ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822537 全員に公開 ハイキング四国

面河山

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー chubei, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・面河渓登山ルート
・国道33号で久万高原町入りし、県道12号で面河方面を目指し石鎚スカイライン(冬季閉
 鎖中)に入らず直進し面河渓を目指します。
・もしくは、国道11号東温市より国道494号黒森峠を越えて県道12号に合流。
 →無料の第一、第二駐車場が有り数十台駐車できます(紅葉時期は大賑わいです)
 →ご存知のように、このルートの行き着く先は石鎚ピークです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
29分
合計
5時間13分
S面河渓駐車場08:3808:58面河登山口09:0810:59面河山11:1412:26面河登山口12:3013:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
08:12第二駐車場着〜準備
08:35移動開始
08:38面河茶屋
08:40鶴ヶ瀬橋
08:41面河山の家〜面河第1キャンプ場
08:43パノラマ台登山口分岐
08:45紅葉河原
08:49面河第2キャンプ場
08:52下熊渕
08:57上熊渕
08:58石鎚登山口
09:00登山開始
11:00面河山ピーク(1,525m)
11:20下山開始
12:28登山口
12:33上熊渕
12:38下熊渕
12:47パノラマ台分岐
13:18亀腹展望台
13:26パノラマ台階段
13:32散策〜祠
13:43パノラマ台登山口
13:44第二駐車場〜昼食
コース状況/
危険箇所等
・登山口に登山ポストあります。
・特段問題ないですが、苔むした岩がつるつる滑りますのでご注意ください。
 →石鎚登山道から面河山への登山道はありませんので笹を割って適当に取り付いてくだ
  さい(東側からのアクセスのほうが楽だと思います)
・パノラマ台は第二駐車場からアクセスしたほうが断然早くて楽です。
その他周辺情報・駐車場横に面河茶屋あります(シーズンを確認しないと閉まってます)
・国民宿舎石鎚ありますが、この時期は無人です(電話は転送になります)
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 登山靴(H) ザック(S) 1/25000地形図 コンパス GPS デジカメ 小型三脚 筆記具 腕時計 スマホ 単三電池 ファーストエイドキット ホイッスル ウインドブレーカー スパッツ(L) レインウェア キャップ ポール(D) アイゼン 軽アイゼン 手袋 グローブ 軍手 使捨カイロ カップ麺 スティックコーヒー 飲料 行動食 アミノバイタル ドリンクゼリー シングルバーナー ボンベ(S) ボンベ(B) アウトドア鍋 ケトル シェラカップ コップ ハイドレーション(1L) タオル サポーター

写真

石鎚山登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石鎚山登山口
4
苔むし風情あり滑りまくる登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むし風情あり滑りまくる登山道
4
面河山ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面河山ピーク
6
面河山東側登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面河山東側登山道
5
亀腹展望台より石鎚山系を・・・望めない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀腹展望台より石鎚山系を・・・望めない
4

感想/記録
by chubei

・時々イベント的行楽を共にする自転車部員が登山靴とゲイターを仕事用にと購入したので
 試履を兼ねて「Let's eat ぜんざい on 面河山」を特別企画し登山デビューとなりました。
 →結局すべての行事終了後に「駐車場でぜんざい」の運びとなりましたが(笑)
・いろいろと訳あって往復3時間を目標に頑張りました(無理でした)
 →自転車部としての誇りでしょうか、登山には似つかわしくないパールイズミでビシッと
  決めてました・・・ロードなら最高にサマになるのですが)
・行けそうなら石鎚もとドサクサ紛れに内緒で考えてましたが、いきなりだし(面河山でも
 比高800m超ですから)おまけに残雪が残ってた上にかなり深かったし、何はともあれ寒かっ
 たので満場一致でとっとと下山しました。
 →途中数名の方から情報いただき、ありがとうございました。
・残念ながら自転車部員は登山部に入る気はなさそうです。
 →が、今後も彼に対する山道具購入計画を推進していきます。
訪問者数:287人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 367
2016/3/27 18:42
 知らなかった・・
面河山に登れるんですね。
あー、恥ずかしい。ちょいと今度行ってみます(^^)
登録日: 2014/4/29
投稿数: 33
2016/3/27 20:08
 Re: 知らなかった・・
特に何もないですが、ひとまずピークは踏めます。
距離も知れてるんで、sin-kazamaさんなら余裕ですよ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ