期は枯れ)

* 畦ヶ丸〜西丹沢自然教室 (VR)
・善六山までは気持ちの良い稜線歩き
・善六山からの下りは全ての尾根にテープベタ貼り。どこが下るべき尾根なのか惑わされる。沢への取付き付近は急峻なため注意
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 行動着(インナー 2枚/タイツ/ズボン) 防寒着(フリース/ULダウン) ザック 30L 登山靴 チェーンアイゼン 昼飯 行動食 非常食 飲料水 (2.0L) 地図 保険証 携帯 腕時計 サングラス デジカメ エマージェンシー道具

写真

ルート総括します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート総括します
1
大滝橋BSで下車。私の他もう 1 名下車されてましたが、どちらへ向かわれたのでしょうか
2016年03月05日 08:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝橋BSで下車。私の他もう 1 名下車されてましたが、どちらへ向かわれたのでしょうか
しばし林道を行くと、大滝沢 (一軒屋避難小屋) 方面への分岐にぶつかります
2016年03月05日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし林道を行くと、大滝沢 (一軒屋避難小屋) 方面への分岐にぶつかります
先の分岐を行かず、林道を道なりに 50m ほど進むと、小さな沢を渡る。渡り終えてガードレールの切れ目から尾根筋めがけて登りあげる
2016年03月05日 08:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先の分岐を行かず、林道を道なりに 50m ほど進むと、小さな沢を渡る。渡り終えてガードレールの切れ目から尾根筋めがけて登りあげる
尾根にはすぐ取り付けます
2016年03月05日 08:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にはすぐ取り付けます
尾根をがんがん進んでいくと、峰山直後のヤセ尾根で左に大きな崩落、右に谷の箇所が出てきて、しばし行き詰る。さぁ、引き返すか、どうするか
2016年03月05日 09:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根をがんがん進んでいくと、峰山直後のヤセ尾根で左に大きな崩落、右に谷の箇所が出てきて、しばし行き詰る。さぁ、引き返すか、どうするか
よく見ると崩落側にトラバース道らしきものがついている。木の根はしっかり付いているようでしたので、木の幹につかまりつつ、慎重にトラバース道に入り、これをクリア
2016年03月05日 09:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見ると崩落側にトラバース道らしきものがついている。木の根はしっかり付いているようでしたので、木の幹につかまりつつ、慎重にトラバース道に入り、これをクリア
1
標高 850m を越えた辺りから、大きな岩が現れました。等高線の密度でもわかるように、かなり勾配がきついです。尾根筋をはずしたルートをとったり、岩や木を使いながら登っていきます
2016年03月05日 09:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高 850m を越えた辺りから、大きな岩が現れました。等高線の密度でもわかるように、かなり勾配がきついです。尾根筋をはずしたルートをとったり、岩や木を使いながら登っていきます
杉の樹林帯もかなりの勾配。三頭山のツネ泣坂を登り続けているイメージです。心の中で常泣坂と命名。。。センスにも泣けるって?じゃかしい!^^;
2016年03月05日 09:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の樹林帯もかなりの勾配。三頭山のツネ泣坂を登り続けているイメージです。心の中で常泣坂と命名。。。センスにも泣けるって?じゃかしい!^^;
2
おや、鹿柵が真一文字に尾根をぶった切ってしまった
2016年03月05日 09:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おや、鹿柵が真一文字に尾根をぶった切ってしまった
鹿柵に沿って歩いていけば、山頂の広場に出られました
2016年03月05日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵に沿って歩いていけば、山頂の広場に出られました
権現山。西沢からルートが付いていますが、現在は廃道です
2016年03月05日 09:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山。西沢からルートが付いていますが、現在は廃道です
1
ベンチに標識発見
2016年03月05日 09:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチに標識発見
2
地図に載っているとおり、丹沢湖側は広く開けています。誰にも会わず、誰もいない。丹沢なのである程度人は入るのだと思いますが、VR の尾根を直登して辿り着いた山頂は、なんともいえない趣がありました。
2016年03月05日 09:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図に載っているとおり、丹沢湖側は広く開けています。誰にも会わず、誰もいない。丹沢なのである程度人は入るのだと思いますが、VR の尾根を直登して辿り着いた山頂は、なんともいえない趣がありました。
3
これから向かう畦ヶ丸を捉える。方角よし
2016年03月05日 09:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう畦ヶ丸を捉える。方角よし
これはかつての一般ルートです。廃道になったのも致し方なしか。。。岩と根の混在した急勾配の尾根筋も通過しますし。
2016年03月05日 09:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはかつての一般ルートです。廃道になったのも致し方なしか。。。岩と根の混在した急勾配の尾根筋も通過しますし。
土管分岐
2016年03月05日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土管分岐
1
ちょっと西沢へのルートを覗きましたが、かなり綺麗です。ただし廃道ですし、この後のルートがどうなっているかも知りません。私は畦ヶ丸への吊し尾根を行くので分岐まで引き返します
2016年03月05日 09:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと西沢へのルートを覗きましたが、かなり綺麗です。ただし廃道ですし、この後のルートがどうなっているかも知りません。私は畦ヶ丸への吊し尾根を行くので分岐まで引き返します
1
何の作業中?整備して一般コースつけるのかな?まぁすでに吊し尾根は踏み跡明瞭で、普通の登山道でした
2016年03月05日 10:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の作業中?整備して一般コースつけるのかな?まぁすでに吊し尾根は踏み跡明瞭で、普通の登山道でした
これは登山道の新経路ってこと?作業道か何か?きちんと畦へ向かうかわからないので尾根直登 (緑) ルートを行きました
2016年03月05日 10:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは登山道の新経路ってこと?作業道か何か?きちんと畦へ向かうかわからないので尾根直登 (緑) ルートを行きました
3
1079のピークにある大朽木
2016年03月05日 10:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1079のピークにある大朽木
1
いったん鞍部へ下ってからの登り返しが、いかにもきつそう
2016年03月05日 10:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん鞍部へ下ってからの登り返しが、いかにもきつそう
この辺りから藪こぎスタート。この時期なら枯れていて問題なし
2016年03月05日 10:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから藪こぎスタート。この時期なら枯れていて問題なし
畦ヶ丸に到着。休憩を挟みます
2016年03月05日 10:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸に到着。休憩を挟みます
2
畦ヶ丸〜善六ノタワまでは一般ルート。快適、快適
2016年03月05日 11:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸〜善六ノタワまでは一般ルート。快適、快適
善六ノタワから善六山へ向けて尾根直登開始です
2016年03月05日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善六ノタワから善六山へ向けて尾根直登開始です
善六山。広いので明確なピークはあれですが、いいところじゃないですか。
2016年03月05日 11:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善六山。広いので明確なピークはあれですが、いいところじゃないですか。
1
南方面はめちゃくちゃ開けてます
2016年03月05日 11:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方面はめちゃくちゃ開けてます
善六山南東斜面は岩と木の混在した急坂
2016年03月05日 11:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善六山南東斜面は岩と木の混在した急坂
塩地窪沢ノ頭の稜線に着きました。
2016年03月05日 11:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩地窪沢ノ頭の稜線に着きました。
塩地窪沢ノ頭 (1033ピーク) には石柱がある
2016年03月05日 11:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩地窪沢ノ頭 (1033ピーク) には石柱がある
一気に飛びましたが、稜線分岐から尾根を直降します。ピンクテープに紫テープと、どの尾根もテープだらけでした。こういうテープの乱設置は避けていただきたい。。。10m おき、同時に 5 個視界にはいるとかそういうレベルでした
2016年03月05日 12:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に飛びましたが、稜線分岐から尾根を直降します。ピンクテープに紫テープと、どの尾根もテープだらけでした。こういうテープの乱設置は避けていただきたい。。。10m おき、同時に 5 個視界にはいるとかそういうレベルでした
1
安心の一般道を通って西丹沢自然教室へ。今日も 14:40 のバスまでだいぶ時間が空きますが、まぁ待ちましょう
2016年03月05日 12:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安心の一般道を通って西丹沢自然教室へ。今日も 14:40 のバスまでだいぶ時間が空きますが、まぁ待ちましょう
お疲れ様でした
2016年03月05日 13:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした
2

感想/記録

バリエーションルート (VR) については賛否両論あると思いますので、お気に召さない方はそっとブラウザバック頂ければ幸いです。

大した経験値もない単独行者ですが、VR に行ってみたい衝動に勝てず、大滝橋から、西丹沢に来る度に見える前権現に行くことに決め、どうせなら VR 三昧にしてやれ!という事で、畦ヶ丸吊し尾根と善六山も含んだルートにしました。

整備されておらず、人の入りも圧倒的に少ない VR は、この道はどんな様子を見せてくれ、どんな挑戦を仕掛けてくるんだろう、という感覚にさせてくれ、まるで幼少期の冒険のごときワクワクがありました。登山道なら補整されているであろう崩落箇所や急坂も、自分自身でルートを探して、手の補助も使いながら通過していかなければならず、山に入っている実感が大きいです。さらに山が好きになりますね。

VR であっても、進行方向と地形さえ見誤らなければ、道迷いは問題ない感じでした (当たり前か)
ちょっと残念だったのは、善六山ルートはテープだらけだったこと。沢沿いへ下りるルートに関しては、全ての尾根にテープベタ貼り状態で、何じゃこりゃでした。惑わされて、沢付近で予定と異なる尾根を下ってしまったじゃないか! (ルートミスの言い訳では断じてないw)

まぁともあれ、VR 正直かなり楽しいので、また行ってみたいと思いました
訪問者数:368人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ