ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823651 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

三嶺

日程 2016年03月06日(日) [日帰り]
メンバー shichi7micco7
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
☆徳島県県土防災情報管理システム
 http://www1.road.pref.tokushima.jp/
☆四国地方整備局 道路情報提供システム
 http://www.skr.mlit.go.jp/road/info/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
34分
合計
5時間0分
S名頃登山口08:2008:57林道登山口09:50ダケモミの丘09:5111:24三嶺11:2511:37三嶺ヒュッテ12:0712:36ダケモミの丘13:02林道登山口13:0413:20名頃登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂付近の登山道残雪は凍っているため軽アイゼンがあった方がいいかと思います。
その他周辺情報☆第10番温泉札所 「松尾川温泉」
 http://onsen88.info/index.cgi?Sshop=10
 http://www.matsuogawa.com/

☆四国温泉88箇所巡り
 http://onsen88.info/
☆四国この食堂この一品88箇所巡り
 http://shokudo88.info/index.cgi
☆四国堰堤ダム88箇所巡り
 http://dam88.info/
☆四国の駅と車窓88箇所巡り
 http://eki88.info/
☆四国酒蔵88箇所巡り
 http://sake88.info/
☆四国酒の肴88箇所巡り
 http://chinmi88.info/
☆四国一攫千金88箇所巡り
 http://maizoukin88.info/
☆四国なんでも88箇所巡礼推進協議会
 http://shikoku88.in/
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

ちょっと天候の崩れが心配ですが行きましょう。
今日もmicco7さん地図読みしながら登っていきます
2016年03月06日 08:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと天候の崩れが心配ですが行きましょう。
今日もmicco7さん地図読みしながら登っていきます
7
micco7さん、風邪が治ったばかりなので今日はリハビリ登山でスローペースなんですが…かなりしんどそうです
2016年03月06日 08:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
micco7さん、風邪が治ったばかりなので今日はリハビリ登山でスローペースなんですが…かなりしんどそうです
2
ヒーフー言ってます。大丈夫かいな?
2016年03月06日 08:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒーフー言ってます。大丈夫かいな?
3
ようやく雪が出てきましたが
2016年03月06日 10:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく雪が出てきましたが
4
ガスってきました
2016年03月06日 10:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきました
3
登山道の途中から逸れて三嶺ヒュッテへと直登するルートを登っていきますが、初っ端から棘の洗礼を受けます…痛いっす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の途中から逸れて三嶺ヒュッテへと直登するルートを登っていきますが、初っ端から棘の洗礼を受けます…痛いっす
8
ルートを選びながら登って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートを選びながら登って行きます
3
ヨッコラショ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨッコラショ
4
頑張って登ってきてください
2016年03月06日 10:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張って登ってきてください
3
難所と思えるところを抜けると後は大丈夫そう
2016年03月06日 11:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難所と思えるところを抜けると後は大丈夫そう
6
三嶺ヒュッテが見えるところまで登ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺ヒュッテが見えるところまで登ってきました
4
最後は
2016年03月06日 11:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は
2
三嶺ヒュッテの東側のところに出てきました
2016年03月06日 11:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺ヒュッテの東側のところに出てきました
3
三嶺に到着!
周りはガスで何も見えません
2016年03月06日 11:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺に到着!
周りはガスで何も見えません
5
micco7さんも
2016年03月06日 11:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
micco7さんも
3
到着!楽しそうです♪
決して、楽しそうにするよう強要されている訳ではありません
2016年03月06日 11:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着!楽しそうです♪
決して、楽しそうにするよう強要されている訳ではありません
10
晴れておれば最高でしょうが、ガスっていても楽しいですね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れておれば最高でしょうが、ガスっていても楽しいですね〜
10
山頂付近は殆ど積雪ありませんが
2016年03月06日 11:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近は殆ど積雪ありませんが
3
登山道の残雪が凍っているため滑ります。軽アイゼンがあった方がいいかと思います。
2016年03月06日 11:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の残雪が凍っているため滑ります。軽アイゼンがあった方がいいかと思います。
7
池は凍ったままです
2016年03月06日 11:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池は凍ったままです
7
三嶺ヒュッテで昼食をとり下山
2016年03月06日 11:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺ヒュッテで昼食をとり下山
3
林道登山口まで降りてきました。かなり汚れたようで嬉しそうです。病み明けの良いリハビリ登山になりましたね♪
2016年03月06日 13:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道登山口まで降りてきました。かなり汚れたようで嬉しそうです。病み明けの良いリハビリ登山になりましたね♪
10
無事に下山
2016年03月06日 13:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山
5
撮影機材:

感想/記録

今回は福井県の荒倉岳へと行く予定が天候不良のため見送り、三嶺へと行く事にしました。
三嶺は雪も殆ど無さそうなので名頃登山口から登る事とし、冬季は雪崩の恐れがある山頂付近の北斜面を避けるルートの下見も兼ねての山行です。メンバーは先週風邪ひきでダウンしていたmicco7さんと私の2名。

すっきりしない空模様ですが、今回はノンビリ登山という事で名頃登山口に着いたのが8時頃ですが駐車している車は無く、準備しているとワゴン車(4名)がやって来て登山準備を始めだしました。聞くと淡路島から来られたようで、遠いところから来られたようです。おそらく、今日は私たちを含めた6名しか登山無いかな〜と思いつつ登山開始。
歩き始めは病み上がりのmicco7さんがちょっとしんどそうなので、スローペースで登っていきましたが、最初の急登は堪えるようでキツそうな感じです。
これは今日は大丈夫かいな?と引き返す事も考えましたが、本人は大丈夫との事なので休憩入れながら歩を進めて行きます。
登山道は予想通りに雪も無く、暑いくらいの気温で汗をかきながらですが、周りを見ると倒木も増えているようですし、ルートも来るたびに変わっている気がするしで…
三嶺の環境が徐々に荒廃していっているように感じます。

ダケモミの丘を越えて山頂が近づいてくると残雪があり、ガスも出てきて風も強まってきたため、暑かったのがやや肌寒い感じに変わってきた頃に三嶺への直登ルートへの取り付き部と思われるところに到着。登山道を逸れて踏み跡らしきトレースを追う形で登っていきますが、初っ端から棘の洗礼を受けます。
棘を突破すると、次は地面に大量の鹿の糞が…
こんなの見た事無いって位で、絶対に地面に手をついたり、こけたりしたくない!って思ってても急登と湿った地面でスリップしないよう別の意味で緊張感あります。
踏み跡もすぐに分からなくなり、そこから先はルートを選びながら登っていきます。いつものようにパズルを解くようで楽しいです。
ヨッコラショと言う感じの段差を2,3ヶ所登ったり、藪に苦闘しながら進んで行くと、どうやら悪戦苦闘する区間は抜けたようですが、かなり衝撃的だったのか?
micco7さんが、今までは文才が無いからとの理由でヤマレコにコメントや感想などを書いた事が無かったのに「初めてのコメント入れようかな?」ってポツリと喋ったのを見逃しません。
それ程に楽しかったという事にしておきましょう。

直登ルートは最後は藪漕ぎを避ける形で三嶺ヒュッテの東側に出て、そこから山頂まで残雪が凍った登山道をこんどは転倒しないよう慎重に歩いて行きます。
山頂へと到着するとガス充満で周りは何も見えない状況で強風…
写真撮影だけしてそそくさと三嶺ヒュッテへと引き返します。
ヒュッテ内で昼食をとり、下りは登山道を通って下山していると法螺貝をぶら下げた外人さんと思しき単独行者とすれ違い…
昼過ぎてるけど?今頃からの登山で大丈夫かいな?
でも修験者風で慣れてそう…不思議な方とすれ違いました。

無事に下山して帰り支度する頃になると雨が降ってきだして、雨に濡れずに済んだ事を感謝して帰途につきました。
帰りは、前々より良いと聞いていた松尾川温泉に立ち寄り汗を流して今回の山行は終了です。

同行して頂いたmicco7さんには良いリハビリ登山になったようです。
初コメがあるのか?楽しみにしております。
「この○○野郎!二度とあんなところに…」って書いてくれるんかな?
お疲れ様でした&ありがとうございました。
訪問者数:753人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ