ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822404 全員に公開 雪山ハイキング四国

東赤石山

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー birdie
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
1時間40分
合計
9時間15分
S瀬場登山口08:0008:13瀬場登山口と筏津登山口の合流点08:28八間滝08:45山荘と東赤石の分岐点11:25赤石山荘12:2513:30東赤石山頂上14:0016:20山荘と東赤石の分岐点16:3017:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

瀬場の登山口の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬場の登山口の看板
2
登山ポスト ここを登ってゆく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポスト ここを登ってゆく
1
筏津登山道と瀬場登山道との合流点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筏津登山道と瀬場登山道との合流点
このような橋がところどころに渡している。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような橋がところどころに渡している。
1
瀬場谷に架かる橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬場谷に架かる橋
上流を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流を見る。
分岐点。左股(左側)を赤石山荘へと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点。左股(左側)を赤石山荘へと。
瓦礫と岩場が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓦礫と岩場が続く。
初めて雪が見え出した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて雪が見え出した。
赤テープが付けられていて、迷う事はないと思います。瓦礫と岩場の登山道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープが付けられていて、迷う事はないと思います。瓦礫と岩場の登山道が続く。
1
筏橋が道中、何ヶ所も川に渡してあります、有り難い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筏橋が道中、何ヶ所も川に渡してあります、有り難い。
2
段差が大きい、よいしょ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段差が大きい、よいしょ。
歩きにくい登山道、いつまで続くのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きにくい登山道、いつまで続くのだろう。
この頃はまだ、山頂にはガスが出ていない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この頃はまだ、山頂にはガスが出ていない。
岩と凍った雪の登山道はとても疲れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と凍った雪の登山道はとても疲れる。
シャーベット状の雪と岩で滑りはしないかと気を使う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャーベット状の雪と岩で滑りはしないかと気を使う。
1540Mの分岐点、左に行けば赤石山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1540Mの分岐点、左に行けば赤石山荘
1
東赤石山方面を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東赤石山方面を望む
赤石山荘方面、ガスが出て来た。まず、山荘に向かって行こう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石山荘方面、ガスが出て来た。まず、山荘に向かって行こう。
赤石山荘に到着。この季節、この天気、誰もいない、居るはずもない。頂上を目指す前にベンチで腹ごしらえ。ストーブは修理中のため、温かいラーメンなし、昼食はおにぎり4ヶ。気温6度。1時間滞在。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石山荘に到着。この季節、この天気、誰もいない、居るはずもない。頂上を目指す前にベンチで腹ごしらえ。ストーブは修理中のため、温かいラーメンなし、昼食はおにぎり4ヶ。気温6度。1時間滞在。
1
山荘の西側、ガスが濃くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘の西側、ガスが濃くなってきた。
山荘左脇の西赤石への登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘左脇の西赤石への登山道
1
東赤石山への分岐点、頂上への登り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東赤石山への分岐点、頂上への登り口。
1
峠に到着、振り返り見る。頂上まで10分の距離だが、10分では行けそうもない!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠に到着、振り返り見る。頂上まで10分の距離だが、10分では行けそうもない!
大岩が凍っていて上がるのに一苦労、このような大岩が2ヶ所有り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩が凍っていて上がるのに一苦労、このような大岩が2ヶ所有り。
1
ようやく山頂が視界に入ってきた。もうちょい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂が視界に入ってきた。もうちょい!
2
東赤石山頂に登頂、やっとこさで!とても疲れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東赤石山頂に登頂、やっとこさで!とても疲れました。
2
ガスで、全く視界ゼロ。強風のためゴーゴーと風音がすさまじいいが、木立に遮られ寒さはそれほどでもなかったのが幸い。
30分間滞在。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで、全く視界ゼロ。強風のためゴーゴーと風音がすさまじいいが、木立に遮られ寒さはそれほどでもなかったのが幸い。
30分間滞在。
1
峠から岩場の下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠から岩場の下り
少し霧が薄れてきた感じだが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し霧が薄れてきた感じだが、
瀬場への分岐標識まで下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬場への分岐標識まで下山
振り返り見る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り見る
瀬場への下山分岐点、右股経由で瀬場まで下ることに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬場への下山分岐点、右股経由で瀬場まで下ることに。
下山道の様子、先が思いやられる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道の様子、先が思いやられる。
振り返り見る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り見る
赤テープがあるので、岩場でも道を見失う事はない、ありがたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープがあるので、岩場でも道を見失う事はない、ありがたい。
山土の登山道を見ると、ホッとするが、この登山道は余り続かない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山土の登山道を見ると、ホッとするが、この登山道は余り続かない。
1
ガスがなんとなく晴れて来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがなんとなく晴れて来た。
振り返り見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り見る。
やっと、赤石山荘と東赤石山への分岐点まで下りて来た。あと少しだが、足の親指が痛い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、赤石山荘と東赤石山への分岐点まで下りて来た。あと少しだが、足の親指が痛い。
瀬場登山口と筏津登山口の岐路に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬場登山口と筏津登山口の岐路に到着。
瀬場登山口に無事下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬場登山口に無事下山しました。
1
帰路、別紙ダムから遠くに見えるのが先ほどの東赤石山だと思っているが、本当のところ分からない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、別紙ダムから遠くに見えるのが先ほどの東赤石山だと思っているが、本当のところ分からない。
1

感想/記録
by birdie

先週は名頃から三嶺へ、今週は東赤石山に。東へ西へと気が落ち着かない。
harumiru氏を誘おうとも考えたが、先週の今週ではと思い、初めての東赤石山に。
筏津の登山口が分からず、瀬場登山口から登り始める。
西赤石山の登山道がどうであったか覚えていないが、東赤石山の岩とシャーベット状雪の登山道ではなかったように思う。東赤石山の登山道には、私だけとは思うが、全く閉口した。
harumiru氏から、東赤石山に登れたら富士山も登れると聞いていたが、富士山には登りたくなくなってしまった。
赤石山荘で誰も居るはずのないところに東赤石山から下りて来た一人の男性と遭遇。お互いにびっくりして「あ!」の叫びを上げる。人に会い少し疲れが和らぐ。
聞けば横浜から四国に短期での出張とか。8時30分に筏津口から登り、右股経由で東赤石山頂を経て12時には山荘に、健脚の持ち主。ご本人も早いですと言っていた。
剣山にはノーマルタイヤのレンタカーでは行けないから諦めているとのこと。
三嶺なら道路は積雪なく行けると伝えたところ、行かれるらしい。
ガスが出てなく、山頂からの展望もよければこの疲れも吹き飛び、達成感もひとしおだったろうに残念!
疲れ果て、もう来たくないと思いましたが、一夜明けると、春の晴天時の展望のいい時にリベンジしたいとの思いが湧き上がる。
訪問者数:387人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

赤テープ ガス 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ