ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823253 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

前黒法師岳 〜 寸又峡温泉からピストン 〜

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー usofuyu
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
13分
合計
6時間26分
S沢口山(日向山コース)登山口06:4107:06飛竜橋08:18栗ノ木段09:13白ガレノ頭09:1510:17前黒法師岳10:2411:10白ガレノ頭11:1111:48栗ノ木段11:4912:39飛竜橋12:44夢の吊り橋13:00寸又峡温泉13:0113:04沢口山(猿並平コース・如意輪観音堂)登山口13:0513:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【寸又峡温泉⇔飛龍橋】
◆舗装路歩きです。
【飛龍橋⇔前黒法師岳登山口】
◆未舗装の林道歩きです。かなり凸凹していて歩きにくい。落石にも注意が必要です。
【前黒法師岳登山口⇔栗ノ木段】
◆登山口からしばらくは斜面が崩れかけているので、かなり登り下りしにくい。
◆登山道は、小石や枯れ枝、枯葉で少しスリップしやすい状態でした。
【栗ノ木段⇔白ガレの頭】
◆栗ノ木段から一つ目の標識までは傾斜がなだらか。
▼二つ目の標識手前から登山道の日当たりの悪い部分に残雪あり。
【白ガレの頭⇔前黒法師岳山頂】
◆山頂付近を除いて全体的に急斜面を歩きます。
▼展望所(の標識)より上では、登山道がアイスバーンとなっている所が多く、安全に歩行するにはチェーンスパイク等の滑り止めの着用が必要な状態でした。
その他周辺情報☆寸又峡温泉「翠紅苑」で入浴。
・タオル付きで600円、入浴のみで500円。
・洗い場、風呂ともにそれほど広くはありませんが、混雑していないのでゆっくりくつろげます。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

まずは寸又峡の温泉街を抜けていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは寸又峡の温泉街を抜けていく。
1
前黒法師岳、夢の吊橋へは左手の道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前黒法師岳、夢の吊橋へは左手の道を進みます。
ようやく太陽の光が射し込んできました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく太陽の光が射し込んできました。
1
ここの分岐も左手に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの分岐も左手に進みます。
1
眼下にダム湖と夢の吊橋が見えてきました。
ダム湖は綺麗なターコイズブルーの水を湛えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下にダム湖と夢の吊橋が見えてきました。
ダム湖は綺麗なターコイズブルーの水を湛えています。
3
夢の吊橋と寸又峡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夢の吊橋と寸又峡
20
飛龍橋を渡ってすぐの分岐点。
前黒法師岳へは左手の未舗装の林道を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍橋を渡ってすぐの分岐点。
前黒法師岳へは左手の未舗装の林道を歩きます。
前黒法師岳登山口。
ここから登山道です。
崩れかけていてガレザレです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前黒法師岳登山口。
ここから登山道です。
崩れかけていてガレザレです。
4
登山口からすぐの要注意ヶ所。
お助けロープを使わないとしても、安全のためには手を使って登り下りする必要があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からすぐの要注意ヶ所。
お助けロープを使わないとしても、安全のためには手を使って登り下りする必要があります。
湯山集落跡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯山集落跡。
1
前黒法師岳まではこの画像に写っているような赤ペイントや赤テープで登山道であることを示してくれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前黒法師岳まではこの画像に写っているような赤ペイントや赤テープで登山道であることを示してくれています。
廃道となっている林道に出ました。
小屋で少し休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃道となっている林道に出ました。
小屋で少し休憩。
小屋から10mほど歩いた地点から登山道が再開します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から10mほど歩いた地点から登山道が再開します。
3
沢口山。
雲が切れ、少し青空が顔を覗かせています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢口山。
雲が切れ、少し青空が顔を覗かせています。
6
傾斜が緩むと、栗ノ木段に辿り着きます。
ここからしばらくは緩やかな登りとなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩むと、栗ノ木段に辿り着きます。
ここからしばらくは緩やかな登りとなります。
1
残雪が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪が出てきました。
2
白ガレの頭に到着。
ここでも休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ガレの頭に到着。
ここでも休憩。
3
白ガレの頭から。
ホーキ薙と蕎麦粒山が確認できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ガレの頭から。
ホーキ薙と蕎麦粒山が確認できました。
3
白ガレの頭から少し進むと、展望所の標識があります。
帰路で立ち寄ることにして、先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ガレの頭から少し進むと、展望所の標識があります。
帰路で立ち寄ることにして、先に進みます。
アイスバーンと化している所が増えてきました。
見た目は雪が積もっているように見えますが、カチコチの氷の上に少し雪が積もっているような状況です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスバーンと化している所が増えてきました。
見た目は雪が積もっているように見えますが、カチコチの氷の上に少し雪が積もっているような状況です。
1
傾斜も急になってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜も急になってきました。
滑り止めを着用せずに、しばらく慎重に歩いていましたが、この地点でギブアップ。
チェーンスパイクを着用しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り止めを着用せずに、しばらく慎重に歩いていましたが、この地点でギブアップ。
チェーンスパイクを着用しました。
4
急登を我慢して登ると斜度が緩んできました。
苔むして良い雰囲気です。雪が積もっているのも乙なもの。抹茶パフェのようで綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を我慢して登ると斜度が緩んできました。
苔むして良い雰囲気です。雪が積もっているのも乙なもの。抹茶パフェのようで綺麗です。
4
しばらく歩くと、山頂到着。
南側が少し気が切り倒されていますが、展望はほとんどありません。
休憩し、引き返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと、山頂到着。
南側が少し気が切り倒されていますが、展望はほとんどありません。
休憩し、引き返します。
12
予定通り展望所に立ち寄ることに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定通り展望所に立ち寄ることに。
1
霞がかっている上、雲に覆われている山も多く、展望は楽しめませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞がかっている上、雲に覆われている山も多く、展望は楽しめませんでした。
9
白ガレの頭まで下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ガレの頭まで下りてきました。
栗ノ木段と林道小屋の間から見た朝日岳。
光があたり、朝よりは幾分鮮明に見えるようになっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗ノ木段と林道小屋の間から見た朝日岳。
光があたり、朝よりは幾分鮮明に見えるようになっていました。
12
林道の小屋まで下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の小屋まで下りてきました。
後は舗装路を淡々と歩くだけです。
ここからは観光客も歩いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は舗装路を淡々と歩くだけです。
ここからは観光客も歩いていました。
昼頃という丁度いい時間帯ということもあって、多くの観光客が夢の吊橋を渡っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼頃という丁度いい時間帯ということもあって、多くの観光客が夢の吊橋を渡っていました。
19

感想/記録

この日は、夜に飲み会があり、翌日にも用事が入っていたため、近場で適度な運動で切り上げることができる山に登ることにしていました。
天気予報が雲が広がりやすいパッとしない天気と告げていたので、山行後の温泉目当てで前黒法師岳に登ることにしました。
事前の予想通り、寸又峡から前黒帽子岳のルートは眺望が楽しめる所はほとんどありませんでした。
持久力と足の筋力を維持するための良いトレーニングになりましたし、寸又峡温泉のお湯を楽しめたので、満足です。
訪問者数:534人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ピストン アイスバーン 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ