ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822506 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

三菱山→盤渓山→奥盤渓山⇔砥石三角山

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー marikka
天候快晴
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間27分
休憩
25分
合計
3時間52分
Sスタート地点10:3811:16三菱山11:1912:28盤渓山12:4113:07奥盤渓山13:1013:21三角山13:2713:39奥盤渓山14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

案内板を無視して斜面を登ってます
2016年03月05日 10:57撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板を無視して斜面を登ってます
9
盤渓山が左に見えてきた。ジェイは雪スリスリ堪能中
2016年03月05日 11:00撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
盤渓山が左に見えてきた。ジェイは雪スリスリ堪能中
6
三菱山が見えた
2016年03月05日 11:01撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三菱山が見えた
2
鉄塔横は以前、スキー場のコースだったけど、今はコースにしてないのでスキーヤーと遭遇しなくていいわ
2016年03月05日 11:11撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔横は以前、スキー場のコースだったけど、今はコースにしてないのでスキーヤーと遭遇しなくていいわ
砥石山方面を見ながら急斜面をガシガシ登る
2016年03月05日 11:13撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砥石山方面を見ながら急斜面をガシガシ登る
3
スキーヤーが下に
2016年03月05日 11:16撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーヤーが下に
ここから雪で見えない階段を5段ほど登って
2016年03月05日 11:20撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから雪で見えない階段を5段ほど登って
1
山頂だけど、山頂標識がない。以前は二つもあったのに
2016年03月05日 11:22撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂だけど、山頂標識がない。以前は二つもあったのに
8
行き止まり方向へ進みます
2016年03月05日 11:38撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き止まり方向へ進みます
2
夏はこの標識まで踏み跡があります
2016年03月05日 11:44撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏はこの標識まで踏み跡があります
2
この支尾根からも市民の森方向へ踏み跡があった
2016年03月05日 12:09撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この支尾根からも市民の森方向へ踏み跡があった
2
烏帽子岳と百松沢南峰と本峰
2016年03月05日 12:17撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳と百松沢南峰と本峰
素敵な雪庇の尾根
2016年03月05日 12:24撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な雪庇の尾根
1
盤渓山山頂直下。雪庇から落ちないようジェイは確保
2016年03月05日 12:28撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
盤渓山山頂直下。雪庇から落ちないようジェイは確保
9
石狩湾がクッキリ。増毛の山も綺麗でした。左の砕石跡は五天山
2016年03月05日 12:30撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石狩湾がクッキリ。増毛の山も綺麗でした。左の砕石跡は五天山
9
支笏湖方面の山々を見ながらノンビリ昼食
2016年03月05日 12:33撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支笏湖方面の山々を見ながらノンビリ昼食
13
砥石三角山、行こうか悩み中
2016年03月05日 12:36撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砥石三角山、行こうか悩み中
とりあえず奥盤渓山です
2016年03月05日 13:11撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず奥盤渓山です
4
素敵な雪庇
2016年03月05日 13:13撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な雪庇
4
砥石三角山へあと一登り
2016年03月05日 13:19撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砥石三角山へあと一登り
4
急斜面で日影、新雪の下は少しガリガリ
2016年03月05日 13:25撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面で日影、新雪の下は少しガリガリ
1
砥石三角山です
2016年03月05日 13:28撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砥石三角山です
5
砥石山、遠いなぁ〜。ヘタレる
2016年03月05日 13:28撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砥石山、遠いなぁ〜。ヘタレる
3
砥石山はやめて戻ります
2016年03月05日 13:29撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砥石山はやめて戻ります
9
ここから盤渓山をトラバース
2016年03月05日 13:53撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから盤渓山をトラバース
4
下りはソリ多用、車道もソリ(+_+)
2016年03月05日 14:29撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはソリ多用、車道もソリ(+_+)
6

感想/記録

日曜日、山の予定があったのですが、野暮用があり行けません。
いつもの山仲間は参加なので土曜日の同行者がいない。
単独で行ける雪山、なかなかないんだな。
以前は一人で行ってた山もだんだん臆病になる。
山の経験を重ねると、事故は以外と身近にあると言うのが分かってきて、
一人で山スキーは怖い。
雪道の運転が嫌いなので、遠出はしたくないというか出発遅すぎ。
そんな時、見方になってくれるのが安近短(古い?)の盤渓山です。

ピストンしてもいいし、周回してもいいし、調子が良ければ足を伸ばせる
奥深さもあります。そんなこんなで、ジェイをお供にノンビリ
静かに自問自答しながら(^_-)歩いてきました。
市民の森から三菱山を登ってから行くことにします。
10時半過ぎと言う遅い出発だったので、
入口に3台、橋の奥に3台、手前に1台で車が満車。
ちょうどスキーの方が戻ってきて、出るから入れてと言っていただき
良かったです。ツボ足でも大丈夫かなとトレースに足を乗せると
ズボッと埋まる。ワカンを付けていると、3名の方が降りてきました。
盤渓山から三菱山経由で歩いてきたそうです。
シメシメ、トレースばっちりですな!
盤渓山から奥へもトレースがありました。
4日に砥石山に登ったyamanaka1114さんのトレースかな。
おかげで楽ちんで歩かせていただきました。Thank you!

近場なのに、出発が遅かったせいか、
山では人に会わず(帰り道、男性とすれ違ったのはniwatori3955さん?)
晴天の下、なんだかとっても楽しかった♪

訪問者数:466人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/23
投稿数: 117
2016/3/7 22:28
 下から(五天山から)見てました
marikkaさん、こんばんは〜
私も予定になかったのですが、あまりの天気の良さにフラフラと五天山に行ってました。
ちょうどmarikkaさんが盤渓山頂にいらっしゃる頃に、下から見ていました。(盤渓からみると五天山低いですね!)最高に良いお天気、晴れの山はいいですよね♪

教えていただいたスノーライダー、ゲットしました!
尻が落ちないよう乗りこなすのが少々難しいですが、喜んで滑っております(*^^)v
ありがとうございました<m(__)m>
登録日: 2010/1/29
投稿数: 236
2016/3/8 9:46
 上から見えた!
なんちって。五天山からの景色も大好きです。
砕石跡の上からは、お尻ムズムズだけど、盤渓方面がいいですよね。

ウププ、スノーライダー、ゲットですか!
ソリの前と後ろを手で押さえながら方向をコントロールするのが
コツだけど、ストック持っているとチト邪魔くさいかな、、。
登録日: 2010/7/27
投稿数: 1377
2016/3/17 11:56
 どうしたものか。
> 一人で山スキーは怖い。
九州だと経験が積めないのにどうしたものかといつも悩んでます。
今シーズンはヤマレコMAPの「いまここ」を同行者などに教えて山に行くんですけど、それが万が一の場合にどの程度使えるのかなと勉強中です。

万が一の時ってジェイ君が、、、
登録日: 2010/1/29
投稿数: 236
2016/3/18 10:53
 Re: どうしたものか。
山スキーって滑りだすと一気に標高が下がります(当たり前だけど)
歩く山と違って、周りの景色の変化に頭の中の地図の地形が追い付かない。
あっという間に方角も狂います。一滑りで谷に落ちる可能性も。
根開きに落ちるかもしれない。結構、スキーって危険が隣り合わせです。
ユックリ地形を確認しながら滑ればいいのでしょうが、でもね。
なので、基本、山スキーは単独では行かないようにしています。

ジェイ、役に立つような気がしないわ
登録日: 2010/7/27
投稿数: 1377
2016/3/18 19:59
 Re[2]: どうしたものか。
今回、ニセコアンヌプリ西斜面で単独してて、溝状地形(落差1mほど?)に落ちました。
見た目ではそんな認識が全くなく、「わっ、ドスン」
全然スピードも出て無くて怪我無かったから良かったですけど、考えさせられました。
もしよろしかったら動画をご覧ください。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-806261.html
の最後の動画の7分7秒辺り、、、記録の文中記入URLあります。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪庇 山スキー ピストン 支尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ