ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823571 全員に公開 ハイキング京都・北摂

桃山、吉兆山、沢山、白砂山を巡る

日程 2016年03月06日(日) [日帰り]
メンバー yjin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
帰り 地下鉄太秦天神川駅から市役所前駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間50分
休憩
14分
合計
8時間4分
Sスタート地点 二条大橋07:4809:32鷹ヶ峰源光庵前バス停09:52林道入り口10:49桃山10:5211:49吉兆山10:5211:49沢山11:5812:07沢の池12:53白砂山12:5413:43広沢の池13:4414:55ゴール地点 地下鉄太秦天神川G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
桃山への取り付きと白砂山からの下山道(道を間違えた)はお勧め出来ないが、それ以外は特に危険箇所無し。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

今日もここから出発する。ホテル横の柳も緑が増した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もここから出発する。ホテル横の柳も緑が増した。
山は春霞で遠くは殆ど見えない。今日は暖かく早々に長袖シャツを脱ぎTシャツ一枚になる。家に帰るまで一枚で過ごせた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山は春霞で遠くは殆ど見えない。今日は暖かく早々に長袖シャツを脱ぎTシャツ一枚になる。家に帰るまで一枚で過ごせた。
2
鷹峯付近で見かけた紅梅と白梅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹峯付近で見かけた紅梅と白梅
1
今日も先ずは千束を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も先ずは千束を目指す。
2
鷹峯から急な坂道を降りる。この坂登る時は辛い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹峯から急な坂道を降りる。この坂登る時は辛い。
1
坂尻(千束)の方へ入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂尻(千束)の方へ入る。
1
千束に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千束に着いた。
1
今日は原谷に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は原谷に向かう。
この辺りからはフェンスばかりで登れる所は無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからはフェンスばかりで登れる所は無い。
この橋を渡る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡る。
渡ってすぐ林道入り口がある。予習ではこの林道から桃山の東の尾根に取り付けそうである。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡ってすぐ林道入り口がある。予習ではこの林道から桃山の東の尾根に取り付けそうである。
こんな感じの林道だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの林道だった。
1
林道は左に続くがここは真っ直ぐ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は左に続くがここは真っ直ぐ進む。
真っ直ぐ進んだ先の林道終点。更に罠のある方へ山道を登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ直ぐ進んだ先の林道終点。更に罠のある方へ山道を登る
一寸そそられる山道があるが無視して進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一寸そそられる山道があるが無視して進む。
ここを真っ直ぐ進めば谷沿い、右の尾根に向かう道を選ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを真っ直ぐ進めば谷沿い、右の尾根に向かう道を選ぶ。
やはり良い道が尾根に向かっている。これが正解か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり良い道が尾根に向かっている。これが正解か?
終点の広場。正面には道らしき物は無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終点の広場。正面には道らしき物は無い。
手前側から上に向かう道を辿ってみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前側から上に向かう道を辿ってみる。
なんとか道型は残っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか道型は残っている。
大分尾根に近付いてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分尾根に近付いてきた。
ほぼ道は無くなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ道は無くなった。
こんな感じだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じだ。
シダに突っ込めば酷い目に遭う。ここは避けて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダに突っ込めば酷い目に遭う。ここは避けて行く。
一応通りやすい所を選んで尾根に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応通りやすい所を選んで尾根に向かう。
尾根に道があると信じて進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に道があると信じて進む。
尾根には道型が残っていたが、倒木が多い。乗り越えたり潜ったりしながら道跡を辿って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根には道型が残っていたが、倒木が多い。乗り越えたり潜ったりしながら道跡を辿って行く。
こんな感じで道は続く。相変わらず倒木が行く手を塞ぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで道は続く。相変わらず倒木が行く手を塞ぐ。
何とか通れる道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか通れる道が続く。
倒木を避ければ藪を通るより早い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木を避ければ藪を通るより早い。
ピークが近付くと倒木も少なくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークが近付くと倒木も少なくなる。
どこかから登ってきた道と出会う。どこかにもっとはっきりした登り口があったようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこかから登ってきた道と出会う。どこかにもっとはっきりした登り口があったようだ。
テープもあってこれが本線みたいだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープもあってこれが本線みたいだ。
木の間から多分最初の目的地らしい山が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間から多分最初の目的地らしい山が見えてきた。
岩も出てくる様になって来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩も出てくる様になって来た。
1
町も見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町も見える。
右側にも下から良い道が合流した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側にも下から良い道が合流した。
1
かなり良い道になって来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり良い道になって来た。
1
青い紐も付いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い紐も付いている。
多分、原谷から登ってくる道だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分、原谷から登ってくる道だ。
登ってきた方向へ向かい鷹ヶ峯の標識。どれかの道が本線なんだろうが、どこから登るかは不明だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた方向へ向かい鷹ヶ峯の標識。どれかの道が本線なんだろうが、どこから登るかは不明だ。
1
標識の先にも下からの道が合流する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識の先にも下からの道が合流する。
やっと頂上に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと頂上に着いた。
いろいろプレートが付いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろいろプレートが付いている。
桃山から降りる途中に見晴台があった、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃山から降りる途中に見晴台があった、
京都市内方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都市内方向
山頂を巻いて続いていた道に合流する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を巻いて続いていた道に合流する。
中途半端な倒木が辛い。膝をついて潜らなければならない。跨げば足が着かないし困ったもんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中途半端な倒木が辛い。膝をついて潜らなければならない。跨げば足が着かないし困ったもんだ。
また巻き道と分かれて頂上へ向かう道がある。
急坂と書いてある。上を見ると辛いので下ばかり見て登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また巻き道と分かれて頂上へ向かう道がある。
急坂と書いてある。上を見ると辛いので下ばかり見て登る。
暗に相違してあっさり登れた。急坂とは何だったのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗に相違してあっさり登れた。急坂とは何だったのか。
記念のプレートか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念のプレートか?
吉兆寺山と書かれたのが二枚あった、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉兆寺山と書かれたのが二枚あった、
吉兆山は三枚あった。どちらが正しいのだろう?吉兆山とばかり思っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉兆山は三枚あった。どちらが正しいのだろう?吉兆山とばかり思っていた。
1
沢ノ池を示すプレート。一寸見にくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢ノ池を示すプレート。一寸見にくい。
頂上を巻く道に帰る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を巻く道に帰る。
時々市内が眺められる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々市内が眺められる。
沢山への道に出る。分岐には木の枝を積んでガードされていた。桃山を知らない人が間違わない様にだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢山への道に出る。分岐には木の枝を積んでガードされていた。桃山を知らない人が間違わない様にだろうか。
陶器のプレート。初めて見る気がする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陶器のプレート。初めて見る気がする。
沢山山頂の三角点。点名は鷹峯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢山山頂の三角点。点名は鷹峯
プレート各種
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレート各種
登ってきた方向に帰り、最初の鞍部を右(沢ノ池)方向に降りて行く。地形図での予習ではここが近道みたいだった。但し道のある保証は無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた方向に帰り、最初の鞍部を右(沢ノ池)方向に降りて行く。地形図での予習ではここが近道みたいだった。但し道のある保証は無かった。
最初はかすかな踏み跡に沿って降りて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はかすかな踏み跡に沿って降りて行く。
はっきりした道に出会う。どこかに降り口があったみたいだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりした道に出会う。どこかに降り口があったみたいだ。
何処に続くか楽しみだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何処に続くか楽しみだ。
木々の間から池が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から池が見えてきた。
ここへ降りてきた。やはり近道だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここへ降りてきた。やはり近道だった。
沢ノ池の奥の方の風景。この池が時代劇に使われたと言うのは本当なんだろうか。堰堤の所まで車が入るので機材の運搬なんか便利だろう。背景に邪魔な物もない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢ノ池の奥の方の風景。この池が時代劇に使われたと言うのは本当なんだろうか。堰堤の所まで車が入るので機材の運搬なんか便利だろう。背景に邪魔な物もない。
堰堤側を見る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤側を見る
雨が降ると左から小さな流れが出来る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降ると左から小さな流れが出来る。
馬酔木は満開。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬酔木は満開。
丁度、バーベキューをしている人もいた。車で来られるから便利なんだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁度、バーベキューをしている人もいた。車で来られるから便利なんだろう。
帰りは道路を尾根に向かった行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは道路を尾根に向かった行く。
この辺りの馬酔木はどれも満開だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの馬酔木はどれも満開だった。
道路終点の最初に出合った標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路終点の最初に出合った標識
1
82番から鳴滝方面に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
82番から鳴滝方面に向かう。
下りの道はかなり良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの道はかなり良い。
ボーイスカウトのプレート。ここは宇多野の守備範囲なんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボーイスカウトのプレート。ここは宇多野の守備範囲なんだ。
町を眺めながら松林を降りて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町を眺めながら松林を降りて行く。
これは癒やされた一輪だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは癒やされた一輪だった。
多分、白砂山に行くだろうと思われる右の尾根道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分、白砂山に行くだろうと思われる右の尾根道に入る。
マークもされているので間違い無いだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マークもされているので間違い無いだろう。
頂上だ、白砂山のプレートもある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上だ、白砂山のプレートもある。
砂山ともなっている。ここもどちらなんだろう。
まあ細かい事はどうでも良いか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂山ともなっている。ここもどちらなんだろう。
まあ細かい事はどうでも良いか。
取りあえず真っ直ぐ進んでみる。これが間違いの元だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取りあえず真っ直ぐ進んでみる。これが間違いの元だった。
マーキングはある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーキングはある。
段々踏み跡は薄くなる。どこかで間違えたかもしれない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々踏み跡は薄くなる。どこかで間違えたかもしれない。
判る程度に踏み跡は続いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
判る程度に踏み跡は続いている。
テープも付いているので誰かは通ったんだ。
やがて岩の上に出た。岩の右側から降りやすい所を谷に降りる。その谷沿いに道はあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープも付いているので誰かは通ったんだ。
やがて岩の上に出た。岩の右側から降りやすい所を谷に降りる。その谷沿いに道はあった。
下から見た岩の一部。全体はもっと大きかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見た岩の一部。全体はもっと大きかった。
谷沿いを降りて行くと流れを渡って道は続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷沿いを降りて行くと流れを渡って道は続く。
その先で林道に出てきた。今どこだかさっぱり解らず歩いている。これだけ道が立派なら何の心配も無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先で林道に出てきた。今どこだかさっぱり解らず歩いている。これだけ道が立派なら何の心配も無い。
川の水は伏流して無くなっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の水は伏流して無くなっている。
1
堰堤の下から湧き出ていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の下から湧き出ていた。
1
道路に出てから予習した通りに前回行けなかった広沢の池に行く。今度はちゃんと行けた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路に出てから予習した通りに前回行けなかった広沢の池に行く。今度はちゃんと行けた。
多分、鳥居の火床らしいものも見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分、鳥居の火床らしいものも見える。
町中歩きは難しい。三条通りを見過ごして四条まで出た。御池は三条より上だと思っていたが、ここでは同じなんだ。知らなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町中歩きは難しい。三条通りを見過ごして四条まで出た。御池は三条より上だと思っていたが、ここでは同じなんだ。知らなかった。
地下鉄の駅に到着。雨など全然降らず良い山歩きだった。しかしもっと町歩きを研究しなければ。今後の課題が出来てしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地下鉄の駅に到着。雨など全然降らず良い山歩きだった。しかしもっと町歩きを研究しなければ。今後の課題が出来てしまった。

感想/記録
by yjin

前日までの天気予報は良くなかった。今日は山に行くのは休もうと思ったが、朝起きると一転して昼間の天気は良くなっていた。お昼までに着ける山という事で、沢山に決めた。事前に東から順々に山を繋ぐように検討していたので決断は早かった。最後、降り口の判断が全くの誤りであったが時間的には、ほぼ予定通りにこなせた。コース全体、誰にも会わず静かに歩けた。マイナーな山なのでこんなものだろう。
訪問者数:281人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/30
投稿数: 1666
2016/6/9 19:43
 紙屋川→桃山
こんばんは。
yjinさんの軌跡を参考にさせていただきました。
ありがとうございました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ