ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823475 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 カヤンボ谷 下りは寺谷

日程 2016年03月06日(日) [日帰り]
メンバー tekutekuwalk
天候晴れ のち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
富田林駅から金剛バスで水越峠へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間20分
休憩
6分
合計
2時間26分
S水越峠バス停10:1610:22水越峠10:44金剛の水10:4510:50カヤンボ11:47一の鳥居11:4811:52金剛山11:58山頂広場12:0112:06岩屋文殊12:0712:42千早ロープウェイバス停/金剛山ロープウェイ前バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

出発地点です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発地点です
2
金剛の水 ここで水を補充しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の水 ここで水を補充しました
2
ここを入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを入ります
詳しい案内版です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詳しい案内版です
1
右に登るとサヤ尾です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に登るとサヤ尾です
1
真直ぐ前に堰堤があります。この位置からはどこを登るか不明?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真直ぐ前に堰堤があります。この位置からはどこを登るか不明?
1
左側に梯子があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側に梯子があります
3
梯子を上から見たところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子を上から見たところ
2
道が荒れています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が荒れています
ロープがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープがあります
3
ここから尾根道になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根道になります
1
左にいくとダイトレに合流します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左にいくとダイトレに合流します
2
右のコースを進みました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のコースを進みました
この辺りは道が細いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは道が細いです
一の鳥居にでました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居にでました
2
葛城山が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛城山が見えます
2
葛城神社です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛城神社です
2
カマクラはまだ健在
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カマクラはまだ健在
3
寺谷入口です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺谷入口です
3
降りてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきました
3

感想/記録

本日はカヤンボ谷コースを選択。サネ尾とダイトレの間にある谷です。

コースはサネ尾に入らずに、沢に沿って登っていきます。踏み跡はありますが、歩く人は多くないと思います。

数個の堰堤があり、一番大きい堰堤で、梯子4台を登ります。歩いてきた道からは見えない位置に梯子があります。右に登った跡もありましたので、巻いて登ることも可能だと思われます。

途中から尾根道になり、結構な急登になります。案内テープはしっかりあります。サネ尾の道と合流したあと、一の鳥居までの道の最後のあたりが粘土質のすべりやすい道になり、登りにくいです。

12時頃頂上に着きましたが、その頃から風が強くなってきました。昼から雨予報もでていたので、すぐに寺谷コースを下りました。
訪問者数:262人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 堰堤
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ