ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822314 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

戦場ヶ原(赤沼〜湯滝)

日程 2016年03月04日(金) [日帰り]
メンバー maikagura, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
東武日光駅から東武バスで赤沼停留所まで約一時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
5分
合計
4時間5分
S赤沼BS12:5012:55赤沼分岐14:00泉門池12:10小田代橋14:40小滝14:50湯滝14:5515:05湯滝入り口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に無し。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

赤沼から見える男体山。
遠目に見ても雪が少ない・・・
2016年03月04日 12:49撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沼から見える男体山。
遠目に見ても雪が少ない・・・
遊歩道の入り口は雪が残っていますが、日差しで緩んでおり
凍結して滑るということもありません。
2016年03月04日 12:51撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道の入り口は雪が残っていますが、日差しで緩んでおり
凍結して滑るということもありません。
久しぶりに来ましたが、標識が綺麗になっているような。
入れ替えたのかな。
2016年03月04日 12:57撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに来ましたが、標識が綺麗になっているような。
入れ替えたのかな。
ここ数年、治療の甲斐あって花粉症が落ち着いていた
奥さん、日光に到着して以降眼のかゆみ、鼻炎が一気に
ひどくなりました。
2016年03月04日 12:57撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ数年、治療の甲斐あって花粉症が落ち着いていた
奥さん、日光に到着して以降眼のかゆみ、鼻炎が一気に
ひどくなりました。
木道も露わになっているところが多いです。
軽アイゼンをつけて歩かれる方は、面倒ですがこまめな脱着が
必要です。
2016年03月04日 13:00撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道も露わになっているところが多いです。
軽アイゼンをつけて歩かれる方は、面倒ですがこまめな脱着が
必要です。
男体山の奥に見えるのは女峰山?
2016年03月04日 13:05撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山の奥に見えるのは女峰山?
1
金精山、前白根方面かな。
2016年03月04日 13:05撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金精山、前白根方面かな。
1
白い雲が澄んだ青空に浮いて綺麗。
2016年03月04日 13:05撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い雲が澄んだ青空に浮いて綺麗。
1
木道は戦場ヶ原を抜けるまでこんな状態です。
2016年03月04日 13:08撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道は戦場ヶ原を抜けるまでこんな状態です。
陽当たりの差なんんでしょうか、雪が残っているところもあります。温度が低ければ凍結して大変なんでしょうが、この日はアイゼンなしでも歩ける状態でした。
2016年03月04日 13:10撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽当たりの差なんんでしょうか、雪が残っているところもあります。温度が低ければ凍結して大変なんでしょうが、この日はアイゼンなしでも歩ける状態でした。
戦場ヶ原を前にして男体山が遮るものもなくその雄姿を現します。
2016年03月04日 13:24撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原を前にして男体山が遮るものもなくその雄姿を現します。
湯滝に近づくにつれ、気持ち雪が増えて(残っている)きました。
2016年03月04日 13:41撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯滝に近づくにつれ、気持ち雪が増えて(残っている)きました。
休憩場所の椅子もテーブルもすっかり乾いて、シートなしでも
座れる状態。
紅茶を飲んで軽く休憩。
2016年03月04日 13:59撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩場所の椅子もテーブルもすっかり乾いて、シートなしでも
座れる状態。
紅茶を飲んで軽く休憩。
1
小田代ヶ原方面と湯滝・湯元方面への分岐に到着。
2016年03月04日 14:04撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小田代ヶ原方面と湯滝・湯元方面への分岐に到着。
木道もすっかり雪に覆われて、少し踏み外すと足がすっぽり
雪に埋もれてしまいます。
私が先頭にかわって、奥さんはそのあとを慎重に辿って歩いて
います。
2016年03月04日 14:11撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道もすっかり雪に覆われて、少し踏み外すと足がすっぽり
雪に埋もれてしまいます。
私が先頭にかわって、奥さんはそのあとを慎重に辿って歩いて
います。
2
クロスカントリースキーの跡?が残っていますね。
数日前でしょうか。
2016年03月04日 14:14撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロスカントリースキーの跡?が残っていますね。
数日前でしょうか。
湯川沿いの道を選択したのですが、踏み跡が濃い場所と急に
薄くなる場所が。写真が目的で同じルートを引き返す
人が多いのでしょうね。
2016年03月04日 14:21撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯川沿いの道を選択したのですが、踏み跡が濃い場所と急に
薄くなる場所が。写真が目的で同じルートを引き返す
人が多いのでしょうね。
川の中を目を凝らして探しましたが、魚はみつけられませんでした。水鳥はいましたので、どこかにいるのでしょうね。
2016年03月04日 14:23撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の中を目を凝らして探しましたが、魚はみつけられませんでした。水鳥はいましたので、どこかにいるのでしょうね。
どうやらすれ違えるように木道がふたつに分かれているようです。木道上を外さぬように慎重に進みます。
2016年03月04日 14:30撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやらすれ違えるように木道がふたつに分かれているようです。木道上を外さぬように慎重に進みます。
湯滝に到着。
中禅寺湖、湯元には何度か来ていますが湯滝は初めてです。
華厳の滝、竜頭の滝、湯滝とそれぞれ個性が違って自然は面白い。
ですね。
2016年03月04日 14:53撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯滝に到着。
中禅寺湖、湯元には何度か来ていますが湯滝は初めてです。
華厳の滝、竜頭の滝、湯滝とそれぞれ個性が違って自然は面白い。
ですね。
2
湯滝入り口バス停到着。
今日のミニハイクはここで終了。
2016年03月04日 15:06撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯滝入り口バス停到着。
今日のミニハイクはここで終了。
おまけ:今回もお世話になった東武の区間快速。シートの差はありますが、東京までかかる時間はスペーシアと大差なくお得です。
2016年03月05日 11:58撮影 by P06C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ:今回もお世話になった東武の区間快速。シートの差はありますが、東京までかかる時間はスペーシアと大差なくお得です。

感想/記録

スノーシューを目的に日光湯元へ行ってきました。
今年は例年になく積雪が少ないようで、行く前からどうかなと危ぶんでおりましたが竜頭の滝を過ぎたあたりの積雪量を見てスノーシューが出来たとしてもコンディションはあまり期待できないなということで、とりあえず保険の意味で戦場ヶ原を軽くハイクしましょうと赤沼でバスを降りました。
バスを下りても陽ざしのせいか、暖かくダウンなどは全く必要ありません。木道上の凍結を心配していましたが、雪は暖かさで緩んでおりコース中で凍結箇所は皆無でした。
奥さんの花粉症がひどくなったこともあり、翌日はスノーシューを取りやめ早々と家路へとつきました。
宿のおじさんによると今年はスノーシューマラソンの大会も危ないからと中止になったそうです。
湯元あたりはまだ寒いだろうと油断していましたが、この暖かさでどこもかしこもスギ花粉が飛ぶのが早いのかもしれません。
年によっては戻しもありますが、温暖化の方向へは着実に進行しているのでしょうね・・・
訪問者数:233人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ