ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823751 全員に公開 山滑走甲信越

黒負山

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー fatcreek
天候高曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間35分
休憩
40分
合計
10時間15分
Sスタート地点05:5006:30952m南鞍部06:50ドロップポイント07:10大所川07:3009:001102m10:001309m西鞍部10:501653m12:00黒負山12:3012:401653m12:501309m西鞍部13:201102m13:4513:5514:20大所川15:28ドロップポイント15:36コル16:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

まだ暗い中出発。
2016年03月05日 06:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ暗い中出発。
1
崩壊地の上に立って黒負山、雪倉岳を望む。
ここに立つと大所川は遥かに下。滑り出しはいつも躊躇します。
2016年03月05日 07:40撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地の上に立って黒負山、雪倉岳を望む。
ここに立つと大所川は遥かに下。滑り出しはいつも躊躇します。
1
モナカランドを終えて林道歩き。
2016年03月05日 08:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モナカランドを終えて林道歩き。
1
いかにも雪崩の巣。このコースはやっぱり時期を選びは慎重にしなきゃね。
2016年03月05日 08:20撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いかにも雪崩の巣。このコースはやっぱり時期を選びは慎重にしなきゃね。
1
崩壊地
2016年03月05日 08:24撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地
1
その先は雪があるときは表層、全層どっちもありそうな斜面。
2016年03月05日 08:24撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先は雪があるときは表層、全層どっちもありそうな斜面。
1
橋まで来れば一安心。
2016年03月05日 08:29撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋まで来れば一安心。
1
途中、藪の濃い所に遭遇。
2016年03月05日 09:40撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、藪の濃い所に遭遇。
1
ようやく下った高度を取り戻しました。
2016年03月05日 09:52撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく下った高度を取り戻しました。
1
重たい雪でわりと脚に来ました。
2016年03月05日 10:49撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重たい雪でわりと脚に来ました。
1
一休み。
2016年03月05日 10:49撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休み。
1
もうロングスパッツの春装束です。
2016年03月05日 10:51撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうロングスパッツの春装束です。
1
ようやく見えてきた。でも山頂はこの奥。
騙しピークと名付けてます。
2016年03月05日 11:47撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく見えてきた。でも山頂はこの奥。
騙しピークと名付けてます。
1
若干の雪庇
2016年03月05日 12:16撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干の雪庇
1
雪倉岳と五輪山
2016年03月05日 12:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳と五輪山
2
黒負山が見えてきました。
2016年03月05日 12:56撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒負山が見えてきました。
1
黒負山からの五輪山
2016年03月05日 13:04撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒負山からの五輪山
2
栂海新道
2016年03月05日 13:19撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂海新道
2
お楽しみの下り。
2016年03月05日 13:35撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お楽しみの下り。
3
重ための雪でした。
2016年03月05日 13:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重ための雪でした。
3
藪の少ない所を狙います。
2016年03月05日 14:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪の少ない所を狙います。
1
植林地の中は迷路
2016年03月05日 14:29撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林地の中は迷路
1
橋について一安心。
2016年03月05日 14:47撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋について一安心。
1
暑い日でした。水を補給しました。
2016年03月05日 14:47撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑い日でした。水を補給しました。
1
ブナの中を登り返し。
2016年03月05日 16:26撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの中を登り返し。
2
撮影機材:

感想/記録

今回は崩壊地北側の樹林帯から大所川に下るコースにした。雪が良ければ最高の樹林だろうが、生憎のモナカランド。曲がろうとすると足を取られて転倒する。単独行の時は安全第一なので、横滑り主体で高度を下げた。
崩壊地の横を通るのはいつも緊張する。今年は雪が多ければ、雪崩の巣だろうし、少なくても落石が怖い。
崩壊地を過ぎてからは造林地の上部に藪の濃い所があっただけであとは、ひたすら登るだけ。雪は湿雪。歩みを止めるとシールが下駄になる。
幸い、シールにホットワクシングしてあるおかげか、少し歩くとすぐ取れてくれた。
暑いので水は大量消費。もう、衣類だけでなく飲料も春仕様かな?

山頂では景色を楽しんで、重い雪に足を取られながら、なんとか橋に。
後は、ブナ林の樹林を楽しみながら300mの登り返し。
体を使ったなあという充実感を胸に車まで戻った。
訪問者数:244人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ