ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823725 全員に公開 ハイキング奥秩父

大菩薩嶺(上日川峠分岐→丸川コース)

日程 2016年03月06日(日) [日帰り]
メンバー aika-8686
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
烈石ゲート前駐車場🅿無料
冬期通行止のゲート左
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
0分
合計
5時間54分
S裂石ゲート駐車場09:5613:13大菩薩嶺13:0015:37裂石ゲート駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
無料パーキング🅿〜丸川ルート→まるかわ荘→大菩薩嶺→雷岩→唐松尾根→上日川峠→県道→丸川峠分岐駐車場
コース状況/
危険箇所等
まるかわ荘辺りから泥濘み、大菩薩嶺迄アイスバーン。唐松尾根は酷く泥濘み。下山だから良かったものの、登りと考えただけでも萎えてしまう。
その他周辺情報霊峰荘の温泉は夕方の為宿泊者優先で日帰り温泉NG
411道の駅(のめこいの湯)で日帰り温泉入浴
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 軽アイゼン持っていくも車に忘れる

写真

上日川峠に行けないやんけ〜。楽しようとしたのに(笑)
2016年03月06日 09:42撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠に行けないやんけ〜。楽しようとしたのに(笑)
結局裂石ゲート前駐車場からの登山。ルートをどうするか迷うも、虫の知らせか北側ルート(丸川コース)を選ぶ。?
2016年03月06日 11:28撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局裂石ゲート前駐車場からの登山。ルートをどうするか迷うも、虫の知らせか北側ルート(丸川コース)を選ぶ。?
まるかわ荘にてお茶&おにぎりタイム。いざ出発直ぐアイゼン武装のお二人様とすれ違う。不安がよぎる(笑)
2016年03月06日 11:32撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるかわ荘にてお茶&おにぎりタイム。いざ出発直ぐアイゼン武装のお二人様とすれ違う。不安がよぎる(笑)
1
やばい。雪が踏み固められて氷状態だ。足跡は穴だらけ。明らかにスパイク痕だ。
2016年03月06日 11:52撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やばい。雪が踏み固められて氷状態だ。足跡は穴だらけ。明らかにスパイク痕だ。
滑らない。おかしいぞ、案外滑らない。しかしスピードは酷く落ちる。
2016年03月06日 12:09撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑らない。おかしいぞ、案外滑らない。しかしスピードは酷く落ちる。
やっと大菩薩嶺が見えるも、初のアイスバーンで萎える。この時30分の間10回くらい引き返そうと思う。
2016年03月06日 12:13撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと大菩薩嶺が見えるも、初のアイスバーンで萎える。この時30分の間10回くらい引き返そうと思う。
もう本当にヤバい。これから気温が下がりカチンコチンになった時の事を考えるとあと数分で決断をしないとまずい。
2016年03月06日 12:41撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう本当にヤバい。これから気温が下がりカチンコチンになった時の事を考えるとあと数分で決断をしないとまずい。
しかし、頑張って山頂に近づくと雪が柔らかくなり案外あっけなく山頂ゲット
2016年03月06日 12:41撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、頑張って山頂に近づくと雪が柔らかくなり案外あっけなく山頂ゲット
やっあー。コースタイム予想通り登頂成功。しかし誰一人居ない。
2016年03月06日 13:03撮影 by SC-01F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっあー。コースタイム予想通り登頂成功。しかし誰一人居ない。
1
しばし、不手際な自分を反省し下山ルートを考える。
2016年03月06日 13:11撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし、不手際な自分を反省し下山ルートを考える。
往復は味気ないのと、下山のアイスバーン絶対に危険と察知し、皆斜面の唐松尾根を選択。甲府盆地を一望出来てパワーアップ。
2016年03月06日 13:18撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往復は味気ないのと、下山のアイスバーン絶対に危険と察知し、皆斜面の唐松尾根を選択。甲府盆地を一望出来てパワーアップ。
雪解けの泥場はクッションが効いて中々歩きやすいぞー。しかしこれを登るのは至難の業。本当にこのコースチョイスが良かったなとしみじみ思う。
2016年03月06日 13:50撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪解けの泥場はクッションが効いて中々歩きやすいぞー。しかしこれを登るのは至難の業。本当にこのコースチョイスが良かったなとしみじみ思う。
白色ニット帽が枝に掛かってる。恐らく誰かの落し物だろうけど、こんな山道に掛かってもねー。と言う事で、お節介かもだけど、下まで運びました。
2016年03月06日 14:09撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白色ニット帽が枝に掛かってる。恐らく誰かの落し物だろうけど、こんな山道に掛かってもねー。と言う事で、お節介かもだけど、下まで運びました。
小休止。足が酷い(笑)
2016年03月06日 14:14撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休止。足が酷い(笑)
1
上日川峠ルートを下山するも、途中崖崩れで参道に振られ、戻る道を誤る。あまりにも歩き安くて調子に乗って、遠回りしてると後から気付く。S字カーブの串を刺すように直角ゲット。この時のショートカットは人生至福の歓び(笑)
2016年03月06日 15:17撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠ルートを下山するも、途中崖崩れで参道に振られ、戻る道を誤る。あまりにも歩き安くて調子に乗って、遠回りしてると後から気付く。S字カーブの串を刺すように直角ゲット。この時のショートカットは人生至福の歓び(笑)
登山前は10数台あった車達、戻ったら駐車場の車は皆無。僕がラスト山ラーって事ね。大方分かったいましたが。
2016年03月06日 15:37撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山前は10数台あった車達、戻ったら駐車場の車は皆無。僕がラスト山ラーって事ね。大方分かったいましたが。
見つけた白い帽子は雨対策しビニールに入れて通行止の柵に掛けておきました。(日にちと白色ニット帽書込)
2016年03月06日 16:00撮影 by SC-01F, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見つけた白い帽子は雨対策しビニールに入れて通行止の柵に掛けておきました。(日にちと白色ニット帽書込)
2

感想/記録

本日、月中予定する金峰山と瑞牆山の登山口又瑞牆山荘をチェックしに行くも、ことごとく冬期通行止をくらい、断念。10時迄に奥多摩に戻れれば、三頭山か御前山に登ろうと考えてましたが、大菩薩嶺の看板を発見。時間が間に合わないので急遽こちらへ登ると決意。

地図をゲットしルート確認すると、下山迄ギリギリ間に合うと判断しました。
登り途中すれ違いのご夫婦に、アイゼンが無いとキツいよと言われ、覚悟(いつ引き返しても良いと)を決めてギリギリ迄粘る。案外滑らないもんですね。この経験は後に危険を伴うから、絶対にアイゼンは携行しようと心に誓う。無茶苦茶は今日で終わりです。
それとレッグカバーと言うのか、汚れ防止の膝から下のカバーも必須と言う事が分かりました。

今日はソロ登山だったので、iPodがお供でしたが、勇気付けられる音楽ってあるもんですねぇ。曲に寄っては本当に足が軽やかになりました♪
訪問者数:529人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン アイスバーン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ