ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823636 全員に公開 ハイキング近畿

明神山 北方稜線(プチ整備)

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー hino_yama, その他メンバー3人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
下山予定地の夢やかた駐車場に車をデポ、他の1台で北方稜線取り付き地点に移動する。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
56分
合計
5時間0分
S北方稜線取り付きポイント08:5409:50次郎岳09:5510:10岩場10:1110:17太郎岳10:2110:27岩場10:5511:17四等三角点ピーク11:2212:15五郎山12:28小明神12:37明神山12:4713:23西ノ丸13:2613:51夢やかた駐車場13:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
自己責任ルートの為、道標類は有りません。 但し、随所にテープナビはあるが地図読み、ルーファイの能力が必要。
岩場にロープの設置はあるが、使う場合は自己責任で
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

明神山 北方稜線概念図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山 北方稜線概念図
5
明神山 北方稜線歩行データ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山 北方稜線歩行データ
2
北方稜線への支尾根に取り付くと、樹林帯の中を踏跡を探しながら急坂登りがしばらく続く。約15分間程の苦しい登りを我慢すると、やっと展望が開け明神山から西に延びる尾根が見えます。
2016年03月05日 09:04撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方稜線への支尾根に取り付くと、樹林帯の中を踏跡を探しながら急坂登りがしばらく続く。約15分間程の苦しい登りを我慢すると、やっと展望が開け明神山から西に延びる尾根が見えます。
2
裏明神の名物ルートでも有る「T字尾根」の岩場
2016年03月05日 09:05撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏明神の名物ルートでも有る「T字尾根」の岩場
2
支尾根の中腹からは岩尾根になり、展望を楽しみながらでは有るが急坂は続きます。
2016年03月05日 09:19撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根の中腹からは岩尾根になり、展望を楽しみながらでは有るが急坂は続きます。
3
展望の岩尾根
2016年03月05日 09:20撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望の岩尾根
3
支尾根の岩場登り
岩場登りも有り楽しめるが、風化した岩がはがれやすいので注意が必要です。
2016年03月05日 09:27撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根の岩場登り
岩場登りも有り楽しめるが、風化した岩がはがれやすいので注意が必要です。
4
支尾根の上部まで登ってきた。
2016年03月05日 09:30撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根の上部まで登ってきた。
3
次郎岳到着
駐車場を出発して丁度1時間の支尾根登りでした。 
2016年03月05日 09:50撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎岳到着
駐車場を出発して丁度1時間の支尾根登りでした。 
1
イラストマークの書かれた手書き標識が掲げられていた
2016年03月05日 09:50撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イラストマークの書かれた手書き標識が掲げられていた
3
次郎岳の頂上から北方向の尾根に踏跡が続いているが、北方稜線のルートは次郎岳から数メートルで右折し、東方向への尾根に乗るのが正解です。「黄色テープ」で通せんぼしておきました。
2016年03月05日 09:54撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎岳の頂上から北方向の尾根に踏跡が続いているが、北方稜線のルートは次郎岳から数メートルで右折し、東方向への尾根に乗るのが正解です。「黄色テープ」で通せんぼしておきました。
4
北方稜線の岩稜線を歩く
2016年03月05日 09:57撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方稜線の岩稜線を歩く
北方稜線の岩尾根から望む明神山の北面稜線です。
2016年03月05日 09:57撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方稜線の岩尾根から望む明神山の北面稜線です。
2
明神山と太郎岳とのT字三差路分岐を一旦左折して太郎岳に立ち寄りました。
2016年03月05日 10:16撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山と太郎岳とのT字三差路分岐を一旦左折して太郎岳に立ち寄りました。
1
ロープ修復 
太郎岳から一旦T字三差路まで戻り、明神山方面へ数分進むと絶壁箇所に突き当たります。 ここには2箇所ロープが設置されているがロープの劣化が激しく「何時切れても」の状態なので新しいロープ(20mm)を新たに1本設置してきました。 でも使用は自己責任でお願いします。
2016年03月05日 10:31撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ修復 
太郎岳から一旦T字三差路まで戻り、明神山方面へ数分進むと絶壁箇所に突き当たります。 ここには2箇所ロープが設置されているがロープの劣化が激しく「何時切れても」の状態なので新しいロープ(20mm)を新たに1本設置してきました。 でも使用は自己責任でお願いします。
3
絶壁尾根の下部はフリーで慎重に下降する。
2016年03月05日 10:55撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶壁尾根の下部はフリーで慎重に下降する。
4
絶壁尾根の全景 
尾根はナイフリッジの様になっており、特に東側は絶壁です。  此処にも浮き石があり除去しておきましたが(通行要注意)です。 絶壁尾根の上部にロープが設置されています
2016年03月05日 10:57撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶壁尾根の全景 
尾根はナイフリッジの様になっており、特に東側は絶壁です。  此処にも浮き石があり除去しておきましたが(通行要注意)です。 絶壁尾根の上部にロープが設置されています
2
四等三角点 588.9m 点名:立船野(たちょうの)
2016年03月05日 11:22撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四等三角点 588.9m 点名:立船野(たちょうの)
2
「イラスト入り手書き標識」
何とも読みにくい名前ですが、東側に位置する集落の名前です。
2016年03月05日 11:22撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「イラスト入り手書き標識」
何とも読みにくい名前ですが、東側に位置する集落の名前です。
2
五郎山手前鞍部の岩尾根 
2016年03月05日 11:49撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五郎山手前鞍部の岩尾根 
3
ヘルメットを被っているのは岩尾根通過の安全の意味も有りますが、主な理由は余り歩かれていないルートなので、樹林帯の通過時に枝で頭を度々打ち付けるからです。
2016年03月05日 12:07撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘルメットを被っているのは岩尾根通過の安全の意味も有りますが、主な理由は余り歩かれていないルートなので、樹林帯の通過時に枝で頭を度々打ち付けるからです。
3
「大明神コース」の五郎山に到着
やっと表に戻ってきました。
2016年03月05日 12:14撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大明神コース」の五郎山に到着
やっと表に戻ってきました。
2
大明神コースは正規ルートとはいえ、五郎山〜明神山の間は細い岩尾根の急坂が続くので注意して歩きます。
2016年03月05日 12:32撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神コースは正規ルートとはいえ、五郎山〜明神山の間は細い岩尾根の急坂が続くので注意して歩きます。
2
明神山直下の細い岩尾根を登る。
2016年03月05日 12:33撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山直下の細い岩尾根を登る。
3
ここまで来れば数分で明神山に到着です。   明神山〜はいつもの「Aコース」を約1時間で下山しました。
2016年03月05日 12:33撮影 by EX-ZR510 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来れば数分で明神山に到着です。   明神山〜はいつもの「Aコース」を約1時間で下山しました。
3

感想/記録

2年半ぶりに明神山の北方稜線を明神山の常連さんと歩いてきました。
ついでに浮き石の除去や気がかりだった岩場のコース整備も少しだけ実施してきましたが、このコースは危険個所やルートを間違い易い箇所が有ります。
体力+地図読みやルートファイが出来る能力があり、且つ自己責任で歩くコースです。
訪問者数:211人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ