ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822430 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

金峰山往復と瑞牆ボルダー(ボルダーは中止)

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー pochi23
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
路面の凍結無し、積雪無し
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間1分
休憩
48分
合計
4時間49分
S県営無料PA(スタート地点)09:4510:13富士見平小屋10:45大日小屋10:4711:15大日岩11:1811:52砂払ノ頭12:0012:25金峰山12:5513:10砂払ノ頭13:29大日岩13:3113:50大日小屋14:12富士見平小屋14:1514:34県営無料PA(ゴール地点)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
富士見平小屋から100mほど標高を上げたあたりから登山道の氷化が本格化。大日岩から先は雪が載ってくるので歩きやすくなる。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

大日小屋のテンバにて、若干の青空。
2016年03月05日 10:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋のテンバにて、若干の青空。
砂払ノ頭。曇ってます。
2016年03月05日 11:59撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払ノ頭。曇ってます。
1
金峰へ向けてGO。
2016年03月05日 11:59撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰へ向けてGO。
山頂のあたりはそろそろガスに包まれるか。
2016年03月05日 12:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のあたりはそろそろガスに包まれるか。
山頂でとりあえず1枚。フィルム時代の表現ですね。
2016年03月05日 12:27撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂でとりあえず1枚。フィルム時代の表現ですね。
1
寒々しいですね。
2016年03月05日 12:37撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒々しいですね。
1
瑞牆方面、若干晴れてきました。
2016年03月05日 12:37撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆方面、若干晴れてきました。
1
五丈岩から金峰山頂上。冬は五丈に上る人はほとんどいないようです。独り占め。
2016年03月05日 12:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈岩から金峰山頂上。冬は五丈に上る人はほとんどいないようです。独り占め。
1
五丈トップから砂払、瑞牆方面。
2016年03月05日 12:48撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈トップから砂払、瑞牆方面。
3
もうすぐ瑞牆山荘。木漏れ日のほっこりした雰囲気、結構好きですね。
2016年03月05日 14:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ瑞牆山荘。木漏れ日のほっこりした雰囲気、結構好きですね。
駐車場にはまだ15台ほどの車が止まっていました。
2016年03月05日 14:46撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場にはまだ15台ほどの車が止まっていました。

感想/記録

 八ヶ岳の真教寺尾根か阿弥陀南稜へ行くつもりでしたが、朝方は曇っていて出発を遅らせます。明るくなって八ツが雲で見えないため、また金峰へ。

 瑞牆山荘近くの駐車場には30台ほどの車。こんな天気でもあちこちから登りに来ています。富士見平まではほぼ雪無し。大日小屋へ向けて登っていくと次第に道が凍ってきて歩きにくい。大日岩から先は氷の上に雪が載ってくるので、下部よりは歩きやすくなります。砂払ノ頭から先、雪が岩を適当に埋めてくれて夏より歩きやすく感じます。

 五丈岩にはほとんど雪がついていないので、登ってみる。夏はこの岩に登る人も多いが、今日は誰もいません。てっぺんは日当たり良いので雪もなく、独り占め。

 今日は山頂までノーアイゼン、ノースパッツでした。トレースは十分すぎるほどしっかりしています。山頂から周りを見渡しても雪が少なく雪山のイメージが薄いです。

 大日岩からの氷化した下りで、手のひらほどの落石を誘発してしまいました。気温が高く凍っていると思った石が緩んでいたよう。5,6mほど下にいた登山者のお二方にひやっとさせてしまいました。ごめんなさい。

 下山後、瑞牆でボルダリングをするつもりでしたが、先の落石の件でなんとなく気持ちがブルーになってしまい、怪我しそうな気がしてボルダー中止しました。
訪問者数:1015人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ガス スパッツ テン 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ