ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822619 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走石鎚山

(愛媛)残雪の石鎚山(2016)

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー bergheil
天候曇り、上部は霧 (下界は晴れていた)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
スキーシーズンも終わりに近づいたせいか、西の川の駐車場はずいぶん空いていた。500円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
40分
合計
6時間0分
S山頂成就駅09:5010:20成就社10:3010:40八丁坂10:50八丁のコル12:00前社が森12:2012:40夜明峠13:00一ノ鎖(下)13:20二の鎖下13:3013:40一ノ鎖(下)13:50夜明峠14:10前社が森15:00八丁のコル15:10八丁坂15:30成就社15:50山頂成就駅15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
残雪期なので、アイゼンは必須。ルート上のトレースははっきりついていた。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

成就社から。山頂部は雲に隠れて、見えず。
2016年03月05日 10:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成就社から。山頂部は雲に隠れて、見えず。
1
成就社は積雪10cm程度
2016年03月05日 10:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成就社は積雪10cm程度
1
八丁のコル以降、ルートはだいたい雪に覆われていたが、積雪量は10cm程度、階段もはっきり顔を出していた。
2016年03月05日 11:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁のコル以降、ルートはだいたい雪に覆われていたが、積雪量は10cm程度、階段もはっきり顔を出していた。
1
上空は、南風によってできたどんよりした灰色の雲で覆われていたが、たまにこのように晴れ間も見えた。
2016年03月05日 12:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空は、南風によってできたどんよりした灰色の雲で覆われていたが、たまにこのように晴れ間も見えた。
2
夜明峠付近、霧の中を歩く登山者
2016年03月05日 12:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明峠付近、霧の中を歩く登山者
2
一の鎖の取りつき。なんだか登れそうに見えたので、登ることにした。
2016年03月05日 13:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鎖の取りつき。なんだか登れそうに見えたので、登ることにした。
1
一の鎖、登頂成功。鎖は半分以上が雪に埋もれていたが、ピッケルで探って支点として使った。
2016年03月05日 13:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鎖、登頂成功。鎖は半分以上が雪に埋もれていたが、ピッケルで探って支点として使った。
2
二の鎖下にようやく到着。時刻も遅いし、山頂から下ってきた人に聞くと、山頂は猛烈な南風らしいので、ここまでで引き返すことにした。鳥居は全体が雪からでていた。
2016年03月05日 13:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の鎖下にようやく到着。時刻も遅いし、山頂から下ってきた人に聞くと、山頂は猛烈な南風らしいので、ここまでで引き返すことにした。鳥居は全体が雪からでていた。
2
霧の中を下る人影。今日は天気がイマイチのせいか、登山者が10名ほどと、少なかった。
2016年03月05日 13:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の中を下る人影。今日は天気がイマイチのせいか、登山者が10名ほどと、少なかった。
2
一の鎖の取りつきを改めて写す。
2016年03月05日 13:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鎖の取りつきを改めて写す。
1
夜明峠手前にて
2016年03月05日 13:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明峠手前にて
2
撮影機材:

感想/記録



・先週に続き、今週も山に行く。天気図的には、西から低気圧が近づいてきておりイマイチの感じだが、朝の天気予報では、晴れ時々曇り、と言っていたので出発する。

・今回の目標は残雪の石鎚山。今年は積雪が少ないとヤマレコ内でレポートされていたが、3月初めの石鎚なら、まだ雪はだいぶ残っているだろうと期待。12本歯アイゼンも2年ぶりに押し入れよりだした。

・雪はロープウエー成就駅付近で、5-10cm程度、成就で10cm、八丁のコルを越えて登りにかかると、10-30cm程度はあった。途中よりアイゼンを装着したが、階段の部分は雪が無いことも多く、早春特有の歩きにくさがあった。

・天気は、下界では晴れていたが、八丁のコルを過ぎたあたりから上空はドンヨリした灰色の雲に覆われた。南風が木々を揺らす音もすごい。夜明峠あたりより上は雲の中(霧)に入って、見通しも悪く、山頂部は見えなかった。

・今日は、出発が遅かったのと、足がなまっていてペースが遅く、2の鎖下に着いたのがすでに13時。頂上まで往復1時間かかることを考えると、帰りのロープウエー(終電は17;20)に間に合わない可能性があるし、視界のない山頂に行っても面白くないので、二の鎖下でゴールとし、そこから引き返してきた。山頂まで行った人たちともすれ違ったが、風がものすごかったらしい。

・今回の成果は、積雪期の一の鎖を登れたこと。鎖は雪に半分以上埋まっていたが、鎖にピッケルの先を突っ込んで支点として、ぐいぐいと登ることができた。

・逆にがっかりしたことは、ライケルの冬靴。右足のソールの剥がれは、プラスチック用のボンドで応急修理し、今回は問題なかったが、こんどは左足のソールが途中ではがれてしまった。うーん、寿命かなぁ・・。とりあえずボンドで応急修理するとして、そろそろ新しい冬靴が必要かなぁ。。
訪問者数:353人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ピッケル コル 冬靴 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ