ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823450 全員に公開 山滑走道東・知床

羅臼岳

日程 2016年03月06日(日) [日帰り]
メンバー aofukuroh
天候曇り / 風強め
アクセス
利用交通機関
車・バイク
除雪最終地点に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間3分
休憩
8分
合計
8時間11分
Sスタート地点03:5709:25羅臼岳09:3312:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

夜が明けると羅臼岳が良く見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜が明けると羅臼岳が良く見えた
15
この時までは山頂までクッキリと見えていたんだけど…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時までは山頂までクッキリと見えていたんだけど…
10
国道を離れた頃からガスってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道を離れた頃からガスってきた
2
ハイマツやブッシュは多め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツやブッシュは多め
これから登る斜面
岩が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る斜面
岩が多い
7
標高1130m地点
真っ白で何も見えず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1130m地点
真っ白で何も見えず
10
登った斜面はハイマツと岩と氷のミックスという感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登った斜面はハイマツと岩と氷のミックスという感じ
8
もう少しで山頂のところ
何も写すものが無かったので氷のオブジェ?を写してみた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂のところ
何も写すものが無かったので氷のオブジェ?を写してみた
9
羅臼岳山頂
何もないと寂しいのでピッケルを刺してみた
後ろの風景が…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼岳山頂
何もないと寂しいのでピッケルを刺してみた
後ろの風景が…
32
ほんの一瞬だけど硫黄岳方向の景色が良く見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんの一瞬だけど硫黄岳方向の景色が良く見えた
23
オホーツク海方向も見えた
白いのは流氷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オホーツク海方向も見えた
白いのは流氷
17
しつこく海方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこく海方向
11
でも一瞬でガスが掛かってしまう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも一瞬でガスが掛かってしまう
3
雲の流れが速い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の流れが速い
3
下山中
滑るのに良さそうに見えるけど氷斜面で滑るのは困難
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中
滑るのに良さそうに見えるけど氷斜面で滑るのは困難
6
下山中
写真では見にくいけど遠くには知床峠の駐車場が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中
写真では見にくいけど遠くには知床峠の駐車場が見えた
7
国道まで下りてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道まで下りてきた
6
振り返ると羅臼岳は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると羅臼岳は雲の中
5

感想/記録

用事があって道東までやって来た。折角冬の道東まで来たのだから…、ということで羅臼岳を登ってみることにした。

前日、早めに用事を済ませてウトロの国道334号線の除雪最終地点まで移動。そのまま車中泊。快晴の空で星空が綺麗な夜だった。

ルートは除雪されていない国道334号線を知床峠まで登って、そこから尾根に取り付く冬の一般的な?ルートで登った。

午後から雨の予報なので午前中までに下りられるようにスタート。まずは暗闇の国道334号線をひたすら進む。予報では暖かくなるとのことだったけど朝はマイナス10度と普通に真冬並みの気温だった。

雪は全体的にほぼ氷といった感じで超硬め。国道にあった新旧たくさんのトレースが結構デコボコしていて歩きにくかった。

薄ら明るくなってくると正面に羅臼岳がドーンと見えてモチベーションが上がった。ただ国道の時点で風が強くて、この感じだと上の方の風はもっと強いんだろうなと考えるとモチベーションが下がった。

知床峠手前でスキーアイゼンを装着、左側の尾根に取り付いた。最初は急斜面だけど少し登ると緩やかになる。その後、標高1130m辺りでアイゼンに履き替えてスキーは背負う。相変わらず風が強くて何度もよろけてしまった。
ガスで何も見えないし氷の急斜面でザックを下すこともできないので、ひたすら黙々と目の前の斜面を登った。

標高1600m辺りまで登ると斜度が緩む。そこから真っ白な中をトボトボと歩いていると突然山頂だと思われる氷のタワー?が見えた。右から回り込むような感じで登ったら山頂に到着した。
山頂でもガスで真っ白だった。ただ一瞬だけど視界が広がるときもあって知床連山方向の風景を見ることも出来た。嬉しい!

下山は登ってきたルートをアイゼンのまま下る。標高1200m辺りまで下りてようやくスキーを履いた。登りで背負ったスキーは結局ずっと背負ったままだった。デポするのが正解だったかも。

スキーを履いてからはシンドイ滑りだった。氷斜面で超スピードが出るしシュカブラとハイマツで油断すると転んでしまう。超恐怖の下りだった。太ももが超疲れた。

国道に合流後の下りは、ほぼ高速道路状態で滑って行けた。ただここもデコボコ斜面でそれなりに面倒だった。
車に着いたころに雨が降り出す。濡れずに済んでラッキーだった。

今度は天気のいい日に登ってみよう!
訪問者数:1149人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ