ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822684 全員に公開 沢登り丹沢

つどいの沢(左俣右沢)/谷太郎川水系/丹沢

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー kawamasa(CL), その他メンバー4人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

広沢寺駐車場 7:45 → 8:45 つどいの沢出合 9:10 → 10:19 525m付近二俣(ロープワーク訓練)11:15 → 11:21 560m付近二俣 → 11:59 20m涸滝(640m付近) 1330 → 14:40 境界尾根(770m付近) → 15:26 七沢山 → 16:17 不動尻 → 17:20 広沢寺駐車場
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

最初に出てくる5m滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初に出てくる5m滝
12m滝(左から)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12m滝(左から)
560m付近二俣でロープワーク訓練(リード、支点構築、セカンド引き上げ、懸垂下降等々) ※この滝は右俣
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
560m付近二俣でロープワーク訓練(リード、支点構築、セカンド引き上げ、懸垂下降等々) ※この滝は右俣
右俣の出合にかかる滝でのセカンド引き上げ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣の出合にかかる滝でのセカンド引き上げ
右俣の先をちょっと覗いてみる。涸滝があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣の先をちょっと覗いてみる。涸滝があった
訓練後、左俣を進む。ここは560m二俣
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
訓練後、左俣を進む。ここは560m二俣
左俣の左沢は10mの涸滝がかかる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣の左沢は10mの涸滝がかかる
右沢を行く。少し行くと、苔の生えたスラブ小滝が連続する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右沢を行く。少し行くと、苔の生えたスラブ小滝が連続する
640m付近の20メートル枯滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
640m付近の20メートル枯滝
右側のクラック状を登るが、かなり険悪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側のクラック状を登るが、かなり険悪
45mロープいっぱいに伸ばして立木でビレイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
45mロープいっぱいに伸ばして立木でビレイ
上部が被っていて、かつボロボロ
右側にトラバースするが、そこも悪い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部が被っていて、かつボロボロ
右側にトラバースするが、そこも悪い
なんとか右の支尾根に上がり、境界尾根を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか右の支尾根に上がり、境界尾根を目指す
七沢山につき一安心
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七沢山につき一安心

感想/記録

夏は蛭の巣窟となる谷太郎川水系は、そろそろシーズンオフ。
今日は気温も高く、ヒルも活動を始めたらしい。今回、実害なしだが、一人、蛭に吸い付かれた。

つどいの沢は不動沢の出合は、林道からは、注意していないと見落としてしまう。以前は、標識や東屋があったらしいが、今は取り壊されており、めぼしい目印はない。そんなアプローチと沢の短さから、当然ながら入渓者も少なく、記録もほとんど見られない。

ただ、谷太郎川の左岸、すなわち三峰山側の支流は、どの支流も、「表丹沢」らしからぬ深みのある渓相が展開していて、今回の『つどいの沢』も、短いけれど、噛み応えのある沢であった。

今回は、流程も短いこともあって、メンバー間で沢でのロープワークを確認しながら遡行した。右俣の記録はいくつか見られるので、左俣を選択した。右俣の方が明るい渓相ではあるが、どちらかというと、左俣の方が本流と考えられる。

左俣に入り、560m付近の二俣を右沢に進むと、苔が生えたスラブ上の小滝が連続する。どれも滑りやすく、ツッパリ、ステミングで突破する。

小滝を超えると、前衛を持った涸滝が見える。前衛に涸滝が二つあり、それぞれ5m程度で容易に越せるが、その先の640m付近に、20メートルの涸滝が壁のように聳えている。基部から見た感じは傾斜も、それほどという感じではなく、左右どちらからも攀れそうだが、そんな簡単には行かないぜ、というオーラを発している。沢は往々にして簡単そうに見える滝や巻が極めて厄介なものだ。

見回すと、右手のクラック状が、立木もあり、支点も取れそうなので、そちらを行くこととする。少し登ったところのクラックの上下2か所に、リンクカムを固め取りにねじ込み中間支点を取り、脆い礫岩をステミング気味に体を持ち上げる。岩の上に深く積もった落ち葉を払い、かぶった土砂に沢靴を蹴りこんでステップを確保し、高度をあげるが、上部の岩がハング気味になっていて、ホールド、スタンスとも不安定で、せりあがることが出来ず、やむを得ず、右手にトラバースする。

 トラバース上に、30センチ弱の浮石があり、落とさないように慎重にトラバースすることを心がける。しかし、石の上部を距離を取って通過したときに、斜面の土砂が小さく崩れ、それとともに下部の石を巻き込んで落石を起こしてしまった。石は斜面を跳ねて、基部で待機する4人の背後に落ちたが、斜面を跳ねるときに割れた破片が、ビレーヤーの額に当たり、かなりの出血となってしまった。

基部にいるその他のメンバーはベテラン二人と、医学部の学生であったので、落ち着いた連携で、止血処置を行ってくれたが、出血に加え、頭痛もあるとのことなので、しばらくの間、待機することにした。時刻は12時15分頃であった。

この間、下降撤退か、上部に抜けきるか、思案したが、下降支点がなく、すでに沢の上部に来ていることから、稜線に抜けることがベターであると判断し、会の山行責任者に状況を報告し(幸いドコモの携帯が通じた)、状況によっては稜線上での救助要請を行う可能性もあることから、最寄警察の連絡先も確認した。この間、いろいろな想定が駆け巡った。

止血後、本人に状況を確認すると、幸いに頭痛も軽減して、動けるようなので、稜線に上がることにする。予定では沢の左岸か右岸の尾根を下降する予定であったが、万一に備え、一般道を下ることに変更した。

ベテランのメンバーに介助をお願いし、ロープで、引き上げ気味に涸滝を登り、その後の支尾根の上部までロープで確保しつつ、稜線の境界尾根に抜けたのは14時40分。七沢山を経由し、広沢寺駐車場に戻ったのは17時20分。なんとか、日没前に所属会への下山連絡をすることが出来た。

下山後、診察で、CT検査等で異常なしとのことで、まだ、経過を見なければいけないが、本当に安心した。


(現段階での見解と反省点)

●ビレイヤーのビレー位置について、CLとして、もっと気を使ってアドバイスを行うべきであった。
●落石の危険があったため、落ちるかもしれないと、基部のメンバーに声をかけてはいたが、どっち方向に避けて欲しいと指示をすることはしなかった。言うとしても一般的かつ曖昧な指示になってしまう(石の落下方向は避けて等)という感覚があった。どうしたほうが良かったのか、現段階では判断が難しい。
●トラバースルートは、そこしかなく、落石を避けることは難しかったと思う。
●落石の避け方のセオリーがあるかどうかは、不勉強でわからない。岩肌に近づいたほうがベターというが、咄嗟の瞬間にどこまでできるか…?
●地元警察の連絡先を控えておらず、会責任者に確認・メールをしてもらった。控えておくべきであると痛感した。
訪問者数:243人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ