ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823416 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走東北

太平山剣岳(秋田市) 越家森経由往復

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー kamadam
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
野田集落の住宅が途切れた所で積雪のため林道は進めず、道路脇に車を止めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間27分
休憩
1時間40分
合計
10時間7分
Sスタート地点06:1507:38野田登山口(鳥居)08:0510:34越家森(北側で休憩)11:0312:53剣岳13:1514:05越家森14:1814:58野田登山口(鳥居)15:0716:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
秋田市民の山、太平山は最高峰奥岳(1,170m)を中心に、馬蹄形にピークを連ねている。剣岳は奥岳から南西に進んだ先にあるピークで、越家森(おっけさもり)はその剣岳から南東に伸びる支尾根に立つ高み。
古くからの登山路である野田コースは、太平川沿いをしばらく進み、吊尾根となっている剣岳と越家森の間に上がって剣岳に直登し、主稜線上を奥岳へ向かう。積雪期は沢沿いを通ることは困難なので、今回は越家森に上がり、尾根通しで剣岳へ登り、往路を戻った。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

広域道路の温度表示は−5度だった。雪面はカリカリ。林道を車でもう少し進んでみたが、ハマりそうなので止めて戻る。スノーシューを着けて出発。
2016年03月05日 06:14撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広域道路の温度表示は−5度だった。雪面はカリカリ。林道を車でもう少し進んでみたが、ハマりそうなので止めて戻る。スノーシューを着けて出発。
4
右奥の丸い山が越家森(おっけさもり)、左のピークが剣岳。その間に白い奥岳が見える。
2016年03月05日 06:22撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥の丸い山が越家森(おっけさもり)、左のピークが剣岳。その間に白い奥岳が見える。
5
作業小屋を過ぎると杉林に入っていく。三叉路があるが、これは直進。
2016年03月05日 06:43撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業小屋を過ぎると杉林に入っていく。三叉路があるが、これは直進。
2
日当たりの良い所は雪の表面が一旦溶けて朝方固まり、サクサク歩ける。林の中は沈み込む。
2016年03月05日 07:10撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりの良い所は雪の表面が一旦溶けて朝方固まり、サクサク歩ける。林の中は沈み込む。
1
野田口の鳥居に到着。ここでスノーシューをデポ、ワカンに履き替える。
2016年03月05日 07:38撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野田口の鳥居に到着。ここでスノーシューをデポ、ワカンに履き替える。
4
初めは夏道沿いに進む。
2016年03月05日 08:03撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めは夏道沿いに進む。
越家沢にかかる小さな橋。沢に下りて通過。
2016年03月05日 08:09撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越家沢にかかる小さな橋。沢に下りて通過。
1
「務沢」の標識。
2016年03月05日 08:11撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「務沢」の標識。
沢から離れ、右手の急斜面に取り付く。
2016年03月05日 08:13撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢から離れ、右手の急斜面に取り付く。
3
一旦少し緩斜面になるが・・
2016年03月05日 08:30撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦少し緩斜面になるが・・
再び急斜面。ここは新雪雪崩が怖い。
2016年03月05日 08:58撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び急斜面。ここは新雪雪崩が怖い。
2
少し右寄りの杉林の急斜面を登る。
2016年03月05日 09:28撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し右寄りの杉林の急斜面を登る。
2
気持ちのいい雑木林に上がった。カモシカの足跡に導かれる。
2016年03月05日 09:55撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい雑木林に上がった。カモシカの足跡に導かれる。
2
木々の間から主稜線が見えてくる。写真は目指す剣岳。
2016年03月05日 10:13撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から主稜線が見えてくる。写真は目指す剣岳。
5
越家森上部は細いブナの林。
2016年03月05日 10:18撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越家森上部は細いブナの林。
2
越家森山頂は丸くて広い。
2016年03月05日 10:33撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越家森山頂は丸くて広い。
1
ブナに文字が刻まれている。
2016年03月05日 10:35撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナに文字が刻まれている。
3
奥岳が良く見える場所に移動して休憩。ここから剣岳にかけては右前方に奥岳が良く見え、写真の枚数も増えた。
2016年03月05日 10:41撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥岳が良く見える場所に移動して休憩。ここから剣岳にかけては右前方に奥岳が良く見え、写真の枚数も増えた。
13
「秋田市」を代表する山岳景観と言ったらオーバーか?
2016年03月05日 11:06撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「秋田市」を代表する山岳景観と言ったらオーバーか?
17
目指す剣岳。一歩、また一歩の亀の歩みが続く。
2016年03月05日 11:40撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す剣岳。一歩、また一歩の亀の歩みが続く。
9
主稜線左手には鶴ヶ岳。
2016年03月05日 11:55撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線左手には鶴ヶ岳。
7
細い個所もあるが、雪が柔らかいので怖さは感じない。
2016年03月05日 11:58撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い個所もあるが、雪が柔らかいので怖さは感じない。
7
左下の太平川を見下ろして。夏道はこの沢沿いに付けられている。
2016年03月05日 12:04撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左下の太平川を見下ろして。夏道はこの沢沿いに付けられている。
3
剣岳への急斜面に臨む。
2016年03月05日 12:19撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣岳への急斜面に臨む。
8
少しずつ高度を上げる。越家森を振り返って。
2016年03月05日 12:35撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ高度を上げる。越家森を振り返って。
5
山頂部にかかる雪庇。
2016年03月05日 12:50撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部にかかる雪庇。
5
ようやく剣岳山頂部に上がった。少し奥岳方面へ向かおう。
2016年03月05日 12:53撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく剣岳山頂部に上がった。少し奥岳方面へ向かおう。
11
越家森を見下ろして。
2016年03月05日 12:54撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越家森を見下ろして。
8
鶴ヶ岳と中岳(右)。
2016年03月05日 12:55撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴ヶ岳と中岳(右)。
6
馬場目岳アップ。
2016年03月05日 12:59撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬場目岳アップ。
4
主稜線の先には、最高峰奥岳。
2016年03月05日 13:02撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線の先には、最高峰奥岳。
11
アップ写真。
2016年03月05日 13:03撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ写真。
7
弟子還りの岩場は、少し右側の灌木の付いた斜面を登れそうに見えるが、下りはどうだろう。エキスパートの記録を待ちたい。
2016年03月05日 13:03撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弟子還りの岩場は、少し右側の灌木の付いた斜面を登れそうに見えるが、下りはどうだろう。エキスパートの記録を待ちたい。
5
ガラ沢岳〜馬場目岳に延びる主稜線。
2016年03月05日 13:04撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガラ沢岳〜馬場目岳に延びる主稜線。
3
越家森を見下ろして。時間がかかったけど、来て良かった。
2016年03月05日 13:06撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越家森を見下ろして。時間がかかったけど、来て良かった。
5
ザックを置いた所へ戻る。あらら、結構端の方を歩いていたようだ。
2016年03月05日 13:09撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックを置いた所へ戻る。あらら、結構端の方を歩いていたようだ。
8
自然の造形。
2016年03月05日 13:41撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の造形。
8
シリセードするつもりはなかったが滑ってきた。
2016年03月05日 14:37撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シリセードするつもりはなかったが滑ってきた。
4
鳥居に到着。ワカンからスノーシューに履き替えて、また長い林道歩き。
2016年03月05日 14:56撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居に到着。ワカンからスノーシューに履き替えて、また長い林道歩き。
4
「注意」の標識。
2016年03月05日 15:43撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「注意」の標識。
12
奥岳や剣岳(中央)を振り返って。充実の山歩きだった。
2016年03月05日 16:22撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥岳や剣岳(中央)を振り返って。充実の山歩きだった。
13

感想/記録

連日の曇り空から久しぶりに青空が広がり、山々が真白な輝きを見せる時期になると、気持ちは高まり、意識は山に向かう。好きな季節の幕開けだ。太平山奥岳や弟子還岳の南面が白い時期に、その姿を間近で眺めてみたい。剣岳直下の急斜面はともかく、手前の越家森へも等高線の間隔が短くて躊躇していたが、初めてチャレンジしてみることにした。

この冬は暖冬で雪も少なめだが、2日程前に秋田ではまとまった降雪があり、行程は常にくるぶし〜膝程度に沈んだ。その雪で越家森への急斜面も藪が隠れ、その点は良かった。しかし歩みは一歩また一歩で、自分の体力不足を痛感した一日だった。

朝、林道を歩き始めて間もなく、もうそれは感じた。前夜、「奥岳へは弟子還りの岩場を通過する必要があるが、登りはいいとしても下りは大丈夫か?」などと心配してよく眠れなかったことが滑稽に思えてくる。剣岳止まりならアイゼンも必要なかったし、重い冬用登山靴ではなくていつもの長靴で済んだのだ。帰路、車まであと100m程という林道の緩い登りでは足が上がらなかった。この体力では、本当は越家森で引き返すのが妥当だっただろう。林道歩きだけスノシューを初めて使ったが、それでだいぶ助けられたというのが実感だ。

麓からは見慣れた奥岳の姿も、越家森〜剣岳の支尾根上から眺めると、とても1,100mそこそこの山とは思えない、圧倒的な迫力を見せる。籠滝沢に落ち込む真っ白い斜面は実に美しく、ラッセルの労を補って余りあるものだった。風もなく陽光降り注ぐ中で山登りができたことに感謝、今年も歩けることに感謝だ。
訪問者数:465人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/31
投稿数: 1342
2016/3/6 21:33
 太平山バリエーション
長いアプローチですね。先週は前半雪の日があったので、表面は新雪に見えます。僕もこの日は神室方面にいましたが、重い雪に苦しめられました
とにかく雲一つない晴天の一日でしたね。

越家森のブナのナタ目Aの文字は秋田の藪山で必ず見つけますね。
このAの主は『秋田631山 全登頂記録』の著者 阿部暁雄ではないかと僕は思っているんですけどね。
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/3/6 21:48
 Re: 太平山バリエーション
なるほど、阿部氏のAですか。631もの山だと、越家森も入っているのでしょうね。
今回、越家森以降は重い雪となりましたが、tooleさんなら奥岳まで行けたと思います。奥岳はもうしばらく白い姿を保つでしょう。もしも向かう時は十分にお気をつけて。

私も神室方面に行きたいと思っていますが、昨年までの7割程度の行程にしないといけないなあと実感させられていますよ
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/3/6 22:26
 秋田を代表する山岳景観
kamadamさん、こんばんは。
ご無沙汰しています。

kamadamさん、さすがですね・・・良いコースですね。
夏道も急登ですが・・・
雪道もなかなか厳しい登りだったようですね。
越家森〜剣岳の支尾根上から眺める奥岳・・・良いですね。
特に19番の写真・・・
秋田を代表する山岳景観です。
間違いありません。

体調は・・・どうでしょうか。
やはり、kamadamさんのヤマレコは良いですね。
また、楽しみにしています。
ご苦労さまでした。
登録日: 2013/10/2
投稿数: 312
2016/3/6 22:37
 秋田市民の山の雪景色
kamadamさん
久々のレコ嬉しすぎです。
太平山連峰(と言いたい)の雪景色、すてきですね。
そして15kmもの新雪一人ラッセルお疲れ様でした。
すごいです。さすが秋田男子!shine
きっとkamadamファンはラスト2のカーブミラーの写真でkamadamさんのお元気な姿に会えて、みんなHappyになったと思います。happy01
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/3/7 6:54
 Re: 秋田を代表する山岳景観
750RSさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
インフルエンザ、大変でしたね。お仕事が忙しすぎるということがあるかと思いますが、
どうぞご自分の体調を第一にお過ごしください。
とは言っても、なかなか難しいとは思いますが・・
私は、体調が悪くなる予兆みたいなものを感じますので、その時は無理しないように
しています。

「秋田を代表する山岳景観」と太鼓判を押していただき、ありがとうございます。
でも秋田だと鳥海山など色々ありますので、「秋田市」ということで
近くて登りがいのある、いい山ですね
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/3/7 7:02
 Re: 秋田市民の山の雪景色
nyororoさん、お久しぶりです。いつもすばらしい快速山行、nyroroさんのレコを拝見するのは週末の楽しみでした
秋田男子・・だなんて、照れるではないですか
カーブミラーに写った変なオヤジは注意→とのことです
実際ヘロヘロでしたよ
登録日: 2012/10/15
投稿数: 61
2016/3/7 7:32
 さすが!kamadamさん
こんにちは、kamadamさん。
レコ興味深く 拝見させて頂きました!
このルートを登られるとはびっくりです

私も同じ日に鶴ヶ岳まで行きましたが、剣岳まで行っていたらkamadamさんに会えたかな〜
ぜひお会いしたかったです

とても良い天気で最高の山行日和でしたね
今年も安全で楽しい山旅を楽しみましょう
登録日: 2011/1/23
投稿数: 303
2016/3/7 15:44
 絶景ですね。
Kamadamさん ご無沙汰です。

主峰の絶景を眺めながら最高でしたね。
久し振りの山行きでしたでしょうか?

越家森の取り付きと主稜線手前の二ヵ所の急登や杉樹林の軟雪等お疲れ様でした。

主稜線の雪庇(No.27)も発達している様子で、当分楽しめそうですね。関東方面は雪が少なく、隣県へ遠征しなければ残雪登山が出来ません。

お元気なご様子に安心しました。
登録日: 2013/7/24
投稿数: 579
2016/3/7 18:21
 羨望
素晴らしいレコに大拍手です。
無雪期でも剣岳直下の急登を、やっと登る自分には
憧れの山行です。
素敵な山岳風景ありがとうございます。
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/3/7 20:07
 seigenさん、こんばんは
鶴ヶ岳レコ拝見しましたよ。同じ日に太平山に登るのはこれで3回目ですね。
次回はぜひお会いして、ご挨拶したいです

seigenさんのレコの中で、剣岳に向かった方がいるとのことでしたが、私の見える範囲では人の歩いた形跡はありませんでした。お昼前頃からだいぶ雪が腐ってきていましたので、途中引き返したのかもしれませんね。遠くは霞んでいましたが、本当に良いお天気に恵まれましたね。

中岳・鶴ヶ岳・剣岳・奥岳と、数年かけて積雪期に南側の支尾根を登ってみましたが、それぞれに特徴があって楽しかったです。今回の剣岳は急登と奥岳・弟子還岳の展望ですね。
一番登りやすいのは、鶴ヶ岳だと感じました。数年前の冬の私のレコでは、尾根取りつきから杉の植林地を登っていますが、林道を上まで登っていけば、より楽だと思います。
いずれもほぼ一本尾根ですし、往復にすれば下山時に迷う心配もあまりありません。よろしければ、seigenさんもトレースのない支尾根の登りを楽しんでみてください
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/3/7 20:16
 tonkaraさん、こんばんは
ご無沙汰しております。tonkaraさんの日記は時々拝見して、その見識を吸収させていただいておりました。レコは後程じっくり拝見させていただきますね。

今年初の山登りは、体力の衰えを痛感させられるものとなりました。何でもそうですが、やっぱり続けていることが大事ですね。
ホームセンターで購入した安いスノーシューにだいぶ助けられましたよ。お陰で林道歩きがあまり苦になりませんでした。
秋田も暖冬なことは間違いありませんが、山ではそこそこ雪があります。ぜひこちらまで足をお運びください
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/3/7 20:26
 todohLXさん、コメントありがとうございます
大拍手をいただきまして、ありがとうございます。
ところが実態は、本当にヘロヘロでした
越家森から奥岳の姿を見たい、それだけでしたよ。
越家森からは、一歩一歩進んで時間になったら戻ろうという思いでした。登れてラッキーです。
野田コースでクマに会ったというtodohLXさんのレコ、覚えております。
まだ冬眠中のようでしたが、登山口付近はなんとなく気配を感じて、一応鈴は鳴らしましたよ

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ