ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823696 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

一瞬の晴れ間 蓼科山

日程 2016年03月06日(日) [日帰り]
メンバー ks_w2002, その他メンバー1人
天候曇り、瞬間晴れ、山頂強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
女ノ神茶屋・蓼科山登山口(めのかみちゃや)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
20分
合計
5時間10分
Sすずらん峠園地駐車場07:3010:10蓼科山10:3010:40蓼科神社奥宮10:40蓼科山12:20すずらん峠園地駐車場12:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
アイスバーンに成っていたので、アイゼンは必要。
そのほか特に危険はありませんでした。
その他周辺情報・白樺湖温泉すずらんの湯
・利休庵(お蕎麦)
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

雪は少なめでした。
基本的に曇りが続く
2016年03月06日 09:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は少なめでした。
基本的に曇りが続く
1
一瞬だけ晴れ間。ふたたび曇りへ
2016年03月06日 09:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬だけ晴れ間。ふたたび曇りへ
霧がかって幻想的でした。
2016年03月06日 09:40撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧がかって幻想的でした。
森林限界点を越えると強風
2016年03月06日 09:49撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界点を越えると強風
ミニ、海老の尻尾
2016年03月06日 09:53撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニ、海老の尻尾
山頂は強風で、氷の粒も飛んでくる
2016年03月06日 10:04撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は強風で、氷の粒も飛んでくる
本当に一瞬だけ晴れ間が!
2016年03月06日 10:05撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に一瞬だけ晴れ間が!
2
一瞬のパノラマ。
2016年03月06日 10:05撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬のパノラマ。
3
ずっと曇りだったので、感動した。
2016年03月06日 10:05撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと曇りだったので、感動した。
すぐにまた視界が悪くなり、その後は晴れ間出ず。
2016年03月06日 10:09撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにまた視界が悪くなり、その後は晴れ間出ず。
山頂だけは、そこそこ雪があった
2016年03月06日 10:30撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂だけは、そこそこ雪があった
1
神社にお祈りして下山。
2016年03月06日 10:35撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社にお祈りして下山。
2
撮影機材:

感想/記録

雲竜渓谷へ行く約束をしていたのだが、氷が溶けているということで来年へ。
いくつかの候補の中から蓼科山を選んで、朝四時に都内を出発。
天気予報が微妙ながら、曇りでも視界が開けていることを祈りつつ7時半に登山口を出発。
暖かい日ではあるけど、登山道は溶けた雪が固まり、完全なアイスバーン。
最初の30分ほどは、ノーアイゼンでしたが最初の急登手前でアイゼンを装着。
ヤマレコなどで、比較的簡単にみなさんが登っているようでしたので、少し気楽に構えてみましたが、結構大変で、正直なめてました。すいません。

2度目の急登をえっちら登っていると、少しだけ景色が見えたり、太陽が覗いたりと、期待をもたせていたのですが、森林限界点を越えると、強風と10メートルほどしか視界がない状況。
とりあえず真っ白な風景の元、山頂写真をとっていると、一瞬の晴れ間!
360度の視界が急に見え、おおっと喜んだ瞬間、また白い世界へ。
本当にゆっくり見る間もなく、カメラに収められた数秒のみのパノラマ。

逆に、記憶に残りました。
その後は、少し止まるも晴れることなく、ヒュッテの陰で風を避けながら休憩を少し撮り、蓼科神社を参拝し下山。
下の方は氷が溶けてドロドロしたところもありましたが、それほど汚れずにすみました。

帰りは、白樺湖横のすずらんの湯。空いてましたし、あったまりました。
お昼は、利休庵。十年んぶりくらいにいただきました。おいしかったです。
訪問者数:458人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ